ニューヨークに行ってきました! Vol. 1,211 - 1,220

 「ニューヨークに行ってきました!」は、みなさんからお送りいただいた、悪戦苦闘、喜怒哀楽、七転八倒なニューヨークの日々を掲載しています。
▲ NYに行ってきます!・登録のページへ
▲ NYに行ってきました!・登録のページへ
▲ NYのホテル!・登録のページへ
 NO.1220 やや 関東   Posted 2005/02/12
 2005年1月下旬 7日間 4回目
 全日空のゲット早割28コンボで、約70,000円でした。
  私がNY入りする直前に、約30cmの積雪があったそうで、晴れた日の朝夕は、マイナス15℃近くまで冷え込み、日中でも氷点下、という日ばかりでした。耳が隠れる帽子、マフラー、手袋は必需品です。ただ、室内は暖かいです。あまりの寒さに、デジカメのバッテリーが、すぐ使えなくなってしまいました。使い捨てカイロでカメラを温めておくと、バッテリーが長持ちするそうです。
 今回は、滞在した宿(The One Hundred)でおいしい朝食をいただき、NYLYの「ニューヨークで逢いましょう!」で知り合った人たちと、昼はKatz's DelicatessenやGramercy Tavern、夜はPeter Lugarに行ってきました。印象的だったのはGramercy Tavernでのランチで、ちょっとしたハプニングがあって、急遽一人でランチを食べることになったのですが、お店のスタッフの方々が、一人で食事をする私を気遣い、いろいろと話しかけて下さったおかげで、とても楽しいひとときを過ごすことができました。料理の味もさることながら、スタッフの心温まる接客態度に感動しました。なかなか予約が取れない理由が、わかるような気がしました。
 @The One Hundred ARockefeller Centerでのスケート
今回の旅行は、「The One Hundred」に泊まることが目的の一つでした。NYLYにも泊まった方がたくさんいらっしゃいますが、とにかく居心地のいい宿で、オーナーのYOKOさんをはじめ、スタッフの方々の気遣いを、ありがたく感じることができました。とにかく治安がいいのと交通の便がいいのがお勧めです。Rockefeller Centerのスケートは、冬にNYを訪れたら、ぜひ滑ってみたいと思っていたもので、リンクに立っただけで感動しました。靴のレンタルもあるので、手ぶらで滑れます。今度は、このリンクからクリスマスツリーを見上げてみたいな、と思いました。
 今回の旅行は、初日にIridiumでのLes Paulのライブ、2日目にKatz's DelicatessenとNBA、3日目にGramercy TavernとMetropolitan Opera「Turandot」、4日目にRockefeller CenterのスケートとMoMAとミュージカル「Wicked」、5日目にPeter Lugarと「crobar」でのクラビングと、とにかく寝る間を惜しんで楽しんだ毎日でした。今回は「The One Hundred」の他に、1泊だけ「Mandarin Oriental」に泊まりましたが、部屋から見えたCentral Parkと朝焼けも、とても素敵でした。今回はとても寒い時期の旅行でしたが、雪のNYをあちこち歩きまわったり、NYLYの180万アクセス記念チャットにNYから参加できたのもいい思い出です。今回はNYLYを通じて、一緒に食事やクラブに付き合ってくれた素敵な方々と出会うことができ、また多くの方々からも貴重なアドバイスをいただくことができました。おかげさまで、とても楽しい旅行になりました。NYLYのみなさん、本当にありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 NO.1219 mameko 関東   Posted 2005/02/12
 2005年2月上旬 6日間 2回目
 NW10万円、ホテルはミルフォードで一泊130ドル、ともにインターネットで予約
 手袋と帽子はあったほうがいいかも。風があると耳が寒い。ロングのダウンコートを着ていましたが、その中は日本にいるのと同じぐらいでOKでした。
 デリとか。ベーグルのサーモンサンドは購入後早めに食べることを勧めます。(冷蔵庫が無い場合。まっ、当たり前だけど)
 @Staten Island行きのフェリーから女神像の写真をとる A大都会―雑踏を感じる
