子供達とニューヨークに行ってきました! Vol. 21-30

 「子供達とニューヨークに行ってきました!」は、お子さん達とニューヨークに行かれた皆さんの、悪戦苦闘、喜怒哀楽、七転八倒なニューヨークの日々を掲載しています。
▲ 子供達とNYに行ってきました!へ投稿する
▲ NYのホテル!へ投稿する
 NO.030 ペトロニウス 東北   Posted 2010/04/22
 2010年8月上旬 5日間 2回目
  高校受験中の息子に「合格したらどこにでも連れて行ってやる」と約束したところ、2010年春に無事合格した。「どこに行きたい?」と聞くと「ニューヨーク!」というので、有言実行とあいなった。
 Paramount Hotel Times Squareに泊まった。高校生の息子と父、というメンバーなので、ベッドが二つを必須条件にしてホテルを探した。タイムズスクエアそばにあるホテルで観光にぴったりなのだが、土曜日の夜はクラブ帰りの若者たちの叫び声やパトカーのサイレンなんかですごくうるさかった。
 期間が短かったので予定を詰め込みすぎて、疲れて、息子は食欲が無かったので、最終日のステーキ以外はジャンクフード系だった。ウルフギャングステーキハウスのステーキは、とっても美味かった。朝食はホテル1階のディーン&デルーカで、ベーグルのトーストとコーヒー(またはオレンジジュース)だけの胃にやさしい食事とした。ベーグルのトーストがこんなに美味しいとは知らなかった。
 夜の8時30分頃にエンパイアステートビルに行ったのですが、すごく混んでいた。チケット売り場にたどり着くのに30分くらいかかった。その先はもっと混んでいた。チケット売り場の横の料金表を見て「エクスプレスパス」の存在に気づいた。普通のパスは20ドル、エクスプレスパスは45ドル、連日の観光で疲れ果てていた私たちは迷わずエクスプレスパスを購入してしまった。すごい、エクスプレスパス、すべての列にならばない。すべて優先です。開いた口がふさがらないくらいスムーズに86階の展望台に行ける。ディズニーランドのファストパスよりすごいです。
  5日間では短すぎます。せめてもう1日あれば、あんなに疲れなかったのではないかと反省しています。

 NO.029 剛竜馬 海外   Posted 2010/04/22
 2009年4月上旬 7日間 3回目
 実際の日程は2010年です。 上の窓が変わりませんでした。 
夫婦と13歳息子と11歳&10歳の娘の5人。 バンコクからUAを乗り継いで行きました。
小生はほぼ20年ぶりのニューヨーク。 生まれてからずっと海外(東南アジア)で暮らす子供たちにアメリカというものを見せたかったので。  あまり頻繁にいけないのでどうせ行くなら世界の首都?のニューヨークと大規模遊園地のオーランドに行こうということになりました。
ニューヨークは丸5日間過ごしました。
 カーネギーホール斜め前のサリスベリーホテル。  家族5人で一部屋で、価格的にリーズナブルでミュージカル後歩いて帰れるミッドタウンのホテルということで ネットで調べて決めました。
ダブルベッド2つの部屋とソファベッド1つの部屋がコネクテイングしたOne Bedroom Suiteというタイプです。
見た目や設備は古いですが、スペースはたっぷりで、全く問題なしです。 場所も地下鉄、セントラルパーク、劇場等からのアクセスも良く、イースターシーズンで宿泊費(289$++)もニューヨークとしてはリーズナブルでした。
5名以上の家族で、少々の古さを気にしないのであればおすすめです。 
 まともな外食は現地に住む友人と一緒にアメリカンステーキハウスとチャイナナタウンの中華料理屋に行った位。あとはスーパーやタイムワーナーのホールフーズのデリが中心。めんちゃんこ亭も一回いったな。
野菜不足になりそうだったので、デリのサラダや果物を意識して食べてました。 
 Explorer Passというのを予め家族5人分購入して、メトロポリタン美術館、自然史博物館、トップオブザロック、ウオータータクシー(自由の女神)に行きました。 NYシティパスほど知られていないけど、このパスいいよ。 いろいろな行きたい場所をカスタマイズ出来るし。日本へカードも前もって送ってくれるよ。あと行ったのはグランドゼロ、セントラルパーク、コロンビア大学のツアー、ミュージカル(メリーポピンズ、ビリーエリオット)、MLBメッツの試合。息子が服を買いたいと言ったので、若者が行く服屋数軒。 移動は7日間乗り放題のメトロカードを駆使しました。 ミュージカルは二つとも素晴らしかった。 メッツの試合は高橋尚が初登板で負け投手になった試合。 球場内のシェイクシャックバーガーがうまかったね。
 東南アジアから一日以上飛行機を乗り継いで到達したニューヨークなるも行ってよかったです。子供たちの心にも鮮烈な印象(ビリーエリオットの子供のダンスの凄さ、美術館・博物館の大きさ、街や人々の雰囲気等)を残してくれたと思います。
個人的に妙に印象に残っているのは、2日目にサウスストリートシーポートのピザ屋に入ってカウンターで5人分の注文をまとめてしていたら、ペプシ数本とバドワイザーを時間差で頼んで、冷蔵庫までの2m位の距離を2回歩かせてたら、一人で店番していた黒人店員が、俺は面白くない、冷蔵庫まで2回歩かせるな、俺は忙しいんだ、と真面目にからんできたので、俺はお前の時間を節約してやっているんだ、5人が別々に注文してほしいか、おまえは冷蔵庫に5回行くことになるぞ、それで受け取る金は同じだ、云々と不毛な言い合いをした事。 日本やアジアでは考えられない店員の対応だが、ここら辺で米国仕様に行動をギアチェンジした。  良い意味でも悪い意味でも。

 NO.028 Sekisen 近畿   Posted 2009/09/27
 2009年9月中旬 6日間 初めて
 私は毎年家族をほったらかして気ままな海外旅行をしていた不良中年オヤジであったが、20歳を過ぎた娘二人にこの気ままな旅を伝授しなければという使命感を持ったため企画した。海外の低山登山が趣味で山小屋やユースを泊まり歩いていたが、娘に同意されなかったためやむなくNYという餌で釣ることにした、さらにエコノミーホテルまで予約してしまった。しかし22歳の長女は釣られてくれたが、20歳の次女はタイに一人旅に行ってしまった。
 4月(新型インフルエンザが流行する前)に格安飛行機とドミトリーを予約していたが、娘に嫌われたのでMilford Plaza Hotelを4泊72600円でとりなおした。娘とツインの部屋で泊った、若い女性と二人っきりでホテルで過ごすなんて20数年ぶりで興奮するかと心配したが、感慨の方が深くやはり自分は父親なんだと思った。風呂上がりと寝乱れ姿の娘の姿を見ないようにするのに苦労した。
 毎食デリでto goをした、時に自炊までしようとしたら、娘にサイテーと言われたのでJuniorのチーズケーキとスタバのキャラメルマキアートでなだめた。Whole foods marketでの食材購入は気に入っているようすであった。
 JFK空港からのair train以外はMetro card7日券を購入しすべて地下鉄とバスで周遊した。最初は自動改札で苦労したが最後はいっぱしのnew yorkerになれた。渋滞では歩く方が早かった。ネットで安くCity Passを購入した。娘にとって博物館美術館はつまらないらしく不評であった、5番街は好評でいろんなブランドについて解説をしてくれ若返ることができた。Stature cruisesとEmpire state builは朝8時前に並んで正解であった。ミュージカルは月曜日なら空いていて安いだろうと思っていたが、月曜日はオペラ座の怪人しかやってなくて返って高価な券を買うことになってしまった。
 どんなに貧乏で我儘な旦那と一緒になっても連れ添っていけるような娘に育てたかったけれど、娘はそんな人間を許さないことを悟った。しかし最後まで機嫌よく貧乏で我儘な父親に付き合ってくれた娘に感謝します。

