ニューヨークに行ってきました! Vol. 1,201 - 1,210

 「ニューヨークに行ってきました!」は、みなさんからお送りいただいた、悪戦苦闘、喜怒哀楽、七転八倒なニューヨークの日々を掲載しています。
▲ NYに行ってきます!・登録のページへ
▲ NYに行ってきました!・登録のページへ
▲ NYのホテル!・登録のページへ
 NO.1210 YUMIKO 関東   Posted 2005/01/14
 2005年1月上旬 5日間 初めて
 日本旅行のベストツアーで、ノースウェスト成田発JFK直行便利用でした。ホテル(ウェリントン)が3泊ついて、1人追加料金を入れても9万5千円くらいでした。
 あいにく霙や雨まじりの雪が降って寒かったです。でも摂氏だと、たぶん0度になるかならないか位だったと思います。今年は暖冬らしくて、歩き回りましたが、寒くて耐えれたいほどではありませんでした。でも、帽子、マフラー、手袋にホッカイロがあるとずいぶん快適に過ごせました。
 1人だったので、デリやカフェをよく利用しました。ワゴンでホットドッグを買ったりもしました。どの方法でも、結構ボリュームのある料理が出てくるので、1人だとけっこう大変でした。毎食毎食お腹がいっぱいになりましたが、ドギーバックをもらって持って帰っても食べないことはわかっていたので、頑張って平らげて、たくさん歩いて消費してました。NYの朝ごはんはパンがお勧め。ベーグルはもちろん、普通にパン屋でイートインできたりするので、ゆっくりできてお勧めです。夕飯は、安く済ませるならやっぱりデリがいいと思います。量も自分で調節できるし。
お勧めは au bon painというチェーン店のパン屋。ユニオンスクエアや、ウェリントンホテルのすぐ近くにもありました。店内が明るくて、いい感じです。ただ、初めていったときはトレーもトングもなくて、どうやってとったらいいのかわからなくて困りました。みなさん、紙ナフに包んでレジまでもっていってました。
ユニオンスクエアちかくのMuffy's bagleというお店もおいしくてお勧め。イートインも出来ます。
  学生の方は絶対に国際学生証を作っていくべき!いろんなところで学割がききました。ブロードウェイのstudent rushは絶対利用すべきです。他にも国連ツアーや、美術館で使えました。あと、意外にみなさん気さくなので、困ったり、暇なときはどんどん話しかけていいと思いました。
 最初にNYに来たって実感できたのは、タイムズスクエアのカップヌードルを見たとき。最初は地下鉄の使い方がいまいちわからなくて苦労しましたが、張り巡らされているのでとっても使い勝手が良かったです。
NYは1月末くらいまでクリスマスイルミネーションが残ってます。高いシーズンにわざわざ行かなくても、十分にたのしめました。しかも、セールでずいぶん安くなってます。お勧めな時期だと思いました。
NYLYを見て、予習をしっかりしていったから、存分にNYで楽しめました。ありがとうございます!また行きたいなー。
 NO.12009 ぱんだうさぎ 関東   Posted 2005/01/14
 2004年12月下旬 13日間 2回目
 航空券とホテルをそれぞれ別の旅行代理店を通して予約しました。航空券はコンチネンタルで諸費用込みで約8万円(12月23日出発)、ホテルはベッドフォードに11泊(1泊約1万6千円)しました。ニューアークからのバスがホテルの1本北の通りにとまるので、コンチとベッドフォードという組み合わせはとても便利でした。
 到着した日はそれほど寒くなかったのですが、24日から冷え込みが強くなり、25、26(雪)、27日は特に寒かったです。セーターの下にウールの下着を着てカイロを貼ったり、タイツの上にアンゴラ入りのスパッツのようなものをはいてからウールのパンツをはくなど、防寒対策をしました。もちろんマフラーや手袋は終始手放せませんでした。27日はウッドベリーへ行ったのですが、マンハッタンよりさらに寒く、前日に降った雪が強風で舞っていました。帰りのバスが大行列で、零下8〜10度で強風が吹く中、約50分もバスを待ったのが辛かったです。28日からは少しづつ暖かくなり、31日はかなり暖かで日中はコートもいらないかも?っていうぐらいでした。ニューヨークというところは、こんなにも気温の差が激しいのかと驚きました。
 あらかじめ下調べをしたお店を中心に(Jean Georges,Asiate,AIX,Babboはあらかじめ日本で予約して)行きました。美味しい物にたくさんめぐり合えてとても幸せだったのですが、的を絞ってあげると、朝食ベスト3は@Nice Matin(いちごがたくさんのったベルギー風ワッフルが超美味、お店の雰囲気も素敵)ALe Pain Quatidien(パンもおかずもジャムもとにかく美味しい!)BOms/b(ロブスターサラダ等がのったケーキのように可愛いおにぎり、ご飯粒は今ひとつですが、温かいお味噌汁も飲めるし、5ドル弱のモーニングセットはお得)です。ランチベスト3は@Basta Pasta(ランチはパスタ、サラダ又はスープ、デザート、コーヒーで15ドルとお得、アルデンテのパスタが食べられます、サラダやスープもオマケ程度の量ではありません)ASpice Market(美味しい東南アジア料理、インテリアも凝っています)Bメトロポリタン美術館のカフェ(はじめは期待していなかったのですが、結構美味しかったです、特に「ボイルドシュリンプサラダ・ルッコラ、りんご、アーモンドブリットル添え・バニラパッションフルーツビネグレット」は初めて食べる味で、とっても美味しかったです、でも少し高いと思いました)です。夕食ベスト3は@Babbo(レストランの項に詳細を書き込みました)AChesca(前菜、パスタ、サラダ、デザートどれもが美味しかったのですが、特に「サラダカンパーニャ/生ハム、パンツェッタ、ヤギのチーズ、グリーンリーフ、半熟卵」が美味でした)BGrimaldi's(Cafe -Summer of Loveで話題になったピザ屋さんです、評判通りとっても美味しかったです、また皆が楽しそうに食事をしている雰囲気もよかったです)です。他にPayardのケーキやマカロン、焼き菓子、Jacques Torresのチョコレートなどもおいしかったです。あと、Jazz Standardのスペアリブもなかなか美味でした。