@冬でもフェリーの一番上の階から外に出れました。行きのほうが女神像に近いコースを通るので、少し大きく写ると思います。staten islandに着いたら、全員が一度降りないといけません。無料でした。マンハッタンのほうのターミナルはもう直ぐ新しくなるようです。
AMacy'sの「11/2階」にあるやビジターセンターで11%のディスカウントクーポンはお得。セール品でも対象になる。「100ドル以上買うと、バックをあげます」というキャンペーンはもうやってませんと言われました。(どのガイドブックにもアドが載っているのに)Century21もなかなか良い(広いけど)。SYMSはあえて行く必要はないかも、と思いました。Macy’sのほうが、Cent21よりも品揃えが豊富です。ちなみに、どちらのお店にもレスポサックはありました。セール品なら値段もそう変わりません。
B地下鉄のAC線はほぼ元通りに運行していました。車内でタバコを吸っている人もいましたけど。1回2ドルは高いですけどね。
 履きなれた靴をおすすめします。個人的には、しばらくNYには行かなくて良いかなという感じです。

 NO.1218 sugarcane 関東   Posted 2005/02/12
 2005年1月下旬 10日間 2回目
 ネットで検索、トラベルコで(http://www.tour.ne.jp/) 結構ギリギリだったのでそれほど安くはなかったかな。ユナイテッド航空、全部込みで\57340でした。宿泊はコンドミニアム。一泊$100、劇場街に近いのでミュージカルが目的だった僕にとっては嬉しいかぎり。
 出発する何日か前に、会社の人に「すごい雪、降ってるらしいよ」って言われて、よくニュースでこの時期に見られる、『厳寒のニューヨーク』を体験できる!って逆に興奮しました。着いたのは1月25日、うんうん確かに寒いわなって思いましたが、翌日あたりからずんずん気温は下がって行き
摂氏と華氏の換算のしかたがわからなかったのですが、27日か28日だったかに (5°F)の日があって顔が固まりそうでした。頭もそうですが、耳、外気にさらされているともう大変なことになります。そんな日が数日続きましたが、帰国するころの2月5日には慣れ親しんだ感じの冬の気温(東京ですが)にもどってゆきました。今までダウンジャケットを買うことはなかったのですが、この冬に買って着て行ったのは正解でした。ただ、中に黒のフリースを着ていると、静電気で羽毛がひっついて、採るのに一苦労でした。ガムテープ持って行くべきだったかな?
 基本的に、今回は自炊しようと。で、コンドミニアムにしたのです。食材と必要な調味料などを近くのマーケットで買って、初日はパスタ。そしてパスタ。結局バリエーションを変えつつ連日パスタだったのでした。でも、キッチンや電子レンジ、冷蔵庫があったので、食べ残したビザをあっためたり、買ってきたチーズケーキやビールを保存出来たりで充実した毎日でした。
  やっぱりミュージカル
ニューヨークでしか味わえない空気があります。今回は、昨年観られなかった作品を中心に、毎晩劇場に足を運びました。イーサンホーク出演の『HURLYBURLY』という芝居を観られたことが、今回で一番印象深かったです。映画で見る外国の俳優の演技を直に観る機会ってそんなにないので、興味のある方はどうぞ!もうひとつ、『WICKED』は、別の意味で忘れられない作品です。1幕の途中でトイレに行きたくなって、ずーっと我慢しっぱなしだったので感動も薄れ気味でした。エルファバが宙に浮かんでも、頭の中はトイレに行くことでいっぱい。来年行くことがあったら、もういちど観なくては!でもこの作品のポスター、かっこいいですよね。
 ソーホーにあるチーズケーキの店、有名なのでガイドブックにも載っています。くどくなかったのと、もちろんおいしいということでエイリーンのチーズケーキです。小さな店です。http://www.eileenscheesecake.com/

 NO.1217 ユキネコ1 関東   Posted 2005/02/05
 2005年1月下旬 7日間 4回目
 HISの格安航空券(3万5000円)で(当然ながら)NWでした。NY着が2時台とはやめなのはありがたかったですが、1時間弱遅れて到着。宿はネットから直接手配し、1泊28ドル(税込み)のChelsea International Hostelの女ドミトリーに泊まりました。朝食は基本自炊(といってもデリで買ったベーグルとホステルで飲める無料のコーヒーが基本)、ちゃんと食べたいときにはチャイナタウンで4ドルで腹一杯食べられるファストフード屋へ。あとは美術館やブルーノートなどで食べました。今回は安く行くことを心がけたので全額で10万以内に収めました。
