Vol.01 白タクに御用心


JOJO様
 ワンハンドレッドのYOKOです。お元気でいらっしゃいますか?記録的な暖冬だった(ニューヨーク史上最も暖かい冬だったそうです)ニューヨークですが、あっという間に桜の咲く春になってしまいました。

 さて、前回のメールでジプシー・キャプのことを書きましたが、先日もまた被害に遭ったお客様がいたので頭にきてこれを書いています。
 今回の被害者はJFKからタクシーに乗って来られたお客様です。
 通常タクシー乗り場で渡される用紙に運転手の認識番号と行き先が書いてありますが、今回はそれをもらえなかったところからしておかしかったのです。乗車したとたんに運転手がメーターが壊れていると言い出し、メーターを使わないで出発したのです。私の宿では運転手に渡すために運転案内(ドライバーズ・ディレクション)をインターネットからプリントアウトして持って行くようお客様にすすめていますが、この運転手はそれを見るなり、英語が分からないと言いだしたのです。
 結局何とか着きましたが通常マンハッタンのフラット・レートが35ドルであるのを利用し、運転手は一人35ドルだといい請求しました。半信半疑ながらお金を払っている最中に、私がお客様の到着に気づいて車に駆け出したのですが、私を見てばれるとおもったのか、まだドアに手をかけていたお客を振り切って猛スピードで発進して行ってしまいました。この話を「地球の歩き方」の人に話したところ、その方の奥様も同じような目に遭ったいうことを聞きました。

 テロ以来お客が減ったせいでしょうか、こちらに来られるお客様のほぼ4割が何らかの被害に遭っていらっしゃるのですが、起こった後では何もできません。相手がはっきりと日本人を狙っているようであるのも頭にきます。もうこうなったらどんな場合も荷物を下ろすまでお金は払わず、ホテルの人間を呼んでからにしたほうがいいように思います。
 せっかくのニューヨークの旅がつまらないトラブルから始まるのは残念です。それも、あまりお金のない学生の場合、数十ドルの価値は他の人の何倍にもなりますから、悔しさも倍増です。私はアメリカ人の言うように、騙される方が悪いとは思いません。騙す方が悪いのです。でもほんの少しの勇気と準備でこんなトラブルに出会わなくてすんだり、カモにされずにすむのなら、それを知ってもらいたいと思います。

基本ですが、
・必ずタクシー乗り場から黄色いタクシーに乗ること。
・乗ったら認識票と運転手の名前を確認、手帳などに書き留めること(運転手に書き留めているのを分からせたほうがいいです)。
・おかしいと思ったらたとえ荷物を乗せた後でも、降りると伝えること。
・料金が高すぎると思ったら、「現金の持ち合わせがない」と言って、荷物を下ろした後でホテルに入り誰かを呼んで料金が正しいか確認してもらうこと(荷物を下ろす前に車中で支払ったりしないこと)。アメリカ人は高額の現金を持ち歩きませんから、運転手もふっかけられません。いくら高額な請求をされても、ようは払わなければいいのです。
・現金は分散して持つこと。
アメリカ人なら通常40ドル以上の現金を持ち歩くことはあまりまりません。日本人がカモにされる理由はいろいろありますが、ひとつは言えば出せるだけの現金を持っているからです。旅行中どうしても現金を持ち歩かなければならない場合は、小銭用の40ドルほど入れた財布と、カードやその他の現金を入れた財布か袋を他に用意してください。
 
 これだけしてももしだまされてしまったら、宿の人に頼んで抗議の電話を入れてもらい、後はきれいに忘れることです。たった一人の運転手のためにニューヨークが楽しめなくなったら本当に残念です。
 トラブルがあるのは空港からのタクシーだけで、マンハッタン内の移動でのトラブルは聞いていません。乗りこなして、ニューヨークを楽しんでください。

 またまた長いメールで失礼いたしました。また何かありましたら書きますね。体調を崩しやすい時期ですが、どうかお体を大切に。

  青空のニューヨークより YOKO

 The One Hundred のオーナーのYOKOさんから頂いたメールを、お願いして掲載させて頂きました。さあ、ニューヨークへ! JOJO

▼ YOKO's Profile
ブルックリンにあるB&B、ザ・ワンハンドレッドのオーナー。アジア、中東、アフリカ、ヨーロッパを旅した紀行画家。

▼ The One Hundred http://www.theonehundred.com/
100 Fort Greene Place, Brooklyn, NY11217
TEL 718.624.8313 FAX 718.624.1363

  



Brooklyn, NY11217 Vol.01
Text by YOKO

Copyright©2000-2002
H Beams Publishing Inc.
KOBE JAPAN