ニューヨークに行ってきました! Vol. 751 - 760

 「ニューヨークに行ってきました!」は、みなさんからお送りいただいた、悪戦苦闘、喜怒哀楽、七転八倒なニューヨークの日々を掲載しています。
▲ NYに行ってきます!・登録のページへ
▲ NYに行ってきました!・登録のページへ
▲ NYのホテル!・登録のページへ
 NO.760 とと 近畿   Posted 2003/08/30
 2003年8月中旬 6日間 9回目
 日本航空
 JALは5回目です。機内食のメニューはいつも同じで残してしまいました。機内では、毎回ずーっと映画を観て過ごしていましたが、今回はイマイチだったのでワインを飲んでさっさと寝てしまいました。
 NYの夏場は、突然昼間や夕方に雷と豪雨に遭遇することがありますが、今回は大丈夫でした。しかし、天気予報では毎日(週の前半だけ)雷雨があると言ってたので、いつも傘を持ち歩く羽目になってしまいました。だけど、あの大停電の日の予報(今年2番目に暑く晴天となるでしょう)は見事に当りました。
  Hotel 17
 今回初めて泊まりましたが、あんなに宿泊料が安いのに、普通のホテル並みのアメニティがありとてもよかったです。また、ホテル周辺は夜間でも人通りが多く、遅く帰ってきても安心でした。
予約は、インターネットから行いました。複数のホテル予約サイトがありましたが、現地払いができる理由から直接このホテルのホームページから予約しました。ただ、AMEXが使えないのが残念でした。
 @DIA Beacon AMET
 @今年の5月にオープンしたばかりのDIA Beaconに行ってきました。ここは、チェルシーにあるDIA Centerの系列の美術館で、他では展示できそうもない大きな作品が工場全体利用して展示しており、すごく楽しめました。また、ここへはMetro-Northで約1時間20分の小旅行となり、ハドソン川沿いの景色も堪能できました。
ANET METのメンバーになったので活用してきました。2日に分けたガイドツアー参加です。1日目は日本語ハイライトツアーに、2日目はオランダ19世紀美術ツアーに参加しました。日本語ツアーには、午前中にもかかわらず20人以上も参加者がいたので驚きました。2日目は、本当はImpressionかModernArtに参加したかったのですが、ホームページで掲載されているガイドスケジュール通りでなかったため、泣く泣くオランダ美術ツアーに参加しました。この時代の美術知識が全くなかったので、英語では聞き取ることはやはりダメでした。
 大停電のため、映画「CAMP」とミュージカル「UrineTown」が観れなくなってしまいました。しかし、大都市の大災害を自ら経験できて大変良かったと思っています。大停電後、ミュージカルをキャンセルするためにUnion SquareからTimes Squareまで歩きました。往復約2時間の道のりでしたが、ボランティアで交通整理する人々、みんなに状況を知らせようとラジオのボリュームを大きくしている人々、暴動を恐れて客を少しずつ店に入れて商売しているグローサリーの人々、ローソク(安かった)や懐中電灯(高かった)を売る人々など垣間見ることができました。また、コンピュータ社会の脆さも体験することができました ― 本が購入できない(停電のとき本屋にいた)、ミュージカルをキャンセルできない、ホテルのチェックアウトができない(最終的にできました)。次回は、必ず「UrineTown」を観るぞ!

 NO.759 じゅびあ 関東   Posted 2003/08/30
 2003年8月中旬 5日間 初めて
 アメリカン航空
 ★機内食−−−期待していませんでしたので、こんなものでしょう。。。帰国便は大停電の影響でメニューが大幅変更。ライスorヌードル(ヌードルはカレーうどんでした)とサンドイッチが2回配られました。これは仕方ないですね。事前にメニュー変更のお知らせもありましたから。
★フライトアテンダント−−−行きのフライトアテンダントの私語がうるさくてうるさくて。。。一番後ろの方の席だったので、よーく聞こえました。あれでは眠れません。また帰りは大停電の影響でフライトキャンセルとなり帰国が一日遅れたのですが、地上職員の対応もよくありませんでした。フライトキャンセルのアナウンスも、ハンドマイクで一度だけ。確かに航空会社の責任ではないので、気持ちはわからないでもないのですが、イライラして乗客にどなりちらしている職員もみかけました。私は職員をひとりつかまえて「どうなってるの?」と自分から聞いていたので、アナウンスの前にキャンセルになったことを知りましたが、アナウンスがあったのはそれからずっと後のことです。夕方までキャンセルを知らなかった方もいました。もうちょっとちゃんとアナウンスしてあげたらいいのにと思いました。ちなみに停電復旧後、翌日のフライトのチェックインは、何の前触れもなく夜中3時に既にはじまっていました。。。びっくりです。
