Royalton Hotel
  44 W.44 St. New York, NY10036
  TEL 1.212.869.4400 1.800. FAX 1.212.869.8965
  16 Floors, 170 Rooms
  Year Built 1988/Year Renovated 1997
  http://www.royaltonhotel.com/
▼ ホテルの情報を投稿する
murmur 関東 快適!  Posted 2004/07/04
2004年6月利用 大型ホテル・チェーン デラックス 3万くらいだった
 日本のホテル予約会社から
 ブロードウェイに近くて便利で静かです。お向かいはアルゴンキンです。入り口は、ここホテル?という感じで、ドアを二つ開けると、エ?ここバー?という雰囲気でした。ドアマンは二人いるときもあれば、誰もいないときもありました。
左側にソファが置いてあり、お茶している人たちがいました。右側をずっと行くとフロントがあり、その先がエレベーターで、ホテルの他の客と顔をあわせることは殆どありませんでした。その先の突き当りがカフェのようでした。
シックでモダン。廊下は暗めの青で、いかにもニューヨークという雰囲気のこじんまりとしたホテルです。対応はすばやいです。最初に通された部屋は狭くて(ガラス越しの)シャワーしかなかったので、電話で変更を頼んだところ、20ドルアップなら用意できると言われ、ベルボーイさんがスーツケースと別の部屋のキイも持ってきてくれて、一緒に移動しました。
  次の部屋はまぁまぁの広さで満足でしたが、ボーイさんにシャワーの使い方などを説明してもらいながら一緒にバスのチェックをしたところ、バスタブの栓が閉まらず、ボーイさんがハンドマイクで修理係を呼び、5分もしないうちに修理の人が現れて直していきました。大型ホテルとは違って対応のスマートさ迅速さに感心しました。バスのドアは引き戸でした。部屋にはポプリやろうそくがさりげなくありました。バスローブ、ミニバーはありますが、冷蔵庫やコーヒーメーカーはありません。2つのベッドのヘッドの部分には戸棚で仕切られ、相手の顔が見えないようになってました。その戸棚には電話がそれぞれにありました。部屋からの眺めは最悪でした。洗面、蛇口などはモダンすぎてかえって使いにくかったです。
 スタッフも感じがよく、対応も迅速で不愉快な思いをすることも全く無く、ブロードウェイの近くでニューヨークらしい洗練された雰囲気を味わいたい人にはいいんじゃないでしょうか。

MOMO 近畿 また泊まりたーい Posted 31 August, 2003
2003年8月利用 エコノミー・ホテル スタンダード 230ドル
 インターネット ホテル予約サービス
 場所はグランドセントラルとブロードウェイのちょうど真ん中辺り。ブライアンとパークにも近く地下鉄も幾路線も通っているので交通等に不自由することはまずなかったです。また、このあたりはとても静かなところだったので夜も静かに快適にすごせました。マンハッタンの真ん中にいるとは思えないほどでした。
ホテル内はとても清潔感あふれていて、洗練、おしゃれ、まさにブティックそのものでした!アメリカのホテルにありがちな、高級ホテルであるはずなのに古さやほころびを感じたいり・・・といったことは全くなく日本の高級ホテルに勝るとも劣らない清潔感と落ち着きでした。でも、でも! 何より特記すべきは従業員の方々のサービス、温かさです。
私はこの滞在中にあの、NY大停電にあいました。あるいくつかの同じ高級ホテルでは、ゲストは火災に備えてとの理由でシーツを渡されホテルから追い出されたとのこと。荷物もとれず、トイレも使えなかったらしい。でも、私たちが1時間かけて歩いてやっとのことでホテルにたどり着いたら、入り口でゲストの確認をしてロビーかダイニングで待機してくださいとのこと。そしてしばらくすると、無料で好きなドリンクをサービスされ、さらにはコンチネンタルブレックファーストのようなバイキング形式の豪華な夕食を無料でサーブしてくれた!きっとありとあらゆるキッチンのものを出してくれたんだと思います。夜、外にでれなかったのでとても助かりました。一人1つの明かりを全員に渡してくれて、ロビー中には100個以上のろうそく。忙しそうな従業員の方々は全員がゲスト一人一人にむかって「大丈夫ですか?」とか「なにか不安なこと、困っていることはありませんか」と声をかけて歩き回ってくれた。おかげで私たちゲストはみんななんら不安すら感じることなく、むしろ楽しそうにロビーですごせました。 あとで外に野宿されられたツアー客の話を聞いてぞっとしました。こういうときに、真のホテルのサービスが表れるんだと思いました。
