NY日記〜わたしの宝物


久しぶりの海外旅行に選んだNY!今の私には海外から良い刺激をいっぱい吸収して、自分自身を振り返ったり見つめなおしたりする事も必要かなと思ったから。10年ぶりに訪れたNYはずいぶん変わっていたし、10年前に見たNYとはまた違った見方もできたような気がします。本当にいい思い出旅行となりました。NYがくれたものは、私の大切な宝物です。

1日目 気が付くと憧れのNY出発の日を迎えていました。荷造りまだ半分しかしてないけど、あまり荷物もないからいっか!と気軽な気持ち。飛行機は今回はコンチネンタルを利用。機内はガラガラで、殆どの人が3列を一人占めで横になって寝ていました。14時間のフライト後NYに到着。ほんとに来ちゃった!そして今回の滞在先であるUpperEast のアパートメントへ向かおうとタクシー乗り場へ。マンハッタンまでの料金は一律と聞いてたので安心していたけど、やっぱり一人って割高。タクシー乗り場でうしろの方に並んでいる日本人らしき男の子を見つけると、私は思わずタクシー・シェアしましょう!と誘ってみました。日本じゃ絶対そんなことしないのになぁ、、、。やっぱり海外に来ると大胆になってしまうみたいです。滞在先のお部屋は本当に普通のアパートでした。物音がちょっぴり気になったけど、まぁ一人ならOKかな。でも、暖房の“カンカンカン・・・”という音。安眠妨害でした。荷物を整理してから、さっそく近くにあるスーパーへお水やら食料品など買いに行くと、私のお気に入りシリアルも置いてあって興奮!日本では手に入らない物が普通に置いてあって、やっぱりここはアメリカなんだと実感しました。この辺りは住宅街で、滞在中はあやしい感じの人を見かけなかったような気がします。たった一週間の滞在でしたがUpperEast は私のNYお気に入りの場所となっています。

2日目  時差ぼけからか、あまり眠れないまま朝を迎えました。朝ご飯を食べようとミッド・タウンへ。とっても寒い朝だったけど、私にはNYの街を歩くだけで新鮮でわくわくしました。そしてようやくベーグル屋さんを発見。私はお豆腐のスプレッドをチョイス。なんだかハマリそうな味でした。今回の旅行は大好きなパン達を食べるのも目的の一つなのでした。

 この日は日曜日、「美女と野獣」のチケットをとっていたのでブロードウェイへ。ミュージカルは、舞台も衣装も全部ステキ!見ているだけでうっとりしてしまいます。もう日本のミュージカルなんて比べ物になりません!初日からとってもいい物を見て感激しながら、ロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーを見たり、セント・パトリック教会を見たり。ちょうどミサをやっている夜でした。ミッドタウンをフラフラとウィンドウ・ショッピングしながら歩いて帰宅後、NYに住む知人に“がりのすし”というお寿司屋さんに連れて行ってもらいました。とっても人気店で人がいっぱい。私が食べた創作すしは、日本では目にしないような変わりネタばかりで、うずら卵、ウニ、焼鮭や貝など本当においしいかった!NYのお寿司って日本よりいいかもぉ。東京で同じものを食べたらもっと高いんだろうな。

3日目  近くにあるパン屋さんでスープとパンを購入してお部屋でテレビを見ながらランチ。お部屋ではインターネットができるからとっても便利でした。情報収集してから昼間は滞在先の周りをフラフラ探索することにしました。この辺りは高級デリのお店とかいっぱいあってうれしくなってしまいます。大好きなパンを買ったり、スーパーでお気に入りの食材を買ったり。こんな事だけでも楽しい。この日もまた歩いてミッド・タウンへ行ったけど、NYって思ったより狭いなぁって感じました。地下鉄のメトロカードも結局あまり使いませんでした。

 夜はネットで知り合った女性にUpperWestにある彼女行きつけのBARへ連れて行ってもらいました。彼女はとっても気さくでフレンドリーな方で、そんな彼女の生き生きとしたお話はとってもステキでした。世の中にはこんな素晴らしい人も居るんだ!そして、そこに来ていた常連さん達の笑顔。みんなフレンドリーで初めて訪れた私を暖かく受け入れてくれました。ひょんな事から出会って飲みに行こう!と誘ってくれたこんな偶然な出会いが、こんなに暖かいものになるとは思ってもみませんでした。インターネットって自分の可能性を超えるものがあるんだなって思います。彼女の話しを聞いていると、不思議と私にも何かできるんじゃないか!って思えてくる。私はなんだかもっともっとパワーをもらいたくなり、次の日も会う約束を。彼女と会わなかったら、きっとこんな楽しみ方もできなかったな。本当にありがとうございました。短い観光の間だけど、できるだけいろんな人とお話しがしたいって思った夜でした。

