ニューヨークに行ってきました! Vol. 741 - 760

 「ニューヨークに行ってきました!」は、みなさんからお送りいただいた、悪戦苦闘、喜怒哀楽、七転八倒なニューヨークの日々を掲載しています。
▲ NYに行ってきます!・登録のページへ
▲ NYに行ってきました!・登録のページへ
▲ NYのホテル!・登録のページへ
 NO.750 シンイチ 東海   Posted 2003/08/23
 2003年8月中旬 5日間 初めて
 アメリカン航空
  初の海外、飛行機も3年ぶりと言うことでかなり緊張していました。エコノミー症候群やら乱気流やら…でもそんなに揺れなかったですね。アメリカン航空には各座席にモニターがついており、また内容も結構豊富で(映画は5,6本、ミュージックチャンネル、日本のテレビ番組、ナショナルジオグラフィック等の自然観察番組)、繰り返し流されていたため退屈はしなかったですね。客室乗務員の対応はまああんなもんじゃないかと。特に不快を感じるようなこともなかったですし。但しおしぼりを火バサミのようなもので渡されたのはちょっとびっくり。俺ら動物園のサルかよ…あと食事はかなりガッカリ、事前に渡されたレシピみたいなのを見たときには期待していたのに…まあ初海外で緊張してたせいかあまり食欲なかったからいいですけど。
  とにかく暑い!です。NYにいた3日間はずっと晴れていたので水が必需品でした。但し湿気が無いせいか日陰に入るとかなり涼しく感じました。うちわで仰げば十分凌げるくらいの涼しさです。夜も冷え込むようなことは無く、短パンにTシャツで十分と思われます。但しスポーツ観戦や街歩きに際しては日焼け止めが必要かも…
 ホテルベッドフォード
 グランドセントラル駅から2ブロックのこじんまりとした雰囲気のホテルですが、部屋も結構広くて(シングルベット2台のベッドルームにキチネット付のリビングルーム、ユニットバス付)かなり快適でした。部屋には貴重品を預けるための金庫があり、日本語の使用方法説明もあり重宝しました。
従業員の対応もよく、自分のつたない英語をちゃんと聞いてくれて色々とアドバイスを頂いたりもしました。折り悪く大停電のときに泊まったのですが、チェックイン後であったため部屋に泊まれなくなることも無く(カードキー方式で扉ごとに独立していたため、停電の影響は無し)、またマンハッタンの中心と言うこともあり治安もよく、危険を感じることは全くありませんでした。
 コニーアイランドとシェイスタジアム
  野球観戦が主な目的だったので、コニーアイランドにある「ブルックリン・サイクロンズ」(メッツ傘下のマイナーチーム)とシェイスタジアムに行ってきました。サイクロンズは全米一人気のあるマイナー球団とのことで、朝早くからかなり気合を入れてチケットを求めて行ったのですが、着いたとたんにあっさり買えてかなり拍子抜け。試合開始(その日はデイゲーム)までまだ時間があったのでコニーアイランドをぐるりと散歩してきました。歩き回って感じた印象は「のんびりしててイイなー」でした。駅を降りて目の前にノスタルジックな遊園地があり、その向こうにはビーチが広がっていました。ウィークデイという事もあって人が少なかったのですが、時間がゆっくり回っている感じで落ち着けます。マンハッタンの喧騒に疲れたら1時間地下鉄に揺られて昼寝をしに来るのもイイかも。あとシェイスタジアムはやっぱりデカイ!それと雰囲気がイイ!年齢層はまちまちだけど、皆ホントにゲームを楽しんで観ているといった感じでした。ファウルボールが飛んでくれば大騒ぎ、球場内の音楽に合わせて皆で大合唱、地元の選手が活躍すれば大歓声(中にはブーイングを浴びる地元選手も、何かやらかしたのかな?)、不利な判定が下ればブーイング…本物のメジャーリーグを満喫してきました。シェイスタジアムでも当日券を買い求めたのですが、全然余裕でしかもかなりいい席(一塁ベンチ裏20列目くらいの席)を取ることが出来ました。もし今から見に行く人がいたら当日券でも余裕で取れますよ。
(添付写真はサイクロンズの本拠地、キースパンパークです)
 前述の通り着いた次の日に大停電に遭い、必ずしも旅を満喫したとは言えませんでした。自由の女神にも会いに行けず、予定していた野球観戦は停電のため1試合が中止となり、2試合しか見られなかったし。それに停電になった時丁度地下鉄に乗り合わせていて、1時間半ほど車両の中に閉じ込められたりもしました。でも不思議と不安は感じませんでした。それは他の人々が皆落ち着いて行動していたからです。大停電直後のNYを歩いてみたのですが、大声を出したりするような人は見受けられず、却って陽気な雰囲気さえ感じたときは、異国の地で一人でいるにもかかわらず妙な安心感を覚えたものです。皆が弱者をいたわり、「しかたがないヨ、こういう事もあるさ」といったような雰囲気がそこかしこに見られました。自分はその時急にNYという街が好きになり、また来年必ず来ようという気になりました。何とか無事日本に帰ってきて1週間経ちますが、頭の中は来年のNY行きのことで既に一杯です。次の旅も多分駆け足になると思うけど、今回学んだことをフル活用して満喫したいと思います。
追伸:帰りのJFK空港の搭乗受付の列でなぜか「みのもんた」に遭遇、かなり不機嫌そうな顔してました。
(添付写真は大停電直後のタイムズスクエアです)

 NO.749 piyo 近畿   Posted 2003/08/23
 2003年8月中旬 5日間 7回目
 日本航空
 ・JALの機内食はいまいちだと聞いており、期待してなかったけど、その通りでした。帰りはアメリカ食にうんざりしているところへ、ミートソースのマカロニはとても食べられませんでした。
・おもしろい映画が全然なかった。『ティファニーで朝食を』しか見るものがなかったといえばわかっていただけるでしょうか?