 @ フリックコレクション A舞台
@とても雰囲気のある豪邸(建物やインテリアだけでも充分鑑賞する価値があります)です。美術品は展示するというよりは、飾られているといった感じで、絵画や調度品などを間近に観ることができます。展示数はメトロポリタン等にはとても及ばないのですが、それでも全部観るのに3時間位かかります。逆に1日に観るのに疲れないで、なおかつ新鮮な気分で鑑賞できる、ちょうどよい量かと思いました。イヤホンガイドが無料なのも嬉しいです。A今回はミュージカル「Movin' Out」「Chicago」とニューヨークシティバレエの「くるみ割り人形」を観ました。これを観るためにニューヨークへ行きたいと思うほど、ミュージカルはとにかく素晴らしいです。こればかりはブロードウェイでないとダメって思いました。「くるみ〜」もクリスマスの雰囲気たっぷりの演出で素敵でした。
 ブルックリンのトランジットミュージアムに行った日のこと、Borough Hall駅を出てしばらく歩いて探してもなかなか博物館が見つからず、夫と地図を広げて歩道に立っていたら、通りがかりのおじい様が「どこに行きたいの?」とたずねられ、場所を教えて下さいました。その後、今度は地下鉄のJay St駅を探していたら、若い女性が声をかけてきて、道を教えて下さいました。そして、地下鉄に乗ってHigh St駅で降り、地図を広げてGrimaldi'sを探していると、またまたおじい様に声をかけられました。彼もまた親切に場所を教えて下さり「有名なピザ屋さんだよ、楽しんできてね」と言われました。そして、ピザ屋さんで食事を終え、次に行くJacques Torresの場所を地図で確認していると、隣のテーブルの4人組が親しげに声をかけてきました。4人ともあいにくこのチョコレート屋さんを知らなかったのですが、しばし楽しく会話しました。わずか半日足らずの間に4回も親切な方に出会い、私はブルックリンがすっかり気に入りました。
また、翌日再度ブルックリンへ行き、ブルックリンハイツプロムナードから夕景を楽しんだ後、どうしてもブルックリンブリッジを渡ってみたくなり、急遽歩いて渡りました。ちょうど日が沈む頃で、夕焼けの空とマンハッタンのビル群の明かりがとても綺麗でした。
最後に、このような楽しい旅行ができましたのも、NYLYのおかげです。この場をかりてお礼申し上げます。

 NO.1208 Tom 関東   Posted 2005/01/10
 2004年12月下旬 13日間 4回目
 航空券とホテルをそれぞれ別個の旅行代理店に8月上旬に手配しました。航空会社は、コンチネンタルで、空港使用料等諸費用込みで一人8万円強でした。ホテルは、ベッドフォードで1泊1万6600円でした。
 今年は、12月23日から1月3日まで滞在しましたが、24日から27日までがとても寒かったです。スキーの時に着用する保温性の高い下着上下を持っていってとても重宝しました(向こうで数が足りなくなり、Modell'sで安く売っていたので、現地調達しました。)。また、手袋とマフラーは手放せませんでした。
 滞在中、朝食は、Nice Martin、OMS/b、Le Patin Qurtidien、Manja、ランチは、Spice Market,City Bakery,Haru,Basta Pasta,ディナーは、Oyster Bar、Jean Georges,Republic,'Cesca,Asiate,Grimaldi's,Jazz Standard,AIX,Babboなどに行きましたが、朝食では、Nice Martin(私の食べたロックフォール風オムレツ、妻の食べたワッフルとも絶品で、雰囲気もとっても良かったです。)、Le Patin(チキンカレーサンドイッチは、一緒に出されたドライトマトとケチャップを和えたものを付けて食べるととっても美味しかったです。)が良かったです。また、OMS/bも手軽に美味しいおむすびとお味噌汁が飲めたので、ホテルから近かったこともあり、複数回通いました。ランチでは、Spice Marketが料理、店の雰囲気、サービスともとっても良かったです。Basta Pastaもあの値段でアルデンテ(NYでは茹ですぎの店が多い気がします。)の美味しいパスタが食べられて、お得だと感じました。ディナーでは、Babboと'Cesca,そして、ピザのGrimldi'sが特に良かったです。Babboは、有名店なので期待半分、不安半分で行きましたが、前菜、パスタ、メインとも素晴らしかったです。特にオーブンで乾燥させたドライトマト、鷹の爪、ニンニクのスパゲティは、シンプルな料理ですが、茹で加減、塩味が絶妙で今まで食べたパスタで一番美味しく感じました。'Cescaもヤギのチーズと半熟卵を添えたカンパーニャサラダがとても美味しく、また、使用されているオリーブオイルがフレッシュなオリーブの香りが素晴らしかったので、購入して日本に持ち帰りました。ピザのGrimldi'sも生地のサクサク感とチーズのしっとり感が良いハーモニーを生み出し、とても美味しかったです。