ニューヨークに行ってきました! NO.61-70



このコーナーでは読者のみなさんのニューヨーク滞在中の奮闘ぶりを御報告頂いています。こんなにもニューヨークはいろいろな楽しみかたあるんですね。これからニューヨークにいかれる方はぜひ参考に!
 ▲ NYに行ってきます! ・登録のページへ
▲ NYに行ってきました!・登録のページへ
▲ NYのホテル!     ・登録のページへ

 NO.70 じゅんじゅん  関東 Registered  03 January, 2001
Visited 2000年12月下旬 8日間 初めて
Carrier ノースウエスト航空
なんとも言えず、じみ〜な感じ。今まで飛行機は国内線のJALしか乗ったことがないので、あまり偉そうなことはいえないのですが、アメリカ人ってあんまり仕事しないんだなあ。ビジネスクラスにすると多少違うのかもしれませんが。
Hotel Hilton New York Main&Towers(メイン棟)
JTBのツアーで取ったのですが、9階なのでそれほど眺望は良くないものの、角部屋でとてもラッキーでした。派手さはないけど快適で、日本人客も多い事もあって、なんか普通の日本のホテルみたい。でも、従業員の質はばらばらで、感じの悪い奴もたまにいる(特にポーター)。
Recommend @Strand Book Store(Broadway,12St.) AHallo Berlin(5th Ave./54St.)
Strand・・・イースト・ヴィレッジの古本屋さん。とても広く、コンピュータで在庫検索もしてくれます。1日いても飽きない?かも。1F,B1の フロアしか見なかったのですが、実は3Fに稀覯本コーナーがあるらしい。
Hallo Berlin・・・屋台のホットドッグ屋さん。屋台はかなりはしごしましたが、ここが一番美味しかったです。いかにもドイツ系なおじさんが ジャーマンドッグを作ってくれる。おすすめはVOLKSWAGEN。スープも美味しいです。実はこのおやじ3店舗のレストランのオーナーらしい。
Momotaro・・・日系の美容院&理容院。指圧もあり。とても綺麗なお店でした。日本語が通じるので、ほっとします。(5th Ave./51St. 645 Olimpic Tower)
Impressions  今回は私にとって初めてのニューヨークであり、海外旅行であり、そして新婚旅行でした♪ 新世紀をタイムズスクウェアでカウント・ダウン、と思って、12月26日から1月1日まで滞在しました。実際には、交通規制があって31日夜はタイムズ・スクウェアには入れなかった けど、セントラル・パークの7th Ave.に面したところから、花火とタイムズ・スクウェアを見ることができました。前日に大雪が降って、死ぬかと思うくらい寒かったけど、気合入れて 行ってよかったです。
 旦那のお友達にニューヨークで美容師さんをしている方を紹介して戴き、おかげで現地の 日本人&日系人の方とたくさんお知り合いになれて、一味違った旅行が出来ました。 いま、ニューヨークには在住の日本人がかなり増えているとか。ニューヨークで日本人を 見かけるとニューヨーク感が削がれるので嫌、という人もいるみたいですが、異国の地で 日系が頑張っているのはとても心強いことでは。
 韓国系も多く、東京の大久保近辺みたいな街の一角もありました。韓国系の人は良く働くので、いまのニューヨークの好景気は韓国勢が底上げしている部分もあるようです。日系勢はチャイナ・タウンやコリアン・タウンのような街は形成していないので、一見わかりにくい のですが、バブルの頃とは違った形で浸透しつつあるように思いました。
 今回の旅では、ダウンタウンからアップタウンまで、街を歩き回る事が楽しくて、楽しみに していた美術館めぐりも(美術館は逃げない!)惜しむくらいでした。本当に、美術館は逃げないけれども、景気絶好調のニューヨークは次があるかどうかわかりませんから・・・。 6泊滞在しましたが、全然足りないです。1か月くらいは居たいです。 ニューヨークは不動産の値上がりが凄いと聞いていましたが、やはりあるあるFOR SALE& FOR RENTの看板が・・・。なんだバブルの頃の東京とおんなじやんけ〜とも思ってしまいました。そんな事を思うと、ますます「この街はこれからどうなるのかなぁ」と興味がでてきました。
 31日は日曜日だったので、オプショナル・ツアーでハーレムの教会にゴスペル礼拝に行きました。観光客も受け入れてくれる教会といっても、観光色は無く、まじで凄い「気」を感じました。特に、祭壇の牧師さんの奥に座っていた女性が、とてもスピリチュアルな方で、思わず居住いを 正してしまわずにいられませんでした。そこはまさしく信仰の場でした。いままでカトリックのミサには参加した事があるのですが、それ とは全く違う、なにかが溢れた空間でした。カトリックの礼拝では、私は信者ではないので、どうしても信者とそうでない者の壁を感じてしまったのですが、ゴスペルの礼拝にはそういう雰囲気は あまり感じませんでした。
 故郷から切り離され、奴隷としてアメリカに連れて来られた歴史を持つアメリカの黒人の方と、プロテスタント・カトリックを問わず、「私は神を信じる」と国家として宣言しているにも関わらず、その神は決して許さなかったであろう奴隷制を作った白人の方と、どちらも同じキリスト教の神を信仰しているのだとしても、それは本当に同じ信仰だろうか?同じ神だろうか?信仰や宗教に優劣をつけることはいけないことかもしれないが、でも、どちらの信仰がより深く、 どちらの神が真実だろうか?そういう思いにさせられました。 考えてみれば、本当の意味で(借り物ではなくその地で生れたという意味で)アメリカの文化と いえるものを作ったのは、黒人の文化しかないのでは。カーネギー・ホールやリンカーン・センター を見ると、なおさらそういう気がします。
