Vol.67 ニューヨークで結婚式?
▼ ニューヨークの結婚式はキロスタジオへ! Click!

青い空、セントラルパークの緑、ビル色のNYの街。
本当に綺麗でした。素晴らしかったです。
あと、白装束のカップル。

はい。怪しいことはしてません。
2003年7月1日にセントラルパークで結婚式をしてきました。
でも、決めたのはこんな感じです。
5月末頃 突然7月3、4日のNYLYオフ会に行きたくなる。
6月5日 NYの航空券を申し込む。
6月10日 航空券が取れそうなので、NYLYのオフ会に申し込む。
6月13日 急にNYで結婚式をしようとおもって、ネットでみつけたエージェントにメールをいれた。
6月17日 7月1日で結婚式ができるという返事がエージェントから来た。
6月18日 早速、NYLYで参列者を募る。
「おい、順番がちがうだろう」とつっこみをいれたくなる人もいると思いますが、本当にそうです。いい方をかえると、「NYに行くついでに結婚式を挙げた」ことになるようです。当たってます。まあ、「自分でもよく結婚式ができたなあ」とは今でも思ってますが....。
6月28日 日本出発
6月30日 NYのエージェント「KIRO STUDIO」のキヨコさんを訪問。
明日の簡単な打ち合わせ。宣誓のときのセリフのうち合わせ、笑顔の出し方を練習。ほんとに少し不安になる。そのあと指輪を買いにいった。これで準備は整った。

7月1日 いよいよ結婚式当日!
 7:30 スタイリストの野上さんが、ホテルに来訪。2時間後、奥さんとなる人がみるみる化けて新婦らしくなる(私もメイクをしてもらえばよかった)。
 9:40 ウエディングドレスと白いタキシードかっこうで新郎、新婦はホテルを出発。まずはホテルのボーイさんから「こんぐらちゅれーしょん」。少しやる気が出てきた。
ホテルからはリムジンは予算の関係上、来るはずもなく、最初はイエローキャブで、待ち合わせ場所のセントラルパークウエスト75STの教会前へ。(控え室ではありません。路上です。)KIRO STUDIOのキヨコさん(プロカメラマン)とご主人のロバート(ビデオカメラマン)と待ち合わせ。プラスNYLYをとおして、参列いただいた方数名と待ち合わせ。ようやく神父さんも登場。この路上のベンチで、リハーサル。どきどきしてきた。
NYの貸自転車屋店長の湯本さん&JOJOさん登場。そうです当日の自転車ツアーをわざわざ私達の結婚式のためにツアーコース入れていただいたのです。感激。
 10:00 歩いて数分の結婚式会場のHERNSHEAD(といっても小さな屋根付のガゼボです。)に向う。そのガゼボにつくと、おじさんが昼寝してました。ちくしょ〜。大切な会場で・・・。まあ、そんな、ちいさなトラブルもすぐに解消して、結婚式開始。(一旦、ビデオ撮影用に少し入口方面に戻る)ヴァイオリンのウエディングマーチ会わせて、私達が登場。
わずか1週間程度、NYLYで告知しただけですが、自転車ツアーの方も含めて17人の方に参列いただきました。本当にうれしかったです。恐るべしNYLY。
このあとはいささか、映画のワンシーンのごとく作業を黙黙とこなしました。いわゆる宣誓と指輪交換とキスです。宣誓は全て英語でしたが、意味はほとんどわからず。詳細は緊張してよく覚えてないので省略します。(^^; といっても、カメラマンのキヨコさんに「ちびたんさん。顔かたいよ〜。スマイル!!」とずっと言われたのは覚えてます。
式の最後には、結婚証明書に神父さんだけでなく、皆さんにサインしていただいきました。私達の宝物です。その後、しばらくはみなさんと写真タイムです。岩の上で踊ったり、岩に足をかけるポーズとったり、思った以上にハードでした。思いっきり晴天のうえ私達は厚着です。だいたい1時間で式&写真タイムは終わりました。アットホームな素敵な結婚式ができました。本当にありがとうございました。
結婚式会場となったHERNSHEADはガゼボだけでなく池に面してて、池越しにNYのビル群が見える本当に美しいところです。セントラルパークに訪問される方はぜひ寄ってみてください。場所は、ストロベリーフィールズに一番近い入口から、ストロベリーフィ-ルズに向わずに左に曲がると小さな看板"HERNS HEAD"があるので、そこを右に曲がった小道の奥です。
しかしながら、これで終わりではありません。白いストレッチリムジンNYフォト&ビデオツアーの旅に出るのです。お決まりのように、リムジンの前でポーズ決めたり、サンルーフから体を乗り出して手を振ったり、つくり笑顔でちょっとした演技をしたり・・・。これがなかなか大変。
フォトツアーのルートは次のとおりでした。
ストロベリーフィ-ル/ズイマジンの周りを手をつないで周った。少しはずかしい。公園の真中でまたキスした。
タイムズスクエア/さすがに、ど真ん中でドレスとタキシードではじろじろみられた。もっともはずかしいいのは、何回も大きくジャンプをした。(ビデオを見るとピョンピョン跳ねてるだけだった。)本当にはずかしかった。私達は決して若くありません。
ブルックリン/リバーカフェのとなりで、マンハッタンのビル群とブルックリン橋をバックに撮影。ここは、人気があるらしく、中国人カップルも私達と同じように撮影してた。
馬車/セントラルパークにもどって、こぎれいな馬車にのって撮影。御者さんのインタビューなど撮影。公園の道行く人から「こんぐらちゅれーっしょん」連発。(ビデオを見ると疲れてたのか「サンキュー」の声がうわずってる。撮影はパークにもどって、橋の上で本日最後のキス。
14:00 プラザ ホテル前
全て終了。年を感じさせたが、幸せも感じた。プラザホテル前から私達のホテル(近くのエセックスハウス)まで、歩いて帰った。これも少し恥ずかしかった。
でも、ビールがおいしかった。
私達の「NYで結婚式-セントラルパーク編-」は終了です。ふう〜っ
どなたか、続きの「教会編」「エンパイアステートビル」編をお願いします。
最後に・・・
こんなきまぐれな私達の結婚式に参列していただいた皆様本当にありがとうございます。
また、アットホームで素敵な結婚式を演出していただいたKIRO STUDIOのきよこさん、ロバートさん、野上さんありがとうございます。写真もビデオも素敵でした。
2004.06.27
▼ ニューヨークの結婚式はキロスタジオへ! Click!





Another New York Vol.67
ニューヨークで結婚式!
Text ちびたん
Copyright©2000-2004 nylovesyou.com
YOKOHAMA JAPAN