5時頃に店に入りましたが、既にほぼ満席で、帰りには店の前に長い行列ができていました。ほかには、Jazz Standardのバーベキューがとても美味しかったです。また、Oyster Barが思ったより美味しかったです(以前行ったときより美味しく感じました。)。Jean Georgesは、予約が取れた日が12月25日で、かつ、席もダイニングルームの方を取れなかったせいもあるのか、料理は美味しかったのですが、全体的に少し塩辛い気がし、かつ、全体的に騒がしく去年味わったほどの感動は味わえませんでした。Asateは、ロケーションが良く、前菜も美味しかったですが、メインは、和食を食べ慣れている日本人には、ジャパニーズフレンチといっても、それほど変わった料理に見えず、料金に見合うだけの食事とは思えませんでした。AIXも悪くはなかったですが、量が多かったのとワインが高いような気がしました。
 ブルックリンブリッジを歩いて渡る
ブルックリンブリッジをブルックリンの方から歩いて渡ったのですが、とても良かったです。夕方4時半頃から渡り始めたのですが、夕日が海に沈んでいき、マンハッタンの美しい夜景が現れる様を堪能しました。
 New York PhilのNew Year's Eve Consertのベートーヴェンの第9が素晴らしかったです。「年末に第9なんて……」と思っていたのですが、演奏、ホール、聴衆の盛り上がりとも最高でした。アンコールで「蛍の光」が演奏されたがまた良かったです。その他にも、NEW York City Balletのくるみ、Village VangardのCeder Warton Q,Jazz StandardのChristian McBRIDE BAND,ミュージカルのChicago、Movin' Outのいずれもとても良く、NYのエンターテインメントを堪能できたNY旅行でした。ますますNYが好きになり、また、行きたくなりました。これも貴重なNYの情報を提供していただいたNYLYの皆様のおかげです。本当に有難うございました。

 NO.1207 sacco 関東   Posted 2005/01/10
 2004年12月下旬 7日間 11回以上
 12/29出発(ピーク・シーズン)の中でお手頃価格だったAAのPEXを旅行会社を通じて購入。税込みで約10万です。エコノミークラスでは各航空会社の中でも最大のピッチを誇っています。足が組めるくらいの広さがあり、その違いを実感しました。
 NYの気候はホントにわかりません。出発の数日前は、寒波に襲われ「すんごーく寒いよー」とMailをもらっていたので今年のCDはどうなるやら。。。と心配しましたが、いざ現地に行ってみると連日て手袋がいらないくらいの暖かさでした。例年、日中でも氷点下なのは珍しくないので、調整ができる服装がベストだと思います。そうそう劇場は年がら年中寒いです。
 @piopio http://www.greatrestaurantsmag.com/NYC/restaurant_view/144/
ペルー料理のお店で今回は7名で行きました。コンボメニューを2つ頼んだのですが、もの凄いボリュームでした。ここのロースト・チキン絶品です!おまけに安い!サングリア、ワイン、各自デザートを頼んでも一人25ドルほど。大人数でワイワイ食事をするのにいいレストランだと思います。しかしお店が小さいので要予約。ランチもお値打ちで8ドルで食べられます。
今回の滞在中、メキシカン、フレンチ、ペルー、チャイニーズ、コリアン、ベトナミーズ、ジャパニーズ、イタリアン、etc...実に多国籍なお料理をいただきました。NYに居ながらにして食の世界一周といった感じです。いろんな国の味が楽しめるのも(しかも本格的!)NYが人種の坩堝といわれる所以でしょうか?毎食、現地在住の友人・知人や同時期にNYへ滞在していた友人達と一緒に食事をしたため胃袋が足りなくなってしまいました(笑)おかげで体重が激増中です。
 @スカイスクレーパー美術館 Aウインドーホッピング
@スカイスクレーパー美術館は去年の秋にリニューアルした美術館です。規模は小さいですがスタイリッシュなデザインでとてもおしゃれな美術館です。リッツカールトンの裏手にあります。建築好きな方はぜひ!http://www.skyscraper.org/home_flash.htm
Aホリデーシーズンのデパートなどのウインドーは特に力が入っており凝ったものが多いのでウインドーを覗いて周るのがこのシーズンの密かな楽しみです。なかでもサックスやバーニーズがお気に入りです。
 今年で4回目になるCDの参加が今回の最大のイベントでした。去年のCDは場所があまりよくなかったため今年はリベンジに燃えました。陣取ったブロックの警備が厳しくてイスなしの8時間は辛かったですが、一緒に参加してくれた仲間達のおかげでそれほど長時間に感じられませんでした。楽しい仲間とニューイヤーを迎えられて大満足でした。リベンジもできたし♪みんなありがとう!大好きなホリデーシーズンのイルミネーションも堪能できたし、お天気にも恵まれてとても楽しいNY滞在でした。

 NO.1206 ゆうり 関東   Posted 2005/01/09
 2004年12月下旬 7日間 7回目
 ユナイテッド航空に電話で予約しました。アップグレードしたかったので、その時期でUGできる一番安い航空券を購入。17万円でした。10月初旬の予約でしたが、UGは希望の日程で取れました。