 行く直前に大雪だったのでちょっと心配していましたが、着いた数日間は、ときどき雪が舞うものの、大して寒さは感じませんでしたが、後半2日間くらいは風が強くてかなり「痛い」寒さでした。長いフード付きダウン、下はスウェット上下、厚めの靴下にブーツ、手袋とかなり重装備でしたが、コートは締められるフードさえ付いていれば短くても大丈夫だったと思います(そのほうが脱いだときに持ちやすいですし)。手袋もよほど寒いとき以外なしで過ごし、宿の中では半袖Tシャツ・短パンという格好でしたが、私は寒さに強いほうなので、ちょっとみんなとは違うかもしれません(実際、同じ宿で「寒い」といってカゼで体調を崩している日本人男性を見かけました)。室内と屋外の温度差と、感想に対する対策が必要だと改めて感じました。
 私はデリが大好きでいつも活用しています。今回、宿に一番近いところにあったデリは高級で少々値段が高かったのですが、後半になってから、少し歩いたところにある安いスーパー(あたたかいパンが3個で1ドル!)を見つけ、ちょっと後悔しました(高いほうで食材を仕入れていたので)。チャイナタウンも安くておいしいものが食べられます。店の名前が覚えられないのですが、地下鉄の駅にほど近いところにあるファストフードは4品おかずが選べて、ご飯スープ付きで4ドル(夜5時以降持ち帰りにすると3ドル)で、いつもひいきにしています。50品くらいある中から好きなものが選べます。美術館系の食べるところは高くてそれほどでもというところが多いのですが、コニーアイランドにあるニューヨーク水族館のカフェテリアは安くてアットホームな感じでした。宿の近くにあったチェルシーマーケットは私には高級食材店という感じでなじめませんでしたが、ものはよさそうでした。
 @アポロシアター Aブルーノート
アポロシアターのアマチュアナイトに行きました。安くあげようと当日券(オーケストラ席29ドル)をゲットするために10時前に劇場の前で待っていたら、なぜか劇場のツアーにただで参加させてくれ、舞台にも上がらせてもらえて非常に得した気分。本番のアマチュアナイトも1回戦にもかかわらず、やはりうまい人はかなりうまいし、ちょっとでも下手だブーイングで終わりまで歌わせてもらえず、ビックリ。日本人も大勢見に来ているし、観客参加型の楽しいイベントでした。ブルーノートには予約して良い席を取ろうと早めに行ったら、予約席がとってあってちょっと拍子抜け。舞台のごく近くから素晴らしい演奏を堪能できました(サンドイッチとコーヒーを頼んでミュージックチャージとチップを合わせて約50ドル)。日本の半分以下の値段で1流の音楽が楽しめます。クイーンズの映像博物館も、映画好きの人には応えられない展示があって、自分で機器を操作で着る楽しいところです(金曜4時以降だと無料で入場できます)。映画好きにはちょとお勧めです。
  今回は、メジャーな観光スポットではなく、マンハッタンの外にも足を伸ばそうと考え、ブルックリンのブルックリン美術館、コニーアイランドのニューヨーク水族館、クイーンズの映像博物館、ルーズベルト島へのケーブルカー往復と、出かけてみました。一歩マンハッタンの外に出ると、本当に日本人と会うことがなく、街の雰囲気もずっとゆったりしていて、生活者がいるという感じでした。もう少し時間があったら、マンハッタン外のダウンダウンも散策してみたかったです。ただ全体的に物価が上がって貧富の差が拡大しているようで、中産階級の人たちの生活が苦しくなって元気がないように見受けられました。アッパーウェストサイドの美術館あたりなどにいると、その金持ちぶりにものすごく違和感を感じました。また今回初めてホステルのドミトリーに泊まりましたが、若い人が多いので従業員とまちがわれることが多かったのがちょっと面白かったです(ヨーロッパから到着したどら息子にチェックインの場所を教えてあげたら荷物番を命じられて長いことみていてあげたのに、そのあとお礼も言わずにさっさと部屋に行かれたたとときにはさすがにむっとしましたが)私の好きなニューヨークはまだ残っていますがたぶん消えていくような気がしますが、それを見られて良かったとは思います。