★おまけ−−−機内は冬のように寒いです。毛布は2枚必要です。遠慮なくもう一枚もらいましょう。
 思ったよりも蒸し暑かったです。女性の方、帽子、日焼け止め、サングラス必携です。5th Ave.にショッピングにいかれる方も多いかと思いますが、ジーパンにスニーカーという旅行者スタイルより、パンプスやちょっと踵のある靴など、おしゃれめな服装のほうが、店員さんの接客態度がいいです。別にあからさまにイヤな顔されるわけではないですけどね。
 Milford Plaza Hotel
 ★雰囲気−−−ロビーも客室もシンプルです。ガイドブックに「周辺の治安はあまりよくない」と書いてあったのですが、すぐ裏にたくさん劇場があるので、夜も人通りも多くあまり心配しなくても大丈夫だと思います。エレベータホールの前に、ルームキーをチェックするおじさんがいるので、怪しい人が出入りすることもありませんでした。ただし、8th Ave.を挟んで向かい側のブロックは、足を踏み入れないほうがいいかもしれません。一気に人通りがなくなりますし、暗い感じでした。
★客室−−−部屋は狭いですが、シャワーのお湯は合格です。アメニティーは充実していませんが、日本からお気に入りのアメニティーを持っていっていたので問題ナシでした。テーブルも椅子もないので、デリの食事をひろげるのには不便です。お掃除も毎日きちんとしてくれます。ホテルでのんびりくつろぎたいという方にはオススメできませんが、昼間は観光やショッピングに出かけ、夜戻ってくるだけという方なら十分ではないかと思います。セキュリティーBOXはフロントですが、無料です(キーをなくすと$100とられます)。利用しましたが、特に問題はありませんでした。
★従業員−−−フロント係りはまったく愛想がないです。パートタイマーが多いのか、交代の時間が来るとさっさと帰ります。でも、ちゃんと用件を伝えれば対応してくれますし、質問にも答えてくれます。「ここはアメリカ」と思えば、不愉快にはなりません。一方、黒人のコンシェルジュはとてもフレンドリーで親切です。帰りのシャトルを予約したときも、「ロビーにいると気づいてもらえないかもしれないから外に出て待ってて」とか「時間が前後するかもしれないから20分くらい前には外に出たほうがいい」とか、細かく教えてくれました。
★総合評価−−−日本語ができるスタッフはいないようなので、英語がまったく出来ない方は不便なこともあるかもしれません。でもミッドタウンのホテルでこの内容であれば、宿泊料からしても合格だと思います。
 @ミュージカル AバーニースNYの最上階レストラン
 ★ミュージカル−−−マンマ・ミーアを見ました。最高です!立ち上がって踊ってしまいました(笑)。CDも買ってきましたが、今も毎日聞いています。次回はライオンキングを見たいです。
★バーニーズのレストラン−−−安くはないです・・。でも美味しいです。接客もしっかりしているし、気持ちよくお食事できます。私はしませんでしたが、言えばリクエストにも答えてくださるみたいで、隣のテーブルの白人紳士はいろいろお願いしていました。ちょっぴりおしゃれして出かけたいレストランです。
 帰国の前日、大停電に遭いました。建物から出された人々は道路にあふれ、信号機も止まっているので車もスムーズに走れない中、停電直後からどこの交差点にも交通整理をする人がたっていました。警察官でもない、一般の人たちが、事故のないよう自ら交通整理をしているのです。そして誰もが落ち着いて行動していました。これにはとても心を打たれました。また停電の夜、ホテルの外の通りで座っていたら、隣にいたアメリカ人のご夫婦が「お腹減ってない?ピザあるけどよかったらどう?」と声をかけてくださったり、翌朝向かったJFKで、ヒスパニック系のご家族に水を分けてあげたら、「朝食たべてないでしょ?こんなものでよかったら食べてね」と、パンやらプレッツェルやらチップスやら色々いただいたり、停電中に色々な人とお話しましたが、初対面でもみんなお互いのことをいたわりあって、不思議な安心感がありました。今回最後の夜に取っておいたエンパイアからの夜景をみることができなかったので、次回はリベンジしたいと思います。
NYは初めてでしたが、何だかヤミツキになってしまいそうな予感です!