 冬のNYは初めてでしたが暖かくて助かりました。出発日の首都圏は雪に見舞われとても寒い日でしたので、深夜JFKに着いた時の暖かさにビックリでした。滞在中はずっとこんなお天気に恵まれ、用意していった帽子、イヤーマフ、カイロは使わず終いでした。朝、夜のみ手袋とマフラーを装着。ごく普通のソックスにブーツで充分な快適さでした。
 NYに着いてからの食事はほとんど現地で落ち合った友人達と一緒でしたので、バリエーションに富んだ食事を楽しめました。大人数でしたらブルーミング・デールス近くの「Patsy's Pizzeria」(60th. Between 2&3 Ave.)、カップルや気の合う友人とのオシャレなランチなら「Gotham Bar & Grill」(http://www.gothambarandgrill.com)のプリフィクスがお薦めです。時間がなくてふらりと立ち寄った「Cosi's Sandwitch」(マンハッタン中あちこちに点在)が意外とおいしかったです。なんとも残念だったのがあの「Soup Kitchen International」が結局オープンしなかったことですね。いつか絶対行ってみたいお店のひとつです。
 @タイムズスクエアのカウントダウン ABirdland
今回の旅行の一番の目的はタイムズスクエアのカウントダウン参加でした。TVで何度となく見ていた風景にずっと憧れていましたが、寒いのが苦手で今までずっと躊躇していました。あまり若くもないし、最後のチャンスとばかりに勇気を出して今回やっと決心。今年のNYは暖冬で助かりました。カウントダウンの瞬間はあっけなくも感動的でした。あの大量の紙吹雪、製作過程がものすごく気になります。
NY7回目にして初めてのジャズクラブ体験が「Birdland」でした。ミュージカルの半券を見せるとミュージックチャージがディスカウントされる、ということで終演後に行ってみました。ジャズって食わず嫌い的なところがあったのですが、反省。すごく楽しかったです。耳に優しいボーカルはどんなに疲れていても身体にも心にも響いて来ました。誘ってくれた友人に心から感謝です。
 冬のNYは初めてでしたが心も身体も暖かな毎日でした。毎年こうなら冬のNYは街のイルミネーションもキレイでお薦めです。ただ全米から観光客が集まってくるのでものすごい混雑なのが難点。ブライアント・パークからブロードウェイまで徒歩で40分かかる日もありました。それはそれで活気があって楽しいんですけどね。念願のカウントダウンにも参加できて、2004年の締めくくりにふさわしい旅ができました。NYLYで出逢った皆様のおかげでとても楽しかったです。今回はホテル選びからカウントダウン、お食事、ミュージカル、ジャズクラブまでほとんどNYLYの方々にお世話になりました。この場を借りて皆さんにお礼を申し上げたいと思います。どうもありがとうございました。

 NO.1205 Asako 近畿   Posted 2005/01/09
 2004年12月下旬 5日間 初めて
 NSTツアーでホテルと航空券のみ手配を頼んで一人20万強。ホテル(Gramercy Park Hotel)3泊で10万、大韓航空15万×2人。12月31日から3泊5日。12月10日位に思い立ったので、あわてて旅行社にホテルを手配してもらったのですが、今思うとネットで自分で手配しても全然問題なかったと思います。
 到着したのは12月31日。異様なほど暖かい!(むしろ、出発時の近畿地方の方が大雪でした。)夫はセーター・レザージャケットの上にウールのロングコート・マフラー・帽子・手袋。私は薄手のセーターの上にダウンのロングコート・マフラー・帽子・手袋でしたが、町のニューヨーカーの中にはなんとノースリーブのブラウスやドレスの女性も!!全体として、厚着しているのはおのぼりさんだけでした。。1月1日も日中はコート要らずの暖かさ。夜は少し冷えましたが、日本と同じ程度。1月2日の早朝はやっとNYらしい寒さでしたが、日中は同じくOK。歩き回っている限りは日本と同じ感覚。夜は早朝と同じぐらい気温が下がったので、エンパイアステートビルには完全装備でいきました。屋上は信じられないぐらい寒くて、風がきつかったです!!ここは別格ですね。天候はずっと素晴らしく晴れていました。
アドバイス・・基本的に日本(本州)の一番寒い時期の服装をしていれば大丈夫だと思います。青森と同じ緯度だからって、そんなに気合入れすぎることはないです。(エンパイアの上に上るときは別ですが)
 12月31日夜食・・・「Cafe Wha?」でハンバーガープレート。Hard Rock Cafeと同じぐらいのボリューム。私は食べませんでしたが、ナチョスは美味しそうでした。
1月1日ブランチ・・・ハーレムの「Silvia's」でブレックファスト。観光客が多く訪れる店だけに、とても外国人慣れした対応で良かったです。卵3つは使ってそうなボリュームたっぷりのチーズオムレツに、たっぷりのマッシュポテト、コーンブレッド、コーヒー。おなか一杯になりました。レストランではコーヒーはお替り自由のところが多いみたいですね。
1月1日夜食・・・グリニッジ・ビレッジの「Village Vanguard」でライブを観る前に、通りかかった、14St駅近くのPizza屋でピザを。名前は覚えていませんが、ここが大当たりでした!皮がパリパリで、具もたっぷり。ピザのメニューがそれぞれ「Bird」(チャーリー・パーカー)とかミュージシャンにちなんだ名前なのも粋でした。
1月2日ブランチ・・・タイムズスクエアのBBキングのお店で、「Harlem Gospel Brunch」。ゴスペルを観ながらの、ビュッフェ方式のソウルフード。大きなライブハウスなので、ビュッフェにも長蛇の列で、辿り着くのに数十分かかりましたが、これもとっても美味しかったです。とくにポテトがお薦め!!
