HEAR JOY SPRING IN NY 〜初めてのニューヨーク〜 その2


 地域コード
 やっちゃいました。あれだけ初版プレステ2で問題になってたのに、きれいさっぱり忘れてたんです。トムハンクスが現夫人と出会った「Volunteer」のDVDを見つけ、つい買ったのです。アメリカの地域コードは「1」、日本は「2」なので、ノーマルな方法では再生できません。みなさまもお気をつけください。

 本は本屋?
 Barnes&Nobleで子供用の絵本をいろいろ買いました。バーゲン品を選べばお買得です。それ以外だと、インターネットで買った方が安いかもしれません。自分用にThe Merriam Webster Dictionaryを買おうとしたら、スカイソフトの方が安かったのでやめました。それにしても紀伊国屋近くのBarnes&Nobleの店員にはムッ。「こんなに本を買ってどうするつもり。」とブツブツ文句を言い出すんだから。本屋で本買って何が悪い!紙袋2つ分って多い?

 デリ
 そこらじゅうデリだらけなので、毎回違うデリを利用しました。べーグルにスクランブルエッグとベーコンをはさんだものがおいしかった。フレンチトーストを頼んだら、1人分にメープルシロッププチパック2ヶとバターがたっぷり(5枚分は使えそう!)付いてきました。くだものは日本より酸っぱめなんですね。サラダは2ケ所で食べました。どちらもドレッシングがおいしかったです。

 I have a dream
 自由と平等の国、アメリカ。高校の英語の授業で習った、キング牧師の「I have a dream」で始まる演説は、ほぼ現実のものになったと思い込んでました。でも実際はどうなんでしょう。部屋でCNNニュースを見ていると、シンシナティの暴動を報道していました。警官が武器を持っていない黒人を撃ち殺したことが発端のようです。同じような事が以前もありましたね。1つの事件から暴動に展開するのは不満が蓄積されているせいでしょうか。詳しい知識のない私には本当の所がよくわかりません。過剰反応か、それなりの原因があるのか。ただ、ニューヨークを歩き回るうちに居心地の悪くなったのは事実です。白人と有色人種&移民(と思われる訛りのある人たち)で職種が大まかに分かれているように見えたから。別に私は人種問題に熱心だとかそういうわけではありません。けれど、自分も黄色人種で色付きですから、気になりました。

 ショッピング
NY Mets Clubhouse メッツといえば、夫が知人に頼まれた新庄グッズを求めてClubhouseへ行きましたが、全て売り切れ。新庄応援ツアーがこれから始まりそうなので、今後は増産されて品切れはなくなると予想します。

Hard Rock Cafe 世界中のHRCのピンバッチやTシャツ集めが趣味の夫は、ニューヨークでも店に向かいました。2、30分並んで購入できました。メジャーリーグ開幕シーズンの限定ピンバッチをゲットしました。

Century 21 子供がいると、買い物はどうしても子供中心になります。2階に上がってまず目に入ったのは、子供用三つ揃い。なんて可愛いんでしょう〜。これでちっちゃな紳士に変身です。うちは娘ですが、思わずため息がもれました。女の子のコーナーも負けていません。オーガンジーでふわふわしたおしゃれ着や可愛いワンピースでいっぱい。麻混のワンピースは、小さなローズ付き綿レースがウエスト周りについて定価$55、ディスカウント価格$30。安い!定価でも安く感じるのに、、、。夫が横にいなければ、別送品になるくらい買い込んでいたかもしれません(笑)。カジュアルなブランドものもありました。6歳サイズが品薄で、7歳サイズをチェックしたのですが、6歳以下と、7歳以上でコーナーが分かれており、またサイズも急に大きくなります。7歳用はまるで小学校高学年くらいの大きさでした。

J&R コンピュータの世界はどんどん広がっているというのに、ガイドブックにはパソコンショップ情報がないのはどうしてでしょう?店をさがすのに苦労しました。インターネット上でもソフトウェアは買えますが、ある程度見当をつけておかないと、求める商品を見つけられません。特にMacユーザーは使えないソフトが多いので苦労します。NY Loves You.で紹介されているCity Search New York City (NYの店を網羅するサイト)を旅行前にチェックし、Century 21の北東にあるこの店へ行くことにしました。夫の興味はVisor関係でしたが、こちらは大した収穫はなかったとのこと。
 私のねらい、Mac対応子供用ソフトウェアは希望通りありました。価格は、インターネットの激安サイトと高めサイトの間くらい。荷造りには箱がかさ張るので潰してもって帰りました。日本の品揃えを考えると、トイザらスにもソフトウェアはあるような気がします。私は時間がなくて行けませんでした(これ以上家のおもちゃを増やしたくなくて無意識に避けたのかもしれない...)。

Stalpes 事務用品の店です。あちこちに出店しています。パソコン関係の商品も置いていると聞き、Penn Station付近のK- martへ行ったついでに寄りました。ここは規模が小さかったです。それでもレジ前にパソコンソフト$9.99セールのワゴンがありディズニーのソフトを4枚買いました。

Ballet Company 「ほんとにここ?」 City Search New York City サイトで検索し、DANCE MAGAZINE(2001年5月号)や婦人公論(2001年5月7日号)で紹介されている、Lincoln Center近くのこの店は、とても小さくて入るのに躊躇する程。しかし、オーナーらしき紳士は片言の日本語で心をなごませてくれました。スカートとカチューシャのセットはゴージャスで、帰国後子供に見せると目を輝かせて喜びました。

 時差ボケ
 13時間はきついです。できるだけ日光に当たって、昼に眠くなっても我慢する、歩き回るのがよいと聞きますが、あまりにつらく、昼間はお昼寝してしまいました。お蔭で時差に適応しないまま帰国し、日本時間にはすぐ戻れました。3泊くらいならボケたままでもなんとかなります。でもFOSSEの最中は辛かったぁ。あんな素晴らしいものを観て、どうして眠くなるのよ〜!自分の脳みそが恨めしい。。。

月桂樹さんのサイトもご覧下さい!  Laurel, Roses & Herbs




Another New York Vol.24

HEAR JOY SPRING IN NY
〜初めてのニューヨーク〜 
その2
by
月桂樹

Copyright©2000 H Beams Publishing Inc.
KOBE JAPAN