Metropolitan / NYC Opera
  Lincoln Center, New York, NY 10023
  Metropolitan Opera http://www.metopera.org
  New York City Opera http://www.nycopera.com/
ぽんたろう 海外 Posted 2008/05/11
 オフィシャルWEB
 65ドル
 
 Title『是非お試しあれ』 ヴェルディの仮面舞踏会に行って来ました。滞在期間中、誰もが知っているような曲が無く、少し残念に思っていましたが、素晴らしい曲、演奏でした。言うまでも無く、オペラハウスはゴージャスな雰囲気で、高々65ドルでこんな贅沢な気分を味わっていいのか?と言いたくなるほどです。
オペラとは無縁な生活を送っている3人で行きましたが、皆が楽しんだと思います。事前にDVDで予習したのが奏功したのかも知れません。
ミュージカル、ジャズなどNYのエンタメは選択肢が多いですが、オペラを楽しむのは相当有力な選択肢だと確信しております。

Nabecci 北海道 Posted 2006/01/03
 オンラインチケット
 175.00ドル
 
 Title『Die Fledermaus(こうもり)』 私の初めてのMETは年末恒例のヨハン・シュトラウス「喜歌劇こうもり」。タキシードやドレス姿の方で開演前から華やいだ雰囲気です。私もジャケット、ネクタイで行きましたが、場内に入るとオーケストラ席でもセーター、ジーンズの人がたくさんいます。コートもクローク(1点につき$2)に預けない人の方が多いです。預けた私は終演後引き取るのに待たされました。2階GR TIER 最前列右寄りの席で、とても良く観えました。チューニング前のオーケストラ・メンバーは紙飛行機を飛ばしあってリラックスムード。おなじみの序曲が始まると一気にMETの世界に入っていきます。喜歌劇(オペレッタ)でストーリーが単純でわかりやすく、台詞はドイツ語ではなく英語で、交通ストのアドリブも入れて笑わせてくれます。もちろん歌は最高級です。ちょっとオペラは苦手という人もこの時期に行かれる方には超お勧めです。大晦日の話なので、これとバレイ「くるみ割り人形」は12月の人気演目ですよね。歌手のカーテンコールの途中で、オーケストラ・メンバーがさっさと帰ってしまうのはアメリカだなあと感じました。終演後は地下鉄ストのため歩いてホテルまで帰りましたが、まったく心配ありませんでした。また来るぞ!

NAO 近畿 Posted 2005/03/18
 発売初日に国際電話
 04-05シーズンプレミエ!! リア−グランド・ティア $250
 
 Title『METは電話がお得。』  悲願のシーズンプレミエのチケットをGETするため、発売初日の日本時間の深夜に電話!まるで日本のプラチナチケットをとる位の勢いでした。
METは日本語の通訳がいてますので、「英語を話すオペレーターさん」と「通訳さん」と「私」の3人が一本の通話で仲良くお話する、といった感じになりました。
METは電話がつながるといきなり「テープガイダンス」になってます。早口なので殆ど何を言ってるのかわかりません。ほおっておくと、オペレーターとつながるみたいです。
オペレーターがでたらまず第一声。「ハロー! ジャパニーズ スタッフ プリース!」でOK。暫くお待ちください、と英語でいってくるので、「OK」という。
したらば、突如「通訳さん」らしき人が割り込みしてきますので、あとはあなたの「完璧な日本語」でOK。
インターネットとちがって座席番号を聞きながら選べますので、とってもお得!
支払い方法は予約にはすべてクレジットカードの番号が必要です。詳しい事はあなたの「完璧な日本語」でお聞きください。それと予約番号、もらうの忘れないでくださいね。最後に、通訳さんに「ありがとう」と日本語で言うのも忘れないでね。
あとは数ヶ月後、公演の前日までぐらいに会場入場口向かって右横にあるBOX OFFICEで予約番号と名前と予約した演目を確認してひきとる。
ちなみに、METは平土間のオーケストラよりも、グランド・ティア、ドレス・サークルのほうが断然、音、視界ともにお勧めです!