  そして、実は今回のニューヨークで一番感銘を受けたのは、聖ヨハネ大聖堂でした。完成すれば世界一のゴシック教会となるという、この大聖堂が、今も未完成で居る本当の理由を今回始めて知りました。聖ヨハネ大聖堂は、すべての宗派(それは「すべての民族」あるいは 「すべての立場の人」と言い換えられると思います)の人に開かれた教会であり、そのことを実践 し、エイズ患者の治療受け入れや貧困層の子供の教育、ホームレスへの援助などで行動してきたそうです。そして、一番になることよりも、目の前の問題を解決する事を選び、2年前すべての工事を中止したとか。そのような意志に、未完成の大聖堂はふさわしいと思います。 「永遠の未完成は、完成である」という言葉が、実現されている場所がここにあるのだと思いました。
 私たちの人生の節目として、ニューヨークを選んで良かったと思います。

 NO.69 たー 関東 Registered  02 January, 2001
Visited 2000年12月中旬 7日間 初めて
Carrier ノースウエスト航空
12日出発でした。ノースウエストということで期待していなかったのですが、日本語のアナウンスがあり安心でした。接客もよくまあまあでした。ですが、一度トイレに入っていたとき、いきなりフライト・アテンダントのおばさん(アメリカ人)にドアを開けられ「SMOKE NO! 」といわれたのには怒りました。私はタバコは吸わないのでかなり不快にさせられました。英語での反論ができず、フラストレーションが2倍に(笑)。行きは、隣が空いていたのでよかったです。帰り(18日発)は満席でしたが隣が日本人で助かりました。映画はウッディー・アレンのがおもしろかったですね。
Hotel Studio Gumbo
インターネットで日本語で予約できるのでそうしました。空港送迎が無料(3泊以上)なので助かりました。場所はNJのハドソンリバー沿いです。マンハッタン(タイムズ・スクエア)から20分ぐらいのところです。一軒家をシェアするので俺はここに住んでるのではと思うくらいのところです。オーナーは日本人で安心です。いろんな旅の相談もできます。パソコンも日本語で使えるので不自由はありませんでした。価格もリーズナブルで人には教えたくない宿ですね。一番の弱点は遠さだと思うんですが、バスで向かう間、マンハッタンがよく見えて観光できます。それに、通勤の人と一緒になるので、俺はここに住んでいるのではと錯覚します。眺めはほんとに最高です。朝はマンハッタンからの日の出がみえるし、夜は星とともにマンハッタンが見えるし、とにかくいつでもマンハッタンが見えます。部屋も広いので1人ではもてあまします。朝食はセルフですが、自分でキッチンに立つと俺はここに住んでいるのでは(もういい)。
Recommend @グランドセントラル駅
一番印象に残っているのがグランドセントラル駅。なんともあの雰囲気が素敵でした。機能的には、地下鉄の発着駅なんでしょうけど、あーゆー駅が日本には無いのでほんとによかったです。映画にも使われてるようですが一本も思いつかなかった・・。ついでにマイケルジョーダンステーキハウスにも。予約はしておいたほうがいいみたいですね。予約なしで行ったら、30分ぐらい待たされました。英語使える人と行ったから安心でした。味は、「そんなもんか」ってかんじです。でも、2階のテラスで食べるのは結構雰囲気よかったです。
Impressions  ニューヨークはどうだった?と聞かれると、何も言わずに親指をぐっと立てて、グッドのサイン?をして「これだね」と答えました。まじで、こんなにもニューヨークが好きになるとは思いませんでした。1度いっとくか見たいな感じで、友だちを頼りに行ってみましたが、「I LOVE(ハート) NEW YORK」の気持ちがよくわかりました(Tシャツは買わなかったけど)。
 かなりビビリな性格なので、犯罪都市ニューヨークはおっかなびっくりでしたけど、治安がよくなったと言われているので、一応大丈夫でした。1人で夜に地下鉄を乗るのがちょっぴり怖かったですけど、女の子が1人でいるのを見るとまだ大丈夫な時間だなと判断していました。やっぱり、そのへんの感覚は本での情報だけではわからないですね。あと、町で日本人を見かけると決まって目をそらされました。うーん、せっかく日本人にあったんだから、そんなに目をそらさなくてもいいじゃーん。それとも他の理由でもあったのか?日本人に会うとニューヨーク気分から離れちゃうからでしょうか。普通にすれ違いましょうよ。普通に。
 英語は、結構自信があったのですが、全く通じなくて自信が崩れました。これで真面目に勉強しようと堅く決心しました。ファーストフードの店で、注文しても「HA−?」とかあからさまにいやな顔をされ、いたく傷つきました。そんななか、リトルイタリーのレストランの店員さんは一生懸命にこちらの話を聴いてくれて感謝しました。観光客に慣れてるんでしょうね。
 1人旅は初めてだったので、おこずかい帳をつけていなかったのを後悔してます。いまだにいくら使ったのかわからず、レシートの計算もしていないので、カードの請求がいまから怖いです。
 ニューヨークには必ず帰ってくると約束をしてきました。行ってない人は行くべし!行くべし!!行くべし!!!

