セントパトリックス・デー・パレードへ行ってきました!」
セントパトリックス・デー・パレードに行ってきました!・登録のページへ

 NO.04 とみー 関東 Registered 26 March, 2005
Hotel Habitat 85ドル Booking 2005年3月
Times 初めて
Waiting 10時から 5番街
前からアイルランド文化に興味があり、日本でも表参道のパレードの何度か見たことがあったのでマンハッタンのパレードはかねてから見たいと思っていました。11時から開始ということで、9時半ぐらいから下見を兼ねて5番街周辺をぶらぶらしていました。朝からアイリッシュパブは盛況でした(笑)。パレードの参加者がバスで大勢乗り付けていたのには、びっくりしました。パレードの参加者と観客がごったがえして大混雑でした。白人、黒人、アジア系、ヒスパニック・・・あらゆる人種の人が緑のものを身につけてセントパトリックス・デーを祝っていました。黒人の人が一生懸命アイルランドの旗振ってたし。パレードの参加者(参加団体)には警察署と消防署が多かったです。カリフォルニアから来てる消防署もいました。アイルランド系の人が就く職業はこの2つが多いということを表していますね。9.11のこともあり、消防士は人気がありました。騎馬警官?なのか馬に乗って参加している団体もありました。その団体の後にはしっかり馬の「落し物」を処理する人たちが付いていました(笑)。ちょうど私がいた所の前で落し物をしてしまい、その方たちが迅速に処理していました・・・。が、やはり全部取りきれず、後からそこを通る人たちはしっかり避けてパレードしていました(軍隊の行進でさえも)。全くパレードの終わりが見えなかったので、私は途中で切り上げました。どうやらパレードは4時過ぎぐらいまで続いたようです。
impression 警察官が大勢警備&交通整理に当たっていて、一方通行になっている所もありました。とにかく混みます。でも10時に行けば十分前のほうで見られるし、時間が経てば前のほうの人がどくので前で見られるようになるはずです。セントパトリックス寺院の前と向かいは一般人は入れないようになっています。関係者および報道関係のための席のようです。テレビ中継をやっていたようです。3月中旬とはいえ、まだ寒いので防寒はしっかりと。あとトイレ。簡易トイレが備え付けてありましたが、5番街周辺のお店で借りるのがいいかも。バーンズ&ノーブルのトイレは「故障中」となっていて使えませんでした・・・直す気ないのか、パレード対策で使わせなかったのか分かりませんが。私はロックフェラーセンター近くの紀伊國屋書店のトイレを借りました。ロックフェラーセンターの地下ショッピング街のトイレも借りられます。無料でパレードのオフィシャルパンフレットがもらえますので、配ってる人見かけたら速攻もらいに行ってください。路上では緑のグッズをいろいろ売っていたので、現地調達でもOKです。セントパトリックス・デー限定のグッズもあるので、お土産にどうぞ。パレードの合間や後には、セントパトリックス寺院の中にも入ってみてください。混雑も無く入れるはずです。寺院の横には寺院のオフィシャルのお店があって、宗教画や小さな像も売っています。

 NO.04 なほ 東海 Registered 27 March, 2004
Hotel 彼のアパート Booking
Times 初めて
Waiting 5番街
普通に営業しています。町中に緑の人がいて、緑色を身につけた人たちが"Happy St.Patrick's day!"と盛り上がっています。5番街で買い物も可能です。
impression Title 【緑色・・・。】 ほんとに町中が緑色であふれます。6番街のホテルだったので、パレードが始まってから5番街に行ったのですがかなりの人でした。緑色を一応身につけたのですが、雪の中のパレードだったためコートを着てしまいあまり相手にしてもらえませんでした。一緒に盛り上がりたい人は明らかに緑の服やコートなどで参加したほうが良いです。友達と5番街で買い物しながら見たのですが、寒かったのと警察の警備により身動きは取れましたが道路の横断が大変でした。5th Streetを横切るのは人間も車も大変です。車などは渋滞でしたのでタクシーなどは要注意です。とにかく寒さ対策をして緑でいけば楽しめると思います。夜もアイリッシュバーなどはすごい人で人があふれていました。未成年ですので行けませんでしたが、20歳になったら緑のビール飲んでみたいです。 

