Federal Reserve Bank of New York
  33 Liberty St. New York, NY 10045-0001
  TEL 1.212.720.5000
  Tour /Tours are given Monday through Friday (except Bank holidays)
  at 9:30 am, 10:30 am, 11:30 am, 1:30 pm, and 2:30 pm.
  The tour lasts approximately 60 minutes. To accommodate for security screening,
  please arrive 20 minutes before your appointed
  http://www.ny.frb.org/
myou-myou 関東 主婦  Posted 2012.06.02
『連邦準備銀行ツアー』 インターネットで無料 
この欄の投稿やガイドブックを見て興味が湧き行ってみました。インターネットで日時を予約しますが開催日が限られているのと人数も少ないので早めの予約が良いでしょう。入口で上着から鞄、全ての持ち物を預け、手ぶらで回りました。私の最も期待していた「古紙幣のお土産」は廃止になっていたのでしょうか。貰えませんでした。これは残念でしたが時間があれば観光の途中に組み込んで参加することをお勧めします。

もも 関東 その他  Posted 2004.04.12
『いざ!連邦準備銀行へ。』 連邦準備銀行にツアーがあるらしい・・・と知ってから、いろいろ調べたものの、大した情報も得ることができませんでした。(所在地、電話番号、ツアーの行われる時間帯・・・だけは調べがつきましたが・・・。) そこで、日本人向けの某カウンターで、調べて欲しいと依頼したところ・・・「見学希望の手紙を出すと、その返事としてカードが送られてくる。」ということを調べてくれました。
「手紙には、何を書いたら良いの? 希望日? 人数? 私の住所と電話番号?」と頭の中が?だらけになり、電話番号がわかっているのだから、とりあえず、電話を掛けて、それらのことを質問しちゃおう!と思い、直接電話を掛けてみました。
電話を掛けて、見学したい旨を伝えたら、「いつ?」と尋ねられ、不意を衝かれてびっくりしつつも、「明日・・・。」と答えると、「明日は、11時30分と2時30分よ。」と告げられました。 もしかして、このまま予約が出来ちゃうのかしら・・・?と思い、「11時30分をお願いします。」とお願いすると、「セキュリティー・チェックがあるから、11時15分までには来てね。」と言われ、名前(確か、住所と電話番号も)を登録して、予約完了。 電話に出た係員はとても優しく、呆気にとられるほど簡単に予約が出来てしまいました。 ただ、人数制限などがあるのか、ツアーの時間は5コースあるはずなのに、2コースのみの選択肢でした。

当日、色気のない大きな白い箱・・・って感じの、窓の少ない建物の、わかりにくい入口を探し、無愛想な係員のおじちゃんに、「見学に来ました。」と告げると、「名前は?」とその日の見学者リストをチェックされ、パスポートを見せて身分を証明し、荷物(バッグ)をX線の機械に通され、私自身もチェック・ゲートをくぐり、中に入ることを許されました。 「カメラはダメだからね。」とも言われました。 11時過ぎに着いてしまったのですが、入れてくれました。
展示室(結構充実していて、面白かった。)で、かなりの時間待たされ(当たり前ですよね、着くのが早過ぎたのですから。)、しばらくして、案内の係員の方が現れ、カメラを専用の棚に預けさせられ(撮影禁止だそうです。)、胸に貼る見学者用のシールを渡され、見学ツアー開始。
ビデオを観たり、昔のお金や世界の国々のお金も展示してあったり(日本のもありました!)、純金の延べ棒の展示もあったり(ちょっとした秘密が隠されてます!)、ここの銀行の特殊性や純金との係わり・・・などの説明があったりと、私は、割と楽しい、興味深い経験をしました。 後半戦は、昔のお金などの展示物のお部屋なのですが、ここでは、しばらくの間、放って置いてくれました。 自分のペースで、見落としたものや、もっと見たいものなどを見ることができ、いい時間でした。
始めの展示室に戻り、シールを返し、カメラを返してもらい、お土産に、シュレッダーにかけて粉々になった米ドルを圧縮した不思議な塊・・・をもらい、見学ツアー終了。
(記憶が不確かなのですが、もしかしたら、カメラだけでなく、バッグごと預けさせられたかもしれません・・・。よく憶えてなくて、ごめんなさい。)

見学ツアーの説明は英語でした。 でも、こちらが英語で話す場面は、少なかったです。 最初の入館チェックのときと、係員の方に、どこから来たのか質問されたとき、くらいでしょうか・・・。 なにか質問したいことなどがなければ、さほどは困らないと思います。
展示物を見ながらの説明ですので、英語がわからなくっても、それなりに面白いと思います。 予約制で、人数も制限しているようなので、見学者も少なく、見やすかったです。

http://www.ny.frb.org/aboutthefed/ny_tours.html

 

「ニューヨーク、小さな冒険」に投稿する