The Little Mermaid
 Lunt-Fontanne Theatre
 205 West 46th St. New York, NY 10036
  Category / Musical
  Opening / 10 Jan 2008
  Running time / Approximately two hours and 30 minutes, with one intermission
  Tickets / $41.50 - $111.50
▲ 画像をClickするとAmazon.comからこのDVDを購入することができます
ごうちゃん 関東  Posted 2008/05/11
 インターネットで予約
  $120くらい
 
  Title『楽しかった!』 皆さんがおっしゃるように子供が沢山です(笑)。アリエル役のSierra Boggessの歌唱力がすばらしいのはもちろんですが、それ以上にUrsula役のSherie Rene Scottの迫力と存在感、歌のすばらしさに感動しました!すっかりファンになってしまったほどです。
出きるならもっと出番を増やして欲しいくらい(笑)。CDを買ったので、日本に帰ってきてからもしょっちゅう聴いています。

aye 関東  Posted 2008/03/16
 インターネットで予約
 $75.00
 
  Title『かわいい』 アリエルの子がかわいくてかわいくて、ほんとに映画からそのまま飛び出てきたみたいにハマリ役です★
フランダーの男の子もかわいくておもしろかったです。ディズニーシーのショーを豪華にした感じです。確かに子供が多いかも。キャッキャしてました(笑)

toto 関東  Posted 2008/01/27
 直接劇場窓口で
 $110.00
 
  Title『大人も子どもも楽しめるミュージカル』 観客は圧倒的に子どもが多いです。あまりの子どもの多さに不安を感じたものの、劇場内に入ると青く海の生物が光り輝く舞台幕にワクワクしてきました。話の内容は単純なので、予想以上の驚きはありませんでした。しかし舞台装置、衣装の素晴らしさと、海の生物を表現する為の小道具はとても見ごたえがありました。またオリジナルキャストの歌唱力の高さ、ミュージカルナンバーの親しみやすさから大人も子どもも楽しめるミュージカルに仕上がっていると思いました。特にディズニーシーでもお馴染み、セバスチャンの歌う『Under the sea』では、隣りの子どもが跳ね上がって喜んでいました。セバスチャンも男性ながらとてもきれいな高音で、ブロードウェイのレベルの高さを実感しました。アリエル役の女優さんはこの作品でデビューということですが、とても新人とは思えない歌いっぷりで、感動しました。まるでアニメからでてきたような実写版プリンセスです。1番の私の見所だったのは、悪役ウルシラです。ブロードウェイのDIVAとして有名な女優さんですが、初の悪役でメイク、衣装、歌唱力ともに度肝を抜かれました(笑)。アリエルが吹き飛んじゃうくらいの存在感で、彼女が出てくるとものすごい歓喜と拍手で湧き上がりました。もう一度、彼女が出演しているうちに観にいきたいです。

しえご 海外  Posted 2008/01/27
 インターネットで予約
 $111.50
 
  Title『駄作になりかけたディズニーミュージカル』 1月17日にリトルマーメイドを見てきました。
今までディズニーが出してきたライオンキング、美女と野獣と比べると、コスチュームが滅茶苦茶で誰が誰だかわからなかったり、セットは装置の使い回しが多く面白も無く、 新しく作られた曲もインパクトに欠けているんですが、主役陣の素晴らしい活躍のお陰でなんとか楽しめました。特にアリエル役のSierra Boggessは必見です。 彼女以外のアリエルは考えられないと断言できる程のはまり具合でした。

LA 海外  Posted 2007/12/09
 インターネットで予約
 $81.50
 
  Title『アリエルがステキ』 他のミュージカルの劇場の大きさを知らないのと、ブロードウェイで見るミュージカルが初めてなのもあって、思っていたより劇場がやけに小さい上に、上の方の席になればなるほど角度が急でかなり上から見下ろすような感じでびっくりしました。私は2階席だったのですがやや見下ろす感じだったので、もしきちんと見たいのであればお金を惜しまずに1階席で見ることをお薦めします。
 ディズニーの映画の中で歌われている有名な曲はもちろん、それ以外にもたくさんのオリジナルの歌が織り込まれています。私はもちろん定番なシーン、セバスチャンが海の楽器で演奏して歌う曲と、アリエルが地上に憧れ歌う切ないあの歌を楽しみにしていたのですが、特に後者、アリエルの役の彼女は映画よりも声が高いようで、少しキーを上げて歌っていました。2回目の盛り上がりのところではかなりキーが高く、すばらしさに鳥肌が立ったくらいです。その他、セバスチャン役の方も高音がとても得意なようで、人柄も面白く、様々な冗談のシーンもあって楽しめました(英語がわからない方はちょっと「?」と思うかもしれないけれど、ストーリー上は問題ありません)少しセットがちゃっちい・・?と思ったこともあったけれど、海と陸とをうまく表現しているところもあってびっくりしました。なんといってもやはり歌がとてもステキだったのでまた見たい!と思わせるミュージカルです。

「Broadway!! Broadway!!」に投稿する