 NO.027 パクッコ 関東   Posted 2008/05/06
 2008年4月下旬 7日間 11回以上
 去年、10ヶ月の息子を連れて行ったらとっても楽しかったので、2歳になる前にもう一度行こう!ということになりました。
 前半3泊が、BEACON HOTEL。後半2泊が、MILLENIUM HILTON。アップタウンとダウンタウンに滞在し、それぞれ行きたい場所を振り分けて行動した。
 @good enough to eat ここのワッフルは最高においしかった!1歳10ヶ月の子供もいっぱい食べてました。AELLEN'S STARDUST DINER ここは、店内に模型の電車が走っていたり、店員さんが歌ったりで、子供は手を叩いて終始ご機嫌でした。
旅も後半になると、子供はマカロニチーズもパンも、アメリカの食事を食べなくなってしまいました。トラベルクッカーとご飯(さ●うのご飯)、納豆、ふりかけ、みそ汁を持っていったのが大正解。ずっとBEACON HOTELに滞在なら上記のものは不要でした。目の前のFAIRWAYに和食のコーナーもありました。次回は、キチネット付きのホテルに全泊した方がラクかな?と思いました。
 初めてジャージーガーデンに行きました。PABTからバスで約30分、往復$11.5。ウッドベリーにある高級品などはないですが、普段着るものはたくさんあります。アバクロのアウトレットもあり、トレーナーを13ドルで買いました。カーターズもほぼ半額。子連れベビーカーには絶対オススメ。段差ゼロ、すべての男女トイレにオムツ交換台、靴脱いで遊べるキッズスペース、室内遊園地あり、夫婦で交代しながら子供を見てゆっくり買い物を満喫できました。しかも平日行ったせいか超空いていてあのレジ待ち行列が全くありませんでした。
セントラルパークズーもよかったです。動物的には大したことありませんが、子供が多く、ベビーカーから降ろして安心して歩かせられます。
 電車やバスが大好きな息子は、地下鉄乗ったり、バスに乗っただけで大興奮。旅の思い出にミニカーなどいっぱい買いました。
小さい子連れの海外旅行成功の秘訣は、機内の過ごし方にあり!と思うので、グズり対策グッズはいっぱい持っていきました。DVD、ぬりえ、シールブックなど。それと前日から、機内でたくさん寝てくれるようにスケジュールを管理。おかげで、往復とも機内で10時間以上寝てくれました。あとは、キッズミールが食べれなかった時のための食べ物は色々と持ち込みました。
子供と一緒に行くと、また違ったNYが見えてくると思います。皆さんも楽しんでください!

 NO.026 ぴろん 関東   Posted 2008/02/09
 2008年1月下旬 10日間 4回目
 NBAの試合を見たいという中学生の息子のリクエストに応えて。
 Park Central Hotelに泊まりました。地下鉄、スタバはホテルのドアを出てすぐです。(雨にぬれません)セントラルパークはすぐそこ、劇場街にも十分歩いて行かれます。デリも有名なカーネギーを始め、各種色々よりどりあります。ただ、エレベーターの故障、宿泊客の多さのためか、チェックアウトに30分ほどかかったのには閉口しました。
 コロンバスサークルにあるホールフーズマーケットで自分で食べたいものだけを詰めてそこでたべたり、ホテルに持って帰って食べたりしました。サラダ関係がとても充実しています。息子はカレーを食べていました。冷蔵物もそこで食べるとレンジがあるので、温めて食べられます。
朝食はホットケーキを食べたり、ポテトパンケーキを食べる事が多かったです。二人でチップ込で30ドル位することが多く、NYの外食は高いと思いました。暖かい季節に行くと公園などで食べられたのにな。と思います。
夜はバスケの試合を見ながらホットドックやらをつまみました。ESPNZONEで大画面でスポーツ観戦しながら食べるのも楽しかったです。飲み物のリフィルが無料というのもよかったです。もちろん残ったものはお持ちかえりができました。
スタバは日本とメニューが違うものが多く、楽しめました。ティーパックを買うこともできて、なかなか充実しています。
 自由の女神。作られ方とかも分かったり、フェリーに乗ったのが楽しかったようです。移民博物館はあまり楽しめなかったようです。
国連は子供連れだと日本語ツアーを調べて行った方が実りが多いかもしれません。自由の女神も国連もセキュリティーがあり、金属探知器を通らないといけないので、カイロなど、すべてはずさなければならず、大変でした。自由の女神にいたっては、2回もありました。(フェリーに乗るときと、女神の中に入るときと)
セントラルパークのアイスリンクは開放感もあり、おすすめです。
バスケの試合を大学とNBAと見たのですが、それぞれ面白かったです。応援の仕方もノリもよく、楽しめました。NBAでは途中でTシャツが降ってきたりして、ビギナーズラックでもらったりと、充実していました。どこの席でも楽しめますが、やはり選手に近い所は迫力がありました。NBAショップでは、店員がよく知っていて、いろいろ親切にアドバイスしてくれます。バスケのゲームがあったり、有名選手の手形があったり。選手の情報についても知っていて、誰誰はどこのチームに移籍したがっているとか。質問をどんどんすると楽しめるようです。中学生英語に合わせて話してくれました。(子供を相手にすることになれている感じがします)
「借家博物館」は英語を理解しない子供にはつらいツアーだったようです。1時間は苦行だったようです。
自然史博物館のパノラマはとても充実していて大満足だったようです。映画「ナイトミュージアム」に影響されて行くとがっかりすることもあるようですが、頼むと何があって、何がなくて。という説明の紙をくれます。
 子供と一緒ならではの旅程を組むと楽しめる感じがします。あれもこれも、と考えるとできない事の方が多くなるので。アイススケートも何もセントラルパークでしなくても。と思いつつ、限られた中で3回もしました。そこでも色々な人に写真を撮ってもらったりおしゃべりしながらスケートを楽しめました。リンクの監視員にすべり方のアドバイスを受けたり。地下鉄でも迷っていたら、どこに行きたいの?と声をかけてもらったりしながら、目的地までの道中を楽しみました。興味のあるところにじっくり時間をかけてあげられると、子供の心に響く旅行になるように思います。l

 NO.025 ガーネットオヤジ 関東   Posted 2007/09/24
 2007年8月下旬 10日間 2回目
 妻と2人の娘(小5、小1)と。昨年、初めての海外旅行でニューヨークやワシントンDC、ボストンへ一人で行って、とても感動したので、ぜひ家族にもその感動を味わてほしかったからです。
 ホテル・ペンシルバニアに3泊、ワシントンDCのホテルに1泊、そのあとニューヨークに戻り、ホテル・ウォルコットに4泊しました。ペンシルバニアは2ダブルベッドの部屋に家族4人で、ウォルコットは2シングルベッドの部屋と1クイーンベッドの部屋に分かれて2人ずつで泊まりました。ペンシルバニアで困ったのは洗濯です。ランドリーが見つけられなかったので4人分を部屋で洗濯し、部屋の中に干していましたが、なかなか乾きませんでした。ウォルコットはランドリーがあったのでその点はよかったのですが、冷蔵庫がなく、とくに飲み物などを冷やせずに困りました。ホテルマンの対応はまずまずよかったと思います。ウォルコットで部屋の金庫(自分で4ケタの番号をセットするタイプ)が開かなくなったときや部屋の電気が切れたときにも、すぐに来て対応してくれたので助かりました。
 食事はあまりお金をかけないようにと思い、レストランなどはほとんど行きませんでした。アメリカは一人前の量が多いからその分注文する数を減らせばお金を節約できるかなと思っていたのですが、日本よりも一食あたりの値段が高いなという印象を持ちました。子どもたちの口に合うものを見つけるのに苦労しました。味付けなどが日本と違うこともあり、下の娘はおにぎりが食べたいと言い出し、帰国して成田に着いてすぐにおにぎりを買って食べていました。安くておいしいところを事前にチェックしてけばよかったなと思います。
 昨年行ったとき、夜の地下鉄でも人がいるところでは危険を感じなかったこともあり、今回の移動も地下鉄とバスが主体でした。交通費を節約したいという気持ちもありました。JFKに着いてすぐエアトレインと地下鉄(「Aトレイン」でマンハッタンに行きたかったので)を使ってホテルに向かったので、7日間のメトロカードを4枚買いました(子ども料金はないんですね。)。自動券売機でクレジットカードで買おうと思ったのですが、一度に買うことができず、それになぜかエアトレインの5ドルのカード2枚分しかクレジットカードが使えず、残りのエアトレインのカードと7日間のメトロカード4枚はキャッシュで買いました。しかも6ドル以上?のおつりがでてこないので、成田で細かいドルも入れておいてもらって正解でした。なれてしまえば、メトロカードは楽ですね。子どもたちも自分でメトロカードを持って移動するのが楽しそうでした。見に行ったところは、エンパイアステートビル、自由の女神、自然史博物館、国連、メトロポリタン美術館、グッゲンハイム美術館、ヤンキースタジアム(対レッドソックス戦)、ウォール街、トリニティ教会、グランド・ゼロ、ミュージカル(アベニューQ)、セントラルパーク、ダコタアパート,サークルラインの2時間ツアーなどです。シティパスを購入したのですが、子どもはただのところも結構あり、大人2枚だけのほうがトクよと窓口の女性に言われたので、そのとおりにしました。困ったのは、子どもの時差ボケです。午前中にどこかに行って、昼を食べて午後は別のところに行こうと思っていると、時差ボケのために子どもたちが眠くなってホテルに戻りたがり、結局午後はホテルで昼寝ということが何回かありました。ヤンキース戦やミュージカルを子どもたちが楽しんでくれたので、チケットをとってよかったと思いました。ヤンキース戦は日本にいるときにインターネットを通じてチケットマスターでとり、ミュージカルのチケットは、空港の入国係官が教えてくれたマリオットホテルのところにあるtks(だったかな?)で、当日券を25%割引で手に入れました。
 子どもと一緒に行くときには、大人だけで行くときとスケジュールの組み方を変える必要がありますね。たとえば一日に1、2カ所で、じっくり楽しめるところ(できれば座って見れるほう)がいいです。美術館なども広いところをすべて歩こうとせずに、テーマを絞ってそこに時間をかけるといいようです。今回とくに思い出として残ったのは、ヤンキース戦です。レッドソックスは松坂が先発で、松井と松坂の対決を見ることもできました。娘たちは野球のルールをほとんど知らないようですが、それでも球場の雰囲気を楽しんでくれたようです。あと1シーズンで見られなくなる舞台で家族とメジャーの試合を見ることができてよかったです。