1月2日ディナー・・・ガイドブックにのっていた、SOHOの「ブルーリボン」でそれぞれCatfishとステーキを。ここが一番でした。料理もSophisticatedな感じで、店員のサービスも抜群!おまけに全員、見惚れるような美男子ぞろい!AM4時まで空いているこのおしゃれなお店は、SOHOという場所柄か、スタイリッシュな人たちで一杯でした。帰り際には、チーフと思われるイケメンに日本語で「よいおとしを!」って言われました。(もう年は明けてるんだけど、別れ際にはOKですね。むしろこちらがHappy New Yearの訳としては正しいかも!)
 初めてのNY、もう最高でした。
人もみんな暖かくて。快晴の元旦の朝、ホテルを出ると犬を連れた老婦人が「Good Morning, Happy New Year!」って挨拶してくれました。最後の日の朝、ホテルをチェックアウトしてから新聞を買いに寄ったスタンドのお兄さんとも「日本人?僕の友達のエジプト人も日本に住んでるんだよ!」って、しばし立ち話したり。
治安も、まず観光客が行くような場所は大丈夫と思っていいと思います。あまりにも安全過ぎて、まるで「NYという名のテーマパーク」にいるようでした。日本でもひったくり等に気をつけて、カバンをしっかり持ってますよね?それぐらいの注意でOKですよ。で、人がいない場所には行かない。これさえ守ればOKではないでしょうか。
アクセサリーなどしてこぎれいにしていると狙われる、なんてよく言われていたので、かなりカジュアルな身なりをしていきましたが、もうちょっとおしゃれして行けばもっと楽しめたかなと思いました。それが唯一の後悔かなぁ。大晦日には、グリニッジビレッジの「Cafe Wha?」というクラブでのカウントダウンパーティに行ったのですが、みなさん思いっきりおしゃれしてましたしね!
ともあれ、本当に最高の旅でした!まだまだ行きたいところがたくさんあるので、またきっと戻ってきます!See you New York city, I'll be back!

 NO.1204 Dogwood2004 関東   Posted 2005/01/09
 2004年12月下旬 6日間 初めて
 個人旅行でNY以外の都市も回ったので、UA利用複数都市周遊で85,000円くらいでした。
 到着した12月14日から急に氷点下の気温に!華氏30度くらい?それがずっと続きました。夜には氷点下にもなってました。が、幸い天気はよく、寒いけど昼間は外を普通に歩けました。かなり心配して色々準備していきましたが、服装はキャミソールに薄手のセーター(屋内の温度調節のため)、タイツ、ジーパン、ユニクロで買った中綿入りロングジャケット、マフラー、手袋、毛糸の帽子でOKでした。寒い日は背中にカイロを貼って、タイツの上にレッグウォーマーをしていました。地元の人のスタイルはNorthFaceのダウンジャケットが多かったです。また、コートもジャケットもみんな黒が多く、基本のようです。女の子は暖かそうな中綿入りブーツを履いてる子が多くて、結構冬の定番みたいでした。
 デリやカフェに入る時間があまりなく、休憩と小腹を満たしたいときにはとりあえずスターバックスに。NYはスタバ天国で、日本のローソンの如く、いたるところにありました。1人で気軽に入れたところではコロンバスサークルにあるタイムワーナービルの地下のオーがニックスーパー:WholeFoods。バイキングの要領で自分で好きな食べ物を選んでレジを通ったらとなりのテーブルで食べることができます。ここのWholeFoodsはディスプレィも綺麗で買い物もできるし、一度足を運ばれることをお勧め!予定のない夜は宿でテイクアウトの中華を食べていましたが、$5以下でご飯とオカズがかなり大ボリュームで食べられるので、お金を節約したい人にお勧め! 味も全部おいしかったです。人気の中華:Joe's Shanghaiは行列ができていたけど、テイクアウトならすぐに注文できました。グランドセントラル駅にあるOyster Barはガイドブックを見ていったのですが、とても美味しかったです。が、現地人によると、「サービスがよくない」との話で、「どんなかな?」と思っていったのですが、実際あまりよくありませんでした。なぜかテーブルに来るウェイターが毎回変わるし笑顔もなし。サブのウェイターはお皿が空きそうになったら愛想なくさっさと持っていくし、きわめつけは友人が「$10を$1に両替してほしい」と頼むとウェイターはすごく嫌な顔をして無言で持っていく始末。・・ですが、サービスに目をつむるとグランドセントラル駅はゴージャスで素敵だし、レストランも広くて味もOK。隣のテーブルでは女性が1人で食べていたので、もっと高級かなと思っていたのですが、場所柄少数でも大人数でも気楽に入れてくつろげるレストラン、といった感じでした。その他友人に連れて行ってもらったので名前はわかりませんが、9th Ave.W49stあたりのヘルズ・キッチンとよばれるところのギリシャ料理のお店がよかったです。このあたりはスペイン料理など美味しいレストランがたくさんあるとのことでした。