 NO.68 KADO 東海 Registered  02 January, 2001
Visited 2000年12月下旬 7日間 初めて
Carrier ノースウエスト航空(DTW経由)
 機内食は、まあもんなもんだろうといった程度。期待はしていませんでしたので。行きの飛行機は、隣があいていて快適でした。帰りはおもいっきり中央の席。たまたま隣に座ったフィリピン人が前後席だったので代わりましょうかといったら、とても喜んで代わってくれ、私も通路側で ラッキーでした。
 映画は・・行きも帰りも同じようなものを上映していたと思う(はっきり見てないのでうろ覚えです)。あとワールド・パークスのシルバーORゴールドORプラチナ・カードを持っている人は優先搭乗可能です。チェック・インも。米国内国内線も日本では格安航空券だとアップ・グレードできないといわれましたが、当日国内線乗る手前のカウンターでカードと搭乗券みせたらOKでした。すいていたので可能だったのかな?
 接客はまあフレンドリーな感じ。特に印象に残っているのは、帰りのLGAからDTWまでのクルーがクリスマスの日ということもありサンタのバッチをつけていたり、トナカイの角の形をしたカチューシャをしていたり遊び心いっぱいでした(思わず一緒に写真をとりました)。
Hotel Hilton New York&Towers
クリスマス・シーズンということもありきれいな飾りつけと明るい印象でした。どこへでかけるのもいい場所です。従業員もゆっくりながらも一応頼んだことはやってくれました。ただ部屋にやたら何回も掃除の人が入ってきていたようでした。日本のヒルトンの予約センターで予約したので安心していくことができました。エグゼクティブ・ツインを頼んだのですがスタンダードでもよかったかもしれません。そのお値段差は確か30〜50ドルだったと思う。この差は階数の高さと、コンチネンタル朝食と夕方のスナックが無料で食べられる特典つきです。朝は毎日食べたけど、夕方は観光にでるとなかなか難しく2回しか食べられなかったです。
Recommend @ニューヨーク証券取引所(NYSE) Aセントパトリック教会の深夜ミサ
 NYSEは最初全く眼中になかったのですが、自由の女神をみた帰りに友人がお勧めだよといってくれた一言で急きょ見学にいきました。季節柄か待ち時間なく見学することができました(友人にいわせると以前来た時はかなりまたされたらしい)。日本でTVなどでたま〜に映ったりしている、あの取引している様子が見られて面白い。まるでTVのスタジオのよう。NYSEのロゴいりのお土産グッズも売っています。WCもあります。
 セントパトリック教会の深夜ミサは、クリスマス・イブからクリスマスに かけて行われていたもので(これからいくひとごめんなさい。参考になりませんね)、また思いつきでせっかくだからインスタント・クリスチャンになってお祈りをしようとでかけたところ、ものすごい人人人。結局中に入れたのが12時すぎでしたが、いろんなお祈りの言葉やクリスマスの歌や賛美歌を聞くことができ、ああほんとうにNYのクリスマスに来たんだなあと実感。歌をうたっていたひともオペラ歌手のひとでした。タダでは申し訳ないので気持ちばかり寄付をしました。終わったのは深夜1時30分くらいだったと思います。もし来年この時期に行く方には おすすめです。
Impressions 初めてのNYでしたが、私が思っていたよりも安全で、なおかつクリスマスのイルミネーションがすばらしかったです。どこへいっても並ぶことなく見学できました。エンパイヤもすぐのぼれたし。ブルーマンも見ました。現地の窓口でチケットを購入。55ドルでした。おまけに前から7〜8番目の中央でラッキーでした。ブルーマンが客席のいすの上を歩くとき、私たちのすぐ後ろをあるいていて、これまたびっくりでした。あと友人のお勧めでリバー・カフェもいきました。当日の予約でなんとOKでした(友人いわくだめもとで電話しよう)。
 なんだかこれを絶対みるぞ〜って気張っていかなかったのがよかったのか、食事も見るものもすべて満足です。ただ1つTKTSで買ったチケットですが何を勘違いしたのか、時間を確かめず2人とも夜の部だと思い込んでいたらそれは昼の部のもので見損ねました。これだけが悔やまれます。でもまたNYへいく口実ができたと2人で納得しました。皆さんはこんなドジしないでくださいね。教訓必ず物は確かめよう!
 今度はいついけるのかな?そうそう今の季節とっても寒かったです。手袋、マフラー、耳当ては必需品です。まだまだ書き足りませんがこれで私もNYにはまっていきそうな予感です・・・。

 NO.67 べーぐる 関東 Registered  28 December, 2000
Visited 2000年11月下旬 6日間 初めて
Carrier 日本航空
 最近海外旅行へ行って飛行機の席が狭くてつらいと感じることは少なかったのですが、今回は飛行時間が長かったせいか、体のふしぶし(特に膝)が痛くなりつらかったです(エコノミー症候群にならないようこまめに体を動かすようにしましたが)。機内食は可もなく不可もなくといったところ。海外の航空会社は軽食を自由に取りにいけるのに比べて、日本航空は親切なのか?いちいち配ってくれます。どちらがよいのか、個人の好みですが、私は自由に好きなものを好きなだけとりにいける方が好きです。
 映画は、たくさんの種類のものをやっていましたが、それほど興味をもったものはありませんでした(それより眠気の方が・・・)。ただし、ノッティングヒルの恋人は面白かったです。。
Hotel Sheraton Manhattan Hotel
感謝祭の日に到着し4泊しました。当日はツインルームが全くないとのことで、いろいろもめました(詳しくはニューヨークのホテルを見てください)が、とても便利な場所(地下鉄も近く、飲食店もたくさんいり、ブロードウェイにも近い)にあり、ニューヨーク初心者にとってはグー。ホテル自体はそんなに新しくないみたいですが、大改装済とのことで、きれいで使いやすかったです。ツアーだと、シェラトン・ニューヨークの方が多いみたいですが、シェラトン・マンハッタン、ここはお薦めです。
Recommend @ベーグル
とてもおいしくはまってしまいました。日本に帰ってからいろいろ食べ比べをしているのですが、なかなかあのムチムチ感のものは見当たりません。有名店へは行けなかったのですが、ホテルの朝食のものでも充分おしいかったです。
Impressions  6日間ではとてもまわりきれなーい。というのが率直な感想です。
 本当に行きたいところはたくさんあったのですが、初めてとのことで、初日は地下鉄にのって午前中は自由の女神へ、お昼はチャイナ・タウンで飲茶(ゴールデン・ユニコーンという有名店へ行きましたが、一時期はまっていた香港に比べてしまうとおいしくなかった。サービスもいまいち。もっとこじんまりとした店の方がよかったかも?)それから、ソーホーでウィンドウ・ショッピング(チャイナタウンでお店を探すのに疲れてしまいそんなに時間はなかった)。ソーホーの「アイリーンズ・チーズ・ケーキ」でチーズ・ケーキをテイクアウト。(日本にはない味でとてもおしいかった)。夜は某旅行会社の夜景ツアーに参加(食事なし)。エンパイア・ステートビル屋上からり夜景はすばらしかったです。でも、感謝祭バケーションにあたってしまったので、対岸(ブロンクス側)からの夜景は、電気がすくなかったかも?今度は、ニュー・ジャージー側からかクルージングで見てみたい!