 NO.1216 oshi 関東   Posted 2005/01/31
 2005年1月中旬 7日間 6回目
 H○Sの格安チケットをGET。コンチネンタルで価格は4万弱。
 前半はかなり暖かく、手袋、帽子不要でしたが、後半は雪が降りマイナス10度くらいの日もありました。
 今回は後半5泊をアパート滞在にしたので朝と夜は自炊しました。
外食は青結寿司、サラベスキッチン、吉野家、ブルーノート(サンデーブランチ)、美術館のレストランです。
 @ブルックリン美術館 Aミュージカル
6回目のNYで初めてブルックリンに滞在してブルックリン巡りをしました。
ブルックリン美術館はMETに劣らないくらい雰囲気も良く、展示品も素晴らしかったです。
ミュージカルは「Wicked」、「PACFIC OVERTURES」、「LITTLE WOMEN」、「The  PHANTOM OF the OPERA」とオフブロードウエイの「COOKIN'」を観ました。
 今回は映画版ファントムと舞台版ファントムを見比べて、舞台版の素晴らしさを再認識しました。
また後半はイーストハーレムのアパートに滞在して初めてNYで自炊しました。自炊の為にアッパーイーストの「Eli's Vinegar Factory」、「Citarella」でニューヨーカーに混じって食材の買出しをしたのは良い思い出です。
美術館、ミュージカル、NBA、ジャズと冬のNYを満喫しました。心残りは折角のアパート滞在なのに部屋でゆっくり過ごすことが出来なかったので、次回はゆったりと生活をしてみたいです。
NYLYからは何時も最新情報を入手させていただき感謝してます。これからもよろしくお願い致します。

 NO.1215 旅山人 関東   Posted 2005/01/29
 2005年1月上旬 14日間 11回以上
 NWのWV7からCO便をゲット。年末で20万ちょっと。帰路ミネアポリス経由のホノルルSOの周遊。EWRからはエクスプレスバス利用。LGAへもバス。
 この何年かで一番の暖冬。手袋はつかわず。毛糸の帽子で耳を隠せれば問題ないくらいの陽気。でもいつ雪が降るかわからないので、十分注意して。
 アパート滞在だったので、ほとんど自炊。8番街のオーガニックのスーパーマーケットや日本人向けの食材やさんで購入。イーストビレッジの日本の居酒屋、ユニオン界隈のオーガニック料理、チャイナタウンのディムサムなど、どこもいい雰囲気でした。地元の知人に連れて行ってもらった店がどこもおもしろかったです。ガイドブックにのってなくても、安くて美味しい店はたくさんありますね。
 TIME OUTや日本語のフリーペーパーで情報を入手して、興味のあるイベントを覗く。無理しないで、眠りたいときに眠る。芝居はできるだけ、時差ぼけがとれてから観る。早起きしたら、散歩して、疲れたらカフェや本屋で休む。できるだけ、バスに乗って、外の景色を見る。地下鉄も、大道芸も、ゆったりと楽しむ。つたない会話でニューヨーカーとの出会いを楽しむ・・・。スーパーマーケットで買い物をして、自分流に調理して、ミュージカルナンバーを聴きながら、NY1をみて、食事するetc。ホテルと違うアパート暮らしもまた良し。
 新生MOMA、ミュージカル「ボンベイドリーム」「太平洋序曲」「ブルックリン」、クラブ「webster hall」、ジャズ、書店巡り、友人たちとの再会や新年会、新たな出会い。基本的にはNYはカップルでも一人でも楽しめるところ。異空間の孤独の中で、自分の夢や生き方をあれこれと考えられる街。日本人であること、世界の民族、地球で起きてる様々なことが、テレビやメディアでビビッドにわかり、世界の中心にいるのが心の底から感じられる場所。世界一、面白い街ですね。はじめての感動がいつまでも続く、そんなNYとのつきあいをことしもできればと思ってます。オフ会でいただいた「ビッグアップル」の貯金箱で軍資金を貯めてまた行こう。JOJOさん、多謝。

 NO.1214 ちゃい 関東   Posted 2005/01/29
 2004年12月上旬 7日間 2回目
 コンチネンタルホリディのツアー コンチ&クラウンプラザマンハッタン
 到着してからの3日間はわりと暖かかったのでちょっと拍子抜けしました。でも、3日目の夜に初雪が降って4日目は-12℃ぐらいになり、長い時間歩いてると顔が真っ赤になりました。耳あてが重宝しました。やっぱりNYの気候はわかりません!?