  NYが舞台の人気ドラマ:Sex And The Cityの大ファンの私は、ロケーションツアーと呼ばれるSATCツアーに参加。これは日本からインターネットで申し込みをしておき、ツアー当日はメールで連絡のあった場所に集合してバスでロケ地などを訪れるというもの。バスではガイドさんがユーモアたっぷりにロケ地案内をしてくれて、ロケで使われた場面をビデオで放送も。その他下車したスポットはまずシャーロットが「ラビット」を買ったアダルトショップでお買い物。ミランダとキャリーがエイダンの話をしたMagnolia Bakeryでカップケーキのサービス。スタイリスト:パトリシア・フィールドのお店でお買い物。TIME cafeでコスモポリタンを飲む(有料)など。極めつけはキャリーのアパート前でひとりずつ記念撮影!$35でかなりコアなNY市内観光もできるし、SATC好きなら超・超おすすめです!英語×でも全然OKですよ!情報はこちら:http://www.cafeglobe.com/mode/frillme/ft041028.htm 申し込みはこちら:http://www.sceneontv.com/tour.php/satc/
 いきなりニューヨーカーに紛れたい!と思うなら、ファッションは黒をベースに、ジーパンとスニーカー、斜めがけバッグとウォークマンで完璧です!グリニッジビレッジなどに行けばもうすこしカラフルになりますが、地下鉄でチェックする限り黒が基調でした。スニーカーはニューバランスかPUMAが多かったです。今回はアッパーまでたどり着けなかったので(ミッドタウンやロウアーマンハッタンで精一杯!)次回はアッパーマンハッタンを攻めたいと思います。今回NYLYでは情報収集にかなりお世話になりましたが、ガイドブックやわかりやすい地図、事前の情報収集は非常に重要だということを痛感しました。

 NO.1203 ようこ 中国   Posted 2005/01/09
 2004年12月下旬 9日間 初めて
 航空券はANAのウエブサイト(早割28)で予約しました。年末のピーク料金だったため高かったです。価格は広島・成田間の往復運賃を含めて二人で30万円くらいでした。
  12月25日から1月1日まで滞在しましたが、初めの3日間はとても気温が低く、更に風も強くて、北海道旅行の時より寒くかんじました。耳当てを持っていけばよかったです。後半は、広島県並?の寒さで、薄いコートでも充分な感じでした。
 日本食が恋しくなって3回行きました。吉野家とめちゃんこ亭は、安いしサービスもよかったです。よく雑誌に載っている、ほんむら庵というレストランは、おろしそばが1800円くらいと、かなり高く感じましたがおいしかったです。でも日本人女性店員の態度がすごく嫌な感じでした。無言でドンッて感じで皿を置いていったり・・・一番嫌だなと思ったのが、会計の時になって「うちは一人が50ドル以上オーダーってことになってるんですよー。案内した時に聞かれてません?」という言い方。キレそうでした。それ以上食べる気になれなかったので二人で55ドルで押し切り店をでましたが、後味悪かったです。機嫌が悪い日だったのかもしれないけど、結構ショックでした。
 音楽 ファッション
☆バードランドのジャズ、とてもよかったです。雰囲気もジャズのレベルも素晴らしくて、ニューヨークに来てよかったなあと思いました。
☆ブルーノートのサンデーランチは、規模は小さいですが気楽に楽しめる感じがよかったです。
☆ほとんど私が旅程を決めた旅行でしたが、主人が唯一行きたいと譲らなかったのでついて行った競馬場もなかなか楽しかったです。
☆ハーレムのゴスペルの迫力はさすがでした。
事前にベルモント競馬場のホームページを見て、レースの開催を確認していきましたが、開催とかいてあったのに、その日はベルモント競馬場は閉まっていて、がっかりしていたら従業員の人が「今日はここではなくてアーキュダクトで競馬がある」と教えてくれたので、ベルモントからタクシーで20分ほどの、アーキュダクトの競馬場にいきました。ベルモントのトラックが沢山とめてあったし、ベルモントのホームページにも乗っているので支店みたいな競馬場なのか、よくわかりませんが規模は大きくて、すごい熱気でした。馬がゴールする寸前の観客の盛り上がりが見ていておもしろかったです。
よく個人ホームページで紹介されているベルモント競馬場の行き方は省略します。アーキュダクト競馬場へは地下鉄Aライン1本で行けます。Aラインは怖いイメージがありましたが、JFK空港からの旅行者が沢山乗っていて、全く怖いことはなかったです。
☆12月下旬はかなり寒い時期ではありますが、街は至る所にツリーが飾られていて華やかでしたし、デパートやショップではクリスマスセールがおこなわれていて、この時期ならではの楽しみもありました。
  街角のツリーと、キャナルストリートのチャイナタウンのものすごい熱気が今でもわうれられません。今度は暖かい時期にいって、緑の美しいセントラルパークを散歩してみたいです。
初めてのニューヨークですし、テロなど治安の不安もありましたが、一度も危ない目には遭わずに楽しい旅行をすることができました。事前にこちらのページで観光ブックにはない生の声を見せていただいていたことが大きかったです。ありがとうございました。

