Count Down 2004 に行ってきました!
December 31, 2004  at Times Square

 去年は行けなかったけど、今年のカウントダウンは行くぞー!と新年早々今から力んでいる人のために。寒さ(今年は奇跡的に暖かかったですが)と尿意との戦いに見事勝利し(笑)、カウント・ダウンを楽しんでこられた方たちの感想です。

▲ Count Down に行ってきました!・登録のページへ

NO.008 powroll 関東 4回目 2005/01/22
 Marriott Marquis 429ドル 10月に予約
 16:00 MTVの前
 カウントダウンも今回で4回目ということで、余裕でベスポジ確保、と思いましたがやはり一筋縄ではいかないのがカウントダウン。今回はなかなか交通規制が始まらず、17時半をすぎても柵内に人を入れ始まらず、歩道部分で待たされていました。その間にSt沿いの柵が出来てStを越えての移動は出来なくなりました。そのため、本当はカウントダウンステージがよく見える、45〜46Stの間の柵に入りたかったのですが、MTVの前にいた私たちは44〜45Stの間の柵に入ることになりました。またそのエリアを警備する警官が厳しくて、用意した折り畳みイスは没収されるわ、大きめのバッグは駄目だと言われるわ、柵内に入っても、しゃがんでは駄目だとか、とにかく厳しかったです。こればかりは運なので仕方ないと思います。事実、他のエリアでは折り畳みイスの持ち込みOKのところが多かったようです。
また、前回は前方(44st側)の柵から順番に人を入れて、柵内がほどほどになると次の柵に人を入れていたと思いますが、今回はSt間の歩道部分にいた人をそのSt間の柵に全て入れていた(St間の移動が出来ないため)ようなので、とても混雑した柵とそうでもない柵があったようです。私たちの柵はとても混雑していました。空いているのと混雑しているのでは、体力的にも精神的にも疲労度が違ってくるので、空いている柵に入ることが出来ればいいのですが、これも運なので仕方ないですね。
とはいっても待ち時間も楽しいのがカウントダウン。何時間も待った分だけ年明けの瞬間の感動も大きいので、待つのは苦手、という方でもぜひ一度は何時間も待ってカウントダウンの感動を味わって欲しいと思います。
 スピーカーから流れる音楽が大音量のため、場所によってはとってもうるさいです。大音量が苦手の方は耳栓があるといいかもしれません。バックパックが駄目なのはわかっていましたが、今回はバックパックではなくても大きめのかばんは持ち込めない(という警官がいる)ところもありました。ビニル袋なら大きくても持ち込めたので、荷物は少ないにこしたことはありませんが、荷物が多めになるならビニル袋に入れていくといいと思います。チョコレートやクッキーなどお菓子類、結構喉が渇くのでミニペットボトルの飲み物(アルコール飲料は不可)を持っていくといいと思います。
カイロは日系スーパー等でも売っていますが、1個1ドルくらいするので多少荷物になっても日本から持っていったほうがいいと思います。