・寒かったです。長袖をはおって、毛布を2枚かぶってました。
 ・朝はどんよりしていても、昼前から晴れてきたり、夕方や夜に雨が降りましたが、すぐに止みました。昼間はかなり蒸し暑かったです。
・エアコンの効きがすごいので、はおる物は手放せないと聞いていましたが、デパートやブランドショップなど、高級な場所(?)へ行かなかったせいか、そんなに気温差には悩まされませんでした。FAOシュワルツは結構冷えました。飛行機の機内が一番寒かった。
 ザ・プラザ
・歴史のある重厚な雰囲気でした。従業員の対応は日本の一流ホテルとはくらべものになりません。「ホスピタリチー」なんぞは期待できません。一人はチンピラ風。“観光名所的に楽しむべし”という感じです。
・部屋の広さは普通ですが、天井が高いので広く感じました。
・1度泊まってみたかったけど、1回泊まれば十分です。
 @ウールマンリンクの移動遊園地(9月7日まで) ASyms
 @子供が一緒だったので、セントラルパークのメリーゴーランドに乗せてやろうと行ったら、偶然、移動遊園地がきていました。夜になるとライトが灯って、ほんと夢の国みたいでした。夜は7時でCLOSEです。うちは30分前に滑り込みましたが、どれも並ぶことなく乗れたので、5種類くらい制覇でき、満足でした。7時5分前くらいになると、CLOSEのアナウンスが流れ、最後に乗っているアトラクションをもう一回、動かしてくれます。それが終わると、一気に照明が消えて、音楽も止まって、お客さんも速やかに帰っていき、園の外に出たときには、遊園地は既に死んだようになっていました。さすがアメリカです。
A店内に入ったときには、古着屋?と思ったくらい雑然としていましたが、4階の子供服などは日本にはないCuteなデザインのセーター、スカート、コートなどが、$10〜15でした。POLOなどのブランド物もありました。婦人服もサイズが合えば、いろいろおもしろい物があります。「101匹わんちゃん」のクルエラが着ていたようなコートもありました!
 ・行きは台風10号で飛行機(成田までの国内線)が飛ぶかどうかの瀬戸際でした。帰ってくると、NYは大停電。ぎりぎりセーフのラッキーを感謝したいです。停電に合われた方には申し訳ないですが。
・一番胸をつかれたのは、やはりグランドゼロでした。実際にこの目で見ると、胸がいっぱいになりました。中国人らしき団体が大声で笑いながら、現場をバックに記念撮影しており、そばを通るニューヨーカーが怪訝な表情で見つめていました。同じアジア人として恥ずかしい気持ちでした。ここで何が起こったのかを考えれば、この場所が観光スポットではないことくらいわかると思うのですが…。
・何年かたったら、また必ず行くと思います。

 NO.748 hagidas 関東   Posted 2003/08/21
 2003年7月上旬 12日間 11回以上
 ノースウエスト航空
 マイル使ってのUG、今回は往復可能でした。往復とも、3列目でしたが、1〜4列目は、シートが大きく楽でした。食事も、美味しかったです。NWのシートが順次新しくなるとのことなので、これからも乗り続けるゾっと。それからNY滞在中、ナイアガラに行く際に利用したジェットブルー便も、安くて楽しいフライトでした。特に、フライト中にテレビ番組見れるのにはビックリ。ずっと、全米女子のプレーオフ見てました。
 6月は雨が多かったみたいですが、全体的に、夏を満喫させてもらいました。ただ7月3日の自転車ツアーの日の午前中、雨で出発が遅れたのが残念だったかな。
  NYでは、3つのホテル宿泊しました。
●ミレニアム(3泊)@169
グラウンドゼロに面した部屋でした。サービスの朝食が、美味しくて助かりました。コンシェルジェおすすめのランニングコースは、ハドソン川沿いで、とても気持ちよかったです。ただ、私のようなバジェット旅行者に必須のデリが付近で探し当てられなかったのが残念。総合的には、また泊まりたいホテルです。NYのヒルトン系、利用したの3つ目ですが、今の個人的好みでは、ミレニアム(利用1回)>タイムズスクエア(利用5回)>ニューヨーク(利用2回)です。でも、また次どこか泊まると、印象変わるんだろうなー。
●Wユニオンスクエア(3泊)@229
私にとって初めてのヘブンリーベッドは良かったです。しかし、眺望重視の私には、キツイ部屋になりました。お願いすると、きいてくれますが、商魂たくましいホテルの印象もしたかな。コンシェルジェおすすめのランニングコースは、イースト川沿いで、まぁ気持ちよかったです。滞在してやっとわかりましたが、この近辺、雰囲気いいですね。絶妙な割合で生活感が漂ってる気がして、落ち着けました。館内では従業員のインカムの情報網凄し、監視されてるようにも取れちゃうような感じでした。利用しなかったけど、ここのレストランが、六本木ヒルズにもありますね。このエリアは気に入ったけど、このホテルは、私好みではなかったなー。
●ハンプトンインJFK(1泊)@129
帰国前日に利用。なんてことの無い、空港ホテル。宿泊の日、ライブ終了後、深夜マンハッタンから帰るのに苦労しました。朝食サービスは簡素で、良い感じでした。

 ●自転車ツアー
NYを眺めるのなら、このスピードで移動しながらのものも絶対必要!と思った。ひなびたクイーンズから、橋渡って、いきなりセレンディピティ3の前。そして、数分後にはセントラルパーク。いきなりのこの出だしのルートに、完全にやられちゃいました。恐るべしです。
●ユニオンスクエアカフェ
やっと行けました。美食家ではないけれど、数々の評価頷けます。連れと行きましたが、今回の旅行で、ここでの食事の時間が一番親密な時間だったかも知れないなー?