TDK 関東 Posted 2004/11/27
 オンラインチケット
 $200.00
 
 Title『Carmen』 メトロポリタンオペラは初めてでしたが、こんなに感動的なのも久しぶりというぐらい圧倒されました。とりあえず初心者でも分かるカルメンで、とりあえずオーケストラ席の1番前でという日本人観光客丸出しの心構えで臨んだのですが、やはり誰に対しても最高のものは最高であり、門戸が開かれているという点にもスケールの大きさをまざまざと感じました。

わんも 関東 Posted 2004/11/19
 Carmen チケットマスター(現地の友人)
 $180.00
 
 Title『主役のカルメンよりも、ミカエラがアジアの人で…』 とにかく、ミカエラがすばらしかった!!!もちろんカルメン(IrinaMishura)も悪くはなかったのですが、ミカエラのHei-Kyung Hongがとても美しく心打たれるソプラノで涙がでるくらいでした。
セットもなかなか凝っており、馬もロバも沢山出てきて衣装の色も鮮やか、途中のフラメンコもそれなりでしたが…。Hei-Kyung Hongの出るものがあれば、是非また観たい。

MH 北海道 Posted 2004/04/09
  ボックスオフィスで学生料金
 $25.00
 
 Title『良い経験でした』  初めてのオペラでした。豪華な会場、ドレスアップした観客にドキドキ。話の粗筋を予習しておき、プラス字幕で、やっとついていける感じでした。旅の疲れもあり、途中寝てしまいました。会場が広く、ミュージカルのような迫力はありません。歌声は立派でしたが、壁が布張りのため吸収されてしまっているのでは?少し残念でした。オペラグラスを持っていきましたが、顔がアップだから面白いと言うものではなく、結局ほとんど使いませんでした。
学生は、バルコニー席の料金である$25で、もっと良い席が取れます(私はオーケストラでした)。同伴者一名の分も。

Shoe 近畿 Posted 2003/11/03
  直接FAX
 $90、$100
 
 Title『やっぱりMETは最高です』  去年の9月にもNYへは行ったのですが、同行者の都合で、METのオープニングに間に合わず、CityOperaでお茶を濁した(METに比べると、かなりレベルが落ちます)し、この春は行けなかったので、1年半ぶりのMETでしたが、シーズン開幕直後の充実した出し物ばかりで、非常に楽しかったです。先日”NYに行ってきました”にも感想を書いたので、内容がダブルところがありますが、ご容赦ください。
 見たのは、10月14日(火)のTristan Und Isolde、16日(木)のStravinsky、17日(金)のLa Traviataの3日間です。席は3日間ともDress Circle(4階席)で、火、木が$90、金が$100です。席の取り方は、あとでちょっと詳しく説明します。
 3日のうちで、一番すごかったのはTristanです。もともとWagnerの曲の中でも、音楽の美しさという点で、他を抜いていると思いますが、Revineの指揮したMETのオーケストラは、その美しさを十分に引き出してくれました。そして、あまり音量をセーブしているとは思えないオケに埋もれることなく、歌が前に出てきます。さすがMETならではの、豪華な歌手陣です。こんなTristanの上演は、よそではなかなか体験できないでしょう。ほんとにすばらしい体験でした。
 La Traviata(椿姫)は、初めてViolettaを歌うRenee Fremingがどんな歌を聴かせ、どんな演技をするのか、が興味の中心でしたが、その出来は期待にたがわぬものでした。1幕の第一声が、以外に小さな声だったので、不調なのかと心配したのですが、どんどん声が出てきて、有名な”ああ、そはかの人か〜花から花へ”あたりではずいぶんよくなっていたと思います。彼女だけではなく、相手役AlfredoのRamon Vargas、父Germont役のDmitri Hvorostovskyもすばらしく、今シーズンのオープニングを飾っただけのことはある上演でした。
 Stravinskyは、有名なバレー”春の祭典”、”Le Rossignol”、”Oedipus Rex”の2つの小さなオペラを一晩で上演するもので、指揮はGergiev、歌手陣もかなり充実したものでしたが、他の2日に比べるとちょっと退屈でした。これはわたしがバレーを好きでないこともあると思うので、この日の出来が悪かったという訳ではありません。

