Village Vanguard
   178 Seventh Avenue South New York ,NY 10014
  TEL 1.212.255.4037 FAX 1.212.929.4589
  http://www.villagevanguard.net/
マックス・ゴードン 関東 Posted 2004/06/07
 オンラインチケット(手数料4ドル)
 34ドル(ドリンク10ドル含む)
 
 Title『往年のジャズクラブ』 GWの5/2に2年ぶりに11時開演のセカンドステージのジム・ホールトリオを聴きに行った。当日着いたので念のためあらかじめオンラインでチケットを購入していたが、30分ほど前に並んだ。日本人の学生のグループや日本人のカップルがすでに並んでおり、店の前にはバンが2台横付けとなっており、しばらくしてファーストステージが終了して出てきた2グループを送っていった。日本人ではなかった。
 以前来たときは、予約のある人は店側、予約のない人は道路側にそれぞれラインができていて、予約者ラインの人たちから入っていったのたが、今回は一列だけだったのでオンライン購入した甲斐があるのかやや心配となった。
 開演10分ぐらい前になってドアが開き、階段を下りたところでアドミッション(入場料)を支払うことになっている。前に並んでいた学生は学生割引で支払っていたようだ(学生割引あり)。
 私はオンラインチケットを提示すると、係りの人がステージ正面の前から2人目の非常によいシートに案内してくれ、事前購入のありがたさを味わった。日本人の学生のグループや日本人のカップルは前に並んでいたが予約無しのようで、私の後方に案内されていた。
 店内の様子は、壁にミュージシャンの写真が飾られ、階段を下りた左手にステージ、テーブル席、右手がバーカウンター、さらにその奥にレストルームが赤い線で示してあり、雰囲気的にはこじんまりした落ち着いた感じがする。ステージに向かって右側はベンチシートもある。
 ウェイトレスが飲み物の注文に来るので、入場料を支払った後で手渡されるドリンク券を手渡す。10ドルぶんのドリンク込みなので2杯目からは10ドルオーバー分を支払うことになるが、いつも1杯しか飲まない。
 肝心の演奏であるが、1メートル先でジム・ホールが演奏しているなんて日本では想像できない。すでにレジェンドとなった人の演奏であり、1度だけ音をはずして失笑があったが、故意にやったのかは不明。
 本題から外れますが、演奏が始まる前に後から来た人が座席の配列を変えるためか、椅子を持ち上げたところ運悪く(良く?)私の後頭部に足の部分が直撃して火花が散ったような感じで面食らった。その白人はお詫びのしるしに売店でかつての店主が書いた「ライブ・アット・ザ・Village Vanguard」を買ってきて私に渡してくれた。
 いま、それを夜毎にめくっているところである。日本語訳はかつてスイングジャーナル社で発行していたらしいが、今は入手できないようである。
 にわかジャズファンにより観光地化したという批判もあるが、20年来時折通っている私にとっては良質のジャズに接しられる聖地であることに変わりはないのである。 

Shoe 関東 Posted 2003/11/16
 当日午後電話予約
 $25(うち$10はDrink Fee)
 
 Title『最高のビッグバンドジャズ!』  Village Vanguardは3度目ですが、10月13日(月)初めてVanguard Jazz Orchestraを聴いてきました。これまで2回は、新鋭Jane Monheit、超ベテランのCarol Sloaneと女性ヴォーカルばかりだったのですが、Thad Jones-Mel Lewis Orchestraを前身とする、このバンドを一度聴きたいと思っていました。予約なしでも大丈夫だろうとも思ったのですが、念のため、当日午後に電話を入れておきました。行ってみると、思ったより客が多く、予約は正解でした。
 あの狭い空間に、どのようにフル編成のビッグバンドが坐って、どんな響きになるのか、期待は大きかったのですが、最初の音が鳴り出すと、それは期待以上のものでした。やはりThad Jonesのナンバーが多かったのですが、どの曲も豪快にDriveされ、快適にスィングして、楽しくて仕方ありませんでした。そして、彼ら自身が週に一度のビッグバンドの演奏を心待ちにしており、みんなと一緒に吹くのを心から楽しんでいるのが、手に取るように伝わってきます。あんなに楽しそうに演奏しているのは、Jazzといわず、Classicといわず、初めて見たような気がしました。この様子を見るだけでも値打ちがあるでしょう。
 月曜の夜は、Birdlandに秋吉敏子のビッグバンド、Iridiumにはギターの大ベテランLes Paul、Carlyle HotelではWoody Allenと、ジャズ好きはどこに行くか迷いますが、このバンドは一度は聴きたいものです。
 予約は、電話だけだったのですが、最近オンラインでも予約できるようになったようです。でも、オンラインだと$5安くなるBluenoteと逆に、$4の手数料を取られるので、電話のほうがいいと思います。午後3時までは留守電で、聴きたいセットや、名前、人数を残せばいいので簡単です。


「ニューヨークのアート、エンターテイメント&ナイトライフ」に投稿する