 NO.758 エロスdo 関東   Posted 2003/08/30
 2003年8月中旬 6日間 3回目
 コンチネンタル航空
 とにかく寒かった。あと映画も充実していなかった。今さらX-MEN2見せられた。
 暑かったけど、朝と夜は涼しかったと思う。日本に比べて。夜のオープンカフェは心地よかったような気がする。多分。
 パークセントラル
 ホテルの部屋に入ると、前の客が散らかしたまま掃除がされてなかった。ホテルを出る前に一回、帰ってきて一回、さらに一回、「とにかく待ってるから今すぐ掃除に来い!」と一回、何度言っても、「すぐやる」との回答のまま音沙汰なし。結局、部屋を変えてもらった。そしてお湯は出なかった。グンナイ。
  「ヘアスプレー」を見たが、内容が分からず寝てしまった。その後に見た「マンマミーア」は理解でき感動したが、「マンマミーア」を見て初めて「ヘアスプレー」の完成度の高さが分かった。もっと英語力を磨いて再度トライしたいぜ。メラニーメグリフィスの「シカゴ」のチケットが取れなかったのは残念。
タイ料理やインド料理や、いろんな国の食事が出来たのが楽しかった。
 ちょうど税関検査の際に停電が起きたので、「あと数人なのに!」ってとこで入国できずにかなり待たされたのは感激。その後、ダウンタウンに入りホテルに着いたものの、チェックインできずに待たされ再度感激。チェックイン後、エレベーターが止まっているので、9階まで荷物を持って駆け上がったのも大感激だぜ!停電のおかげで、METS戦や美術館、エンパイアビルなど行けなかったところもあったし、店が閉まって2食分食えなかったし、少しでもロスを無くしたいたった1週間の旅行者にとっては痛い経験でもあった。でも、記念には残った。結論:信頼できないルーズな奴らだぜ。

 NO.757 tacobell 近畿   Posted 2003/08/30
 2003年8月下旬 5日間 3回目
 ノースウエスト航空(デトロイト経由)
 マイルを使って行きました。8万マイルしか残ってなかったので、行きをビジネスクラスに帰りをエコノミーにして7万5千マイルを使用しました。2階がファーストシートと聞いてたのですが、関空初の機材は一階の前方だけがファーストシートでした。(変更しなきゃよかった)でも2階も快適に過ごせて、やっぱり長時間のフライトはビジネスが楽です。帰りのエコノミーはシートを21Kを指定して比較的楽に帰ってこれました。行きのエコは満席、帰りもほぼ満席状態でした。
  私が行った時は暑くて、地下鉄のホームは息苦しい状態でした。雨も全くなく傘もいらない状態でした。ミュージカル用に長袖を一つ持っていくだけで十分でした。
  ミルフォードプラザ
 あまり評判がよくありませんが、安いし場所がいいので前回も今回もココです。コーヒーメーカーがないので、トラベルポットを持っていくと大活躍です。一人旅だったので夜遅くにご飯に行くのも面倒だったりするので、日本から持って行った「ごんぶと」が美味しくて助かりました。冷蔵庫もないので、アイスボックスに氷を入れて利用しました。部屋はキレイじゃないけれど、十分だと思いますよ。ホテルの前にテロの銅像があったと思ったのですが、なくなってました。
 @ミュージカル AABERCROMBIE&THE FITCH
 ミュージカルは今回3本見ました。美女と野獣、RENT、42ND STREETです。3つとも日本語のトランスレーターがあったので、全部借りました。TKTSに並んだり、クーポン使って見たので、50ドルまででどれも見ることが出来ました。TKTSはサウスシーポートにも行きましたが、ココは好いてたし偶然なのか席もよかったです。この裏手にABERCROMBIE&FITCHがありますので、買い物がてら行ってみてはどうでしょうか?サウスシーポートは次の日のマチネの席も取る事が出来るので、なおさらヨイかと。。
 旅行は何度も行ってるのですが、一人旅が初めてでした。行く前は不安でたまらなかったのですが、NYが一人旅に向いてる町なのだと思います。怖いとか寂しいとか思う事が一度もなく、毎日今日はドコへ行こう・・とか考えるのが楽しかったです。毎日ほぼ同じ事をしてるのですが、全く飽きる事無く日々充実してました。日本人の女の子の一人旅が多くて、皆頑張って地図片手に歩いてるのを見て、なんか来てよかったな〜と思ったりしました。この一人旅が充実しなかったら、今後一人で行く事はなかったかもしれないので、ホントよかったです。きっとまた近いうちに行くと思います。今から行かれる人も頑張って充実した旅にしてくださいね。

 NO.756 Crazy Hair 近畿   Posted 2003/08/30
 2003年8月中旬 5日間 初めて
 ノースウエスト航空
 整備の為(?)で出発が1時間以上遅れ…、JFKに到着しても原因不明でドアが30分以上開かず…、今となっては笑い話です。 NWのエコノミーなので期待してはいませんが、食事はやはり日本発(往路)の方が美味しかった。途中に出たアイスクリームで救われた気がしました。 フライトアテンダント達の対応や機内映画の翻訳の有無では復路の方がよかったです。
 流石に暑いけど、蒸し暑さは大阪よりはマシでした。お店に入れば、すぐに冷房で気持ちよくなれるし。女性でデパート等で長時間いそうなら、薄手の長袖ものは必要でしょう。
 Wellington
 「お手軽パッケージツアー」だったのですが、c/i時に「今、部屋がイッパイなのでスイートにどうぞ」でラッキィでした。リビング、ベッドルーム、ダイニングキッチンには冷蔵庫・電子レンジ・流しまで完備。目の前の「55st Deli」で飲み物やフルーツを買い込んで冷蔵庫に入れて置けたのでよかったです。 1FのCAFEの朝食は適正価格で美味しかったです。対応もよく、朝一から気持ちよくさせてもらえました。 【…ちなみに、道を挟んですぐ南にある(一見オシャレな)CAFEでは、日本人が行くと朝食で$100以上ボッタクリにあいます!被害者続出らしいですよ… ご注意を!】
 @Madison Square Garden AChrome Hearts
  @2夜バスケのゲーム(もちろんシーズン的にNBAではありません)を観ましたが、バスケ(スポーツ・エンターテイメント)のメッカだけあって日本にはない盛り上がり方や客のヤジは最高に楽しかったです。
A店員のCuteなお姉さん達と色んな話で盛り上がってしまい、(高級ブランドの割には気さくなんですよね)二人の買い物合計金額はツアー料金より多くなってしまった…。しかし日本よりかなり安い!