 次の日は、メトロポリタン美術館(広くて見るのが大変)、ホイットニー美術館(見たいと思っていたアメリカ近代美術関係がクローズしていてとても残念)をみながら、アッパー・イーストから5番街までブラブラ歩く。ここら辺は高級アパートがたくさんあって環境もよく歩いていてとても楽しい。でも、ちょっと疲れる。途中で食べた「パパイヤ・キング」のホットドッグは、小腹がすいた時にお薦め。(アメリカにしては小ぶりです。)いったんホテルに戻る。夜は、オフ・ブロードウェイの「デ・ラ・グアルダのビーシャ・ビーシャ」を見に行く。実は「ブルーマン」が見たかったのですが、バケーション・シーズンでとても混んでいてチケットがとれずこちらにし期待していなかったのですが、とてもおもしろかったです。全て立ち見で、基本的には、パフォーマンスをする人が空中を飛び回るというのですが、次に何が始まるのやら予測できないはちゃめちゃぶりです。観客一体型で一緒になって楽しめます。これは、tksで、ディスカウントを買っても席が決まっていないので早く行きましょう。
 最終日は日曜日、某旅行会社のゴスペルツアーに参加。ハーレムの有名な教会での鑑賞ですが、感謝祭バケーションでみんな南部へ帰ってしまっているらしく、教会の信者も数えるくらいしかいなく、観光客だらけ。 ゴスペルを歌う人も少なくて、ちょっと消化不良。でも、教会の信者はみんなきれいに正装してくるので、見ていると楽しいです。ふだんの日だったらいいだろうなーと思いました。 午後から最後のショッピングをしようと思っていたのですが、tksで、「STOMP」のディスカウント・チケット(お昼)を見つけてしまい、買う。急きょ見に行く。言葉は一切使わずにほうき等でパフォーマンスをするのはとてもすごかった、笑いもあり結構楽しめます。とのことで、ショッピングは、ディズニー・ストアに行くくらいしかできませんでした。コーチとかティファニーとか激安店とかいろいろ行きたかったのですが、とても心残り。。夜は、ブロードウェイ「FOSSE」を見る。内容はなく、フォッシーという人が振付けしたミュージカルの総集編みたいな、踊りのレビューです。踊りは、とてもすばらしかった。でも、フォッシーの振り付けしたミュージカルを見たことがある人が見た方がいいのかも? 一緒のツアーの人の話では、「キャバレー」は席が本当のキャバレーみたいになっているらしくおもしろかったみたいです。あと、「シカゴ」も見たかったなー。 ということで、消化不良のまま帰国致しました。 ショッピングが全く出来なかった、ミュージカルをもっとみたい、もっといろいろまわりたい、ということなので、今度は、8日か9日間でぜひ行きたいと思います。

 NO.66 成富 関東 Registered  26 December, 2000
Visited 2000年12月中旬 8日間 初めて
Carrier ノースウエスト航空
機内食は全部おいしくないです。接客は良かったです。隣に座った人は行きも帰りもマナーが悪くて最悪でした。映画はエックスメンなど3本やってました。
Hotel Holiday Inn 57th Midtown
ホリデイ・インはまずまず良かったのですが、エジソン・ホテルはとっても嫌でした。しかも高かったのに。 そしてエジソン・ホテルの部屋は狭い&汚かったです。周辺の環境だけは良かったです。タイムズス・クエアからすぐ近く。
Recommend @Twilo
日本でいう新宿のCODEくらいのクラブです。危険性はないのでナイトライフにいかがでしょうか?入場料は$25。
Impressions やっぱり、すごく楽しい事ばかりでしたが、いかんせん不便な事も多々ありました。親切な人と不親切な人が両極端で、不親切な人は本当にひどいです。ご飯は、なんだかんだいって日本のほうがいいと思いました。飯にお金をかけたくない人には絶対デリがお奨め。安くて、おいしくて、いっぱいきます。レストランよりおいしかったことも。。。
 NO.65 Uri 関東 Registered  26 December, 2000
Visited 2000年12月中旬 8日間 初めて
Carrier ノースウエスト航空
帰国の際、通路側をGETしたいかたはリコンファームの段階で お願いしていたほうがいいと思います。あと搭乗手続きにとても時間がかかったので JFK空港着は2時間前のほうがいいかも(観光シーズンだったからかも)。
Hotel アパートメント・ホテル
ウィークリー・マンションみたいなものだったので、部屋の掃除は自分です。 しかし、滞在1週間だったら、特にしなくても問題ないでしょう。。。 部屋にキッチン(オーブンも有。私は未使用)、電子レンジとあり、NYで暮らしている雰囲気が味わえました。お風呂のお湯もしっかり出ましたよ。 セキュリティですが、1Fに受付けのかたが24時間おり、日本人は顔パス。他外国人のかたは受付けチェック???があります。9:00〜5:00は日本人スタッフが地下のオフィスにいます。
Recommend @メトロポリタン美術館 ANY証券取引所と中華街
自然史博物館よりメトロポリタンに時間をかければよかったと後悔しました。今度はじっくり見てまわりたいです。 入場料ですが私は5ドル札を受付けの人に渡しました。特に文句もいわれず入場バッチもらえましたよ。
