Vol.42 Brooklyn Bridgeを歩いてわたる


 ニューヨーク初心者BEBEKOが、夢の(ちょっと大げさ?!)「ブルックリン・ブリッジを歩いて渡る!」ことができました。うっ〜感激!!!思い切り期待大!での“橋渡り”だったので、期待はずれだったらどうしよう〜なんて、はじめはちょっぴり頭を掠めたけれど、BEBEKOのハートを見事に射止めたナイス・ビュー!「ニューヨークに来ているんだぁ」と実感できた瞬間でした。

 一人で橋を歩いて渡るのはちょっと不安・・・と柄にもなくためらっていたけど、NY Loves You.で知り合ったゆみこちゃんと一緒に渡る事になり、まずはひと安心。14th St.ユニオン・スクエアで待ち合わせて、地下鉄4.5.6のBrooklyn Bridge City Hall駅で下車。どの出口から地上に出たらいいのかわからず、とりあえず一番近い階段を上がることに。これが間違いのもと!NY Loves You.にあったHomareさんのブルックリン・ブリッジ体験談を後で改めて確認すると、「南の出口を出て・・・」とちゃんと書いてありました。なのに、それを覚えていなかったのが災いして何と地上に上がってから橋の入り口を探して30分くらいぐるぐる歩き回ることに。すぐ目の前に橋があるのに・・・。「Vol.42 Brooklyn Bridgeを歩いてわたる〜!」きっと一人ならここであきらめていたかも・・・

 やっとのことで橋の入り口にたどり着くと、ここは歩行者用と親切な看板があり、今度こそ迷うことなく橋を渡り始めることができました。渡り始めると、もうドキドキ・わくわくが最高潮!「本当に木の床なんだ!このワイヤーで橋を支えているの〜。こんな大きな石を積み重ねて柱ができている〜!」なんて感激しきり。背中にマンハッタンを感じつつ、振り返り振り返り、背高ノッポのビル群を眺めては、少しずつ遠くになっていくマンハッタンを楽しんでゆっくり橋を進んで行く。少しだけ離れたところからロウアー・マンハッタンの写真を撮ることができる喜びにシャッターを押す回数の何と多かったこと・・・後で見ると、同じような写真がいっぱい!この「少しだけ離れたところから」が嬉しかったんです。

 橋のほぼ中央で、私たちはくるりと体の向きを変え、しっかりとマンハッタンの景色を楽しみ・・・エンパイア・ステート・ビルやクライスラー・ビルが小さく見える。右手にはいくつかの橋が見えるけど、一番手前はマンハッタン・ブリッジかな?真下を覗いてみるとイースト・リバーが見えて、少し怖かったけど、意外と高いところにいるんだぁと妙なところでも感動・・・時々ジョギングをしている人やマンハッタンへ向かうニューヨーカーたちとすれ違い、「こんな風景、映画で見た!見た!」と、もうハートはドキドキ度100%。7月だというのに長袖のシャツでも寒い日だったけど、私たちは約30分のんびりとブルックリン・ブリッジと、そしてそこからの眺めを堪能しました。意外と短かかったなぁ。今度は橋のベンチでゆっくりするのもいいかも・・・。

 橋を渡り終えるとそのまま道なりに右折して突き当りまで進み、今度はブルックリンハイツ・プロムナードへ。ガイドブックでよく見るマンハッタンの景色を見るんだぁ〜!と歩いてはいたけれど、二人ともブルックリンに入ってからハイツまでの行き方がわからなくて困っていると、親切なおばあさんが私たちをプロムナード近くのMontege St.まで案内してくれました。そしてまっすぐ5分ほど進みプロムナードへ。そこに広がるマンハッタンはガイドブックのそれよりもっと素敵でした。目の前に広がるロウワー・マンハッタン。左手に自由の女神、右手には遠く小さなエンパイヤ・ステートビルまで見える。ベンチに座ってスターバックスのコーヒーを飲みながら、私たちはしばらくその景色を楽しみました。

 プロムナードでの景色をしっかり楽しんだ後、Montege St.にあるHeightCafeでランチ。ちょっとスパイシーなスープは、冷え切った私の体にはぴったりでおいしかった〜。マンハッタンとはちょっと違った、のんびりしたMontege St.。私たちはブラブラ散歩をしながらはじめてのブルックリンハイツに満足し、N・R線Court St.から地下鉄に乗ってブルックリンを後にしました。

 プロムナードから見るマンハッタンの景色はもちろんすばらしかったけど、でも私はブルックリン・ブリッジから見る景色が、今回の旅で一番のお気に入りになりました!!!今度ニューヨークへ行く時は、一人でだってブルックリンブリッジを歩いて渡ってみよう!と心に硬く誓いました・・・が、時が過ぎ、次のニューヨーク行きが2月に決まると「寒そう〜。凍えてしまうかもBrrrr......」と、ちょっと二の足を踏んでいるBEBEKOです。やっぱり次も夏のブルックリン・ブリッジかな・・・?

  



Another New York Vol.42
Text by BEBEKO
Copyright©2000-2001H Beams Publishing Inc.
KOBE JAPAN