@Aとも自称「大ファン」なら必ず行っとけ!ってな感じ。
  特に気づいたのが、「どうして日本人同士だとホテル等で会っても挨拶をしないのでしょう…?」 上から下までジロジロ見るだけで知らんぷり。多種他民族と生活しているとお互い解り合おうと努力するが、日本のようにほぼ同一民族の国ではまず他人と差をつけようとするからでしょうか。 機内で女性が荷物を上げようとしているのを手伝わない人とか、列にちゃんと並ばず横入りする人とか、ちょっと目に付いた(嫌な感じの)日本人が多かったのです。 現地の人々(NYに来ていた外国の人々も含む)と接してみて、何かと勉強になった旅行でした。

 NO.755 hiroe 東海   Posted 2003/08/30
 2003年8月下旬 6日間 初めて
 日本航空
 機内食は…はっきり言っておいしくなかったです。エコノミーシートなのでしょうがないですが(笑)。でも映画が日本で公開されていない、おもしろい作品がたくさんあったので長いフライトも苦痛ではなかったです。
 暑かったけど我慢できないほどではありませんでした。帰国後の名古屋の方がずっと暑い!ミュージカルを見ている間、冷房が効きすぎているのではおるものを持っていって正解でした。夜に見たのでもう少しドレスアップした洋服をいれておけばよかったとそれは少し後悔しました。
 キタノ ニューヨーク
 家族4人で泊まったので、ジュニアスイートにしました。ダブルサイズのベッドがくっついておいてあり、子供二人に私、主人でちょうどよい広さでした。ソファも広く、部屋やお風呂の大きさも充分ありました。初めてのNYなので日本語が通じるのはとてもありがたかったです。聞きたいことがすぐわかるのは子連れにとって心強いですね。グラセンへは徒歩5分ほど、エンパイアやコリアタウンも徒歩圏内です。タイムズスクエアやセントラルパークへは距離があるのでタクシーで行動しました。今度行くときはタイムズスクエアにもっと近いホテルに泊まりたいです。
 @アメリカ自然史博物館 Aウッドベリーコモン
 噂には聞いていましたが自然史博物館の恐竜の大きさに圧倒されました!恐竜の進化別に展示してあり、英語苦手でも充分楽しめます。ウッドベリーコモンへは、NJに住んでいる主人の友人に連れて行ってもらいましたが一日では見きれません。サイズを見つけるのが大変ですがバーバリーで掘り出し物をたくさん購入できました。子供たちの服ははGAPでいっぱい買えました。
 一日目
JFK到着後、主人の知り合いの方が迎えにきてくださりそのままホテルへ。。。荷物を置いて早速行動開始!学生で一ヶ月NYに滞在しているI君にNYにいる間お世話になりました。I君にガイドをお願いし、グランドゼロ、自由の女神を見に行きました。グランドゼロを目の前にした時は、正直悲惨な出来事があった場所とは思えなかったです。きっと私が生のワールドトレードセンター見たことがないからでしょうね…。そのあとにいろんな場所でワートレの写真を目にして初めて破壊され、大勢の尊い命が失われたのが実感し悲しくなりました。自由の女神は上る事ができないので「近くで見られればいいか」ということになり、地元の方が乗るフェリー(どこ行きか名前忘れました)で一周しました。夕飯はグランドセントラル内の「マイケルジョーダン・ステーキハウス」に行きました。そのころには時差ボケなのでぐったりしていましたが、ロブスターを食べて元気回復!ビールもしっかり飲んで初日を終えました。
2日目
朝9時にホテルを出発してウッドベリーコモンに行きました。一日足を棒にしてお店を見回りました。プラダは期待してたほど品数がありませんでした。夕方にホテルに戻り、夕飯は楽しみにしていたオイスターバーに行きました。店内は空いていてすぐ席に案内してもらえました。噂通り生カキとクラムチャウダーがおいしかったです!!
3日目
朝に寝坊してしまい、10時から行動しました。朝食にと、とっても行きたかったH&Hベーグルへ!残念ながらブルーベリーベーグルが売り切れで、レーズンを買いました。店内では食べられないので、スターバックスでコーヒーを頼んでそこで食べました。オンラインで注文したことはあったけど、作りたてのベーグルは絶品ですね!!そこから歩いて自然史博物館に行きました。プラネタリウムはハリソンフォードの解説でした。吸い込まれるような星や、水面から出るときの迫力はすごいです。IMAXシアターもストンプがプロデュースした作品で、民族音楽(でいいのか?)の素晴らしさを体感しました。3日間一緒に回ってくれたI君はIMAXシアターに一番感動したようです。それからタイムズスクエアに行き、トイザラスの室内観覧車に乗りました。恐竜の大きさに圧倒されたあとだった為か、子供達はあんまり喜んでくれなかったです(涙)。ミュージカルの劇場に近い「プラネットハリウッド」で夕飯にしました。「プリティーウーマン」の衣装、「ゴースト ニューヨークの幻」等、いろんな映画に使われたものが飾ってあって見るのが面白かったです。8時から「美女と野獣」を見に行きました。子供のために10ドル払ってオーディオガイドを借りました。でも内容を知っているので必要なかったようで最初の10分ほどではずしていました。ガストンとルミエールがおもしろい!ベルの歌声も素晴らしく、ストーリーはわかっていながら感動の涙がでました。帰りにパンフとCDを購入したのは言うまでありません。
4日目
午前中にエンパイアに上りました。チケット買うのに15分ほど、エレベーター乗るのに15分ほど並びました。感想は…霞がかかっていたので上っても上らなくてもよかったかな…。降りた後はタクシーに乗り、FAOシュワルツに行きました。そこで優れもの発見!地球儀なんだけど、ペンで触るとその国の通貨や民族音楽(日本は“桜”)を英語で教えてくれます。確か100ドルくらいでした。大きな荷物だけどあまりに感激し購入しました。
以上、NY滞在日記のような感じでズラズラ書きましたが、心残りはミュージカルをもっと見たかった(特にシカゴ)のと、メトロポリタン美術館にいけなかった事です。来年、またいけたら今度はこの無念を晴らしたいです(笑)。
最後に。。。 JOJOさんはじめ、たくさんの皆さんがこちらで情報を教えてくださったので充実した日々を送ることができました。本当にありがとうございました!!