ジェネラルマネージャーが話しかけてくれたときには、最後に「日本人ですか」と聞かれたのですが、しばらくすると日本のスタッフの人が私たちの所へ来て、もう一度きちんと現状の説明やら不安点など細かくケアしてくれた。こんなに人の温かさを感じたことはなかったです。私たちにはこの大停電のおかげで思いもかけず、さらにこのホテルの本当の意味での良さを感じられました。このホテルの職場の環境が本当にいいんだと思います。本当に満たされる気持ちというのはこういうサービスを感じたときではないでしょうか。帰りにチップ$100を渡しました。しかしお金に換えられないものがあります。
きっと同じ高級ホテルでも大型であったり、従業員のプライド高いところではここまでのサービスは受けられないでしょう。あまりにいい思いをさせていただいた、このホテルへのお礼としてここに投稿いたします。
 ホテルはとてもモダンで洗練されていて快適でした。もともとこのホテルは4つ星から5つ星のランクです。扉も重く重厚でした。部屋の広さが気になっていたのですが、スタンダードということでめちゃくちゃ広くはなかったものの、お風呂は2,3人は入れる円形で満足でしたよ。ベットのほかにミニデスクとソファがあり、ニューヨークらしい洗練されたデザインで狭くは感じませんでした。なによりベットがすごく快適。あとでHPで調べたらデザイナーとホテルの特注らしくお値段もたかったのですが、おかげでぐっすり眠れました。アメリカのホテルで気になる水の出は完璧で、勢いが出すぎて困るくらい!空調管理も万全でした。部屋の雰囲気はあえて日本のホテルにたとえるなら、ハイアットのようです。
部屋のほころびは特になく、ろうそくがあり、ポストカード型のミニ絵画は毎日交換され、バス&トイレにはポプリとまたろうそく。ただ、これでもデラックス以上に比べるととたんに小さい部屋の部類になるそうです。デラックスはとても広く暖炉もあるとのこと。次は絶対にデラックスに泊まりたいです。がやがやうるさいホテルではなくゲストの方々もみなさん落ち着いていてスマートです。きっと、このホテルの雰囲気がそうさせるのでしょう。日本人はあまり見かけませんでした。
良くないところをあげるとしたら、部屋からの眺め。これははっきりいえます。あとは・・朝食のコンチネンタルブレックファーストが$21か22位。少し高い?でも、フロントの人がブライアンとパークで食べたほうが安いよって教えてくれました(笑)。
 今回の大停電での対応からこの価格での宿泊は安いと思いました。もし、この大停電がなく普通に過ごしていたとしても、満足していたと思います。従業員の方々の迷惑そうな対応や、そっけない対応は全くなかったのでよりそう思います。部屋の清潔さなども、前回宿泊した同じくらいの値段の老舗高級ホテルよりずっと良かったですよ。

にゃんこ また泊まりたーい Registered 25 March, 2001
2001年3月利用 個性派ホテル スタンダード 240 ドル
  日本の旅行会社から
  ホテルの雰囲気は今までいろんな所に泊まったけれど最高。ただ、好き嫌いがはっきりするかもしれない。私は大好き。ホテルらしくないホテルといえばいいのか、アメリカ人の友達はゴージャスという単語を使っていたけれど、日本で使うゴージャスという言葉から想像する意味でのゴージャスではないと思う。とてつもなくシンプルなんだけれど、ソスティフィケイト。スノッブ。