●花火
3度目の挑戦で、完璧に、堪能しました。心配してた風向きもバッチリでした。初めての観覧場所でしたが、18丁目からFDRに上がって、少し上に行ったところ。やや、左手前方に4隻の打ち上げ船が並んでます。もー、私は、花火はここに決めました。ただし、風向きには逆らえないにで、リスクはありますが。待ってる時間用の、ダイソーのパイプ椅子、大活躍でした。
  雑感いろいろです。
・SIフェリーに乗りに行った帰り、ちょうど、SIヤンキーズのゲーム終了と重なったみたいで、フェリーがヤンキーズファンで一杯になったました。プロモで皿をくばってたみたいなので、連れにそう話すと、「お皿じゃないよ、フリスビーだよ。」と、あっさり言われる。トホホ。
・朝、ランニングでブルックリン橋を走る。バイクやランで通勤という人が想像以上に多いことにビックリする。
・日本から持参のビニール製花器に、デリで買ったバラを挿して部屋に置いてみると、いい感じ。連れとの写真を飾るのよりも、ワザとらしくないかな。
・松井詣でもいいけど、サイクロンズもいいですよ。8月2日の朝日夕刊にも出てたけど、雰囲気最高です。地元の愛着と球団の熱意の素晴らしい結晶だと思います。
・夕食を食べに行ったとこが、開店前だったので、近くのデリのイートインスペースで時間つぶしした時のこと。そのスペースで飲むビールは、瓶のままでは駄目で、紙コップに移して飲むように、と店の主人からのご指示あり。勉強になりました。
・楽しみにしていた「ヘアスプレー」。ほぼ完敗。また出直してきます。
・42丁目のコールドストーン、大行列で、ますます、あの通り、歩きづらくなったなー。そのあと、その為だけに行ったシラキュースではすぐ買えて、ヨカッタ、ヨカッタ。
・同じくシラキュースのデニーズにて。NYとは違って、巨漢揃い。新鮮な空間でした。
・シラキュースからナイアガラへの途中、ロチェスターの普通の住宅街で鹿が普通に歩いてるのに、またビックリ。鹿注意の看板もダテじゃなかった。
・10泊12日、満腹の旅行でしたが、もう次回のこととか考えたりして、本当、リフレッシュしたなー。
・ついでにくだらない写真アルバムも作ってみました。よかったら見てやって、質問等ありましたら、メールください。http://photos.yahoo.co.jp/hagidas
これからも、ヨロシクお願いします。そして、よい旅を。

 NO.747 Swimmer 海外   Posted 2003/08/21
 2003年8月上旬 7日間 初めて
 デルタ航空
 国内移動のみのため、所要時間1時間半。飲み物サービスだけですが、シンプルで快適なフライトでした。大停電に当たってしまったので、帰宅を予定していた15日の便が全て欠航になり、翌日のフライトに振替に。不可抗力ということで余分にかかったタクシー代やホテル代が全て自己負担だったのは辛かった。当日の夜9時近くになって、その日に泊まる宿を自分で探さなければならなくなり、LGA空港からあちこち電話しましたが、停電の影響で電話がつながらないホテルも多くあり、やっとつながったホテルもほとんどが満室。「今晩は空港泊まりかな・・?」と半ばあきらめかけたが、最終的に、コリアタウンのStanfordが受け入れてくれてホッとしました。 翌日(16日)の空港は、前日の混乱がまだ残っていて、フライトは軒並み大幅に遅れ、搭乗口付近や通路は人で溢れていました。キャンセル待ちの人も多く「LGAからの便はもういっぱいだから、JFKに移動するように」というアナウンスも流れていました。私たちの便は搭乗はほぼ予定通りにできましたが、飛行機の離陸の順番待ちで、予定より1.5時間遅れに飛び立ちました。
 天気予報では雨でしたが、降っても小雨程度で、暑い日は34℃以上になりました。暑かった!! 服装はタンクトップに短パン、スニーカーでした。厚地のGパンは熱がこもって暑いので、長ズボンでも綿パンの方が良いと思います。女性で首が焼けるのが嫌な方は、エリで首が隠せるようなトップがお勧めです。腕も焼けたくない方は薄手の長袖でも良いと思います。劇場や店は寒いので、いずれにしてもカーディガンは持参した方が良いです。日焼け止め、サングラスは必須です。
 Quality Hotel & Suites (Hampshire)、Mayfair New York Hotel
 @ Quality Hotel Times Square・・・ Discount.comで予約し$100弱/泊でした。場所はTKTSまで1分で非常に便利が良い。従業員の対応は普通。部屋は狭い!部屋のエアコンは一応動くのですが一向に冷たい風は出て来ず、毎日窓を開けて寝てました。廊下より部屋の方が暑かったです。宿泊者の数に対し、エレベーターの数が足らないので、いつまでも下に降りられません。(もちろん階段はありますが)シャワーのお湯は豊富に出ます。コーヒーメーカーあり。朝食付き。総合評価は70/100ぐらい。
A Mayfair New York Hotel・・・同じくdisucount.comで予約し、約$90/泊。@に比べるとコストパフォーマンスがかなり良い。ホテルの雰囲気は落ち着いていてとても良い。従業員の対応も親切。部屋は狭いけど、鏡が多く置かれていて、実際より広く感じた。バスルームは広め。エアコン、シャワー問題なし。サンダルウッドのソープやシャンプーが置かれていて嬉しかった。部屋も清潔。朝食なし。コーヒーメーカーなし。最終日は停電の影響で、エレベータなし、(本当に)真っ暗、冷たいシャワー、エアコンなし・・・と最悪の環境になったが、ホテルのせいではないのであきらめるしかなかった。寝る場所があっただけ良かったと思う。最初の2泊から見た総合評価は、90/100。 
B Stanford hotel・・・飛行機の欠航でマンハッタンに舞い戻った夜、急遽泊まったホテル。ホテルの雰囲気は良い。韓国街だけあって、オーナーも韓国人らしい。部屋は@Aに比べると広い。停電の影響で、クリーニングもされていない部屋に泊まることに。多少のディスカウントはあったものの、前に泊まっていた人の使い方があまりにも汚く、部屋に入って気分が悪くなった。朝食付き。今回は行かなかったが、2Fにあるジャズバーは雰囲気が良さそう。ホテルの周りも飲食店が多く便利。真裏にエンパイアビルがそびえたっている。総合評価は・・・緊急時だったので不能。