 NO.754 小寺功 近畿   Posted 2003/08/30
 2003年8月中旬 5日間 初めて
 ノースウエスト航空(デトロイト経由)
 行きの機内(関空ーデトロイト)はとにかく、寒かったです。半そでのポロシャツと長ズボンでした。クーラーガンガン。誇張なく、冷蔵庫に入っているようでした。用意されていた薄い毛布にひたすら包まったいました。寒さと眠さで大変でした。クーラーのききすぎる場所(最後部座席)にいたからでしょうか。帰りの事を考えて、NYで長袖のシャツを購入しました。
 雨もなくいい天気でした。(19,20,21、22日)
 Holiday inn midtown
 歯ブラシ、歯磨き粉はなかったですが、後は通常のものそろっていました。
従業員の対応もきちんとしてくれました。日本語が通じなかったので少し苦労しました。国際電話をルールに従ってしていたのですが、つながりません。ホテルに問い合わせると、支払方法(クレジットカードの申告)を事前にしていなかったのでつながらなかったとの事。この辺は日本のホテルから電話するときと違いますね?!部屋の広さは十分でした。
 @蕎麦屋 Aグランドゼロ
 何せ、正味2日間のフリータイム。お勧めほどの体験はありませんが、2日目「蕎麦屋」(SOHO)という店名の店がよかったです。てんぷらうどんといなり寿司を注文。やはり、日本食に戻ってきます。(笑)
グランドゼロ。(WTC)。青い空を見上げながら、今はもうないTWC、想像していました。一昨年の9月11日、すごいことが起こったんですね。人間の思想のすごさ、再考しました。
 NYに来てよかったです。英語学習などひとつもできなかったけど(当たり前)アメリカやアメリカ人をほんの少しでも垣間見できたことがよかったです。入国審査でのセキュリティチエックの厳しさ。まるで、捕虜のような扱い。ホールドアップの姿勢をとらされたり、はいていたぞうりすらもチェックされたり・・。はだしのままでうろうろしていました。ホテルの周辺を歩いた時、路上にそのまま、横になって眠っている人、多く見ました。日本では、ダンボールとかビニルシートとかで自分の身体を保護するのに、アメリカのホームレスの人たちはそのまま(夏だからでしょうね、多分)。ヤンキースタジアム、ダフ屋の少年が断られても、断られてもあきらめず、声かけていました。みんな、生きることの必死なんですね。
もし今度、来るならば、もっと英語力、表現力身につけて、いろいろなニューヨーカーと話がしたいと思います。

 NO.753 スパイク 関東   Posted 2003/08/23
 2003年8月中旬 5日間 2回目
 ノースウエスト航空
ブラックアウトの直後だったので、フライトは大幅に変更。半日遅れでの出発。たいしたアナウンスもなく、知らないうちに搭乗が始まっていて驚いた。警官が仁王立ちしての荷物チェック。停電の原因がはっきりしていない時だった為、少々不安の中の出発。それでも機内は割と快適。エアコンが弱めだったのか?!、いつもの重装備で着込んでいたら暑かった。乗務員の対応も親切で好感触。食事も行きは美味。ちなみにイタリア行きの便?が飛ばないなど、成田はちょっと大騒ぎ。溢れ返った外人達と、ぎゅうぎゅうの喫煙ルームで世間話が楽しかった。エンパイアはまだクローズだとか色々な情報もゲットできた。
帰国便は予定通りのフライト。食事がまずかっただけで、その他は合格点。
 暑い暑いと聞いていたので覚悟していたら、思いのほか涼しかった。一日だけスコールのようなどしゃぶりに会うが、それでも局地的。マンハッタンでは一日も雨に降られず、天気予報通り。最高気温80〜86F。これまた天気予報通り。夜は一枚羽織ったが、それでも半そででOKな位。現地人もタンクトップから厚手の長袖ニットまで様々。
 マリオットマーキース
  とにかく立地が最高。タイムズスクエアの真横。地下鉄も複数線あり、バスも便利だった。
値段は高めだが、立地を考えると納得。部屋もマンハッタンの中では広い方では?!スーツケース2個広げて、買い物袋ずらっと並べても、まだソファとテーブル周りでゆったりくつろげる。喫煙室に変えてもらったが、少し室内は臭かった(しばらく使っていない感じ)。タイムズスクエアを見下ろせ眺めも良し。エレベーターはアトラクションの様な趣。吹き抜け40階分位は圧巻。噂ではエレベーターは長時間待ちとのことだったが、スムーズだった。フロントその他の従業員の対応も良し。冷蔵庫が自由に使えないのが難点。
 @グラウンドゼロ Aミュージカル
★すでに基礎工事が始まっているグラウンドゼロは、今が行き時。更地はほとんどなくなっているが、それでもまだ爪あととそこからの再生を両方実感できる。NYを楽しむためには通らなくてはならない痛み。それでも背筋を伸ばして歩こうと思える何かがそこにはある。今回はこれだけのためのNY。