 朝食はベーグルや屋台のホットドッグ。歩いていて偶然に見つけた雰囲気のよさそうなお店でベーグルを食べたのですがなかなかおいしかったです。(au bon painでした。)昼食はデリや吉野家でテイクアウト。夕食は現地の友人とレストラン。歩きながらよさそうなお店に入ったので名前は覚えてません。最後の日はミッドタウンのジョーズシャンハイに小龍包を食べに行きました。小龍包はおいしかったです。他の料理はイマイチでした。
 @MoMA Aミュージカル
MOMAは20分ぐらい並んでチケットを買いました。改装オープンして間もなかったのでやっぱり混んでました。一応、足早に一通り見ましたが2時間はかかりました。ゆっくりじっくり見たかったですね。。。ミュージカルは「美女と野獣」「レント」「マンマミーア」!生まれて初めてのミュージカルに感動しました。ミュージカル目的にNYに行かれる方の気持ちがわかりました。
 NYはいろんな楽しみ方があって、一度行ってしまうと次はいつにしよう。何をしようってキリがありません。今回は2回目でしたが、初めてのときは自由の女神などの定番有名スポットの観光。今回はミュージカルに美術館。次回は。。。自転車ツアー参加とアッパーウエストの散策がしたい!ヤンキースの試合も観たいなぁ。。。早くNYに行きたい!!

 NO.1213 ひみこ 近畿   Posted 2005/01/22
 2005年1月中旬 7日間 初めて
 インターネットを利用して旅行会社から格安チケットを手に入れました。コンチネンタル航空で、往復3万5千円でした。宿舎は、タイムズスクエアからほど近いドミトリーに予約を入れました。女性専用部屋で1泊38ドル、5泊して、今のレートに換算すると約2万円程度。
 今年は珍しい暖冬で、また、気温の差が想像以上に激しいと聞いており、用意する服に気を使いました。実際、NYに到着した日は最高気温が19度、最低気温は11度と異様な暖かさ。しかし翌日からはグンと冷え込み、帰国する日は日中でもマイナス10度を下回るほどの寒さでした。服装は現地に住む友人のアドバイス通り、厚手の物を着込むより、薄手の物を何枚も重ね着するようにしました。外はかなり寒くても、屋内に入ると暑いくらいに暖房の効いている所が多く、こまめに体温調節の出来る格好が望ましいようです。ちなみに私の場合、ヒートテック系の下着の上に薄手のタートルネックか、綿シャツ、その上にセーターを重ねて、外出する時はダウンのコートを着込んでました。極寒時は靴用のカイロを入れてましたが、かなり役に立ちました。
 現地は、外食するとちょっと値段ははりますが、食材そのものはかなり安く手に入るので、朝食などは自炊してました。夕食もデリを利用した時がありましたが、日本と違ってテイクアウト出来る食品の種類も多く、また廉価でしたのでデリだけでも大変楽しめました。外食すると一人前の量が多めで、日本で食事をするのと同じ感覚でいると、大変な目に遭いました。イタリアンでとても美味しかったお店、45番街にある"Trattoria Trecolori"前菜のサラダと、スープ代わりのパスタだけでリタイア、主菜を注文しないでいて良かったと思えるほどでした。大抵のお店では食べ残しのテイクアウトが出来るそうで、半分以上食べ残してしまったパスタは、翌日の朝ご飯に回した事は言うまでもありません。
 McSORLEY`S OLD ALE HOUSE
1854年創業という老舗のビアホール。
カウンターの中にはお二人のバーテンがいらっしゃり、一人で30個ものビアマグを運ぶというパフォーマンスが楽しめます。
当時店にいたお客はほとんどが白人系の人で、我々4人の日本人女性が顔を出すと珍しく思われたのか、愛嬌を振りまいてくださり楽しかったです。