 NO.1202  のえ 関東   Posted 2005/01/04
 2004年12月下旬 5日間 2回目
 パッケージにて全日空ハローツアー利用、12/30出発シェラトンニューヨーク滞在3泊5日、20万以下です。
 この年末はとても暖かく、現地ガイドさんもこの気候は異常だといってました。特にカウントダウンでは手袋無しでも大丈夫なほどで、夜中の気温とは思えないほどでした。埼玉のほうがむしろ寒い(笑)。しかし、年が明けて1/2にはニューヨークらしい寒さが戻っていました。もし外に並ぶ予定や、歩いて移動することをお考えでしたらカイロを持って行ったほうが良いです。
 朝は近くのデリで甘いパンなど軽いものを買い、部屋で食べました。昼は主に見学地のカフェテリア。夜は友人の紹介でオイスターのおいしい店に行きました(SOHOのブルーリボン、Midtownのドックスオイスターバー)。おいしい店はほかにもたくさんあるはずなので、もっと経験したいです。路上フードのオススメはチキンオーバーライス!ヒルトンホテル横、6番街と53thストリートの角にでていた屋台は行列が絶えません。黄色いご飯の上に鳥(蒸し?)がほぐしてあり、ホワイトソースとホットソースの両方をかけてもらい、この辛味がなんとも言えずおいしかったです。一人前5ドルでした。
 @Met地階レストラン AMoMA
メトロポリタン美術館の地階にあるカフェはブッフェ形式。トマトのペンネとサラダ、温かい紅茶で12ドルくらい。決して安くないけれど、すべておいしかったです。地上階にセントラルパークが見えるカフェもありますが、覗いた感じでは甘い菓子パンがメイン(?)のようでしたので、がっつり食べたい方は地階をオススメします。新生MoMAは年末でものすごい混雑っぷりを見せていました。それにもまして展示作品数が多いのに驚きました。人が多いとすぐぶつかるし、落ち着いて観てもいられません。入場料が高いのでそれ相応に満喫したいものです。
 まだ街中にはクリスマスのイルミネーションが残り、ロックフェラーセンターのツリーも素敵でした。カウントダウンが一番の楽しみで、もう感動でした!とはいえ、夜7時からのミュージカルを観て、どさくさまぎれにブロードウェイと49thストリートに居残り、突入という感じであったため、勿論タイムズスククウェアのメイン会場にはいけませんでした。次回は本格的にカウントダウンを目的にして行きたいと思います。3泊5日は短いけれど、気合を入れて日々すごすので濃厚な滞在内容をきっと送れますよ。

 NO.1201 あや 東海   Posted 2005/01/04
 2004年12月下旬 8日間 2回目
 8日間。ぎりぎりに手配したので飛行機とホテルとホテルから空港までの送迎で、24万ちょっとです。コンチネンタル航空でした。
 最初の2日は雪がぱらつき、死ぬほど寒くて(華氏25度くらい)、こんな気温の中でカウントダウンをしたら死ぬとおもいましたが、あとは急にあったかくなり(華氏50度台に上昇)、超ありがたかったです。ズボンの中に、ユニクロのスパッツをはいていました。(寒いときは2枚スパッツを重ねたり、ババシャツも二枚重ねたりして調節しました。)ズボン1枚では肌寒い感じでした。
  到着1日目の夜:コリアンタウンの「ガンミオク」のソロンタン。友達が優しい味だと喜んでいました。
2日目の朝兼昼:Century21近くのデリ付きカフェみたいなところ。スープを買ったら、ナンみたいなパンと、バナナ1本またはリンゴ1個が付いちゃって3.5ドルくらいでびっくり。奥にはハンバーガーやポテトを作ってくれるところもありました。夜:「コヨーテアグリー」でビール、その向かいのイタリアンレストラン「Lanzas」でパスタとピザ。
3日目の朝兼昼:みなさんお勧めの「ソウルガーデン」の豆腐チゲ!惚れました!夜:「リバーカフェ」でテイスティングメニュー。思ってたより気さくな感じでした。味はまあまあ・・かな?フォアグラとか慣れないもの食べたので・・・(笑)。夜景が死ぬほど綺麗でした。(女二人でテイスティングメニューとお酒を2杯ずつで、チップ込みで260ドルくらい)
4日目の朝兼昼:チャイナタウンの外れにある、「粥之家(コンジービレッジレストラン)」で、チキンとブラックマッシュルームのお粥と小龍包。だしがきいててとろみがあっておいしい!のに安い!店員さんは無愛想でしたが、お粥2つと小龍包1つで、チップなしで11ドルちょっとでした。夜:楽しみにしていたフレンチレストラン「Bouley」でテイスティングメニュー。(女二人でテイスティングメニューとお酒を2杯ずつで、チップ込みで260ドルくらい)
5日目の朝兼昼:また「ソウルガーデン」の豆腐チゲ(1人分7.95ドル。キムチでもコンビネーションでもおいしい)!うっめー!しかもおなかいっぱい!あとは、お買い物中にソーホーの「カッピングルームカフェ」でホットチョコレートとチャイティーとフライドポテトでチップ抜きで13.19ドル。夜:「ジジーノ」に行くつもりが疲れて寝込んで行けませんでした。