Impressions  JFK空港から宿泊先までの移動手段に「スーパーシャトル」を利用したのですが、これがとんでもないことに、違う住所のところで降ろされしまいました。ここはどこ、私は誰???の世界で、もう頭の中真っ白・・・、かなりパニくりました(^^; スーツケースを持って、タクシーを止め(乗車拒否にあいましたが、頼み込んで乗せてもらいました)。 宿泊先についたのは、予定時間をはるかに超えてました。その日中はぐったりして立ち直れませんでしたが、 ここでかなり度胸がつきました。それ以降は地下鉄を利用して、いろいろ見てまわりました。間違えて急行に乗ってしまい、ハーレムに直行したりとドキドキ経験もしましたが街は安全で、とても楽しかったです。一人旅はさびしいけど、達成感がありますね。 今度はもっと英語力をつけて行きたいです。。
 「行ってきます」に書きましたが、バードランドでbigband観てきました。2ステージあり、最初のステージは9:00〜10:00位までです。 ブロードウェイにも近く、その時間帯はにぎやかなので治安も問題なしでした(宿泊先は歩いて帰れるところにありました)。NYだと安い値段でBIGBAND観れるのでお勧めですよ。
 ほんとこのHPには助けられました。ありがとうございました。 私も「一人旅不安」のかたの元気付けが出来たらな、と思います。

 NO.64 ふみ 関東 Registered  25 December, 2000
Visited 2000年12月中旬 10日間 2回目
Carrier コンチネンタル航空
行きの飛行機が1時間半ほど遅れ、\1,500分のミールクーポンをもらって成田空港内で夕食を取った。機内では各席にパーソナルTVがついていて、行きはToy Story 2、帰りはThe replacement とTrapped in Paradise を見た。食事は可も不可もなくといったメニュー。狂牛病を恐れてか、Beef を取る人は少なかった。食事の量は少し少な目で、行きに隣に座った大学生の男の子はたりないとこぼしていた。アメニティには靴下がないので、スリッパを持ち込めばよかったと後悔した。Continental とNorthwest の共同運航だったが日本語をしゃべるスタッフがとても多かった。行きはちらほらと空きがあったが、帰りはほぼ満席だった。飲み物のサービスがとても頻繁にあり、喉の渇きに苦しめられることはなかった。
Hotel アパートメント・ホテル、Iroquois Hotel
Hildona Court/キッチン付の1Bed Room。お皿やおなべなど一通りのものがそろっていたが、ふきんやスポンジなどがなかったので、少々の備品は買い揃えた。Theater District からも近く、ミュージカル三昧のNYステイを送るロケーションとしては申し分なかった。でも初日の夜にキッチンでゴキちゃんと対面した時にはさすがにびっくり。衛生面ではちょっと?なところであった。暖房がとても効いていて部屋は暖かく、洗濯物もすぐ乾いた。お風呂とバスタオルもついていて、毎日暖かいお風呂に入ることができた。備品はトイレットペーパーと石けん(各2つ)のみ。シャンプーなどは現地で買い揃えた。24時間レセプションには人がいて、それらの人々は皆とてもフレンドリーだったし、警備の面はとても安心できた。
IROQUOIS Hotel/最後の3日はホテルに移った。午前9時過ぎに行ったにもかかわらず、すぐに部屋に通してくれた。狭いとは聞いていたものの、約8畳の部屋にQueen Size のベッドとテレビが収納してあるクローゼットと机が置いてあった。バスタブとバスローブもついてとってもゴージャスなのに、一泊$169.95とNYではリーズナブルな料金だった(本当は$294/1泊らしいが、www.hoteldiscount.com では上記の値段だった)。ウォークイン・クローゼットにはアイロンとアイロン台もついているのに、冷蔵庫は無しという変わった部屋だった。アメニティのバスオイルは何度お湯を入れても泡立ち最高だった。午後6時ごろ、ティアーダウンサービスの人が毎日やってきて、天気予報を書いた紙とチョコレートをくれるのだが、サービスを受けてチップを上げないとチョコレートをくれないのがたまに傷だった。ちなみに空港へはホテルのリムジンサービス(有料)があり、シャトルはよんでもらえない。
Recommend @エンパイアステートの夜景 Aミュージカル他とTKTS
@飛行機で知り合った男の子とエンパイアステートの夜景を見に行った。Macy’s のクリスマス・イルミネーションや自由の女神なども見えてとてもきれいだった。入場料は少々上がっていて$9だったが、一見の価値は十分にあると思う。自然史博物館やワールド・トレード・センターにも行く予定のある人はCity Passの方がお得かもしれない。ここには入場者のみのミュージカルの割引券などもあるので、興味のある人は置いてあるチラシなどに注意しよう。もう外は寒いので、防寒対策は万全にして行った方が心置きなく夜景を楽しめる。同じ理由でロックフェラー・センターのツリーも夜見た方が天使のライトなども幻想的で楽しめると思う。でも近くにたむろしている写真おじさんたちには近づかない方が得策。写真は他の観光客に頼んで取ってもらおう。
