In the Hights
 Richard Rodgers Theatre
 226 West 46th St. New York, NY10036
  Category / Musical
  Opening / 09 Mar 2008
  Running time / Two hours and 30 minutes, including one 15-minute intermission
  Tickets / $30-110
▲ 画像をClickするとAmazon.comからこのDVDを購入することができます
kuma 関東  Posted 2009/03/14
 インターネットで予約
 $134.15
 
  Title『オープニングでいきなりスタンディングオベーション』 トニー賞のあとだったので、ディスカウントチケットは探せず、正規料金です(手数料込み)。席に着くと、あちこちからスペイン語がきこえてきて、ヒスパニックの観劇者がかなりいることがすぐにわかりました。あまり難しくない英語で、ストーリーはわかりやすかったのですが、ときどきスペイン語で笑いを取るシーンもあり、もうちょっと予習しておけばよかったかな、と若干後悔しました。幕があいて、Lin-Manuel Miranda(主役かつ、原案、作詞、作曲者)が登場すると、ものすごい歓声で、いきなりスタンディングオベーションになりました。まだ一声も発していないのに(笑)。本人は、歓声がおさまるまで、うれしいやら困ったような、照れ笑いをしていましたが、その様子は彼の人柄が良く出ていて、とても好感がもてました。会場全体が”おめでとう”ムードで包まれていました。ヒップホップのミュージカルはとても新鮮でしたが、ベテランの役者さんも多くいて、普通に聴かせる歌もたくさんあるので、どちらも楽しむことができました。最後は爽快感と、ほろっともらい泣きで、チケット代以上の感動ができました。リピーターもかなりいるようで、たしかに、RENTのような存在になりそうなミュージカルだと思いました。私も、次にNYに行くときには、もう一度みたいと思っています。

とろ 関東  Posted 2008/08/02
 インターネットで予約
 $44.15
 
  Title『Rentの受け皿?』 トニー賞直前に、インターネットの書き込みで興味を持ち、チケットマスターで取りました。Aラインのハーレムより北、ワシントンハイツという、ドミニカ・プエルトリコ系の人が多く住む、スペイン語が飛び交っている地区に住む人々の話です。日本語のパンフがないのと、スペイン語が混じっているのと、キャスト変わったら同じように出来るのか?、と考えてお勧め度は低くしましたが、自分はとにかく音楽と歌にはまってます。ラップと、ラテン系な音楽と、ミュージカルらしい曲が混然となっている感じ、曲によっては本当にラップと普通のメロディーが重なり合って盛り上がっていくのに圧倒されます。見てるときにはストーリーが半分しか分からず、曲が好きになったので、あとでCD買ったり、インターネットで調べて、主役を演じていた人がこの舞台のもとを大学生の頃に作り、その音楽が評判になって人が集まってきたとか、いろいろ知って面白くなってきた感じです。歌とダンスの感じが似てるな、と思ったらRentのプロデューサーや役者だった人がかかわっているとか。Rentが90年代、In the Heightsが2000年代なんですかね。耳に入ってきた文句では、ABUELA(アブエラ):おばあさん PACIENCIA Y FE((パ)シエンシェイ フェ):Patience and faith CALOR(カロール):暑い NO ME DIGA(ノメディーガ):まさか! NO PARE SIGUE SIGUE(ノ パレ シゲ シゲ!):止まるな 進め→その調子その調子! ALABANZA(アラバンザ):たたえる...適当ですが足しになりましたら。自分はABUELAの歌の部分が好きなので、そこ中心です。

▼Off Broadwayで上演時代の投稿です
もこ 海外  Posted 2007/01/01
 インターネットで予約
 $29.00
 
  Title『It is new for me!!』 タイトルにNew Musicalと入っていますが、ラテン・HipHop(ラップ?)ミュージカルでダンスも多々あって楽しめました。Offですが、RentやAvenueQの誰それが製作に関与していることなどが宣伝に記載されていた(と記憶しています)のでそれらと同じようにOffからいずれOnに移り大作となるかもしれないと思い期待して開始早々に見に行きました。一部まだブラッシュアップされていないように感じられる部分もありましたが、こなれてきたらより良い印象をもつように思えます。少なくともこの値段でしたらお勧めです。前述の2作同様にNYのある場所(マンハッタンのハーレムよりも北のワシントンハイツ)を部隊とした話です。ワシントンハイツ自体はメットの別館しか馴染みのない処ですが、是非機会あれば見てみて下さい。イメージはどちらかと無理に区分するとRentよりもAvenueQよりです。
劇場周辺は余りいい場所ではありませんが、さっさとまっすぐ向かって、終わったらまっすぐ帰れば恐らく問題はないと思います。

「Broadway!! Broadway!!」に投稿する