NO.007 みかん 近畿 CDは初めて 2005/01/22
 シェラトンマンハッタン 10月に予約
 18:00 
 初めてのカウントダウンということで、どのような物か想像もつかないまま参加しました。当日は、18:00過ぎにタイムズスクエアに向かいましたが、だんだんと歩いている人の流れが止まり、ステージが全く見えない所で待つはめになりました。最初は立って待っていましたが、だんだんとしんどくなり持って来た携帯いすに座って待ちました。その間、日本食スーパーで買ったおにぎりを食べたり、デジカメの写真を見たり、後は寝たりしていました。一時間ごとにプレカウントダウンがあるのですが、その時から周りは興奮していて私もいまかいまかという思いで待っていました。20:00ぐらいがいちばん辛かったように思います。
そして年が明けた瞬間、周りは今までに無いほど盛り上がり、いっせいに紙ふぶきが空から舞ってきました。その後は、みんな何事も無かったかのようにサーっと帰っていきました。
今回カウントダウンに参加してみて貴重な体験ができて良かったとは思いますが、私的には「こんなものかな」という感じでした。でもきっとその一つの原因は、ステージの近くではなかったからだと思います。また次に参加するなら、早めに行って待った方がいいなと思いました。
 一番良かったと思うのは、やはり携帯いすです。地べたに座っている人もたくさんいましたが、地面はかなり冷えているので辛いと思います。これに座布団とひざかけがあったら完璧でした。食べ物、飲み物については私は七時ぐらいにおにぎりを二個だけ食べましたが、なんとか12時までもちました。また、トイレの事もあって水分は一切取らなかったので、かなりのどが渇きました。飴などがあれば多少ごまかせたかもしれません。
それと、見る場所については先にも書きましたが、やはりせっかく参加するのであれば少々待つはめになっても前の方がいいような気がします。また、私たちは端っこ(柵の近く)で待機していたのですが、周りにあんまり気を遣わなくてすむので楽でしたよ。

NO.006 きたやま 関東 CDは3回目 2005/01/22
 Esexhouse 260ドル 9月に予約
 23:00 7番街の59丁目
 タイムズスクエアで長時間寒さを我慢するのは年齢的にもしんどいので(笑)、ホテルの前からセントラルパークの花火を見ました。新年と同時に15分くらい花火が打ちあがっていました。派手な花火ではなかったけれど、周りの見知らぬ人と人とハイタッチをして「Happy new year!」を連発。結構盛り上がっていました。
 セントラルパークに面しているところなら、どこからでも花火を見ることができると思います。

NO.005 たま 関東 CDは初めて 2005/01/14
  12月に予約
 16:00 45丁目B'WAY西側の柵内
 初めてのCD参加でしたが、今年は例年に比べ大変暖かかったようで、寒さは感じませんでした。8時間の待機時間は辛くなかったといったら嘘になりますが、大変楽しく過ごすことが出来ました。私が参加した場所ではセキュリティがかなり厳しく、折り畳み椅子を没収されてしまいました。でもじつは、私だけ警官がパイプ椅子に気づかず没収されず、持ち込めてしまったので、かなり立つのがしんどくなったときには、一緒に参加した方には悪かったのですが、使用しちゃいました。
CDグッズが配られ始めると、だんだんと気分も盛り上がってきて、新年を迎える一瞬のための長い時間も、意義があるように思えてきて、なんともいえない気持ちになっていきました。皆さんご存知のとおり、たくさんの素敵なゲストたちがMTVやステージにやってきて、CDの待ち時間を盛り上げてくれます。リンゼイ・ローハンがめちゃくちゃかわいかったー!でも残念だったのは、リハーサルのリンゼイはメイクも薄くて超キュートでしたが、本番はエー−−ッ!と思うほどメイクが濃くて、少々ひきました。若いのに、もったいない・・・。
余談になりますが、31日の15時ごろ、マリオットマーキース前で「ネーキッドカウボーイ」に遭遇しました。一人だったので、一緒に写真を撮れず残念でした。
一緒に参加してくださった皆さんが、本当にいい方ばかりで、和やかに楽しく、素敵な新年を迎えることが出来ました。皆さんと一緒に過ごす事が出来て本当に良かったです。ありがとうございました。
 今回、柵内に持ち込めるものって、そのときの「運」があるようでした。去年は大丈夫だった「折り畳みミニパイプ椅子」が私たちの場所ではNGで、その他の柵内はOKだったりしたし、バックパックじゃないトートバックがNGだったりと、今回の場所のセキュリティは厳しすぎたようです。私は宿がタイムズスクエアから程近い所でしたので、もともと大きな持ち手つきのビニルバッグに、お菓子やらカイロやらその他もろもろ入れていったのは大正解だったようです。
お仲間との待ち合わせは16時でしたが、16時ごろからST・AVEの封鎖が始まり、6AVEの封鎖が早くて、8AVE側からタイムズスクエアにやってこないとB'WAYに辿り着けなかったようです。そんな状況でしたので、お仲間のうち、集合場所に来れず、ご一緒できなかった方も居たので、早めの集合がいいかと思われます。
防寒対策ですが、大げさに準備をしておいて良いと、私は思います。私は大柄なせいか、なかにたくさん着込むのは苦手なので(関節が動かしにくくなるでしょう!?)、上半身は普通に冬の屋外での格好でした。しかし下半身は、調節しにくいので、パンツの下にはけるタイツやアンダーウェアを着ておいたほうがいいと思います。寒さは足元から感じてきます。アスファルトが冷えてくると、靴を伝って足が冷え、だるさを感じてくるようになるので、靴下の素材なども考えて履いた方が良いでしょう。上着は風を通さないものがいいと思います。首周りから風を入れないことも必須です。
NYCでも使い捨てカイロは少しずつ売られてきたようですが、日本での値段と比較するとまだまだ高いようです。ですので、日本から荷物にならない程度に持っていったほうが良いでしょう。
トイレですが、人それぞれ遠い近い違うし、そのときの体調にもよりますが、当日の午後の暴飲暴食は避けましょう。あまりお腹が空いていても寒さを感じることになると思うし、無理はしなくていいと思いました。
初参加で、とても楽しめたのは一緒に参加した方のおかげだと思っています。皆さんとむかえた2005年は私、「本厄」です(笑)きっとみなさんのおかげで、厄も逃げていったに違いないので、幸せな1年になると思います。