A10日間のスケジュールで2日ほど休みを入れたにもかかわらず、バレエ、芝居、ミュージカル、オフ・ブロードウェイショーなどあわせて14本も見た。お世話になったのはTKTS。ほとんどのミュージカル・チケットはここで買った。チケットはすべてオーケストラ席だった。長時間並ぶのを覚悟していたが、最長で15分、ほとんどは5分も待たずに買えた。やはり寒いので並ぶ人が少なかったのかも。天気が悪い日はねらい目で選択肢も多く、値段も安かった。Lion King、オペラ座の怪人、AIDA以外は何でも出ていた。ここで仕入れたチケットで見たミュージカルで面白いと思ったものは、Rocky Horror Show とRiverdance! 前者はスーザン・サランドンの出ていた映画のミュージカル版である。映画以上にカルト度が強く、2時間観客を飽きさせない、癖の強いミュージカルだった。キャバレー同様、開演前の雰囲気作りからして観客を引きずり込む要素がたっぷり。大まかなあらすじしか知らず、劇場で売っているRocky Horror Show Kit を十分に使いこなせなかったのがとても悔しい。次にNYに行く前には必ず映画を見て、ミュージカルに参加したいものだ。なお、18禁の言動があるので、お子様連れにはお勧めしない。Riverdance は歌もあるが、ほとんどは見事なアイリッシュダンスで、英語が分からない人にも楽しめる。ちなみに古いところでは Les Miserable もやはりよかった。これはミュージカルの王道でしょう。芝居では Betrayalがよかった。主演は『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー助演女優賞を取ったフランスの女優、ジュリエット・ビノシュ。彼女の英語は思ったより聞きやすく、わかりやすかった。不倫物なのにコメディタッチで、彼女の新しい面が見られて、とても面白い芝居だった。間近で見るのは初めてだが、年齢よりずっとずっと若く見えるきれいな人だった。彼女主演の新作映画 Chocolat もゴールデン・グローブ賞の作品賞にノミネートされたし、これからも楽しみな女優さんです。
Impressions ここには書ききれないほどNYには魅力がいっぱい。10日間の滞在ではたりませんでした。でもこれまでの好景気のせいで、NYの物価は予想以上に上がっていました。町にはブランドもののバッグを提げたアメリカ人とリムジンがあふれていて、私の知っていた昔のNYとの違いに呆然としました。まるで10年前のバブル真っ盛りの東京を見てるみたいだった。でも帰国間際でニュースで伝えられていた株価の暴落が、バブルの終わりを予感させていました。 今年のNYはホワイト・クリスマスの可能性が濃厚なんだとか。でももし晴れた場合には、25日午前11時半から午後2時半にかけて1954年ぶりの部分皆既日食が見られるそうです。クリスマスにNYに滞在する人は必見ですよ。

 NO.63 na2002 九州 Registered  25 December, 2000
Visited 2000年12月下旬 5日間 初めて
Carrier 日本航空
それにしてもエコノミーは狭い。それ以外乗ったことないけど。
Hotel Park Central
 部屋に入ったらいきなりベットが小さい。私180センチあるんですが、足首から下が出ました。それでフロントへ行って「ベットが小さい」とクレームをつけました。部屋を変えてやるっていうんですが、1時間以上待たされてほったらかしにされました。それとテレビが有料(一日10ドル)だったのですがどこもそうなのかな。もっぱらラジオ。冷蔵庫はありません。以前の報告にもありましたが、バスタブの排水が悪い。流れずに水が溜まっているので、修理するよう札を出しておいたら修理してくれました。それからは問題ありませんでした。
 あちこち出歩いてホテルは寝るだけと割り切る人にはいいでしょう。それ以外は、はっきりいいますが今からでも遅くないので極力避けましょう。それにしてもあのベットは小人(こびと)用なのかな。俺らになんであんな部屋用意するんかいな。なめられとんかな。あんなベットが置いてある部屋が存在すること自体不思議です。
Recommend
 時差は非常に問題です。朝はかなり早く目がさめます。早朝から活動し、夕方一度ホテルに戻って仮眠するといいと思います。そして6〜7時ころから夜景を見に行くなり、ブロードウェイにいくなりすれば体力的にもかなり快適に過ごせると思います。
 地下鉄は早め(できれば初日)に体験し、できるだけ目的地までの無駄な徒歩は止めたほうがいいと思います。私は厚手のコートにリュック、その中にカメラとハンディ・ビデオ、英会話本など、合計でかなりの重量を負って歩き回ったため、1日目で腰を悪くしました。その後地下鉄利用が簡単なことを知り、はじめからもっと活用すればよかったと後悔しました。
 ブルーマンは行きました。非常に面白い。チケットはインターネットで予約したほうがいいでしょう。当日はもちろん、2〜3日前でも席はとれないか、とれてもチューブとかある思いっきり端のほうで見にくいです。連れといってもばらばら座りだし。事実私がそうでした。英語のしゃべりはないですが、リーディングがあるので、やはり英語がわかったほうがより楽しめると思います(っていうか絶対そうです)。
 大失敗がひとつあります。それは「The music man」を見たことです。半分終わったところの休憩時間に出ました。劇場はほとんど白人。少なくともアジア人は0人。人種のるつぼといわれるNYCでこんな光景は非常に奇異ではないでしょうか。全然おもしろくありません。その前日に別のミュージカルを見て感激したので楽しみにしていたのに。最後の夜だったのに。もうぶち壊しです。やっぱりミス・サイゴンにすればよかった。