 @ブロードウェイミュージカル Aヤンキースの試合観戦
@ OFF-BROADWAYを含めて5本鑑賞しました。自分の好みの順に並べると、1.Phamtom 2.Rent 3.MammaMia 4.DelaGuarda 5.Man of LaManchaです。オペラ座の怪人は日本に続き2度目で内容を知っているものの号泣!歌・ダンス・オーケストラ・ストーリー、全てが文句無く素晴らしかった。(Broadwayoffers.comにて事前に半額購入)Rentは歌ダンスともに非常にレベルが高い。ストーリーがとてもアメリカらしい。役者さんたちも若々しいが、観客も若者が多く、黄色い歓声がよくあがっていた。(クーポン使用し窓口で半額購入) MammaMiaはノリノリで見られる。明るくて楽しい。台詞も比較的わかりやすい。(劇場窓口で定価購入・Box席が$61.25) デラガルダは「なんじゃこりゃ?」という感じ。前衛的なアートを見ているような気分だった。(当日の夕方TKTSで半額で購入。待ち時間なし) ラマンチャの男は、歌内容ともにイマイチという印象。観客は中高年の人が多かった。笑いのポイントもおじさん好みだった気がする。台詞が多いので、英語がしっかり理解できないと話の内容についていけない。(前日劇場窓口で定価購入。水曜マチネでメザニン席が$56)
A 野球について。マンハッタンから地下鉄で一本なので便利。帰りも他のお客さんと一緒に帰れば治安上も問題ない。マリナーズとの2試合(土日)を観戦した。8ドルのBleachers席と33ドルのMain Reserved席だったが、どちらもよく見えて十分に楽しめた。スタジアム内のショップは「品数が少ない」「とても混んでいる」「値段が高い」ので、スタジアムの外に軒を連ねる売店か、マンハッタンのヤンキースショップがお勧め。またスタジアム内の食べ物も異常に高いので、食事は外で済ませて、水を持ち込んだ方が良いと思う。現在ペットボトルの持込はOK。かばんの持ち込みについてはとても厳しいという印象を受けた。(但し係員によって対応が違う)うちは小さめの肩掛けカバンを夫が持ってたけどNG。($5で預けた)実際スタジアムに入ってみると、うちよりずっと大きなリュックをしょった女性がいたりして、基準がよく分からなかった。一方、中身をビニール袋に入れ替えても、残った空のカバンを有料で預けさせられている人もいた。できるだけ荷物は少なく、且つどうしても持っていくものはビニール袋(中が透けて見えるもの)に入れていくことをお勧めします!(決して格好良くはないけど我慢する)
その他のお勧め。* スタテン島行き無料フェリー。期待以上に自由の女神に接近してくれて感激。地下鉄のSouthFerry駅を降りると乗り場は目の前。この駅の構造上、先頭の5両に乗らないと、プラットホームに接続せずドアが開かないそうなので注意して下さい。(車内にポスターあり) * 国連本部。荷物は入り口で預ける。(無料)日本語ツアーが開催されてなかったので英語だったが思ったより分かりやすかった。各国の人々がガイドを務めていて、非常に国際的で良かった。(私たちのグループはスウェーデン人のピエールさんでした)地下の郵便局でご家族やお友達に是非ハガキを出して下さい。 * 地下鉄&バス。私たちは7DAYS PASSを購入したが、1日券でも十分にお得。特に地下鉄は本数も多いし、早いのでとても便利。早朝深夜を除けば一人でも大丈夫。(もちろん油断は禁物です)イエローキャブにも何度も乗りましたが、特に問題なかった。念のため毎回タクシー番号を控えるようにした。 * 中華街。どのレストランに入ってもハズレがなさそう。独特の活気があって面白い。* SMOKE。アッパーウェストサイドのジャズクラブ。カバーチャージはないものの、一人当たり最低10-15ドルの飲食が必要。(出演者によって異なる)こじんまりした場所で良い。帰りはタクシーで。www.smokejazz.com  * Murray's Bagels。グリニッジビレッジのベーグル屋。地下鉄の駅からも近い。小さい店だが焼きたてのベーグルが沢山売られている。店員の感じも良い。個人的にはエッサベーグルよりもお勧め。私は多めに買ってジップロックに入れて持ち帰り、毎朝ニューヨークの味を楽しんでます。* Market on 7th Ave.on Saturdays いつまでやっているのか分からないのですが、毎週土曜日の10時頃から6時頃まで、タイムズスクエアの7thAve.上で大規模なマーケットが開かれています。アクセサリーや絵画、お土産品、食べ物などなど盛り沢山で楽しい。
 ヤンキースとマリナーズの試合に始まり、ミュージカル、ジャズライブ、あちこちの公演での無料コンサート、SOHOや中華街、リトルイタリー、グランドゼロ、自由の女神、国連、地下鉄やバスやタクシー・・・全てが良い思い出です。でも何といっても一番は「Blackout」を経験したことかな。沢山の人と一緒に何時間も歩いたり、食べ物や飲み物が売っているところを探したり、真っ暗のホテルを手探りで歩いたり・・・。停電のおかげで楽しみにしていた色んな計画がパーになりましたが、これもまたいずれ良い思い出になるでしょう。でも停電でメトロポリタンがクローズになったのはとっても残念でした。いつかまたチャンスがあると良いのだけど…。 JOJOさんやNYLYを愛する皆さんのお陰で、事前に色々と研究することができ、初めてとは思えないほど充実した旅行ができたと思います。色々とお世話になり本当にありがとうございました。今度は体験談の方で、他の方のお役に少しでも立てたら良いなぁと思っています。今は買ってきたミュージカルのCDを聞きながら写真を整理して、思い出に浸っています。絶対にまた行くぞ!!