NO.004 みや 近畿 CDは初めて 2005/01/14
 ミレニアムブロードウェイ 11月に予約
 23:00 トイザラスの前
 初めてだったのでチョー感動しましたよ〜!あらかじめここのサイトで調べて行ったので、寒さ対策しましたが全く必要なしでした。ホテルの立地が良かったのか悪かったのか、ブロードウェイの真ん中で、26階の窓から眼下の混雑を確認してから23時頃の参加でした。ホテル宿泊者しか立ち入れないゾーンなので人がほとんどいなくて、柵のまん前まで行って見ましたよ〜。ホテルからボールが見えていたので「あれだあれだ」と言いながら部屋で待ってました。

NO.003 koki 北陸 CDは初めて 2005/01/09
 HILTON New York 9月に予約 400ドル
 16:00 MTVがあるビルの前
  初めての参加でしたが感動でした。ここ10年くらいでとっても暖かい気温だったようで、あまり寒くありませんでしたし、このサイトを参考にさせていただいて、場所や持ち物など完璧にしていきました。16時くらいにミュージカルが終わり、これからというときに既に規制がかかっていました。HILTON New Yorkのカードを見せたところ、なんとか入れました。(ヒルトンタイムズスクエアと思ったのかもしれません)
 MTVがあるビルの前は最高でしたよ。いろんなミュージシャンを見れましたし。また、やはり食べ物と飲み物は昼過ぎから控えたほうがよいかもしれません。あと、靴のしたに入れるカイロと服に張るカイロは役に立ちましたし、待ち時間に100円ショップで買った携帯イス、本当に良かったです。(新聞紙を持っていくのもありかと)

