買っちゃいました!Virginmobile
なお 関東 学生 Posted 2004/08/18
Title 『買っちゃいました!Virginmobile 追加情報』
ゆうりさん、Sophiaさんの詳細なレポートに勇気をもらって、私もVirgin Mobileを購入しました。自分のパソコンを持っていったので、activate(買った端末を使えるようにする)まではうまくいったのですが、国際電話を有効にするプロセスが変わったようでした。

私もゆうりさんと同じように、Virgin Mobileのサイトから「I want to call international call!」と送りましたが、返事には「以下の番号に電話をかけてくれ」とのこと。おそるおそるかけてみたので、その様子をレポートしたいと思います。

まず電話をかける前に準備しておくのは、自分の携帯の番号、V-key(登録の際の暗証番号のような登録番号のようなもの)です。

電話をかけると女の人が応答しますが、これは自動音声。それだけならいいのですが、ガイダンスに従って番号を押すのではなく、こちらの言葉から自動判別してくれる仕組みになっています。まず何がしたいのか聞かれます。Activate your phone, portable numberなどいろいろ選択肢を言ってくれますが、その中に「specific question」というのがあるのでこれを伝えます。すると次に何が聞きたいのかまた選択肢を聞かれますが、国際電話を有効にするというのはこの選択肢の中にはありません。ない場合は「live operator」と言ってね、というガイダンスが流れるので、今度はこれを伝えます。私は発音が悪いのか何度も言い直すように言われましたが、諦めずに繰り返しましょう(苦笑)。

こちらの言葉が判別されると、自動音声ではなく生身のオペレーターの人が電話に出てくれるので、I want to activate international callとでも言いましょう。自分の携帯電話の番号、V-key、自分の名前を聞かれます。これに答えれば手続きは完了。翌日から国際電話が利用できます。料金は市内電話をかけるときと変わりません。

始めの手続きさえ完了してしまえば、Top-Upは自分の携帯端末からもできます。私は知らなかったのですが、英語のみ・120文字以内と短いながらもe-mailも使えるのでとっても嬉しいです。


ゆうり 関東 Posted 2004/05/13

年に2回以上渡米するわたしは今までレンタルの携帯電話を使用していました。
ところがレンタル料金も1週間以上となるとバカにならないし、うっかり長時間使用してしまったらものすごい料金が課金されてしまうので、本当に緊急用にしかならないし、第一デザインがかわいくない!

というわけでNYLY名物BBS「SOL」で色々な方からの助けをかり、プリペイド携帯購入に踏切りました。私が選んだのはお値段も手軽で手続きも簡単そうな「Virgin mobile」です。
タイムズスクエアのヴァージンメガストアに行くと、まるでおもちゃのように壁にズラリとパッケージが飾ってあります。その中で気に入った物をレジに持って行き、支払いを済ませればあっという間に購入完了。面倒な手続きは後でパソコンや電話で行います。会計の際についにプリペイドカードを買っておくと便利です。最初に10ドル分のエアタイム(通話時間)がサービスされていますが、けっこうあっという間になくなってしまいます。

さて、無事に購入したら手続きです。私は今回ノートPCを持参したのでこちらからアクセスしました。www.virginmobileusa.comにアクセス、「Activate you phone」を選んで後は指示通りに入力します。メールアドレスは申し込み現在使えるアドレスを入力しましょう。すぐにこのアドレスに自分の携帯番号が送られて来ます。(申し込み手順の途中でも番号は表示されますが、一応確認のためメール受信できた方がいいです)また住所は海外の住所は入力できませんので、滞在ホテルの住所を入力しましょう。電話番号も同じです。ここまでの作業で大体完了です。日本やその他の国への国際電話をかけたい場合はカスタマーセンターへの連絡が必要です。電話でも申し込みももちろんできますが、サイト内「Contact us」のところで質問を受け付けていますので、この欄に「International callが使えるようにしたい」と記入すれば、数時間で返事が来てすぐに使えるようになりました。

さぁ、これで完了です。日本の家族の所にも、NYの友人へもわたし自身の携帯でかけられるようになりました。「念のためわたしのケイタイね」なんて友だちに番号をお知らせできるワタシ、、なんだか急にかっこよく思えて来ます。友人と待ち合わせで「今どこ〜?」とか、日本の家族に「こっちはねぇ、天気がサイコー」なんてセントラルパークを散歩しながらおしゃべりできます。しかし調子に乗って話し続けるとエアタイムはあっという間に消化されてしまいます。こんな時には買っておいたプリペイドカードで「Top-Up」(リチャージ)します。これも簡単。最初にアクセスしたサイトから今度は「Top-Up」を選び、またまた指示通りに入力していきます。無事に完了すれば「ピロリ〜ン」というカワイイ音と共に携帯の液晶画面にお知らせが入ります。

と、大体こんな要領で初めてのプリペイド携帯を持つ事が出来ました。残念ながらこの携帯本体はもちろん日本では使用できませんが、年に1〜2度渡米される方なら持っていて損はないでしょう。最後にTop-Upした日から3ヶ月使用期間が延長されます。それを怠るとせっかくの自分の携帯番号が消失されてしまうので注意が必要です。帰国までにもう一枚余分にカードを購入($20が最低です)して、期限が切れる直前にTop-Upをすれば大丈夫です。(有効期限切れ後も60日は番号はそのまま使えますので、その間にTop-Upします。151日目に番号も残金もなくなります。ご注意を!)その点はちょっと不経済かもしれませんね。
わたしはせっかくなので家族や友人でアメリカに行く予定がある人に貸そうかな、と思っています。
ちなみにわたしが購入したのはKYOCERAのK-7 Raveという機種です。
http://www.virginmobileusa.com/catalog/phoneDetail.do?skuId=VMKE43KYKITK7N
一番安くて($69.99)小さかったので決めました。
アラーム、カレンダー、計算機、チップ計算機能付きです。アラームは目覚まし時計としてお役立ちです。
日本でも携帯電話なしでは生活できない、という方にはVirginmobileはぜひお薦めです。購入方法の簡単さではダントツだと思います。

Sophiaさんの追加レポート
私も出発前にゆうりさんの丁寧な経験談を読んでいたお陰で無事Virginmobileを購入できました。私もこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。さて、私はPCを持って行かなかったのでホテルからトールフリーの電話をかけて開通させました。現地在住で留学経験ありの友人が興味津々で代わりに電話してくれました。切った後、「すんごい早口で色々聞かれて焦った」と文句ブーブーでしたが。でもオペレーターは早口なだけでこっちの返事を辛抱強く待ってくれるそうなので、大丈夫かと思います。

事前に以下の情報を用意したうえで電話されることをお薦めします。
・暗証番号とパスワード
・メールアドレス(日本のものでよいそうです)
・携帯本体のシリアルナンバー(電池の裏にある)
・滞在しているホテルの郵便番号(これでエリアが決まるのでしょう)
・同時にTop-upする場合にはカードのスクラッチ部分をこすて出てくる番号(前もってスクラッチしておいた方が焦らなくていいみたいです)
多分、これくらいでいいと思いますが、他にも聞かれたらゴメンナサイ。何せ人任せだったもので…。
なお、通話時間が長かったので、ホテルから2ドル弱の回線使用料をとられました。

「ニューヨーク、小さな冒険」に投稿する