 NO.746 じゃいこ 関東   Posted 2003/08/21
 2003年8月中旬 7日間 初めて
 全日本空輸
 エコノミーに14時間はさすがに疲れました。お尻も痛くなってしまいました。食事もイマイチ。飛行機が揺れて車酔いのようになってしまい苦しかった・・・。でも、映画の種類がたくさんあったので見てしまった映画をもう一度見れたり、見たことのない映画を見ることが出来てよかったです。ゲームは目に悪そうでしませんでした。帰りの飛行機では、ホームステイに行ってた小学生がいましたが、飲んだり食べたりとずーっと落ち着きがなく、客室乗務員に同情してしまいました。でも、子供相手でもちゃんと様子を気遣っていたのでさすがだと思いました。
  ほとんど曇り。たまにパラパラと雨が降ったり、夕立にあったりしましたが、直射日光が当たらない限りはすごしやすかったです。10日のヤンキースタジアムはすっごく暑いかと思えば雨が降るし、かと思えばまた直射日光が厳しかったり・・・。おかげで焼けました。
地下鉄はやっぱりむ〜んとする暑さでしたが、汗が出るほどではありませんでした。NYは場所によって天気が変わるそうで、雨にあう人もいればずっとはれていたという人もいるそうです。きまぐれな天気のようです。
 Le Parker Meridien
 立地条件もよく、部屋も丁度いい広さで、何も不自由しませんでした。ツアーだったので料金の詳細はわかりませんが、観光シーズに行くなら、日系のホテルよりも日本人の少ないこちらの方がある意味落ち着けると思います。
 @NYの貸し自転車屋 Aセントラルパーク
 体力に自信がなかったのですが、NYの街中を自転車で走る事が普通の観光では出来ない。そう考えるとすごく貴重な経験だと思います。走りながら見るNYも良かったです。ブルックリン橋を渡るために2度、坂を上がるのですが日頃使わない筋肉をここで使ったせいか、夜寝る前には足がパンパン。湿布を持ってきてて良かった〜って感じです。自分達で全てを回ろうと思うと1日では回れないので、参加してよかったと思っています。自転車で回って気になるところを自由時間に回ることも出来るし、見たかったところを自転車で通って「あ、こんなもんか」で済むところもあるだろうし、決まった日程を効率よく回るにも参考になると思います。
セントラルパークは森林浴のようで気持ちが良かったです。関東でこれだけの緑を見ようと思っても限られた場所にしかないので、久々に大量の緑を見た気がして落ち着きました。セントラルパークにも貸し自転車があるようなので、借りて回った方が疲れないかもしれませんね。本当は全部回りたかったのですが、時間も体力もなく1/3で諦めました。
センチュリー21にも行きましたが、人が多く日本のバーゲンの様で人に酔ってしまい諦めました。バーゲンシーズンは終わっていましたが夏物のSALEがあっていましたが、サイズがなく諦めました。Loftというお店に入りましたが値段も手頃でデザインもシンプルでよかったですよ。
 運良く大停電になる前の当日便で帰国したので、帰ってきてビックリしました。お盆休み後半に旅行されてた方には災難だったですね。大丈夫だったのでしょうか・・・。
日本に帰れば終戦記念の特集が放送され、アメリカによる原子力爆弾についての報道がありました。NYに憧れがあるものの、アメリカは世界で一番殺人を起こしている国(人でなく国)なんと思うと複雑な気持ちになりました。ただこうして旅行をしたり、無事帰国できるというだけで幸せなん方だと思います。
英語が苦手なまま行ったので、英会話を勉強して多少自分でなんとかなる(かな・・・)位までなったらまたNYへ行きたいと思います。女性一人で来ている方も多かったので、一人でも何とかなりそうです。

 NO.745 KIYOMI 関東   Posted 2003/08/21
 2003年8月上旬 5日間 初めて
 ノースウエスト航空(デトロイト経由)
NWは、はっきり言って二流の航空会社です。機内食もまずい。でもデトロイト乗り継ぎって便利なので、アメリカ東部へはいつも使ってしまいます。
機内ではかならず上映される映画を全部見ます。で、寝るときは寝る。アイマスク、水は必ず持って乗ります。シートは真中の通路側を取ります。3-4-3列だから隣の人がトイレに立つときだけどいてあげればいいから。映画の途中はトイレに立ち時。あとみんながご飯を食べている時とか。通路側は自由自在で大好きです。
  NYは思ったより涼しかったけど、やっぱり蒸し暑かった。アメリカは冷房が強いのでストールは必ず持って行きます。レストランなどは寒いから。天候があまり良くなかったのでちょっと残念でした。地下鉄のホームなど冷房がないところで持っていったミニうちわを使っていたらジロジロみられました。めずらしいのかな?なにより滞在中に停電がなくて良かったとホッとしています。
 LE PARKER MERIDIEN
  ホテルは静かで、ロビーも混雑してるのは見ませんでした。日本人をあまり見かけませんでした。6人くらい。そのなかに元ヤクルトの池山さんがいました。