6日目の朝兼昼:「Mandoo Bar」(「ソウルガーデン」と同じ通りにあります。)でマンドゥー3種類盛り合わせ(普通の豚肉のが1番おいしい)と、焼きうどん?とマンドゥー入りスープで、29.30ドル(チップ抜きで)。夜:深夜にデリでクロワッサンとコーラとスープを買いました。
 @ソウルガーデンの豆腐チゲ Aノリータでお買い物
(1)みなさんのオススメの「ソウルガーデン」の豆腐チゲがとにかくおいしくて2回行きました!いい情報ありがとうございました。またいきたいです!日によるだろうけど、オープンが11時なので早く行き過ぎないないようにしてくださいね!豆腐チゲだけで満腹になります(二人で1個、熱々のおいしい茶碗蒸しみたいなのも付いてきました。「これは何?」ときいたら「た・ま・ご」といってました。)
(2)ノリータは買い物好きには楽しいです!ブランド店よりセレクトショップ系が多くていいですねえ!「アイナ(INA)」っていう古着屋さんで、Marc Jacobsのざっくりジップアップニットを120ドルで買いました。新品みたいに見えるし、このお店はおしゃれな物が揃っていたので、古着が苦手な私も興奮しました。メンズ店もありました。「BlueBag」というバッグのお店もかわいくて、フリルデザインの財布を買いました。「Jaque Gomme」にはちょっとおしゃれで毎日使えそうなバッグがありました。
(その他)いやーアップタウンの「COACH」やすいですね、バッグを238ドルで買って、日本での希望販売価格が57000円だったので感激しました。century21ではTOD'Sのミュールを119ドルで、DIEZELのスニーカーを44ドル(半額)で買いました。MarcJacobsの靴も119ドルになっていました。NYはやばいです!お金が!消えてゆくー!
 @今回はNYLYで勉強して行ったので、前回の初NY旅行よりおいしい食事にありつけました。コリアンタウンにはお世話になりました。中華のお粥もそうですが、やっぱり私たちはアジア人だなあと思いました。せっかくアメリカに来たのだから、と無理してアメリカンブレックファストを食べるより(っていうかおいしい店を知らなかっただけなんですけどね)、自分の体と、その日のエネルギー源を摂取するということを考えて、お米系で朝食をとって正解でした。
A「リバーカフェ」と「BOULEY」を2夜連発してしまいました。まずフォーマルだと聞いて、2店とも私は胸元にドレープのあるノースリーブワンピースにショール、小粒真珠ネックレス、ハイヒールという格好で行ってしまいました。・・・が!「BOULEY」の受付の女性はタートルネックのセーター着てるし!店内はすっごくステキだけど、私は少し気合入れすぎみたいでした。普通にセーター着てるお客さんもいたし、「リバーカフェ」でも、みんなおしゃれはしてたし、肩まる出しワンピース着てる人もいたけど、Vネックセーターにブラウスの人もいたし、友達が言うにはジーパンの人も入って行ったのを見たとか・・(バーではなくレストランへ)。もう訳がわからなーい。とにかく私は気合入れすぎで逆に高級レストランにビビリ過ぎた庶民の気分のような、でもたまにおしゃれするのは楽しかったような、複雑な気分でした。2店とも観光シーズンのせいか写真を撮っている人がいたので、私たちもとって貰いました。2店ともウェイターさんは「写真?オフコース!!」て感じでありがたかったです。(雰囲気を求めている地元の人には悪いけど)
ちなみにフォーマルな服ってノースリーブが多いけど、上にコート1枚じゃやっぱ寒かったです。(当たり前か)で、特にリバーカフェは受付からレストランへの通路がさっむーい!し、レストラン内も肌寒いです。とにかく冬は、お食事を楽しむためにも、無理せずに長袖で行ってください(笑)。
B爆睡しすぎて、「ジジーノ」に食べにいけなかったので、今度は行きたいな・・。
C映画の舞台のバー「コヨーテアグリー」は夜遅く行ってください!9時あたりに行ったら、コヨーテのお姉さんが1人しかいなかった・・。お客さんも少なめでした。お姉さんは1人で頑張ってましたが。もっと深夜や金曜に行けば楽しかったんだろうな・・・。映画と違い、写真もOKみたいだったし、男性がコヨーテのお姉さんに触るのもOKみたいで、お姉さんが自分のお腹にお酒を流して男性客がおへそあたりで飲む、なんてこともしててびっくりしました。その日女性客は少なく、盛り上がる人と思い切りひいてる人nわかれてました。入店時、パスポートを忘れないでくださいね。
Dカウントダウンは疲れました!6時から6時間待ちました。昼は暖かくても、油断せずに厚着してホッカイロ持参でいってください。夜になると足から続々します!
ECentury21は混んでるときは死ぬほど疲れますし、精気を吸い取られます!体調を整えて行ってください。洋服を買うときは、破れているものもかなり多いので必ず入念にチェックしてから購入してください!
ちなみにフィッティングルームにドアはありませんので、高校のロッカー状態です(笑)。びっくりしました。
今回もNYLYに大変お世話になり、本当にありがとうございました。これから行かれるみなさんが無事に楽しく旅行されて帰ってこられることを祈ってます!!