 NO.03 Yuko 関東 Registered 22 March, 2002
Hotel 彼のアパート Booking 2000年12月
Times 初めて
Waiting 10:30〜 H&Mの前(5番街)
本来は、17日(日)がFestival当日ですが、休息日と言う事で、16日(土)にParadeとなったようです。デパート、飲食店は、通常(普通の土曜日)と同じ営業時間でした。
impression Title 【Something Green!】
 私がこのSt.Patrick's Dayのお祝いを知ったのは、初めてアメリカにhomestayした時でした。モンタナ州という片田舎でのParadeは小さな子供達が緑色のものを身につけ、緑の車(こちらの山車のようなもの)につきながらParadeしていました。とっても可愛かったんです。夜にはGreen Beerを飲み、みんなで踊り明かした事を覚えています。そして、それから十数年、今回のNY旅行で、またこのParadeに遭遇する事となりました。アメリカで暮らす人々は、このSt.PatrickのFestivalに春の訪れを感じるようです。これを筆頭に、3週間に1度くらいの割合で、いろいろなParadeがあるそうですよ。もうすぐEasterもありますもんね。
 16日(土)は、NYは曇り空でした。St.Patrick's Church(中は素晴らしいです!フランスのノートルダム寺院より、感動しました。)を見学し、”さあ、見るところに移動しよう!”と思った頃には、時既に遅し。。。でした。11時Parade開始の30分前でした。Church正面には、身体障害者の方々の招待席が設置され、5番街の道路の両方には人が溢れていました。みんな良い場所を取るのに必死だったようですが、多分、一番前の人達は、9時半頃からいたのではないかなと思います。私はラッキーな席を陣取ったと思ったのですが、警察車輌が通るところだったので、彼方へ追いやられてしまいました。11時少し過ぎて、Parade開始。アイリッシュ関係のSocietyの人達の乗った車が最初に動き出し、その後に、NY市警、子供達、退役軍人(多分)。。。とにかくいろいろな人達が参加していました。周りからの歓声もすごく、Paradeしてる人達と一体のような錯覚を覚えました。テロ以降、彼らアメリカ人の精神的な結束はすごいものがあるのではないでしょうか。その場にいて、そんな雰囲気を感じ・u「沺w)した。Paradeは延々2時間以上続いていました。(ちょっと信じられませんでしたが。。。^^;) 私は30分ほどで移動しましたが、その移動も人込みでなかなか前に動けず、日本の満員電車のようでした。苦しかった。。。とにかく、5番街の40th〜57thくらいの長い距離を中心に、これに続く通りがぜーんぶ規制されているのですから。このFestivalのある週末は、街にはアイリッシュ系の酔っ払いが多くなります。アイリッシュパブでは、やはり満員電車のような状況になっています。年に一度のお祭りだから仕方ないと、周りは、暖かく見守っている感じ。ただ、近づくのはやめましょう、とは、いろいろな人達に言われました。皆様、Green Beer、一度お試しあれ♪

 NO.02 ぽこ 東海 Registered 28 March, 2001
Hotel 彼のアパート Booking 2000年12月
Times 初めて
Waiting 10:00〜 アッパーイーストのあたり
impression 観客も楽しんで参加をしているパレード、という印象をうけました。緑色のトレーナー、帽子、バッジ、その他もろもろの身につけていてパレードも見ごたえがありましたが、観客を見ているのも楽しかったです。パレードは5th.アべニューでしたが、街中がお祭り、っていう印象をうけました。(アルコールを飲みまくってました。)
Advice 私はアッパーイーストのあたりで、ちょろっと1時間くらい見て観光に行ってしまったので、5番街とかがどれくらい混雑してたのかはわかりませんが、そんなにひどい混雑ではないんだな、っていう印象をうけました。
パレードをずっと見学したいと思うなら、けっこう早い時間から場所とりに行ったほうがいいのかもしれませんね。いすを並べて陣取ってる人たちもけっこういました。

 NO.01 くおも 関東 Registered 28 March, 2001
Hotel PENNSYLVANIA Booking 2000年12月
Times 初めて
Waiting 10:00〜
impression  あまり詳しくは書けなくて申し訳ありませんが、僕の体験した限りの事でお話したいと思います。セントパトリックスデーの前日からかなりの盛り上がりを見せてました。それとも金曜の夜は大体大騒ぎなんでしょうか?それはともかく、当日はたくさんの人でにぎわいました。「今日のためにアイルランドから来たんだぜ!」と言う人もたくさんいました。
 パレードはたくさんの団体がそれぞれ参加するといった感じでしょうか。日本の何かの団体もパレードに参加していましたが、日本人は見当たらず、アイリッシュの人々が日の丸はちまきでお辞儀して歩いてました。どういう団体なのかは分かりませんでした。
 テレビもお祭り色が濃かったです。アイリッシュバンドも総動員といった感じで、ライブハウスもケルトバンドが多かったです。
 お楽しみは夜のバーです。入り口が緑一色になってるバーは迷わず入りましょう。お祝いムード一色!日本で言うと、サッカーのワールドカップの応援見たいな感じですか、みんなで騒げ!といった感じです。
 とにかくみんなお酒くさくて、面白いです。ちなみに酔ったらダンスはお決まりのようですね。飲みすぎ注意!
Advice  見る場所は前もって十分確認を!街の人はパレードの場所なんて関係なくお祭り騒ぎしてます。なので非常に分かりづらいです。とにかく人が多いです。
 仮装は元気がある人のみで。帽子や、ほっぺたに張るシールなどなど・・。この日の為の緑グッズは何処のお店でも売ってます。ただ、緑グッズを身につけてる人同士が道ですれ違うと、野生動物以上に大声で叫び!抱き合うという、かなりハイテンションな状況です。いたるところで、発狂してる声が聞こえるので、「あ、どっかで緑な人たちがすれ違ってるな・・・」とすぐに分かります。
 とにかくこの日は要ハイテンションです。僕は「今日はハッピーだ!ハンニバル見て騒ごうぜ!」と訳分からん誘いを受けました。これもお祭りだからでしょうか・・・。