 ここで、METのチケットの取り方についてちょっと。直接Box Officeで買うのが、一番確実で簡単ですが、人気の演目(今回では椿姫)は、Sold Outになってしまうので見ることができません。あとは、このページのトップにあるウエブサイトからオンラインで申し込むか、電話、FAXをするかです。
 で、私の場合ですが、METのウエブサイトに、Join the MET Familyという項目があって、一般からの寄付を募っています。最低年間$60からギルドのメンバーになれるのですが、金額によって特典がちがい、下から2番目のSupporting Member($100)からTicket Priorityがもらえ、一般発売の前に申し込むことができます。これで、たいていの演目は取れますが、ギルドメンバーより上に、パトロンというお金持ちの一団があるので、ドミンゴが歌うようなときは、取れないこともあります。
 私は、今年からもう一つ上のContributing Member($150)になったのですが、FAXを送って1週間もかからずにAir MailでConfirmationが届き、以前より格段に扱いが良くなっているのにびっくりしました。そして、この段階になると、3階にあるBelmont Roomに入ることができます。METはロビーも広くてゆったりしているのですが、坐ることはできません。それが、Belmont Roomには、ソファーがあって、シャンペン(有料)など飲みながらすごすことができるんです。この部屋を使いたいがために、今年レベルを上げたのですが。ちなみに、寄付の金額は、海外メンバーだけ余分に$30〜50かかります。
 METに限らず、向こうの文化団体は、その財源を寄付に頼るところが殆どのようです。美術館でもそうですね。それは、部屋に名前が付くような大口はもちろん、私たちのような個人からの寄付も大事にしているようですね。

AGEISHI 近畿 Posted 2003/11/03
 オペラ「シベリアの理髪師」 劇場のチケット売り場
 $25.00
 
 Title『初MET』 オペラは以前にウィーンで見たことがありますが安い値段だとかなり上のほうで舞台が半分ぐらいしか見えないことがありました。しかし、METは客席がかなり急になっていることもあって上の席であっても舞台がほとんど完全に見えるようになっており、オーケストラピットも良く見えました。ただ、作品については前もって予習しておくのがベターですね。席には字幕が見られるようになっていますが、舞台と同時に字幕を見るのは難しいので、かといってイタリア語が聞き取れるわけもないので内容を前もって知っておくことがやはり必要になります。私はチケットを当日の朝に劇場のチケット売り場で買いましたが、世界で一番豪華のオペラハウスだけあって出演者も豪華なので当日までに売り切れになることも多いです。私のように予約とかが面倒くさい人も前もってチケットマスター等でチケットの販売状況は調べておいたほうがいいと思います。

しお 海外 Posted 2003/10/31
 インターネットで予約
 $140
 
 Title『はじめてのオペラ』 チケットはMET会員の友人にとってもらいました(すみません。自分でとってないので参考になりませんね)1階席だったのでドレスアップしてる方も多かったですが、無難に黒い小ぎれいな服を着ていけば別段ドレスを着なくても大丈夫そうでした。聞き覚えのある曲も多く英語字幕もあったのですが、やはり話の内容や歌われる曲を知っているほうがよりゆったりと楽しめるのではないかと思いました。フィガロの結婚は喜劇だけあってコミカルな演出も多く初心者の私でも楽しく観ることができました。

naon 中国 Posted 2003/10/24
 メトロポリタン・オペラハウスのボックスオフィス
 $25.00
 Title『STRAVINSKY』  Metropolitan Opera で初めて観劇しました。チケットは前日ボックスオフィスで購入。予算がなかったし、NYに到着して翌日のオペラ鑑賞だったので、時差ぼけで爆睡してしまう恐れもあったため、座席は、25ドルのBALCONY席を購入しました。若干、身を乗り出し気味で見なければなりませんでしたが、オペラが始まると舞台に集中してしまって身を乗り出し気味で見ることに違和感はなくなりました。内容は、「春の祭典」というバレーで幕をあけ、その後オペラ「ナイチンゲール」、「エディプス王」と続きます。短めのオペラでストーリーもシンプルなので、初心者の私には丁度良かったのではないかと思います。なかでも「ナイチンゲール」の歌が素晴らしく、鳥肌がたつくらい感動しました。よって、眠たくなることは全くありませんでした。今回、本当は「La Traviata]が見たかったのですが、売り切れでした。次回は、見たい演目を事前にHPで予約して行きたいと思います。