NO.002 sacco 関東 CDは4回目 2005/01/09
 98ドル 10月に予約
 16:00 45st B'way(MTVの前)
 今年で100周年のCDとのことで、ボールドロップのスイッチオンはパウエル長官、歌のゲストにリンゼイ・ローハン、オリンピックの水泳で活躍したイアン・ソープなどゲストがなかなか豪華でした。なんと3年連続でCD当日が暖かい日となり今回も天候に恵まれました。長い待ち時間は辛いけど、ニューイヤーを迎える瞬間は何度味わってもいいものです。クリスタルボールの落下とともに花火が上がり、大量の紙ふぶきが宙を舞います。幻想的の一言につきますね。一生に一度はタイムズsqのCDを体験されることをオススメします!CDに参加してくれたお仲間のみなさんにこの場をお借りして御礼を「ステキな年越しをみんなで一緒に迎えられてよかったです。とっても楽しかった♪みんなどうもありがとう!」
  今までの中で一番セキュリティーが厳しく折りたたみのイスは没収され、去年は何も言われなかった少し大きめのトートも持込不可と言われて凹みました。カイロは没収されませんでした。仕方ないのでイスを捨て、バックは持っていたスーパーの袋にぎゅうぎゅうに詰め込みなおして柵の中に入りました。去年はフレンドリーな警官ばかりだったのでトイレに行くことも可能だったのですが、今年は一度その場所を離れると二度と戻れないといった感じでした。しかし、着込んだ私達には暑いくらいの気候だったので心配したトイレも行きくなるどころか、みんな「喉渇いた〜っ」言い出す始末。食料はお菓子を沢山持ち込んだのですが、おなかもそんなに空かずほとんど食べませんでした。今年は16時にCD会場周辺のAV、STが封鎖されました。ベスポジを確保するためには早い時間にCD会場周辺に待機することをオススメします。

NO.001 ゆうり 関東 CDは初めて 2005/01/09
 Bryant Park Hotel $270〜300 10月に予約
 16:00 45丁目、MTVスタジオと Swatchショップの間
 初めてのカウントダウン参加なので、事前に神経質なほど防寒対策をしてきました。が、予想に反して今年のNYは暖冬でした。カウントダウン当日も帽子、イヤーマフ、カイロも全然使わなかった程。ただわたしたちの入ったブロックはセキュリティが厳しく、持参した折り畳みイスを没収されてしまいました。地面に座ろうとしても警官に「座るならゲートから出てってください」と言われ、0時までのほとんどを立って待つ事になりました。そのうちにちゃっかり座り込んで休息を取るようになりましたが。NYLYで知り合った方々と一緒の参加でしたので、思ったより待ち時間は短く感じました。みんなでおしゃべりしたり、居眠りしたり(!)、お菓子を分け合ったりで楽しかったです。カウントダウンの瞬間はやはり感動でしたね。群集が散らばってからもなんだかその場を去りがたくって、記念撮影をしたりしていました。体力に自信があるうちに参加して良かったです。立ちっぱなしのせいでけっこう翌日は足腰に来ました。とにかく暖かい気候でラッキーでした。
 今年の暖かさは例外だと思いますが、やはり11時過ぎに風が出て来た頃はさすがに手袋をつけました。トイレも全然行かずにすみましたが、一応お昼過ぎには水分を取り過ぎないように気を使いました。おかげで待ち時間に喉がかわいてつらかったです。友人と「コーラ飲みたい〜」と連呼してました。寒い時期でも乾燥しているので喉が乾くのだと思います。小さなサイズのペットボトルの飲み物があった方がいいかもしれません。わたしたちは夕方4時に集合したので、それまでに各々軽くゴハンをすませておきました。集合時間ギリギリまでお腹にたまる物を食べておいた方が良いでしょう。途中お腹がすくと用意したチョコレートやキャンディなどのスナックを皆で分け合いました。チョコはお腹にたまるし、糖分でかなり満足感を得られ疲労も取れるので、この手のお菓子の用意を強くお薦めします。今回はパウエル長官の来場、ということでセキュリティが厳しかったようです。ブロックの担当警官によってセキュリティの厳しさは変わっていたようです。実際、隣のブロックでは折り畳みイスOK、トイレ出入りOKという甘さ。こればっかりは運ですね。私的には暖かい夜に大勢で楽しく過ごせた楽しいカウント・ダウンでした。一緒に参加していただいた皆様、ありがとうございました。