 NO.024 キャロル 九州   Posted 2007/09/17
 2007年8月下旬 10日間 3回目
  ・出発時に21歳になった一人息子との7年ぶりのニューヨークでした。
息子が大のMLBファンで、大学に入学したら一緒に行こうと約束し、昨年の夏休みにシアトルであるマリナーズ対ヤンキーズの試合を見に行く予定にしていたのですが、私の急病のためにドタキャンになり、今年、その試合を見るためにニューヨークまで行くことになりました。
  ・ずいぶんと情報を集め、悩みましたが、前回泊まったことのある「シェラトン・ニューヨーク・ホテル&タワーズ」にしました。ネットで日系の航空会社の「3連泊10パーセント割安」のキャンぺーンが目にとまり、MLBツアーの集合場所ヒルトンホテルにも近いので、思い切りました。息子と二人でしたので、ツインの部屋を希望し、まあ、希望どおりに部屋割でしたが、やはりお値段の割には普通の部屋で、隣近所のドアの開け閉めの音や隣の部屋のお湯を出す音など丸聞こえでした。もちろん冷蔵庫はありませんでしたが、貴重品入れのボックスは正常に働いてくれましたし、値段のことを考えなければ、交通の便も食糧の買い出し(デリ)も便利でしたし、まあ満足でした。
 ・ほとんどホテルの近くのデリでお世話になりました。「カーネギーデリ」と思って間違って入った隣の韓国系にデリでは、ショウケースに並んでいるサンドイッチの注文をするのために、ラテン系の店員さん(男性)に日本人が好むのはどれかなど質問して、ツナのサンドイッチを買って帰りましたが、食にうるさい息子から「パンがカリッとしてすごくおいしい」と好評でした。唯一入ったレストランは「そば日本」でした。旅行前にテニスの選手のブログを見ましたら、毎日そこに通って「牛そばサラダ」を食べてるとありましたので、早速それを注文し食べてみましたが、ゴマだれ味でまあ美味しかったです。お金を払う時に(カードで)、アメリカ式お勘定の仕方を店員さんから教えていただきました。の2倍をチップとして記入するとのことでした。そこのレストランで某有名現役テニスの選手(女性)に会いましたが、写真もサインも息子に止められ、残念でした。球場のホットドックにしろ、アメリカの食事は私には塩分が濃すぎました。
 ・アバクロに行きました。店頭には上半身は裸の白人男性が立っていましたし、暗い店内に大音量の音楽、大勢のお客様、今まで想像もしていなかった店舗づくりに最初はびっくりしました。何度も店内を回って買いたいものを探し、色とサイズを確認した上で、Tシャツ(23ドルぐらい)とパーカー(80ドルぐらい)を買いました。ホテルで寝ている息子にTシャツをと思い、黒を探しましたが、黒はこの店には最初から置いてないらしく、探してもありませんでした。白のサイズ違いを店員さん(女性)にお願いしましたら、丁寧に在庫まで調べてくれて、後でキチンと結果を教えてくれました。あとはヤンキーズのショップでいろいろ買いました。息子が球場近くのHISガイドさんお勧めのお店で買った松井のユニホームが100ドル(値札は125ドルとありました)でした。球場内のヤンキ−ズのショップでカードで買い物をしましたら、パスポートを求められ、焦りました。幸いコピーを持っていましたので、それでOKでした。最後に、母に頼まれたショルダーバッグをJFK空港内のエルメスで買いました。1050ドルでしたが、毎日私のために食事を作ってくれる82歳の母に感謝の意を込めて、思い切りました。帰って渡しましたら、とても気に入って喜んでくれました。私もほしい!!
 ・何といっても、イチローの200本安打のホームランをこの目で見たことです。この日は奮発して、親子で内野席をお願いしていましたので、身近に見ることができました。息子との一生残る思い出になりました。
・最初、野球を見るより、球場内のお客さんを見るのがとてもおもしろかったです。特にレッドソックスとの対戦の時は、ピーナツが飛んだり、ビールが上からかけられたり、とてもエキサイティングで、息子は隣にレッドソックスのお客さんが座った事を知って「怖い」と黙り込んでしまい、応援も控えめにしてました。
・野球観戦時の手荷物の件を案じておりましたが、息子は手ぶら、私は4回とも小さなバックを持って行きました。何も持ち込めないかと思っていましたら、ペットボトルや食べ物はは透明のビニールに入れれば大丈夫で、荷物検査のところで、ビニール袋を配っていましたので、それを利用しました。
・今回は3回目ということもあり、また息子の大リーグ観戦が主でしたので、観光面は何も考えずに旅立ったことを悔やみました。時間を工面して、ミュージカル(前回はレントを観ました)やソホー地区などにも行けばよかったと今、思っています。でも、また次を楽しみに働くことにします。今回、NYLYには本当にお世話になりました。ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。
 
 NO.023 ぴーなつまま 九州   Posted 2007/08/25
 2007年7月下旬 11日間 3回目
 中学に入った娘が、ぜひNYでバレエのレッスンを受けたい!と熱望したので、母親が付き添いで行くことになりました。ダンスやエンターテインメントの中心、NYで学ぶことも多いかと思ったし、日本の狭い中で、容姿ややる気だけで、バレエを判断してほしくなかったので。広い世界を見せたかったのです。
 友人の所にホームステイの予定が、急遽相手先の都合でムリとわかり、急いで宿泊を探す羽目になりました。節約旅行で、なるべく安く、でも子連れなので安全なところを、と、イーストビレッジのNYさくら亭に、女性専用フロアに、全部宿泊しました。(割引がありました。)母子二人で、それぞれシングルベット、鍵のついた貴重品入れもありました。
 リニューアルしたばかりでしたので、水周りやキッチンは気持ちよく、清潔でしたし、自炊も可能。お湯が沸かせて、冷蔵庫もあったので、大変助かりました。また、近所にデリもあったので、カットフルーツや牛乳、シリアルやおいしいハム、チーズで、けっこう朝食・夕食はOKでした。
 ドミトリーみたいなものですので、使った食器は片付ける、おいしものは互いに少し分け合うといった、ほかの宿泊者の方とも良いコミュニケーションを取れれば、さらにお得な旅の情報も聞いたりと、宿泊も楽しいものになりました。
 ちょっと地下鉄の駅までは距離があるので、小さいお子さん連れの方は、お散歩を楽しむ覚悟で。母子二人は、道行きを眺めながら、良い勉強になりました。
なにより、スタッフがみな日本人のNY在住者ですので、宿では英語を話すことから開放され、神経が休まり助かりました。また、必要な情報を的確にすぐ日本語で聞けるのは、ストレスにならず、やはり助かりました。
 スターバックスなどもあちこちにあるので、町の様子に慣れてきたら、そういう店が、目に入るようになると思います。ただ、注文しても発音が悪いのか、なかなか一回ではうまく通じないときもありました。くさらず、あきらめず、やや大きめの声ではっきりと、時には指で示したりして、注文してました。
 今回は目的のある旅だったので、食に関して贅沢をあまりしませんでしたが、それなりに楽しめました。食べたかったNYのホットドッグを、JFK空港の出発ラウンジで食べられたのは、ラッキーでした。それなりにおいしくて、出発間際の良い思い出になりました。
 主目的のダンススクールにも2校行けました。レベルや本人のやる気にもよるでしょうが、いずれも娘は、満足できたレッスンだったようです。
 一日だけ、あっとニューヨークの一日観光を依頼し、市内をぐるりとまわってもらいました。宿泊先まで迎えにきてくれるので、子連れには助かりました。(NYは広いのと、暑いので、子供は思ったより、かなり疲れがたまってくる。いかに無理させないかも、親の責任のようです。)けっこう小回りがきいたので、ブルックリン一のおすすめピザを、ブルックリン橋の下で、ピクニック気分で食べるといった、粋な計らいもしてくれました。希望の場所で降ろしてくれたので、その後も回りやすかったです。
 エンパイアステートビルは、手荷物検査が以前よりかなり厳しくなっていて、待ち時間が長くなっていました。それでも、夕暮れからネオンきらめく8時半くらいまでいて、絶対損はナイと思います。むりやり写真を撮られたと思っていたのですが、まあ旅の記念にと思って買ったら、ついてきたPHOTO−CDが、本の形式になっているNYの写真集になっていたので、これはラッキーでした。(パソコンで見られます。)
 やはり、地下鉄で一度だけ、1番と思って乗った地下鉄が、乗り場が違ったのか、途中でCのラインに変わったのか、思いがけず遠くまで行った失敗がありました。この時は、すぐに駅にいる警官に、その駅の場所を聞いて、反対向きの地下鉄に乗り、無事目的地へ着けました。50丁目とか、大きい駅で、たくさんの人が降りたら、少し注意したほうがいいかもしれません。その点、メトロカードは、便利でした。地下鉄の駅に、次の駅名とか前の駅名とか表示がないので、地下鉄マップは、手元に持っていたほうが安心かもしれません。
 このサイトで、いろいろ情報をいただいていたので、少し安心してNYへ旅立てました。娘にとっても、どのダンサーも自信をもって一生懸命にレッスンする姿は、大変勉強になったようでした。また、学生時代から3回目とはいえ、NYは本当にきれいになり、さらに魅力を増しているようにも感じました。また来たいと思いましたし、またここに来る時、もっと勉強して帰ってこようと思いました。おかげで体調を壊すこともなく、無事に楽しく戻ってこられました。
 目的が別にありましたので、今回は、泣く泣く、美術館や博物館を回りませんでしたが、お子さんにとってはこれらも良い勉強となるでしょう。ただ、何より子供の体調を一番に考えました。暑い中では、大人でさえも辛くなります。慣れていない所ではついパパとママが喧嘩して、という残念な家族も、NYの街中で目にしました。でも、一番辛いのは、長い長い飛行機のフライトの後、全く違った言葉を使う街に、突然やってきた子供たちかもしれません。良い思い出となり、次、またNYに行こう!となるよう、80パーセント回れればOK!という選択も、お子さんたちの為に考えておけたらと、思いました。無理しすぎない、これも大切かもしれません。どうぞみなさん、NYを楽しんできてください。