泊まっていた宿舎は、大失敗だったかも。宿舎のロケーションは良く、テラスから見える摩天楼の景色も最高で、一泊か2泊の短期滞在なら使いやすい所でしょうが、自炊する事をオーナーさんに伝えると、あからさまに嫌な顔をされ、こちらも不快な気分になりました。
HPの写真で見たキッチンは、設備も揃っているようで使いやすく思えたのですが、ガスレンジのすぐ上に木製の棚があったり、換気扇も余り効かなかったりして、はっきり言って使える代物ではありませんでした。むしろ、火力を強くするような料理などはできず、危険です。
女性陣は3階の女性専用ドミトリー利用でしたが、一緒にその宿舎に泊まった男性は5階の個室を利用しました。
男女兼用ドミトリーなどはドアが無く、ノレンのような物が入り口に掛かってるだけで、見る気がなくても外から部屋の中が丸見えの状態。着替える時は困るだろうと言う印象を持ちました。しかも、リビングから個室まで上っていく階段がとても危険で、我々と一緒に旅行した男性もスーツケースを上まで運ぶのに一苦労してました。年輩の方や、小さなお子さんのいらっしゃるご家族は利用されない方が良いと思いますね。
 ニューヨークに滞在して、一番強く印象に残ったのは、地下鉄内でのストリート・パフォーマーでした。あちらでストリートパフォーマンスをするには、その縄張りのような場所があてがわれるのだそうですが、物凄い競争率の中をオーディションにパスした人だけがストリートパフォーマーとして認可されるのだそうで、クラシック有り、ゴスペルありロックあり、全てのパフォーマンスの技量が高く大変楽しめました。
特に地下鉄では、駅構内だけでなく、車内でもパフォーマンスを楽しめる時がありますので、機会があれば是非地下鉄に乗られる事をお奨めします。

 NO.1212 アルくん 関東   Posted 2005/01/22
 2004年10月上旬 15日以上 初めて
 旅行代理店のHPで安いのを探してユナイテッド航空ので往復8万くらいでした!泊まる所もN.Y Loves Youのサイトをおおいに活用しました。1泊44jと30jの日本人経営のドミトリーにしました。キレイでしたよ!!
 10月の上旬にいって、最初の方は薄着でも大丈夫だったんですが途中からいっきに寒くなり、暖かい上着を一つくらいもっていけばよかったとおもいました。パンツも靴下もOLD NAVYなどで安く手にはいります。
 ドミトリーに宿泊したので、そこで友達になった人達と割り勘して安いスーパーで食材を調達して食費をうかしてました!朝はベーグルにチーズとハムとか、コーンフレークとか。昼は一人が多かったのでデリとかでかって、公園で食べたりしました。
夜は本にのってる日本にはなさそうな店員さんがずっと歌ってるアメリカンフードの店とか、疲れた時は宿泊場所のキッチンでつくってたべたりしてました!ロウア‐マンハッタンのほうにあるシーポート??っていうお店がたくさんある所の3階にいろんな食べ物の店が入ってる所があって、食べる所もキレイだし、ブルックリンブリッジの夜景がすぐ近くで見られるし、トイレもキレイでした!!一人でも全然okなかんじです☆安い!日本食のお店も何軒かいきましたが、「あぁ」ってかんじの味でした。笑au bon painっていうパン屋さんは夕方くらいになると安くなるので夕方行くのがお勧めです!おいしかったですよ☆デザートはセレンディピティのフローズンホットチョコレートが美味でした。もちろん甘いんですが、二人だったら楽勝?!かな。
 @自転車ツアー A国連見学
ソーホーやチェルシー、グリニッチビレッジがほんわかしてるし、町並みが素敵でした。散歩するだけでも十分価値がありますよ!日本人もそこのエリアではちょうどいない時期とかだったのかもしれませんが全く見かけなかったので、「私は今外国にいるんだぁ」っていう気分になれました!