H&H Bagles 4日目  午前中はマディソン街を少しふらふらしてお目当てのショップへ。お店のドアを開けると「こんにちは」と日本人の声。日本人スタッフが一人居て、「なにかお手伝いしましょうか?」と声をかけてくれました。「NYに来てもう9年、このまま一生NYかな」と言われた言葉が今でも心に残っています。ここまで来るにはやっぱり相当な努力とか苦労とかいっぱいあったんだろうな。私は頑張っている人を見ると、なんだかうれしくなってしまいます。

 そこからバスに乗ってUpperWest Sideへ。そこには行ってみたかったショップがずらずら。Fairwayというマーケット。いろんな食材が豊富でなんだかうれしくなります。私のお気に入りシリアル、こっちで買ったほうが安かった!ちょっとショックを受けたところで1ドルも安いわけじゃないんだけど...。チーズ類も豊富で私は思わず写真を撮ろうとすると、チーズ売り場のおじちゃんに「No Photo」と言って注意されてしまった。ちょっと位いーじゃんか!減るものじゃあるまいし...。結局こっそり撮影に成功!私はサラベスズ・キッチンのジャムやら果物やら買い物が止まりません。そこから目的のH&H Bagelsまでは近くて、店内に入るとおいしそうがいっぱい!NYで食べたBagelsの中では一番おいしいと感じたお店でした。隣のZABER’Sにはおいしそうなデリがいっぱいで目移りしてしまうし、NYには「おいしそう!」がいっぱいです。その横にはZABER’S CAFEがあって、簡単なランチができました。

 午後からは、昨夜お世話になった方からお借りしていたフリーパスで“アメリカ自然史博物館”へ。すごく大きな博物館で、とても半日じゃ足りません。最上階には恐竜の博物も置いてあって、自然が好きな私にはとても興味深い所でした。

 夜はまた昨夜のBARに向かおうとバスを待っていると「このバスはどこへ行くの?」とアメリカ人に聞かれました。私も住民に見えたのかしら。(^_^) BARにはまた変なアメリカ人が来ていて、ばかなジョークばかり連発。Forkをもって「○○ You!」と...。ばかな話に一緒になって笑ったり飲んだり。それにしてもこのアメリカ人には笑えた。本当にいい思い出です。その晩は地下鉄で帰る事に。でもUpperWestからEastへの乗り換えって本当に不便。しかも夜は地下鉄の本数も減っていたみたいで...。私は乗換えを間違えたりして、同じところを行ったり来たり、あげくに時刻は深夜1時すぎ。地下鉄の中の人達もちょっと恐い。さすがの私も異様な雰囲気にいったん地上に出て歩こうと思いました。でも自分がどこに居るのかも分からず、上を見上げると掲示板には今の気温マイナス3℃。寒いわけだぁ。どこへ向かって歩いていいのやら、そんな事もわからずさまよっていると、もみの木を売っていたおじいちゃんが「迷ったのかい?」と声をかけてくれてタクシーに乗せてくれました。とっても寒い夜だったけど、そんな暖かい親切にうれしくなりました。夜の一人歩き、何事もなくてよかったな。でも、あんな深夜にもみの木は売れるのだろうか...。

Ess a Bagle! 5日目  ミッドタウンに出てショッピング&ミュージカル・デーです。NYはとっても寒いから帽子が欲しい気分。バーニーズNYにはかわいい帽子がいっぱいです。私もさっそく試着していると、そこにいたおばさん「あら、さっきから同じ帽子が気になるのね・・・」なんて言いながら、二人して同じ帽子を交互にかぶっている。というより、私がかぶった帽子を彼女もトライしているといった感じ。きっと人の物は良く見えるのだろう...。

 ランチはエッサ・ベーグルと決めていたので、また歩いてミッドタウンへ。 私はポピーシード・ベーグルに、サンドライド・トマト・クリームチーズをサンドしてもらいました。ちょっと変なチョイス?レジのおじちゃんは私が日本人だとわかると、いろんな変な日本語を話してきて「こんばんは」「あなたに会いたいです」とか...。きっと観光客から変な日本語を習ったんだろうな。そのおじちゃんはベーグル一個おまけしてくれて、なんてやさしいのかしら...。アメリカって日本ではありえないような、ふと思わぬところで思いがけない気持ちを持たせてくれる。そんな国だって改めて感じました。