 NO.022 mackei38 関東   Posted 2007/08/12
 2007年7月下旬 6日間 2回目
 妻と高1&中1&小4の5名で、中高ダブル受験も終わった時期に、家族の思い出つくりと子供の社会見学&英語への興味を高める目的で、私が2年前に仕事で行ったNYへ家族旅行する事になりました。アメリカの他の都市へ行った事はありませんが、現地の人々が日々生活する、生活感のある観光地である事が候補に上げた最大の理由です。
 HOLIDAY IN MIDTOWN-57TH STREET 403号と407号の2部屋に別れて2名、3名でステイしました。1部屋はバスタブの栓がなくお湯を貯めておく事はできませんでしたが、まあこんなもんでしょう。冷蔵庫はNYのホテルではあまり設置されていませんので、あらかじめ持参していたクーラーバッグにポリ袋を入れてアイスベンダー(この氷は食べれません)の氷を入れて色々と冷やす事ができました。とても簡単で便利ですので皆さんご参考にしてください。日本からの旅行客も多くまた、海外からの団体旅行も多く、まあにぎやかなホテルであります。ただ、立地がコロンバスサークルの近くであり、比較的落着いた場所なので、夜は静かでお勧めのホテルです。コロンバスサークルまでは家族そろってゆっくり歩いて6分程度です。トラベラーズチェックをホテルのフロントで現金に換える事ができますが、1部屋あたり1日50$までに制限されていますので注意が必要です。但し、20$のチェックの場合は60$まで換金してくれます。
 近く(徒歩2分程度)にデリがあり、そこの親父が親切ですし、フィリチーズステーキ(所謂焼肉チーズ掛けサンドイッチ)がとても美味しく、しょっちゅう通ってました。またコロンバスサークルのタイムワーナーセンターの地下にオーガニックスーパーがあり、寿司(巻寿司1パックで約7$程度で美味しいです)やパン、1パック8$程度のサラダバー(1パックで3人前くらいあります)があり、大半の食材はここで揃います。結構美味しいので沢山買いすぎないように注意が必要です。(笑)ここでは大半のデリ&スーパーでVISAカードが使えるので、現金はほとんど必要ないと思います。
 セントラルパークへ朝の散歩とジョギングへ行きました。シープメドウからの景色は朝が最高です。但し、池の近くでは腐敗臭がしてちょっと興ざめでした。平日は朝の8時以降は車道に車が入ってきますので、散歩するなら早朝がお勧めです。地下鉄は予想通りに難しく、行き先が判断しにくかったですし、普通と急行の区別が付きにくい駅が多く結構色々な場所へ案内してくれました。(笑)バスは日中の交通手段としては非常に便利で、すごく乗りやすかったです。タクシーは私たちの家族構成(大人2人、15歳1人、12歳1人、9歳1人)であれば気楽に全員乗せてくれました(厳密に言えばこれも違反ですけど・・・)ので、疲れた時にはお勧めです。ちなみに、早朝・深夜でペンステーションからホリデイイン、ミッドタウン57TH STREETまででチップ込みで13$程度です。地下鉄の料金(家族5名で10$)を考えるとお得です。主なランドマークは北から、メトロポリタン美術館(日本語音声案内は案内場所が少なく役に立ちませんので、あらかじめネット等で見たい絵をチェックしておくのが賢明です。)、5番街、MoMA、エンパイアステート(霧の夜に上りました・・・)ロックフェラーセンター、クライスラータワー、グランドセントラル駅、NYSE(ウォールストリート)トリニティチャーチ、ブロンズブル、ブルックリンブリッジ(夜景を見に地下鉄で行きましたが、夜10時ごろでも大丈夫でした)、ステタン島フェリー(自由の女神見学の無料フェリー)。自由の女神を見るのはバッテリーパークが有名ですが、その隣(WFS側)にある公園(リッツカールトンの海側)は観光客も少なくお勧めです。但しこのあたりから自由の女神を見るのであれば朝が一番です(朝日は自由の女神の顔を照らしながら昇ってきますから)。また、エンパイアやトップオブザロックその他から夜景をみるのであれば絶対に平日の夜がお勧めです。オフィスの明かりは土日は消えれいますので、休日は結構さびしい夜景になります。
 NYの治安はかなり良く、現地案内のJTBツーリストの方も夜の地下鉄でも安全ですよと教えてくれました。実際、真夜中(深夜2時)とかでもない限り、身に不安を感じる事はないと思います。今回宿泊したHOLIDAY IN MIDTOWN 57TH STREETも深夜の2時ごろに到着して、それから近くのデリに買い物に私一人で出かけましたが、全く何の問題もありませんでした、交差点で物貰いのホームレスが小銭を呉れと言ってきましたが、ダメだと言うと素直に分かったと言って引き下がってくれましたし、そんなに言うほど危険はない都市だと思います。家族で結構夜遅く(10時、11時ごろ)まで乗っていましたが、休日と言う事もあり、特段何の問題もありませんでした。また、NYでは交差点の信号待ち(大きなAVEは別として)の時には、あまり日本的に車の来ない状態では待たない事です。信号をキチンと守っているのは間違いなく日本人だけですので、信号をキチンと守っていると帰って目をつけられますので、気をつけて信号を無視してください(笑)たとえNYPD(ニューヨーク市警)のパトカーが近くにいても平気です。歩行者はみんな無視していますから気にしないでOKです。家族で旅行される方にとっては食事が一番の心配事だと思います。そこで、アドバイスとしてはデリを活用される事が一番の解決方法だと思います。サラダ(ポテトサラダ)やフルーツのカットパック、ハンバーガーからパン、ハムや飲み物(牛乳、オレンジジュース、ビール)など、何でも揃います。日本のコンビニの中でもミニストップに近い感じだと思われれば想像しやすいと思います。あとはフードコートの中で選ぶのが2番目でタイムワーナーセンター地下のスーパーマーケットは結構良いと思います。朝は8時にはすでに開店しています。あとはグランドセントラルステーションの地下のフードコンコースでしょうか?寿司を初めとしてピザや様々な食べ物コーナーがありあますので結構お進めです。今回はサンダーストームがあり1日雨模様の日がありましたので、ちょっと残念でしたが今後行かれる方は是非、朝のセントラルパークへお出かけください。もちろんカメラも忘れずに。