 エンパイヤ・ステートビルは夜6時半ころ行ったら待ち時間ほとんどなく86階まで行けました。ほんとにきれいです。夜景をとるならISO800のフィルムでフラッシュなし、カメラ固定で撮りましょう。だれでもきれいに撮れます。
 行く前にNYCから帰ってきた知人が「ダウン・ジャケットは恥ずかしい」と言っていたので、「黒のダウン・ジャケット」着ていく予定を変更し、濃紺のコートを着ていきました。正解でした。ニューヨーカーはみんな(といっていいほど)黒のロングコートで決めています。それに黒の皮手袋。背も高いし、金髪なのでかっこいいことこの上なし。NYCへ行くからには少しでもそこに染まるべく、日本冬の定番「ダウン・ジャケット」はやめたほうが無難。まあこの辺は価値観の問題ですが。
Impressions 寒いことは覚悟していましたが、暖房が効いているせいかそんなに寒いとは思いませんでした。NYCに限らず外国はどこも街並みがきれい。またクリスマス直前だったのでイルミがとってもきれい。ロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーなんて、そのまわりのツリーや雰囲気も含めて、いままでで最高に美しいクリスマスの輝きでした(あっ、ちなみにここのスケート場は朝だと滑っている人もすくなく、貸し靴7ドル、利用料13ドルで楽勝すべれると思います。値段情報が違ってたらごめん。おおよそあってるはず)。

 NO.62 Madoita 中国 Registered  23 December, 2000
Visited 2000年12月上旬 6日間 2回目
Carrier ノースウエスト航空(DTW経由)
行きは横になって行けました。帰りはほぼ満席。機内食の味は少しばかり向上?していたように思います。相変わらずサーブはてきぱきと早いし、いろいろな意味で無駄がないのはアメリカ系の良い所かもしれません。帰りの軽食が“ハーゲンダッツ”からサンドイッチに変わっていました。あまいカップ・ケーキもチョコレートひとかけに変化しており、なぜかホッと?しました。
Hotel Essex House 、Crown Plaza
 エセックス・ハウスは、従業員一人一人の教育が行き届いている感じがしました。痒いところに手が届く、そんな感じです。申し分ないホテルだと思います。ホテルの雰囲気はシック&ゴージャス。ホテル内のあちこちに絵画が掛けてあったのもグーでした。部屋のドアが2重になっていたので、24時間静かで落ち着けました。毎朝出かけるとき、セントラル・パークが見えるのはいいものです。
 飛行機キャンセルで突然一泊することになったクラウン・プラザは近代的なホテル。レセプションはそろいのグレーのジャケットを着ており、10機近くあるエレベーターは、そのすべてが、今何階にいっているのかデジタルで表示してありました。部屋の構造は、日本のホテルとあまり変わらず。このホテルの一番いいところは立地の良さでしょう。タイムズ・スクエア近くのブロードウェー沿いで、食事にも困らず、ニューヨークに来ている実感が湧くホテルです。ただ、エセックス・ハウスに泊まったあとだけに、何を見ても「エセックス・ハウスは良かった」と思ってしまうのは仕方のないことですが...。エセックス・ハウスに比べると天井が低かったです。
Recommend @スタテン島行きフェリー Aライオンキング
JOJOさんの言われるとおり、このフェリーはお薦めです。タダですしね。片道25分なので、食べ物を買って乗って、軽い食事をすると時間の節約になるかも。乗る前ならウォール街のストリートベンダーで、スタテン島についたら、駅にダンキンドーナツやその他デリがあります。一人静かにニューヨークに浸れること、請け合いです。夜景でない場合は、ウィークデーの朝、出勤時間の乗船をお薦めします。
ニューヨークに来たからには、やはりエンターテーメントを満喫しましょう。その中で今回の一押しはブロードウェーより、“ライオン・キング”です。かなり定番ですが、これまでに私が観劇したブロードウェー、オフ・ブロードウェー合わせて、最も感動した作品です。ディズニー・アニメでかぶりもの・・・?と乗り気でなかった同行者も、もうライオンキングのとりこ!です。帰国後も「ライオン・キングがね!」と人に話しております。鳥肌がたったり、大笑いしたり、本当に一言では感動を言い尽くせません。チケットがとりにくい作品、というのは必ず「何か」がある、ということなのでしょう。
Impressions 短期間だったため、毎日朝から晩まで歩き回りました。ロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーが見られたし、ほぼ予定通り見てまわれたので満足です。住んでいたレジデンスや通っていた学校、思い出のお店や場所を3年ぶりに再訪できたことも、今回の旅の収穫でした。ニューヨーク(ひいてはアメリカ)の良い面、悪い面をまた新たに発見しました。この旅の思い出が、また自分の生活のパワーになれば、と思います。 ただ、今回はデトロイトが猛吹雪で、帰国便が空港で突然キャンセルになり、別便の航空機の手配、変更、日本国内の鉄道のキャンセルやホテル代、、、など、疲れがピークに達している旅の最後になって精神的、経済的負担がかかり、参りました。これが、初めてのニューヨーク、あるいははじめての海外旅行だったら、さぞかし旅の印象に影を落としたことと思います。こういう事態に見舞われると、最終的に頼りになるのは自分だ、ということが良く分かります。でもこんなアクシデントも今はいい思い出?またいろいろ勉強になった旅でした。