部屋は広く、セントラルパークが見えました。シャワーの出もよかったし、ベッドも硬すぎず柔らかすぎず大変よかった。あのベッドは本当に気に入りました。マンハッタンを歩き回った疲れた体を癒してくれました。そういえば、ホテルから電話をかけると手数料をかなりとられるそうです。特にヒルトンやシェラトンホテル。でもこのホテルでは市内、海外とも1ドルでした。とても良心的ですよ。エレベーターだけは待ち時間があります。
 特におすすめのお店は無かったかな。もうすこし滞在したかった。とにかくNYは歩きました。
 心残り・・・常に時間が無かった。(3泊5日)
其の1.ヴェンダーで食べ物が買えなかった。常に急いでいたから前を通るたび指をくわえて覗き見してました。
其の2.バッテリーパークまでは行ったけどフェリーに乗れなかった。午後からヤンキースタジアムだったから、朝地下鉄でバッテリーパークへ。3センチの自由の女神を見て、グラウンドゼロまで歩きました。道を間違えグラウンドゼロの東側を歩いていたつもりが西側の道だったので地下鉄まで戻るのにまた歩き、4番線でヤンキースタジアムに急行。ゆっくりフェリーで女神のところに行きたかった。
其の3.ミュージカルが見れなかった。
本当にあと2日はいたかったです。また行きます。
このサイトは初めてNYに行くのに大変役に立ちました。これからも頑張ってください。

 NO.744 ビール大好き人間(24) 〜2月のNYへ〜 関東   Posted 2003/08/21
 2003年2月中旬 8日間 2回目
 アメリカン航空
   1人で海外に出るのは初めてだったので、ハラハラドキドキしていたので、機内食は何を食べたのか思い出せないのですが、まずくはなかったです。アメリカン航空はビールなどのアルコウル類が出ないので、ショックでした。成田出発が夜8時位だったので、機内はものすごく空いていました。全日空との共同運航だったみたですが、それでも、空きすぎていました。1列に1人位だったので、皆、横たわって寝ていました。しかし、自分は、トイレに行くにも荷物をギュッと握り締め、周囲を警戒していました。
  機内ではもっぱら、NYについての本や雑誌を読み、また、音楽を聞いていました。Japanese Horizonという機内の音楽番組があり、聞き続けていました。キックザカンクルー、キンキ、GLAYなどが流れていました。普段は聞かない曲ばかりですが、一生涯耳に残るような気がします。
  機内はがら空き。窓側に座れるなんて、ラッキー! って思っていました。アラスカ周辺を通過しているときは、地球の不思議を感じました。普段見慣れない景色を実体験すると、やはり感動します。そんなわけで、機内では、エキサイティングに過ごしていました。(あまり寝ませんでした。)
   滞在中1〜4日目は晴れていたり曇っていたりです。外はものすごく寒くて、多分、氷点下だったと思います。手袋や耳当て(耳につけるアレ。子どものときに皆さんがつけていたやつですよ!)が必須です。マンハッタンは高層ビルが多いじゃないですか。だから、日の当たらない場所はかなり寒い。そして、女神様を見に行くときは、死ぬほど寒いですよ。海(川)に近い所は、風がものすごく強い。NYで風邪を引くとしたら、女神に行く時。船を待つときに凍えます。
  滞在4〜6日目は、大雪が降りました。一晩で40〜50cmも積もってしまい、自分の旅は滅茶苦茶になってきました。5日目の夜に、「雪だ雪だ!」と物珍しそうにはしゃいでいて、翌朝、ホテルの外に出たら・・・。言葉になりませんでした。
  マクドナルドなどのファーストフード、5番街、その他ほとんどクローズ! 食い物に困り、吉野屋へ直行。味噌汁がたまらなくありがたかった。
  というわけで、NYの気候は気まぐれみたいです。
 17(セブンティーン)
  当時、自分は大学院生だったので、『地球の歩き方』の学生旅行の雑誌から、この旅を選択しました。ホテルは「17」指定だったので、あらかじめ、ネットで下調べをしておきました。予想以上に満足でしたよ。
  このホテル、バス・トイレ共同でした。バスでは、シャワーのお湯と水の調整が難しく大変でした。1フロアには、1〜2個所しかバスやトイレがないので、順番待ちがめんどくさかったので、別のフロアを利用したりしました。
  自分の部屋は、6畳くらいでした。静電気がひどくかったのですが、とっておきのアイテムを用意していったので防げました。一人旅なので、ちょうどいい広さでした。しかし、お隣に、誰か住んでいたのでビックリ。怖かったのですが・・・
  従業員は、笑顔が素敵ないい方ばかり。しかし、英語ができない自分は、ノンバーバルなコミュニケーションで、会話した感じです。
  宿泊料は、わかりませんが、1泊90ドル前後で泊まれるんじゃないのかなあ。ホテルの総合的な評価は、自分にとっては★★★☆☆。ただし、自分は男です。日本の女性が1人で泊まるるのは!?。