 NO.021 トモコ 東海   Posted 2007/06/03
 2007年5月下旬 7日間 8回目
 リフレッシュ休暇で、夫、私、生後10ヶ月の子供。子供が生まれるまでは、夫婦2人でよく行っていました。子連れは初めて。名古屋から成田経由コンチネンタル航空でニューアーク行き。NWよりコンチネンタルのバシュネットの方が大きいです。コンチの日本発便は、おむつ、粉ミルク、ベビーフードのリクエストができます。早めにチケットを予約してバシュネットを確保するのがおすすめです。
 ミレニアムヒルトン。キングベッド1つにベビーベッドを入れました。コーヒーメーカーがあり、お湯を素早く沸かすのに良かったです。夜も静かで、夜出歩かない子連れにはおすすめ。隣はセンチュリー21なので、朝から買い物できます。EWR→WTC駅までは、ベビーカー+スーツケースを持っても約1時間。一段も段差がなくエレベーターがあり大変楽でした。
  @Bubby's 来店したらすぐハイチェアが出てきました。キッズメニューもあり、オープン席もあり、子連れにはおすすめ。APeter Lugerランチ ここも意外にもハイチェアが用意されていて、騒がなければ全然問題ないです。あとは、ハンバーガー、ベーグルなど。生後10ヶ月で離乳食も後期に入り、大人の食事を取り分け与えたら、吐かれました。アメリカの食事は、生後10ヶ月の子には、消化できなかったようです。子供には、なるべくベビーフードを持参して与えた方がいいような気がします。
 ワールドフィナンシャルセンター。近いので行ってみたら、日本人は全くいなく、ハドソン川に面したテラスもあり、のんびりしててよかったです。
買い物は、センチュリー21の他、DSW、RUGBY、ベビーザらスなど。ユニオンスクエアで家族全員の買い物がいっぺんに済みました。
特に困ったことは、おむつを替える場所が圧倒的に少ない。授乳室となるとほとんどない。私の場合、入った店で試着した後、授乳させてもらったりしてました。おむつは女性用トイレで、ベビーカーの上に立たせ、たっちでパンツ型を替えたりしました。
5月といえでも気温は30度以上。そして、あの強風冷房がまだかかってないところが多く、暑さで泣かれることが多かったです。子供の水分は持参しましたが、ベビーザらスなどにもあったので特に持っていく必要はないかと思います。
 ニューヨークというかアメリカは子連れには天国!日本に比べ、エレベーターや自動ドアなどは少ないですが、全然問題ないです。誰かが必ず助けてくれます。一番大変なのは飛行機の中でいかに黙らせていられるか?ということではないでしょうか。「こんな小さい子、連れ回してかわいそう」とかいう余計なおばさんが(もちろん日本人)いたり、面倒くさいことは多々あります。幸い、うちの子は、行き帰りとも全く泣かずいい子でした。親が楽しければ子供も楽しいと感じてくれる、赤ちゃん時期にNYへ行くのはいいと思います。家族3人のうち、一番国際交流をしていたのは、うちの息子でした。子供がいるおかげで、現地の人とママ会話ができ、いい刺激になりました。

 NO.020 onaka4 東北   Posted 2007/01/01
 2007年1月上旬 6日間 初めて
 夫婦と10歳と4歳の息子達。サンノゼに住む妹のところへ行こうかと思っていたけれど、観光することを考えるとかねてから行ってみたいと思っていたニューヨークがいいのではということになりました。
 ニューヨークスカイラインホテル。4人ということで2部屋になりましたが、広さは十分だったので1部屋は使いませんでした。冷蔵庫はありませんでしたが、1日10ドルで借りました。下の子供が疲れて毎日昼寝に戻ったので、もう少し繁華街に近いほうがよかったかもしれません。
 ほとんどデリですませました。親はレストランにも行きたかったのですが今回は仕方ありません。でも、ホテルでくつろいで食べるのも一日を振り返れてよかったです。
 子ども達は自然史博物館、父親はNBA、母親はミュージカル。みんなの希望をかなえました。市内観光はカーチャーターを使いました。到着した翌日は小雨も降りましたし、迷わず効率的に主だったところを回れたのでよかったと思います。腹痛を訴える子どものトイレを探すのはやはりウワサどおり大変でした。
 海外旅行は初めてではなかったのですが、今回のように観光をメインにしたものは久しぶりでした。NYLYで皆さんが言っていたとおり、やりたいことの半分もできませんでした。絶対いきたい所、やりたいことをしぼって毎日計画を立てました。飛行機の中はビデオやゲームでなんなく過ごせました。天気予報で、かなり暖かくなること、雨の確率の高いことを調べていたので、到着した日に夜景をトップオブザロックで見てきました。エンパイアーは今回は見るほうで経験することにしました。帰り道ロックフェラーセンターのクリスマスツリーも見ることができて子ども達は大喜びでした。二日目、カーチャーターによる市内半日観光をしました。小雨が降ってきたので車で効率的に回れたことは子連れにはよかったです。予算的にもツアーの観光にするより家族にはお勧めです。午後は買い物と思ったのですが、子ども達の時差ボケのため早々に切り上げホテルで休み、夕方から今回の目的の一つNBA観戦へ。試合も大変盛り上がり熱狂的な雰囲気も味わうことができました。三日目は子ども達が楽しみにしていた自然史博物館にいきました。恐竜の骨やローズ宇宙センターのスペースショーと盛りだくさんで大人も楽しめました。4日目はメトロポリタン美術館をメインに。開館前に行って少し並びましたが、おかげで込み合う前に大方の名画を堪能することができました。天気がとてもよく、そのあとセントラルパークで散歩。子ども達は意気揚々と走り回っていました。信じられないくらい気温が高く、コートもあまり必要ありませんでした。そして夜、最後のイベント、ミュージカル「美女と野獣」観劇です。やはり本物は違うと感じたのは、疲れていた子ども達が目を輝かせて観ていたことでした。最後にその顔を見ていて、この旅行にみんなで来て本当に良かったと思いました。旅行を終えて、子供連れや家族で行動するときは、地下鉄よりもタクシーを上手に使うことが体力的にもいいのではないかということを感じました。遠い距離を乗るのでなければ金額的にもあまり変わらないような気がしますし、何より体調のほうが旅行には大事です。時間の節約にもなります。また、時間は多少もったいなく感じても無理せずホテルで休んだりして、次の行動に備えたほうがいいようでした。うちの子供たちはかなり体力的に自信があるほうでしたが、二人とも疲れで食欲がなくなり、腹痛を訴えたりしていました。
 また、NYLYでえた情報が本当に役立ちました。また来たいねとみんなで言えるのも様々な情報のおかげです。ありがとうございました。次は5年後を目指します。

 NO.019 みっこ 海外   Posted 2007/01/01
 2006年12月上旬 5日間 初めて
 夫の仕事(講習会?)がNYで開催されることとなり、それに便乗する形で小2と3歳の子を連れていくことなりました。行ってみたかったNY… 私には棚ぼたなお話です。
 クラウンプラザタイムズスクエアマンハッタンでした。立地場所も良く、12月ということであちこちにX'mas装飾されており良かったです。困ったことは特にはなかったです。
 ここで知ったMars2112が近かったので初日のディナーはそこでしました。乗り物に乗って行く!というのを期待していたのですが、案内された道を行ったら普通に階段をおりて着いてしまいました… 食事中火星人がテーブルに回って来てくれますが、絶対に?3歳児のほうには近づかなかったです。興味を示していたら近づいてくるのかもしれませんが、示さなかったうちの子は泣かないようにの配慮なのか上の子のほうにばかり寄って行きます。音楽ありダンスあり、お客さんまで一緒にダンス。アメリカならではですね。帰りには風船いただきました。ディナーをレストランでしたのはこの日だけでした。後は仕事で夫が不在のため私一人2人の子を連れてレストランで食事というのが気が引けてDERIで買い込んで部屋で済ませていました。でも、上の子は「いっぱい歩いて疲れたからこのほうがいい〜」と。☆高島屋B1Fでお茶しました。子供達がチョコレートタルトアイス付き親達がアイスティー。日本に近い味で美味しかったです。$30は高く感じましたが… ☆Burger Joint はここで知ってガイドさんにもお勧めされて行ってきました。食べ終わって出るとすごい行列になっていました。店員さんは英語が上手でない観光客に慣れていらっしゃいます。
 JTBのツアーで自由の女神のリバティ島に上陸してきました!間近で見る女神像、初めて見た女神像の後ろ姿、なんか感激です。島にいたのは1時間程度、女神像の中に入るのは予約制とのことで入館はできませんでしたが上陸できただけで満足です。が!帰りのフェリーの中で子供がイヤーマッフルを忘れて来てしまったことが判明。戻るに戻れない場所… 忘れ物には注意し。ガイドさんに地下鉄の乗り方キップの購入の仕方等を教えていただいたので、翌日はメトロポリタン美術館へ。べビーカー押して行ったので入り口が別のところからとなりました。ベビーカーだったものですから皆さんが先を譲ってくださりスムーズにクロークと入場券購入(子供2人は無料でした)となりました。中はとにかく広い… カフェテリアの入り口やX'masツリーの展示場所等係員の方に聞いて回っていました。もちろん地図もって「Where is here?」までやってしまいました。ミュージカル観劇もしましたがこちらはミュージカルの方で投稿しているので省きます。トイザらスの大観覧車($4×3人)も宿泊先から近かったので行ってみました。ここはチケットに時間が記載されてあり、1時間程度の空き時間が発生してしまいました。時間を確認なさって購入された方が良かったな。 ユニオンスクエアパークの青空市は乗り気でなかった上の子がすごく楽しんでいました。試食してジャムを2カ所から買いました。チベットの女性(たしか「韓国の方?」「いえ、日本です。あなたはアメリカのよね?」「チベットです」というやり取りをしたと思う… 聞き間違ったかな?)のところのジャムはすべて自分で勝手に試食可能で、一個$5.50が二個買うと$10にしてくれます。やたら甘くない、ちゃんと素材の味がする美味しいジャムでした。別なところでチーズも試食したのですがブルーチーズのカビ臭さが強く口に含んだとたんべぇーと出しやがった3歳児。店の目の前でやったものだからそそくさと退散することに… 他のチーズ試食したかったのに。。
 X'masシーズンだったのでどこもかしこも装飾が艶やか。いたるところにサンタ。サンタと一緒に写真を撮ってチップ、楽器ならしてるサンタにも。サンタによってはステックキャンディーをくれるサンタもいました。そのスティクキャンディーまたも3歳児落としやがってよー、「あめーっ、あめーっ」ってもらってすぐ交差点で落とすなよー、取りにったら車に引かれるつーの! とはいいつつも、かなり楽しかったようで「またきたーい」と言ってます。初めて訪れましたが、アメリカに住んでいるので時差ボケもなくある程度の度胸とある程度の土地勘?で子供達といっしょに怖い思いもせず「NYってたのしい〜」と観光して歩けました。そして現地校に通う上の子の英語力が私をはるかに上回っていることも痛感しました… 「ジャム一個$15?たっかーーーい」「なにいってんの?おかあさん、5ドルだよ?5.50だよ」「へっ?」店員さんと筆談に入ります… 子供が正解! メモとペンは必需品。
日本では冬になるとマスクしている人が多いような気がするけど、NYではいなかった。そして気づいたのがさりげなくクリスマスカラーを身につけている人が多いな、と。日本人が想像するアメリカはまさしくここNY!と夫と意見があいました。時差ボケを免れるアメリカにいるうちにもう一度いってみたいです。