NY Lover 近畿 Posted 29 November , 2002
 メトロポリタン・オペラハウスのボックスオフィスで
 $60.00
 Title『カルメンは誰が見ても楽しめるオペラです!!』
去年のマダムバタフライに続いて、今年はカルメンを見ました。席は昨年がDress Circle で$85、今年はBalconyで$60だったが、Balconyでも全く問題が無く十分楽しむ事が出来ました。人気作品はSold Outによくなるので早めにチケットは入手しておく方が無難です。メトロポリタン・オペラのホームページで販売状況はわかるのでそれを見て対処すれば良いと思います。最近のオペラの演出は前衛的なものが増えてきて、私などは結構違和感が有りますが、このカルメンの演出はオーソドックスなもので、非常に綺麗な衣装とセットであり、壮大なスケールでストーリーが展開されていきます。カルメンの歌唱、フラメンコ舞踊もすばらしく感動しました。メトロポリタン・オペラハウスは非常に大きな劇場なのでオペラグラスを忘れないで持参されるように。それから、カルメンはPM8時から11時半までありますので、夕食を取っていく方がよいですが、劇場周りは適当な食事場所が見つかりにくいので、どこか他の場所ですませておく方が良いと思いました。

Ena 関東  Posted 06 May, 2002
Title 『I love Opera!』
MetはNYで好きなところの一つです。オペラは大好きで、NYに住んでいた時は、シーズン中、毎週のように行っていました。
66stのリンカーンセンターにはMetropolitan, New York Cityと2つのオペラが楽しめます。NYCのほうはバレエもあったり、年間を通して様々な催し物が行われています。4大テナーなど大物が出演したり、質が高く豪華なのは、Metのほうです。チケットも取りにくく、人気歌手出演のものや人気演目の場合は早くから売り切れになってしまうことが多いので、なるべく早めに準備を進めておく事をお薦めします。www.metopera.org でシーズンのスケジュールや座席の情報をチェック。インターネットでのチケット予約も可能。ただ、実際にチケットオフィスに言ったほうが良い席を取る事ができるので、お知り合いがいる場合や、頻繁にNYに行く機会のある人は直接いかれるほうが絶対に良いですよ。席は一番上のスタンディング$25から下におりるにつれて高くなって行きます(最高$265位)。せっかくのオペラだから!と奮発したい気持ちもわかりますが、音は上のほうが断然良いので、無理をせずにバルコニー($55)やドレスサークル($85)あたりでも十分! 逆にオーケストラの席はお薦めしません。音も悪く、前の人が邪魔になって見えない事しばしばです。ジュリアードの学生などは、最上階のスタンディング($12くらいだったかな?)に経済的に頻繁に見に来ています。
オペラハウスで日本人の方をあまり見かけませんが、ミュージカルと同じか、もしくは安いチケットで優雅な時間を過ごすことができるので、是非是非試してみて下さい。そのかわり、高い席におすわりになる方はそれなりにドレスアップが必要です。NYはドレスアップしすぎる事がない場所ですので、地味よりかは派手に装おう事をオススメします。

先週もMetに行って来ました。最近Metはとても革新的で、現代オペラを頻繁に上演しています。私としてはトラディッショナルなイタリアオペラが好きなのであまり歓迎しませんがこれもNYならではのものだと思いますので、お試しになられても良いかと思います。また、リンカーンセンターはクリスマスシーズンのデコレーションが素敵なので、チャンスがある方は見てみて下さい。

たろう 近畿  Posted 06 May, 2002
Place/ メトロポリタン劇場  Charge/ 100ドル Tickets/ 窓口でチケット入手
Title 『オペラは感動的』
日頃はオペラなんぞ聞いたこともないのですが、せっかくニューヨークに来たんだしということで、妻と二人で行ってきました。チケットは、公演日の前々日に窓口で購入しました。ほんとうは、もっと安い席にしようと思っていたのですが、もう安い席は売り切れと言われたので、奮発して一人100ドルのボックス席を入手しました。演目は「リゴレット」。以前、卒業旅行でウイーンに行った折り、「フィガロの結婚」を見に行ったのですが、ストーリーが皆目分からず爆睡してしまったことがあるので、今回は、事前にパンフレットを買いストーリーを予習していきました。
当日、会場が暗くなり幕が開くと、いきなり巨大なセットが目の前に現れ、そのことにまず感動しました。音楽も歌もすばらしかったです。ストーリーは各席の前に字幕が出る装置があるので、それを見ながら鑑賞できます。舞台に引き込まれていると、あっという間に3幕、2時間半が終了してしまいました。また、ほかのところでもオペラを見たいなと思った一夜でした。

「ニューヨークのアート、エンターテイメント&ナイトライフ」に投稿する