  広さはスタンダードだったのでそんなに広くなはなかったけれど、狭くもない。窓にそってその長さだけずっとソファーが続き、両端に3種類のサイズの真っ白なクッションがきれいに置かれていた。シングルだったのでバスタブはなくシャワーだけ。そのシャワールームはガラスでしきられている。バスルームと部屋にろうそくが置かれ、その後ろにハガキ大の絵。それも毎日変えられていた。洗面台もシャワーも、とにかくシンプルでエレガントでスマート。部屋自体は適度な明るさにいくつかのライトで調整できるのだけれど、ロビー、エレベータ、廊下はすごく暗い。わざと、そのような明るさにしてあるのだろうけれど、初めて入った時はびっくりした。
 この値段でこのホテルに泊まれたら私としては良し。全くホテルらしくない入り口といい、便利な場所にあるにもかかわらず、ひっそりとしていて、でも中に入ると業界人みたいな人種が(なぜか私の滞在中は白人しか見なかった)ビジネスの話みたいなのをしていて(持ってる書類から勝手に判断)、NYに遊びに来ているのを忘れてしまいそうな別世界が広がっている。
 一番気に入った点は、外観は全くホテルではないようでいて、素敵なホテルである点。ドアマンは中にいて(2重のドア)最初のドアを開けると中のドアを開けてくれる(人の出入りが多い時間帯には、2重ドアのまんなかに一人と、一番内側に一人たっているけれど)。めだたないホテルであるというところ。
 Roxieさんのおっしゃるように、ホテルのお兄さんお姉さんはめちゃくちゃかっこよかったです。カップルで行く場合は、よほど旅慣れた、そういう場所に慣れた男性でないと、エスコートしてもらう女性がその彼に幻滅するおそれあり、かもしれないです。あくまでも「かも」ですけど。。。

Roxie  Registered 01 August, 2000
1999年12月 デラックス・ルーム 200ドル
ホテル  かの有名なフィリップ・スタルクがエグゼクティヴ・ニューヨーカーのために設計したホテルがここロイヤルトン。ホテルマンがとにかくカッコイイ!とにかく日本語の意味でも英語の意味でもスマート! 入り口の外観は一見ホテルとは思えないシンプルさ。 中に入るとスタルク独特の照明のラウンジが延々と続き、いかにもスノッブな ニューヨーカーにぴったり!テレフォン/ブースや廊下や部屋のルームナンバー表示でさえ一味、ふた味違う。身も心もニューヨークに浸りたい人にぴったり! 料金は通常期のスタンダードで300ドル近くしますが、時期を選べば格安で泊まることが出来ます。私が宿泊した時は1泊200ドルでした!
Room  お部屋はとても広い!しかし広すぎるわけでなく快適な広さ、天井も高い。デラックス・ルームのため44丁目に面していて窓からの眺めも文句なし。この大きな窓に沿って白いソファーが配置され、そばにはビデオが備え付けられたテレビ・セットとCDステレオ・システム、その横には大きな暖炉が!暖炉前のキング・サイズのベッドは通常のベッドより高さが低く少し違和感はあるものの、そのクッションは最高!真っ白の上質の寝具は寝つきの悪い私でさえ、あっという間に夢の世界へ誘ってくれる心地よさ!
 たった一つの難点はシングル・ルームにはバスタブがないこと!これはお風呂好きの日本人にはこたえます。ただしバスルームには洗面台のほかに身支度を整える鏡が別にあり、その前にはキャンドルと生花の蘭、ポプリがさりげなく置かれていてムード満点。ハウス・キーピングも1日3回は来ていたはず!清潔感とスタイリッシュさ、そしてこの独特のムードが見事に融合し、心身ともにニューヨークに浸ることが出来る貴重なホテルです。カップルで泊まれたらもっと最高かもしれませんが、女性の方にはホテルのお兄さんたちにくれぐれも目移りなさらないよう!ご忠告申し上げます(笑)。
Location  44丁目の6番街と5番街の間。向かい側はアルゴンキン、イロコイと デラックス・ホテルが軒並み! 劇場街へも徒歩5分かからないのも最高。 お茶するのも、ここに泊まったからにはラウンジを利用しましょう!
フランス人デザイナー、フィリップ・スタルクの作品。
オーナーはディスコ「ステゥーディオ54」「パラディウム」で成功を収め、脚光を浴びたスティーブ・ルーベンとイアン・シュレーガー。



ホテルのトップへ