 NO.018 Rylie 関東   Posted 2006/09/04
 2006年7月下旬 5日間 3回目
 私(10年振り3度目)息子(7歳初めて)の二人。Cクラスの特典航空券分マイルが溜まっていたので。子どもはビジ割。最初は子どものリクエストでオーランドだけのつもりがどうしても10年振りのNYへ行きたくなり、オーランドとNY旅行に決定。
 静かでこじんまり、ある程度のホスピタリティ、キッチン付で広めのお部屋と言う点でMark Hotelに決めました。何度かコンシェルジュにお世話になりましたが素早く要望通りに対応してもらえとても助かりました。別送品を送りたかったのでフロントに言うとすぐにハウスキーパーが箱を持ってきてくれました。マンダリン系なので全体的にサービスはとても良かったです。
 行きたかったレストランやカフェが沢山あったのですが日程が短かったので殆ど行けず仕舞い。でも書き出すと結構行ったかな。■Sarabeth's Kitchen オムレツ美味しかったです。■Joe's Shanghai ■Saigon Grill お値打ちでお奨めです。■Pastis 夜は行けないのでランチに■竹生 うなぎ好きの子どものリクエストで■がりの寿司本店(コンシェルジュお奨めで。予約もしてもらいました)子ども連れなのでテーブル席で。創作寿司だったので好き嫌いは分かれると思いますがフォアグラ寿司は美味でした。■本むら庵 ウニ蕎麦もさることながらオーナーさんに薦めていただいたさつま揚げ・鳥団子も絶品でした!お昼に二人で$90ほど■Ocean Grill とってもフレンドリーでサービス抜群でした。ここのエッグベネディクトはハムでした。オイスター&クラムも美味しかったです。■Gam Mee OK ソーロンタン 子どもが一人で平らげてしまいました。チヂミも美味しかったです。■寿司田■Grimaldi's pizzeria前回は行けなかったブルックリンも行き、ここで30分並んで食べてきました。期待したほどでもない様な・・・。■Junior's■Eileens 子どもにレモンクッキーをおまけで頂きました。■Rice To Riches■Little Pie Company ■Lady M お約束のミルクレープを。食事は子連れなので基本的にカジュアルなお店を選びました。レストランは現地のお子さん連れもいらっしゃいました(騒いだり席を立つ子はいませんでしたが)外食慣れしていてお行儀良く出来れば上記のお店は問題ないと思います。
 夏のNYは無料のイベントが目白押しで、下調べをしていったお陰でお得な体験が沢山出来ました。Broadway in Bryant Parkで「THE WEDDING SINGER」「HAIRSPRAY」「TARZAN」「RENT」、Good Morning America Concert SeriesのHuey Lewis & The Newsのライブ。Central ParkのVictorian Gardens(こちらは有料)子どもはとても気に入っていました。自然史博物館ではプラネタリウムを英語も分からないのに真剣に見ていました。以来、星に目覚めてしまいました。Dylan's Candy Bar夢中でキャンディー選んでいました。HERSHEYSよりうちの子はこちらの方が喜んでいました。TOP OF THE ROCKからの夜景には子どもも感激していました。お奨めです。SOHOのおもちゃさん(A.P.C前)名前は忘れましたが落ち着いた感じでとても良かったです。絵本や教材も沢山置いてありました。その他MOMA、Central Park Zooなど。日中とにかく暑く、地下鉄構内へ行くと輪をかけての暑さにダウンしてしまいました。途中でバス&タクシーにスイッチしました。バスはとっても便利でした。
 下調べは重要ですが計画実行は半分だと思って行動した方が気持ちに余裕が持てるかと思います。あまりびっちり入れても双方に負担になってしまいます。それにしてもNYは子連れに皆本当に親切なんですね。沢山の人が話しかけてきれくました。バスの中、レストラン、お店の中、街中、空港のセキュリティーの人も後ろが詰まっているのに!(笑)SOHOのJ.crewでは子どもに3本もミネラルウォーターを頂いたり、Fat Witch でもおまけしてもらったり。それらを肌で感じたのか子どももお店に入ると自ら“ Hi! ”話しかけたり、教えてもいないのに後ろの女性の為にドアを開けておき“ Thank you. ”と言われた時に“ You’re welcome.”と返したのには驚きました。私が言ったのを覚えた様です。帰国後、自分から英会話を習いたいと言い出しました。息子もNYが大好きになったそうです。当初不安は色々あったのですが、親切な人に沢山出会え子ども連れでも十分楽しむことが出来、素敵な思い出が沢山出来ました。これもJOJOさんと皆さんのお陰です。本当にありがとうございました。