★NYで初のミュージカル。時間つぶしのためにオペラ座の怪人を日本の割引サイトで予約。オーケストラ席ちょうど真ん中。実際に見たら大感激。2枚で140ドル(希望の時間と場所へ届けてくれる)は納得。是非一度はミュージカル観劇を。
★その他 教会めぐりもお勧め。今回はStパトリック教会だけだったが、時間があれば是非小さい教会巡りもお勧め。大都会の中の厳粛かつおごそかな空間はNYならではの空気。
 とにかくブラックアウト直後だからか、なんとなくばたばた感は否めず。
夜のエンパイアステートは3時間待ち。窓もなく扇風機しかない長い廊下を、蒸し風呂状態でひたすら並んだ。気分が悪くなってリタイアする人も続発。それでも皆で声を掛け合い、過酷な環境を楽しんでいい思い出にしようとする欧米人には感服。妙な一体感あり。でもそれがなければ絶対に並ばなかった。やっと展望台へ出た時は何度見ても大感激の夜景。8時頃にセキュリティーに並び始め、展望台を半周してはっと時計を見ると既に23時半。それでも何故か気持ちのよい疲れだった。ツインタワーのない夜景にはやはり心がざわついたが、人々のパワーに心が温まった旅だった。

 NO.752 erueru 北陸   Posted 2003/08/23
 2003年8月中旬 8日間 初めて
 日本航空
  主人と二人、UAのビジネスクラス。シカゴで乗り換えてラガーディアにつきました。(余談ですが・・・なぜにシカゴの入国審査は時間がかかるのか!日本からの便は定刻通りについているにもかかわらず2時間以上余裕を持っていたはずの乗り継ぎ便が間に合わず結局2時間遅れの便に変更してもらう羽目に。1度なら、こんなこともあるわよね。と思えますが、去年のカナダへの乗り継ぎに遅れそうになったときは冷や汗もんでした。皆さん、シカゴ乗継には3時間余裕を見ましょう。)さて本題に戻ります。UAのビジネスクラスの食事はGOODです。主人は日本食。私は洋食を選びました。もちろん事前にリクエストして。主人は日本食でないと駄目な人なので僕の方が美味しい!と強がりをいっていましたが、絶対に洋食の方が良かったと思います。ワインもなかなか美味しいものをそろえてありましたね。主人はフライトのほとんどを、大きな身体を「寝返りが打てるー」と幸せそうに寝て過ごしていました。私はというと眠気に負けず映画三昧でした。フライトアテンダントの方はおばちゃんばかり(UAはいつもそうですが)日本からの便に搭乗していた方たちはとても親切で、珍しく笑顔を欠かさない素敵な方たちばかりでした。とても快適なフライトでしたよ。しかーし、帰りは、後に述べますがNY大停電のせい?でフライトアテンダントの方に急なフライトの変更など、しわ寄せがあったのか?なかったのか?それは知りませんが、最悪の扱い。これ?エコノミーの席だっけ?って言いたくなりました。やはり機内で快適に過ごせるか否かは、フライトアテンダントの皆さん次第ってことですね。やれやれ。
  前半はやや曇りがちでしたが、蒸し暑く主人は汗をだらだらかいて大変そうでした。私はもともと暑さには強いので比較的苦になりませんでした。が、いったん建物の中に入ると(NYに限らず諸外国のほとんどが、寒すぎるくらいの温度がサービスだと勘違いしている)寒い!トレーナーを羽織ったり脱いだりと大変でした。後半はぴかぴかに晴れた日が続きとても熱かったです。もちろんその日に大停電があったわけですが・・・。
 DAYS HOTEL Midtown
 Net予約したこのホテルは、正直、皆さんの評価は非常に低いです。主人はそのコメントを読むにつけ、本当にここでいいのーと何度も私に念を押しました。「いいの。ここで」私の選んだ理由は、この立地にして、リーズナブルな価格。私たちのことだからへとへとになるまで精力的に行動するのは間違いないし、街の中心にあれば、疲れたら戻って一休みもしやすいというもの。そして、多少の怖いもの見たさも。結果、二人の感想は、そんなに悪くない。この旅行の最大の目的であるミュージカルを見に行くのには最高の場所でしたし。ほとんどの方の書き込みに、隣の声が筒抜けだとありましたが・・・????隣、居なかったのかなー?たまにトイレの音してたと思うんだけど。って位、気になりませんでした。ドライヤーも問題なく動いたし、バスの水はけはシャワーのみならまったく詰まりませんでした。トイレも同様スムーズ。困ったことといえば、私たちの泊まった階の製氷機が壊れていたので上の階までもらいに行ったことくらいでしょうか。確かにすばらしくきれいなホテルというわけではありませんが狭い部屋に1週間も滞在するよりはましです。何度かNYにきている主人の話ではここよりボロく、狭いわりに200ドル以上するところはたくさんある。といっておりました。(だからこそ最初この価格にどんなホテルなんだろうと心配になったのもうなずけるのですが)フロントの対応も悪くなく、大停電の時も一生懸命宿泊客の対応をされていましたよ。自腹でラジオを買ってきて情報収集されたりとか。総合評価として○でした。
 @ミュージカル A市内バス
