Vol.61 ニューヨークSPA三昧 1日目


 GWのニューヨークは一人旅でした。一人でしかできないことをやってみたい、、と考えて、計画した今回の旅のテーマは「SPA三昧」!とは言っても、4泊6日ではせいぜい行けて3ケ所。とりあえず有名どころ3件に日本から予約を入れて、NYに向かいました。3つともウェブサイトから予約ができます。デポジットのためにクレジットカードナンバーを伝える必要があります。

1日目 Dorit Baxter Day Spa http://www.doritbaxter.com/

 お昼ちょうどにミッドタウンのホテルに到着、予約は午後3時からなのでのんびりとお部屋でシャワーを浴びたり、タイムズスクエアへぶらぶらと散歩したりして時間をつぶしていました。サロンへは20分前に到着が原則です。余裕でサロン入口へと向かったのですが、、、「改装中につき仮店舗で営業中」

・・・しばしボーゼン、、、だってリコンファームした時に何にも言ってなかったじゃない!!と理不尽さに腹を立てながらも移転先に急ぎます。ちなみに今までの店舗は57th St. bet.5〜6Ave、移転先は57th St. bet. Madison〜Lexington Ave.(Habitatというホテル内)です。もう、歩きましたよ、早足で!湿度が高くて曇った日って、急いで歩くと疲れますね。どうにか時間ギリギリに着いて「移転したなんて知らなかったわっ!」とちょっとイヤミを言った(つもり)のですが、「お水でも飲んで、まずはリラックス♪」とニッコリ笑顔でかわされてしまいました。

 仮店舗はハビタットホテルの3階をワンフロア全部借りているようでした。ロッカー代わりにバスルームを使い、ここで着替えをすませます。ホテルの部屋なので施術は続きの間のベッドルームで行います。わたしが選んだのは時差ぼけ解消のための「Super De-Lagging Massage」(1h-$75)です。
 アロマの香り(時差ぼけにはミントやシトラス系の香りがいいらしい)の中、「痛かったら言って下さいね」という割にはゆるやかな力のマッサージが始まります。最初はうつぶせで頭、背中、腰、足、と続き、その後は仰向けで肩、手、足の順番でマッサージが続きます。仰向けになってからは記憶がほとんどありません(すみませ〜ん)。心地よさと時差ぼけとで、熟睡してしまいました。それでか気持ち良かった、ってことなんですけどね。エステティシャンに「終わりましたよ」と声をかけられるのまで寝てしまいました。あっと言う間の一時間。着替えをすませたらラウンジで冷たいお茶をいただきながらしばし休憩。そろそろ出ようかな、という気持ちになったらフロントでお会計をお願いします。カードで支払っても、エステティシャンへのチップ用に現金をお忘れなく。担当者の名前の入った小さな封筒にチップを入れて帰ります。外に出ると気のせいかちょっと身体がスッキリした気が。頭もキリっと冴えて来ました。う〜ん、正解です。到着日には時差ぼけ解消マッサージ。

感想:仮店舗なので多少のオペレーションの悪さは仕方がないですね。ロッカーがなく、バスルームにバッグや服などの私物を置いておく事にちょっと抵抗を感じました。貴重品は持ち込まない方が良いでしょう。エステティシャンの技術は及第点。蒸し暑い日でしたので「暑くない?大丈夫?」としょっちゅう声をかけて気を使ってくれました。ホテルの一室なのでBGMにリラクゼーション音楽が、、ということはなく、外の喧噪がダイレクトで入ってきます。それはそれでNYぽくていいんですが(笑)。真剣にリラクゼーションを求める方には向かないでしょう。夏にはリニューアルオープンとのことですが、、どうでしょう?秋くらいになるんじゃないかな?

お薦め度 

2004.05.23

  



Another New York Vol.61
ニューヨーク・スパ三昧 1日目
Text ゆうり
Copyright©2000-2004 nylovesyou.com
YOKOHAMA JAPAN