自転車ツアーはゴスペルのツアーに参加したんですけど、私的にはすんごく楽しかったです!今のハーレムの感じとか現地に今住んでる日本人の人が案内してくれるのでわかりやすいし楽しいし。元からゴスペルには小さい頃から興味があったので感動したし、ハーレム以外にも結構いろんな所を回ってくれるのでお得だとおもいます!あの大都会をタクシーやバス、車をよけながらの自転車はすごいスリルでお勧めです。運動にもなります。
国連見学は日本語ツアーも1日1回だけあるみたいで、一応電話して確認してから行きました。よくテレビで見かける会議場や今までの国連の歴史、これからの活動などを丁寧に説明してくれます。国連のなかだけでしか買えないお土産もありました。1日くらいお勉強の時間があるのも楽しいですよ!買い物では、コスメティック・マーケットがおすすめです!!激安で有名なブランドの化粧品が買えます!ANNASUIも半額くらいでした。買い捲りました!
 私はN.Yに行くまで舞台には全く興味がなく、旅行の予定の中にもありませんでした。でも、ちょうど同じ所に宿泊してた人からオフ・ブロードウェイに誘われ、暇だったので暇つぶし程度な感覚で観にいきました。そのとき観たのが「Blue Man Groups “TUBES”」でした。行くことになったときに色々と話は聞いていたんですが、まさかレインコートを着て舞台を観ることになるとは思ってもいませんでした。劇場内も遊び心いっぱいで、あまりにもワクワクしすぎて周りのいろんな国の人と英語が話せないのに何か話したくて、簡単な単語を並べてコミュニケ−ションをとってさわいだりしました!舞台が始まりもう釘づけ…。終わってからは皆が仲間。なぜか周りの人達と握手をして帰りました。これがキッカケで日本に帰るまでに Rent マンマミ−ア I am own my wife(?)をみて帰ってきました。今では日本でも色々な舞台を観にいってます。
失敗を一つあげるとすれば、帰りの飛行機に乗り遅れたことです!タダで次の日の同じ時間の飛行機にのせてくれました!感謝!
書ききれないはほどすごい濃い3週間がすごせたのも、初めての一人旅が充実したのも本当にこのサイトに皆さんがたくさん情報をのせてくれてるからです!!感謝します!!これからも皆にたくさんの感動をあたえ続けてください☆ one love

 NO.1211 きたやま 近畿   Posted 2005/01/22
 2004年12月下旬 7日間 4回目
  ANAのホームページから。143,000円9月の発売と同時に予約しました。なぜかその半月後くらいに128,000円で売り出されていてちょっとがっかり。ホテルはエセックスハウス。JTBで予約しました。1泊30,000円くらい。パークビューの指定はできませんでした。
 到着した日はマイナス9度。JFK空港からエアトレインで地下鉄で乗り換えるハワードビーチ駅の前の池も完全に氷結していました。年末年始は暖かい日が続き、コートを着ていない人もいました。
 惣菜とビールをデリで買ってきて、ホテルで食べるパターンが多かったです。7番街と58丁目の西北角のデリの店員さんと仲良くなり、楽しめました。あと、私は乳製品とパンが苦手なので、チャイナタウンとコリアタウンへよく行きました。42丁目の吉野家については、ホームページに掲載していますのでよろしければご覧ください。http://kitayama55.hp.infoseek.co.jp/
 SYMS NYLYで紹介されていたシムズヘ行ってきました。センチュリー21と比べるとお客さんは少ないですが、その分ゆっくり買い物が楽しめます。クリスマス直後に行ったら、もう投売り状態。私は牛革のコートとカルダンの腕時計を買いました。地下ではブランド物のネクタイを3ドルで売っていました。
 年末年始にニューヨークに行くことだけを楽しみに毎日仕事をしている状態が、ここ数年続いています。次はニューヨーク地下鉄の全線乗車を目指したいと思っています。