 @ミュージカル さほど興味がなかったこの私が、またNYに見に来たい!と感動したくらいやはりすばらしい。The Phantom of the Opera は、休憩時間に主人に解説してもらったとはいえ英語が不十分な私でも号泣。カーテンコールには(初めて)スタンディング・オベイをしてしまった。 それに比べ、Aidaは今一番人気だと主人に推薦され見たものの・・・はあ?キャストの力量があまりにも違う。おこちゃま劇を見てるみたいで、私なんぞ寝てしまいました。最後に Chigagoをみて締めるつもりだったのですが(涙)あの大停電でキャンセルになってしまった。チケットは払い戻しの手続きを次の日にしたものの・・・(あれ?そう言えば2〜3日中に払い戻し手続き完了のメールをいれてくれるといっていたのに?まだ届いてないぞ。相変わらずアメリカの会社は売る時の手続きはすばやいけど払い戻しとなると・・・いつになるのやら。戻ってくるのかも怪しいかも)A市内バス 地下鉄は早くて便利だけどとにかくホームで待っている間、蒸し暑くて。数日目にして、地下鉄に乗るというと主人はご機嫌斜め。で、この市内バス。とてもわかり易いし、比較的頻繁に往来しているので、疲れた脚には、涼しい車内でお休みさせてやるのもGOOD。その後の行動のためにも◎です。主人のお勧めポイントは B自由の女神 今回初めてフェリーで渡って実際に間近で見れたことがうれしかったようです。Cカーネギーデリ でかい!うまい!と大絶賛しておりました。確かに美味しいパストラミでした。Da・Nicoのピザは日本で食べるそれとはまったく違って、何ともいえないチーズの香ばしい匂いと味が忘れられません。Joe’s Shanghaiは主人が本場上海で最高!と思える店に出会っているだけにNYで評価の高いこのお店にかなり興味津々でした。で気になる評価は、やはり上海の方が数段上だそうです。私は食べていないのでくやしー。でもお店は2時を過ぎていたにもかかわらず満席でしたよ。H&Hベーグルはちょうど停電になったときにお店に入りました。何も見えない中、とりあえず一番無難なやつを。と、サーモンとクリームチーズをチョイス。ホテルで真っ暗な中食べたので美味しかったけど何が何やら。でも900円近くしたと思うんだけど、ベーグルってこんなに高いの?
 ベーグルを買った後、市バスに乗ったのはいいのだけど、結局バスの中に1時間半。まったく動かないバスの中に居るより歩いた方が早いので(脚も回復したことだし)1thから8th Aveまで歩きました。ホテルに帰ってからNY、New Jersey、Canadの広い地域が一度に停電しているということを聞き、それ以上の詳しい情報はないとのこと。取り急ぎ水と食料の確保。懐中電灯はすでに売り切れ。反って、日本の方が情報は早いだろうと長い電話の列に並びうだる暑さの中両親に連絡を取りました。結果として、はじめ聞いていた5時間の予想から丸半日(12H )遅れての復旧したわけですが、「テロ」か?という話も出ていただけに安堵できました。実際、私たちのホテルのあるブロックは21時間ほど停電していたようです。日が暮れるにつれ暴動がおきないかと心配しましたが、NYの市民は冷静で(Blackout-Blackout-と歌って騒いでいる人も)翌々日の朝のフライトだったので少々気をもみましたが、余裕をもって4時間前にホテルを出て、3時間前には空港に入れましたがまったくいつもと変わらない風景でした。正直びっくり。アメリカの威信にかけて翌々日までトラブルを引きずらないという底力を見た気がします。今回の旅行で多くの新しい体験をしました。最後の2日は予定通りとは行きませんでしたが、またNYにいきたい。まだやってないことがあるじゃない!と、今は主人と二人次の日程はいつにしようかなどと写真整理をする前から話しています。どうやらNYにはまってしまったようです。またNYLYにお世話になります。

 NO.751 Lily 関東   Posted 2003/08/23
 2003年8月上旬 14日間 5回目
 往きは全日空機、帰りはユナイテッド機でした。全日空に乗ったのは5年ぶりで、いつも使っているノースウェストとの違いにちょっと驚きました。座席が3−4−3席で多少広めに感じました。フットレストがあって、ブランケットもしっかりしたものでした。それに、なんと言っても、室温が快適であったこと。いつもは寒くてぶるぶるなので、今回も防寒具を持って乗り込みましたが、半そでのまま過ごしていました。映画は、好きなときに見ることが出来て、巻き戻しもできるので、とても便利でした。FAの対応は普通でしたが、ちょっと質問したら、丁寧に答えてくれて日系らしいなあと思いました。
帰りのUAは、2−5−2席でフットレストもなく、狭い感じがしました。シートテレビの映画は、決まった時間から一斉に始まるので、始まりを逃すと、途中から観るか、2時間後にもう一度観るかしかありませんでした。それに、寒かった〜。