旅の写真や詳しい滞在記は、Madoita's happy-go-lucky U.S.A. Life までどうぞ。ただいま執筆中。

 NO.61 MANA 関東 即席NY者 NO.62 Registered  21 December, 2000
Visited 2000年12月中旬 6日間 初めて
Carrier  ノースウエスト航空
機内食:「まあこんな感じ!」
接客:スチュアード?(男性)さんがたくさんいらしていろいろ会話しながら接客してくれて楽しかったです。
映画:往復同じ映画で淋しかった「Xmen」ETC
隣に座った人:行きは友人、帰りは感じのよくない日本女性(つらかったな)
Hotel Holiday Inn Midtown 57th Street
雰囲気:まあまあ・・Bグレードだし・・ 従業員の対応:あんまり日本人が泊まってないようでやたら日本語を話しかけてくれた。
部屋の広さ:角の部屋は結構広い、BATHいまいち、ドライヤー有り、地下鉄からちょっと遠い場所に位置している
周辺:デリ数件有り、GAP近所に有り、スターバックス近くに有り
Recommend @地下鉄 Aゴスペルツアー
@とりあえず「7日間パス」を買って乗り尽くしましょう。地上のバスは込んでいて時間がかかりすぎるので・・ 「安全」とはいいきれないけど緊張していれば大丈夫とおもいます。
Aいろいろ考えた末「トミー富田さんのツアー」に参加しました。 教会で聞いたゴスペル、ふれあったハーレムの人々・・元気もらいました。
Impressions 1日目  現地時間3時過ぎにホテル到着。とりあえず地下鉄の7日間パス購入。「オペラ座の怪人」チケットについてJTBの方に尋ねたら「高いチケットしか手にはいらない」っていわれとりあえずMAJESTIC THEATREへ。当日券売り場で聞いたら55$の席がありGET。劇場の近くのレストランで食事。(友人からミュージカルのあらすじを聞いて予習) 疲れていたのですが、無事鑑賞(ちょっと寝ちゃったけど)
1日目の感想:やっぱ本場のミュージカルは違う!!が眠気には勝てなかった
2日目  スターバックスで朝食後、自由の女神めざして地下鉄に乗る。(途中で今夜の観劇チケット確保)バッテリー・パークのフェリー発着所から一路女神さまの所へ・・。良い天気だったんでステキでした。次は歩いてウォール街へ、仕事がらNYSEには行きたかったので入場券をもらって見学コースへ参加。テレビで良く見る取引所を見て感激、建物もステキ!次は地下鉄でリトル・チャイナへ。 「るるぶ」に出ていた「ビンゴ」というレストランで食事(超感じわるいし高いし止めた方がいいですよ)。さっさと町を出て、CIRCLE IN THE SQUAREで「THE ROCKY HORROR SHOW」観劇 超楽しかった!!
2日目の感想:地下鉄のどこかの駅のホームで「電子ハーモニカ」を演奏していた中国人のおじさん発見。すごーーーーーーーーーくステキだった。いろんなところにステキな発見があった。NYSEのお土産のお勧めは「おりたたみ傘12$」「しゃぼんだまが作れるボールペン」
3日目  午前中曇りだったので地下鉄でブルックリンへ、駅でガイドブックみながらたむろしていたら地元の女性が行き方を教えてくれた。ブルックリン橋を渡ったところでマンハッタンをみたかったがいまいち良いところが見つからなかった。 また地下鉄でグランド・セントラル駅にある「オイスター屋さん」でオイスター、ロブスターを食べる。 「でかい!!多い!!」写真撮っていたら隣に座っていた紳士が「皆で撮れば」ってシャッターきってくれました。やさしい!!ウルウル。その後、五番街で買い物の下見、有名なツリーの前で写真撮影・・。その後、このHPで見つけた「SMALLS」というところでジャズに浸っちゃいました。帰りにタクシーがつかまらず11:30なのに地下鉄乗車。で・・間違えて「クイーンズ」まで行ってしまった。ドキドキ!!すぐ折り返して軌道修正。タクシーでホテルに帰った。
3日目の感想:知らずに危険?区域に入っていた。(反省)地下鉄地図は良く見ること・変だと感じたら降りること、雨でタクシーがつかまらない時はホテルの前で待つべし・・絶対につかまるんです。
4日目  自力でハーレムに行こうとおもったけど昨日に教訓を踏まえJTBのツアーを聞いてみた。満員で無理。そこに運良くトミー富田さんがいらしてツアーに参加させてもらった。(70$) ハーレム内の2件の教会でゴスペルに触れ、地元の人々に触れ、元気をもらい心清らかになりました。 いつかは単独で行ってみたい!!!
富田氏談:「翌日電波少年のロケがあるんだよ」 その後、「メトロポリタン美術館」「ティファニー」「サックス・デパート」「セントパトリック教会(中に入れた)」後、食材を買いこみホテルで旅の完了を女4人で楽しみました。
5日目  一路日本へ (まとめ)「また行くぞ!!」と言わせる街でした。今度は夏に!!ツアーで行動しなかったので他国の方とたくさんふれあいました。ホカロンが向こうでは手に入りにくいらしい、もしあまったら日本語デスクにいるおねーさんにあげると喜んでもらえます。(私はJTBの後藤さんに差し上げました)

過去の「ニューヨークに行ってきました」を読む
NO.1−10 11−20 21−30 31−40 41−50
51−60