 NO.017 えるえる 近畿   Posted 2006/09/04
 2006年8月中旬 8日間 初めて
 高1.中2の男子と夫婦の4人で全員初NYでした。はじめはマウイでのんびりバカンスをと思っていましたが、たまっていたマイルで取れるのがUA本土しかなかったのでそれなら以前から私(母)の思い入れのあったNYへと(以前やむなくドタキャンしたのでリベンジしたかったのです)皆を引きずるように連れて行きました(笑)子供達も街歩きが楽しめる年齢になったのと、そろそろ将来を考える年になったので世界の大都市NYにふれて何かを感じて欲しかったのもきっかけのひとつです。
 4人一部屋に泊まりたかったので、キチネット付きワンベッドルームを探しました。最初の4泊はアッパーウエストのBeacon hotel,後の2泊はミッドタウンイーストのKimberly Suiteでした。
ホテルについてはホテル欄に投稿しましたがとても満足のいく選択でした。家族にはBeaconの方が街の雰囲気等が良いと好評でした。
 当初はあれこれと計画をたてましたが半分位しか行けませんでした。美術館、博物館めぐりで疲れすぎたのが原因のようです、、観光を優先すると食が二の次になりますね。それでもリンカーンジャズセンターのDizzy's Club Coca Colaでのジャスを聞きながらのアメリカンな食事(雰囲気が○)コリアンタウンのKunjip(ビビンバやサムゲタンが美味しかったです)ソーホーのメッツオジョルノ(ピザとはまぐりのパスタが○)パパイヤキングのホットドッグ、ゼイバーズやフェアーウエイのオレンジジュース、H&Hのベーグルなど楽しんできました。ダラスBBQは大味すぎて不評でした。ピータールーガーにいけなかったのが心残りです。夫の一おしはブルーマンを見に行ったアスタープレイズで30分位しか時間がなく、これはもうマクドでハンバーガーしかないね、といっていた矢先に偶然みつけためんくいていのラーメンです。疲れた体に慣れたラーメンはとても優しくしみじみおいしかったです。ラーメンに50ドルは?とも思いましたが、、そうそう吉野家の牛丼も久々にいつもの味でした。帰国後アメリカ産牛肉の輸入解禁の報道でにぎわっていましたが、良いも悪いもたくさん食べてきてしまった私たちでした。
 次男は大リーグ観戦、自然史博物館。長男は野球観戦、ブルーマン、SOHOでのショッピングが楽しかったといっています。チケットはできるだけ事前にチケットマスターで手配していきました。一月前と遅かったので良い席は残っていませんでしたがそれなりに楽しめました。ヤンキースはオリオールズ戦でブリーチャー席と内野3階席と迷ったのですが、時々甲子園に出かける阪神ファンの息子と夫が絶対外野が面白いというのでまあ値段も安いし、でも遠いのにな、と半信半疑で行ったところ遠さはあまり気にならず、応援も盛り上がってとても楽しめました。ただ球場内野スタンドには入れないしアルコール禁止なのは残念でしたが。
MOMA,メトロポリタン、TOP OF THE ROCKは良かったです。美術館は広すぎて歩き疲れましたが。対象をしぼって回れば良かったと思います。セントラルパークはのんびりできてもっと時間をとりたかったです。NYの自転車やさんの自転車ツアーを楽しみにしていたのですが今は催行されていないとのことで残念でした。
今回はほぼ自力でまわりましたが、子供達が地下鉄の路線を読んでくれたのでスムーズに回れましたし、疲れすぎたときはタクシーと使い分けあちこちに出かけました。私一人がメトロパスを通すのに手惑いましたがアンリミテッドパスは便利でした。
こちらのNYで会いましょう。で知り合った方にブロンクスでのテニス観戦に連れて行っていただきましたが、自分たちでは行かない場所でのんびりとした時間を持つ事ができてとても楽しかったです。
  Tシャツの下に迷子札をしのばせてぐずる機内を一睡もせずにつれていっていた幼い頃から考えると、今回はそれぞれに成長したんだな、と感じる事ができた旅行でした。方向オンチな私から地下鉄の路線図をとって乗り継ぎを指示してくれたり、荷物をもってくれたり、現地の人にレディファースト。やればできるじゃない!と思わせる場面にも数々遭遇しました。けれど英語もうちょっと何とかした方が、、息子たちよ!!NYはエネルギッシュな都会だけれど、どんな年代の人にも楽しめる素敵な街でした。戸惑う事もありましたが家族であれこれ迷うもの良い体験でした。体験談ではもっと小さい子供さん連れの方も多く皆さんすごいなあ!と思っていましたが納得です。子供の成長は思ったより早く機会があるならどうぞ是非お出かけ下さい。とお伝えしたいです。
初めてのNYでしたがこちらでの事前学習のおかげでなんとか無事に楽しんでこられました。皆様に感謝したいと思います。ありがとうございました。

 NO.016 岬 関東   Posted 2006/09/04
 2006年8月下旬 7日間 11回以上
 私の両親(父81歳=数十年前に一度仕事で短期滞在経験アリ、母74歳=10年ほど前までは私と何度も来ていました)、N.Y.は2回目の夫、6歳と8歳の娘、私の6名。完全にツアコンに徹する覚悟でした。子どもが出来てからはバリやシンガポールなどアジアだけでガマンしてきましたが、下の娘が小学生になったのを機に決心しました。両親を誘うと最初は「行かない」と言っていたのに、可愛い孫と一緒に行きたくなったようで1ヶ月を切って急に「行く」と言い出し、慌ててエアチケットとホテルを取り直しました。
 ミレニウム・ブロードウェイ、初めて、このサイトから選んで。インタ−ネットを使い始めて初めてのN.Y.でこのサイトを利用し楽しめた上、今回は大人数で少子高齢化のため事前の準備が大事と思っていましたから大変助かりました。ホテルの評価はホテルのコーナーに投稿しましたが、付け加えると、コーヒーメーカーやドライヤー、液晶薄型TVなど設備も歯ブラシ以外は揃っていましたし、眺めがとにかく素晴らしく最高でした。子どもたちは私と夫の部屋で過ごしたのでツインダブルベッドに4人でしたが、それでも余裕でした。両親は静かに過ごせたと思います。窓から見降ろすと、対面の角(タイムズ・スクエア)にABCのスタジオがあり毎朝の「グッドモーニング!アメリカ」を収録していたので、TVが始まったら下に下りていけばリアルタイムで撮影風景が見られました。私と夫は、ハリウッド映画から抜け出てきたようなプロデューサーらしき人などを見て楽しみましたが、子どもたちは全然興味なかったようですね〜
 着いてすぐ父が「うまい寿司が食べたい」と言うので(しょっぱなから・・)ホテルからすぐの「SUSHI ZEN」へ。お店の人は「どうぞどうぞ」と言ってくれましたが、中をのぞくと思いっきりセレブな人たちばかり。外にテラス席があったのでそこにしてもらいホッとしました。巻物も天ぷらもとてもおいしく、N.Y.らしい美しいデコレートで感慨深かったですがヴィレッジなどと比べるとやはりお高かったです。翌日のランチは大勢なら中華ということで、グルメサイトで人気の高かった中華街の「NEW GREEN BO」へ。しかし激込みで、予約しとけばよかったと後悔しつつ泣く泣く近くの昔からある巨大な「GOLDEN BRIDGE RESTAURANT」へ。ここはディム・サムより海鮮スープなど普通のメニューの方が美味しい。そしてとにかく安い!ものすごい数を頼んで食べて飲んで7千円くらいでした。しかし「NEW GREEN BO」は湯気を立ててる小籠包が本当においしそうだったので残念。夫とは一度だけ二人で夜、子どもを両親に部屋で見てもらってホテル前のメキシカンに行きました。海老のステーキが絶品、タコサラダやマルガリータもおいしく、南米系の客がほとんどで店員さんもとてもご陽気で楽しかったです。あとはアッパーウェストの「サイゴン・グリル」でアジアンを堪能したくらいでしょうか。子どもがいるのでオシャレなレストランは最初から選択肢になかったので、ほとんどデリや「Au bon Pain」のホットベーグルとスープというような感じでした。母はそれで大満足でしたが父は母にだけアンコが食べたいなどと言っていたようです。
  移動は地下鉄。キャブは一度だけ。ニューアーク空港からホテルまで、市バスとPATHトレインで2ドルちょっとで往復したのが楽しかったです。事前に図書館からたくさん子ども向けの「アメリカ」本を借りてきて、上の子に夏休みの自由研究としてレポートを書かせたのですが、私もすごく勉強になり今まで歴史など知らなさすぎだったと反省。上の子の「自由の女神に行きたい」というリクエストでスタッテン島行き無料フェリーで往復しましたが、下の子まで「自由の女神ってひとりで海に立ってるんだねえ〜」と感心していて一番印象に残ったようです。あとは私が子どもと行きたかった「ブロンクス・ズー」で放し飼いの動物をモノレールから見たり「自然史博物館」で恐竜を見たり。どちらも見どころ満載なのに歩くのが遅いので、ほんの少ししか回れず「また行きたい」そうです。私の両親は一緒に行動するのかと思いきや、すっかり買い物にはまり、メイシーズやセンチュリー21に行きまくってました(文化的行動はナシ・・)。夫は、「子どもとFAOシュワルツに行ってあの芸術的なぬいぐるみを買ってあげるのが夢だった」などと普段の彼からは考えられないようなことを言い、子どもたちも大喜びで何時間もお店じゅうを見て回ったあげくトラとアザラシのかなり大きなのを買ってもらい父子共にご機嫌でした。私は着いて2日目早朝、ひとりグラウンド・ゼロに行き号泣しました・・・
 とにかく困ったことはただ一つ、子どもたちの「時差ボケ」。ここまでとは思いませんでした。もともと寝付きは良いのですが、午後2時くらいになると完璧にガクッと来るので、時間との戦いでした。コニーアイランドでボードウォークを歩いたり水族館に行ったりもしたかったのですが、長時間の移動はムリと判断し次回のお楽しみに。ほかには、喘息の発作(上の子)と中耳炎(下の子)の持病を持っているため、いざという時のために主治医から薬を処方してもらい、マンハッタンの良さそうな病院をあらかじめいくつも調べ、英語で医療用語も書き出しておきましたが、幸運にも元気に過ごしました。子どもたちは飛行機(コンチ)も大好きで、「アイス・エイジ」を何度も見て笑っていました。父はタイムズ・スクエア目の前のホテルというロケーションが大変気に入ったようです。私自身はN.Y.ではクラシックのコンサートやライブハウスでジャズを一日に4つくらいハシゴしたり、美術館巡りが最高の楽しみなのですが、結局今回は一度も行けず。夫は前回、クラブ「コパカバーナ」の入り口でスニーカーを咎められ入れなかったのが口惜しかったらしく密かにスーツに革靴まで持ってきたのに可哀相に一度も出さず。両親は「夜は二人でどこにでも行ってきて」と言ってくれましたが、コネクティングルームではなかったこともあり、出る気にはなれませんでした。しかし、子どもを持ったならではの新しい視点や楽しみ方が出来、なにはともあれニューヨーカーは相変わらず世話好きで率直で、子どもたちもたくさんの人たちと触れ合って最後の方では「相手に聞こえるくらいの声」で自己紹介出来るようにもなりました。行く前は老人と子どもを抱えてどうなることかと本当にドキドキでしたが、気さくでフレンドリーなニューヨークは全く変わっていませんでした!帰ってきて、すでに両親は「今度は・・」などとまた行く気満々で話しているようです・・