 前半は、とても涼しかったし、曇り空が多かったです。停電の日から、とても暑くなりました。建物の中や地下鉄の車内は、寒いくらいなので、女性や寒がりの人は上着やストールなど準備するといいと思います。太陽が出ると日差しが強いので、気になる人は帽子やサングラスも。
 @The One Hundred AThe Atrium(Metro-Home NYC)
 @なんと言っても、オーナーのようこさんの対応がとてもうれしかったです。相談にのってくださったり、お店に予約を入れてくださったり、客それぞれに合わせてその人の助けになるように、最大限にサービスしてくださっていました。部屋の広さは、クイーンサイズのベッドのお部屋に、シングルベッドを入れていただいたので、狭くなってしまいました。そういうことをしなければ、ちょうどいい広さだと思います。
Aインターネットで探したアパートメントホテル(というかただのアパート)で、直接予約をしました。返事や質問に対する答えなど、対応がとても早かったのが印象的でした。ここの良いところは、場所!いいレストランやカフェの集まるグリニッジビレッジにあって、とても楽しかったです。さらに、シティバンクやスーパー、デリがすぐ近くにあって便利でした。ソーホーやノリータも徒歩圏にあって、買い物中に戻ってくることも出来ました。夜遊びして帰ってきても、地下鉄の駅からずっと人通りが多くて、明るくて安心です。部屋はベッドルームとリビングルームとバスルームとキッチン。必要な設備は整っていますが、ちょっと古いです。気になる人は気になるかも。お湯や水の出はとてもよかったです。ベッドがクイーンサイズ1つしかなくて、私はソファベッドで寝ました。ただ、このソファベッドが汚れている&ちょっと壊れていて、直して使いました。寝心地はいまいちでした。でも、この立地条件と料金を考えると、また泊まりたいなと思います。
 @夏の夜 AVintage New York
  @NYの活気あふれる夜が私は大好きです。夜の計画はいろいろ立てていきましたが、その中でも最高に気持ちよかったのは、セントラルパークでソニー・ロリンズを聴きに行ったことです。会場内はとても混んでいたので、本人は見えなかったけれど、ステージからほぼ正面に位置した小高い岩の上でシーツを敷いてサンドイッチを頬張りながら、聞いていました。心地よい音楽、気持ちよい風、しまいに私はうとうとしてしまいました。
Aワインのお店ですが、NY州のワインに限定して扱っています。ロングアイランドのほうに行くと、たくさんのワイナリーがありますが、そこまで行ってワイナリーめぐりをするほどでもない人にはぴったりだと思います。$5でテイスティングもできます。私たちが行ったときは、18〜20時まで銘柄限定でしたがフリーテイスティングも行っていました。私は、下戸なのでほとんどテイスティングは出来ませんでしたが、NYのお土産にとてもいいと思います。 482 Broom St. @ Wooster St.     www.vintagenewyork.com
  今回は夏の夜を楽しもうと、夜の計画を充実させて行きました。ミュージカルは、2つ観ましたが、シカゴは特に楽しみました。メラニー・グリフィスとアントニオ・バンデラスのサインももらったし。野球も松井選手やイチロー選手の活躍を楽しみ、ミーハーな私は選手出入り口で出待ちもして、長谷川選手や解説?に来ていた池山さんも見かけました。リンカーンセンターでの五嶋みどりさんのリサイタルにも出かけました。クラッシックに気軽に出かけられるのは夏ならです。レストランもいろいろ行きました。いつも予約をしないで出かけて、待つことも多かったけど、それもまた楽しみました。これは朝の話ですが、ゴスペルも聴きに行きました。ろくに調べもせずに行ったのですが、すばらしいミサでした。
そして、何といっても、14日の停電。忘れられません。ちょうど、クイーンズのフラッシングの友人の家に出かけていたため、バスと歩きで4時間かけてもどってきました。ウィリアムズバーグブリッジの車道を歩いて渡りました。停電直後は、一般の方が水のボトル片手に炎天下、交通整理をしてくれました。ほとんどのお店が閉まっていましたが、道端で水やお菓子を売ったりしていました。アパートに帰ってからのことを考えて、キャンドルを道端で買ったら、マッチもくれました。親切なおじさんでした。真っ暗な階段を9Fまで上がらなければいけなかったので、このキャンドルはとてもありがたかったです。夕飯にはかろうじて営業していたアパートの目の前のピザ屋で一枚焼いてもらいました。キャンドルの明かりの元でピザを焼いていて、大人気でした。アパートの部屋は、ホテルと違って窓は開くし、9Fで周りに高い建物がなくて風通しが良かったので、良く眠れました。電気がないって、こんなに大変なことなんだなと改めて実感しました。
今回、いろいろ楽しめたのも、NYLYでの事前学習のおかげです。JOJOさん、みなさん、ありがとう!