 @イーストビレッジ
   ホテルまでは、「日本旅行」のお兄さんが案内してくれました。そのお兄さんいわく、イーストビレッジあたりがお勧めと言ってました。古着屋さんが多いですよ。具体的にどこがお勧めとはいえませんが、タイムズスクエアに慣れてしまたら、イーストビレッジを歩いてみてください。お買い物などを楽しんでみてください。
  NYに着いて2日目に、関西大学出身のタケちゃん、フクちゃん(卒業旅行中の気さくな商学部生)と知り合いました。女神様がいる島の前の公園で、「写真を撮ってください!」と自分がお願いした時に知り合いました。その日は、タケちゃんとフクちゃんに同行し、タイムズスクエア周辺を歩き回りました。夕食は、プラネットハリウッドへ行きました。肉が噛み切れませんでした。
  3日目は、朝、イーストビレッジにて朝食。とても寒くて死にそうでした。カフェでは隣にフランス人旅行者がいました。「写真を撮ってください」とお願いして、朝食の1コマを撮りました。1人旅は、自分が映った写真を撮るのが困難なんです。(あたり前か。) 午後はロックフェラーセンターで1人でスケートをしました。バレンタインデーだったので、ハートのマークがスケートリンクに施してありました。その日の夜は、再び、タケちゃんフクちゃんと合流し、ミュージカル「オペラ座の怪人」を見ました。冬は、チケットの入手はしやすかったです。翌日タケチャンフクちゃんは帰国とのことで、別れが辛かったです。
  4日目からは、いよいよ本格的1人旅。メトロポリタン美術館で、ゴッホの自画像を見ました。その後、今度はセントラルパークでスケート。彼女がいないので片手が淋しかった! だけど、スケートがへたくそな自分は、一生懸命トレーニングできました。
  こんな感じで、旅は進み、ミュージカル「アイーダ」、買い物に「ナイキタウン」「5番街付近」・・・。いろいろ楽しみました。
  5日目以降は大雪のため、外の施設はほとんどクローズド。ホテルから一歩足を踏み出した時、せっかくの「卒業旅行が台無しだ!」と泣きそうな顔でした。しかし、他の旅行客はむしろ、雪を楽しんでいました。たくさん積もった雪に倒れこんで、自分の“型”を作っていました。笑顔な人が多かった。NY市民は、ストリートでスキーを楽しんでました。子どもたちは除雪車が作った雪山で“そり”遊び。しかし、自分はこわばった顔。ふてくされている。このままじゃ、旅が辛くなると感じ、自分なりにどうしたらよいか、考えました。NYの交通は麻痺していたので、ブロードウェイストリートを歩こうと決意しました。地下鉄はかろうじて走っていたので、ソーホー辺りで下車。そこから、半日かけて、タイムズスクエアまで歩きました。途中で雪が強くなって、傘をさしたり、空いている店へ逃げ込みました。日本人留学生らしき人がカッパエビセンを買っていました。ブロードウェイストリートは今の季節、車がたくさん走っているでしょう。しかし、半年前は大雪で、何も走っていませんでした。自分は、その道の中央を歩いていました。ところどころで、写真を撮りました。ストリートの真ん中でガッツポウズをしている写真もとりました。帰りは5番街付近からバスで、ホテルがあるユニオンスクエアに向かいました。バス停でバスを30〜40分も待ちました。NYでバスに乗るのは初めてだったので、バスを待っている人に「Is this Basstop ?」と話しかけたら、どうやら現地で働いている日本人のかたでした。バスの乗り方や、NYの歴史を教えて頂きました。お名前は、浅井さんで、岡山出身だったかな!? いつかまた、お会いしたいです。
  最終日。朝、4時、日本旅行(大阪)からホテルに電話がかかってきました。「JFK空港のフライトスケジュールに変更があった模様で、急いで帰国の用意をして下さい」とのこと。空港は前日クローズしていたので、空港に着いた時はメチャ混み。手続きに4〜5時間も待たされました。
  帰りの飛行機もアメリカン航空だったので、飲酒はできませんでした。席は満員で驚きました。行きと帰りが全く状況が違っていました。隣に座っていたおじさんが隠れて飲酒を始めました。物欲しそうに、自分が見ていたら、ウイスキーを分けてもらいました。しかし、スチュワーデスにバレて厳重注意! このおじさん、川崎市在住の建築関係の公務員で登山好き。優しそうな人柄で、とてもいい方でした。息子さんがバスケットが得意で、家族でNBAを見に行ったそうです。お父さんだけ、仕事の都合で早く帰国しなければならなかったそうです。お名前は忘れましたが、いろいろとお話しできてよかったです。ありがとうございました。
  そして、日本へ帰国。1人旅、大満足でした!! 1人じゃなければ味わえないことたくさん経験しました。NYで知り合ったタケちゃん、フクちゃんや浅井さんや、飛行機で知り合ったお父さん。いろいろとお世話になりました。感謝いたします。
  来月9月に彼女とNYへ!安全に帰国できるといいなぁー!(※夏なのに、2月の話でごめんなさい!)