 お昼を食べてブロードウェイへ。「スーシカル」を予約していました。会場はちびっこがいっぱい。やっぱり子供向けのミュージカルなのかな。席はとびきりいい席で、オーケストラのど真ん中の前から5列目。ストーリーは子供向けといった感じだったけど、やっぱり本場のミュージカルは踊り・舞台・迫力が違うなぁ。絵本の中に入っているみたいでした。そんな気持ちに大満足しながらグランド・セントラル・ステーションへ。駅の天井はプラネタリウムみたいで綺麗でした。私は目的の食材売り場を探してうろうろ。パン屋さんやらデリやら、おいしそう。コーヒー屋さんもあったりしていい香り。NYに住んでいたらこんなところで買い物するのも楽しいだろうな。私はCOLLADOでスコーンとマフィン、ヨーグルト屋さんで、Non-Fatのメープル・ヨーグルトを購入。スコーンは抜群においしかった。ヨーグルトは翌日の朝食に頂いたけど、なに?この味?って感じで始めて食べる味でした。これじゃぁスーパーで売っている3個2ドルのヨーグルトの方がよっぽどおいしいよ。

 夜のNYの街はクリスマスムードでとっても綺麗で、歩いてエンパイヤ・ステート・ビルディングも見学できました。またたくさん歩いた一日でした。夕食後、スーパーへ行ってみると日本人の親子を見かけました。NY駐在員の親子なんだろうな。あー、いいなぁ。私も将来こんな風に駐在してみたいなぁ。

6日目  NY最後の日。思い残すことないようにショッピング&観光に励まなくては...。NYのクリスマスも写真に収めようとホテルのザ・プラザとか、トランプ・タワーとか、NYのビッグなクリスマス・ツリーを探し求めてひたすら歩く。あちらこちらにステキなクリスマスツリーがあって本当にワクワクする街です。そしてロックフェラー・センター地下のスターバックスで一人コーヒーを飲みながらガイド・ブックを見ていると、隣に座っていたアメリカ人とお話しが始まりました。近くの銀行で働いている彼は、NYオススメスポットとか危ない所とか教えてくれ、お昼をご馳走してくれる事に!偶然声をかけてくれたおじちゃんだったけど、一人ぼっちの私にとってはとても暖かい言葉に感じられてそれがうれしかったです。一人だと同じ時に同じ事を感じたり話したりってできないけれど、一人だからこそ偶然に出会った人たちの暖かさを貰って、それが自分にとってとってもいい思い出となっていく。やっぱり一人旅っていいな!そのおじいちゃんが仕事に戻るというので、私はMOMAへ。とってもステキな美術館でした。もっと時間をかけてゆっくり見たいとも思いました。それは次回のお楽しみかな。

7日目  NY出発の朝は雪でした。とっても寒い朝だったけど、私にはなんだか暖かい雪に感じられました。滞在先のアパートを後にして空港に向かう車の中で今回私が!NYで感じたこと、思ったこと、いろんなことが頭の中を駆け巡り、とっても複雑でなんだか寂しいようなそんな気持ちになりました。雪のNYから飛行機に乗って雲をぬけると、そこにはとっても澄んだ綺麗な青空が広がっていて、このまま飛行機に乗ってどこまでもどこまでも飛んでいたい気分でした。活気あって魅力溢れるNY、何回も来ていっぱい楽しみたい。ただの観光客での観点でしか分からないけれど、現実のNYって本当は厳しい所なんだろうなと思います。きっとここで暮らす日本人の多くが孤独や寂しさを感じながら、自分の目標のためにがんばっている。NYで生き生き暮らすためには、自分で自分を高め、強さを持っていないと難しい所なのかもしれない、そんな風にも感じました。そして海外で暮らしてみたいという私の夢もさらに高くなってしまいました。この旅を通して感じたことや今の気持ちを忘れないでこれからの自分に役立てていきたいです。今回の旅行で出会った人達、私には本当に暖かいお土産となりました。本当にありがとうございました!
  2001.01.10  Text by うさこ



Another New York Vol.09

NY日記〜わたしの宝物
by
うさこ

Copyright©2000 H Beams Publishing Inc.
KOBE JAPAN