 NO.743 さち 関東   Posted 2003/08/18
 2003年8月上旬 7日間 初めて
 全日本空輸
 ANAは座席が狭いと聞いていましたが、割とゆったりしていました。好きなときにビデオが見られる個人モニター付きだったので、暇がつぶせてよかったです。ペットボトルのお水をまめに配ってくれたので機内の乾燥対策になりました。
 滞在中ずっと、雨が降ったり止んだりの天気でした。レストランや美術館、シアターはやっぱり冷房がとても効いているので羽織るものを1枚持っていたほうがいいと思います。
 Double Tree Guest Suites
 親子3人には十分な広さでした。従業員の方も親切でした。タイムズスクエアにありますが、必ずルームキーのチェックを受けてから中に入るので安全でした。特に金曜日の晩、タイムズスクエアはすごい人でしたが、チェックの方の人数も増えていてきちんと対応がされてました。
 @野球観戦 Aミュージカル
最初はミュージカルは予定に入れてませんでしたが、「せっかく行くのだから」という友人のひとことでトライすることに。「マンマ・ミア」を見ましたが、チケットは劇場窓口で購入しました。2階席でしたが、十分楽しめました。子どもも感激していました。ヤンキース対マリナーズ戦は超満員でした。座席は外野に近い内野でしたが、ネットがないせいかグランド内がよく見えてすごく楽しかったです。残念ながらヤンキースは負けてしまいました。
 最初は地下鉄がとても怖かったのですが、乗り方さえ覚えて十分注意して乗れば、とても便利な移動手段です。日数の割りに効率的にいろいろ回れたのも地下鉄を利用したからだと思います。これからヤンキーススタジアムへ行く方へアドバイスをひとつ。貴重品は小さなポーチにいれて首からぶら下げ、荷物ははじめから透明なビ二ール袋に入れて持っていかれることをオススメします。私たちは初め、透明ビニールで地下鉄に乗るのはかっこ悪いと思って、ナイロンのショッピングバッグに荷物をいれ、球場前で透明ビニールに入れ替えました。ところがこの折りたたんだショッピングバッグがダメだといわれました。「荷物を預けてこい」と言われましたが面倒くさいのでその場でショッピングバックを捨てました。地下鉄の中で見かけた方は、みんな透明なビ二ール袋でした。
最後に『NYLY』には、行く前に大変お世話になりました。ありがとうございました。またニューヨークに行くぞ!!

 NO.742 まんだりん 海外  Posted 2003/08/16
 2003年8月上旬 5日間 初めて
 Other
 国内線のATA使用。本当はサウスウエストにしたかったのですが、ATAの値段の安さにつられてしまいました。
 蒸し暑かったです。アメリカでもこんなに蒸し暑い場所があるんだ、と感心したほど。特に地下鉄コンコースはサウナ並みの不快度指数でした。あと気がついたのはタバコを吸いながら歩いている人が多いこと。そのタバコの煙と車の排気ガスで、かなり空気が悪くノドがイガイガになります。
 Stanford Hotel
 これまた値段の安さにつられました。でも1泊100ドル程度の値段にしてはなかなか良かったと思います。部屋にはテレビ、冷蔵庫、ヘアドライヤーなど必要なものがちゃんとありますし、フロントの対応もてきぱきしていて良かったです。ロケーションとしてはコリアンタウンの中にあるので、宿泊客の多くが韓国の人のようにお見受けしました。でも日本人も案外多かったです。ホテル1Fにはよくガイドブックでも見かける韓国レストランがあり、私が食べにいったときは周囲すべてが日本人客でした。
 ハーレムの教会のゴスペルはお勧めですけど、日本人のツアー客が多いのには驚きました。あのツアーっていくらぐらいなんでしょう?私は地下鉄使っていきましたが、ぜんぜん治安的に問題ないと思いますので、ツアーに払うお金があれば教会に寄付したほうが・・なんて思ってしまいました。(ツアー会社の人、すみません)
あと、自由の女神にいくフェリーは帰路、エリス島に寄るのですけど、無料なのでぜひ見たほうが良いと思います。映画(30分程度、これも無料)があります。小さいお子さん連れの日本人親子がいまして、誰もがシーンと映画に熱中している時、お子さんが騒ぎ出し、ちょっと気になってしまいました。ドキュメント映画なのでお子さんにはつまらない内容だと思うので、ご覧になるかたはお子さんの年齢を考慮したほうがいいかもしれません。国連のツアーですと最初から「5歳以下は参加不可」となっていますので、それぐらいを目安にするといいかも。
 NYから帰ってきたすぐあとに、大停電しているので驚きました。ニュースで見る風景は見覚えがあるものばかりで、あんなに蒸し暑いのに冷房なしでキツいだろうな・・とか考えてしまいました。

 NO.741 momo 関東   Posted 2003/08/16
 2003年8月上旬 8日間 5日目
 全日本空輸
 往復とも満席でした.さすが日系はかゆいところに手が届くサービスのよさと化粧室がキレイ。でも機内食は年々内容が落ちているような気がするのは気のせいかな?
 ニューヨークも冷夏だったのか、とても過ごしやすかったです。
  The stanhope park hyatt hotel シングル1泊2万3千円
 米系サイトの早割で予約しました。メトロポリタン美術館の正面にある位置し夏のオープンカフェが有名なホテルです。客室は16(45sq位)畳程のクラシカルな造りの部屋で、客室が多くないせいか、従業員の目が行き届き、日系のホテルにとまっているのかな?と錯覚するようなラクチンさでした。プラザのような華やかさや交通の便のよさはないけどゆっくり静かに滞在したい方にはおすすめです。
 自由の女神
  定番で申しわけないですがやっぱりニューヨークにきたらココにいくことにしております。今回も2回程(一体トータルで何回いってんだか・・)行ってきました。地下鉄はBowling Green駅が一番近く、年中無休で9時30分から大人$10で行けます。フェリーはバッテリー・パーク→自由の女神のある島→移民の歴史を語る島→バッテリーバークの順に回ります。そうそう、船着乗場のフェンスに陣取りましょう。最初は逆?と思われるかもしれませんが出航と同じにターンし、やがて自由の女神がベストショットにみえるようになるので、シャッターチャンスを逃さないようにがんばってください。あと自由の女神がある島より移民の歴史の島の方が若干トイレがすいてて紙もあるしきれいです。
 1週間たらずの短い滞在でしたが十分充電してきました。ニューヨークはやっぱりいいですねぇ。