 NO.015 グロリアのようなママ 東海   Posted 2006/05/20
 2006年5月上旬 5日間 初めて
 主人・5歳の息子・私の3人 来年息子は小学校で自由がきかなくなると思い海外旅行を決意家族みんなが楽しめるということでNYに決定!!
息子がNYが舞台となったマダガスカルの映画が大好きなことと(セントラルパークやグランドセントラル駅)男の子なので恐竜(自然史博物館) 主人の趣味でジャズ(一応ベーシスト)ライブハウス巡り。エネルギッシュな街に行きたかった私。ANAならエコノミーでもシートTVがあり子供も大喜び。ゲームとビデオでなかなか寝ませんでした。13時間のフライトも気になりませんでした。
 NYヘルムズリー クルーが多く宿泊しているとこのHPで書いてあったとおり連日ホテルのロビーには各社のクルーが沢山いました。アメリカは2度目でしたがホテルにアイロン台があったのには感激!!対応も良かったのですが、旅行会社との行き違いがあった様でチェックアウトの請求書をみて驚き。宿泊料が個別に支払う様になっていました。事情を話して確認がとれるまで時間がかかりました。
 子供連れな事と5日間という短期滞在な事で荷物も最小限 ドレスコードもいたってカジュアルグラスを傾けるようなお店には行きませんでした。朝は時間短縮の為ルームサービス昼はもっぱらデリ 夜もコリアンタウンやホテルのルームサービスでした。もっと色々なお店に行きたかったです。子供の夜は早いので私たちのNYの夜も早かったですね。この点は小学生になってからの方が数十倍楽しめるかもしれませんね。
 市内観光は市内を回るグレイ・ライン(2階建バス)乗り降りが自由なので楽でしたが少々お値段高め?$37でした。都会でこのような利便性を求めたらもこの値段は妥当?
2階がオープンなので子供は大喜び。自由の女神はお台場にあると思っていた息子を不憫に思い本物を見せようと真っ先に自由の女神に向かいました。フェリーから見る自由の女神良かったです。乗り場が2箇所あり空いている方を選んだのですがリバティー島には上陸せずブルックリン橋の方までぐるりとまわりました。2倍お徳?エンパイア展望台もスムーズに入れましたが万が一に備え入場チケットはHPで購入しておいた方が賢明かもしれません。
 タクシーがなかなか拾えず苦労しましたがそれも旅の思い出。とにかくよく歩きました。NY初日、ローヒールでしたが地下鉄の吸気口にヒールがひっかかり子供を抱っこしたまま転倒・・
以後子供に注意されっぱなしでした。要注意。現地の方はほとんどスニーカーでした。(当然ですね。お恥ずかしい。。)都会なので不便なことは一切なし。子供の退屈しのぎに持って行った折り紙を現地の方に折ってあげたらとても喜ばれました@@言葉の通じじない子供のコミニュケーションにもってこい!!日程が短期だったのでお決まりの観光コースの半分も行けてなかったと思います。やはりエネルギッシュな街なので夜も遊びたかったですね。治安も良さそうでしたよ。。

 NO.014 moon 東海   Posted 2006/05/20
 2006年5月上旬 7日間 初めて
 一応、ハネムーン?!いつか行こうと話しはしていましたが、なかなか実行に移せないでいました。子供も2歳になり来年は幼稚園で自由が聞かなくなるかなと思いやっと行く事にしました。そして私が一度は行きたかった場所である事、野球好きな夫がメジャーリーグを見たいという事でNYになりました。
 Hilton NYに宿泊しました。 初めてのNYにしてはロケーション、部屋なども満足しました。
 主にビュッフェ、スーパーやデリでした。夜ご飯はレストランで食事しました。困ったのは食事の量。最初の日に日本の感覚で3人前頼んでしまい量も多いし、金額もかなりいってしまいました。それからは少なく、少なく、足りなければ後から頼む様にしました。子連れという事で外観から見ておしゃれっぽいお店には入らないでいました。一日だけ在住の友達に連れて行ってもらった薄暗い感じのレストランに恐る恐る入りましたが、入るなり’子供の椅子いる?’と聞かれたので安心して食事できました。
 市内観光では子供を連れて歩くのはかなり辛いと予測して、かといって良くあるバスで一日観光みたいなものも、途中で子供が泣き出したら降りられないなぁと思っていました。そこで途中で乗り降り自由という事で町に走っているダブルデッカーのバスに乗りました。天気が良かったのでオープンのバスはとても気持ちが良く最高でした。好きな所で降りて、買物や観光を楽しみました。娘も時差のせいか寝てしまったのでバスで正解でした。歩いていたら死んでました。泣いてもオープンなので外の雑音に消されましたよ。
 出発する前は色々心配しましたが、思いっ切って行って良かったです。NYの街からエネルギーをもらって帰ってきました。心に残ったのはブルックリンブリッジからの夜景です!!私の娘はまだ、オムツなのでトイレの心配はしなくてすみました。もうちょっと大きくなったらとお考えの方、案外、今かもしれません!飛行機もあんまり乗っている感覚がわかってないようでした。又、是非行きたいです。次回はレストランの下調べをもっとしようと思います

 NO.013 ptpt 中国   Posted 2006/04/08
 2006年3月下旬 5日間 初めて
  家内と10歳と7歳の息子の4人です。子供の将来の夢が恐竜博士なので、海外の本場の博物館を見せたかったのです。最初カナダのロイヤルティレル博物館に行くつもりだったのですが、あまりに田舎で、それ以外の楽しみがほとんどなく、家内が満足できないだろうと思い、自然史博物館とミュージカルが一緒に楽しめるニューヨークにしました。
 Holiday inn Midtown 57st。コネクティングルームにしてもらえたので、便利でした。
 近くのデリでいろいろトッピングしたサラダを注文しておいしかったです。 ただ、そこのターキーのサンドに入っていたチーズがなんともいえず臭く食べられませんでした。そういうチーズなのか、腐っていたのかは不明です。 (翌日下痢しましたが・・)
 トイザラスにいきました。室内の観覧車にのってご機嫌でした。市内観光で困ったのはなんと言ってもトイレです。うわさには聞いていましたが、確かにトイレは少ないです。そのたびカフェに入るのも結構金がかかるし。
 いい体験になりました。子供たちは”ニューヨークでは信号を守らない”ことが一番印象に残ったようです。街でアドバイスしてくれた方が何人かいたのですが、とっさのことでいったことがすぐ理解できず、お礼がいえなかったのが残念でした。
あと、もっとおいしいところの情報をよく調べておくんだった!子供と知らない場所にいくとどたばたになるので、事前の計画が重要と思いました。

 NO.012 りん 海外   Posted 2005/12/15
 2005年12月上旬 5日間 2回目
 わたし、夫、5歳の息子の3人。(全員思いきり日本人です)ただいまCAに駐在中。
息子がプレスクールで自由の女神のクラフトをして帰り、これを見に行きたい、と言ったのがきっかけ。私や夫は以前行ったことがあったが、8年前だったし、子連れで初めてだし、クリスマスの時期だしで行ってみようかということに。
 Imperial court hotel(Upper West)。シングルベッド二つの部屋。ベッドをくっつけて、3人で並んで寝ました。アパートメント風で、広くて、快適なホテルです。ホテルでのんびり派ではないので、とてもいいホテルでした。
  Mars2112。テーマレストランです。
まず入場で、スペースシャトルのようなものに乗ってレストランへ行くのですが、単純な息子は、本当にMarsへ行ったのかと信じています。席がいっぱいで待ちがあるときは、ゲームコーナーでゲームをして過ごせるので、子どもが退屈せずにすみます。そして、食事中は火星人が席をまわってきてくれ、芸をしたり、写真を撮ったりで、楽しいです。
キッズメニューあり、クレヨンとカラリングペーパーをいただけます。そして帰りには、風船を火星人からもらえました。とにかく、息子はまたここに行きたいと、大興奮で、楽しかったようです。
 American Musum of Natural History--恐竜が大好きなので。アメリカでさまざまな自然史博物館に行きましたが、ここまで展示数が多いものは、初めてでした。また、併設されているプラネタリウムにも行きました。ちょうど火星だったので、Mars2112のレストランとかぶってて、よかったです。
セントラルパーク--雪が積もっていましたが、歩く所は除雪してあるので全く不自由ありません。息子の楽しみにしていたりすは寒さのためか見かけませんでしたが、雪合戦ができて楽しめました。
エンパイアステートビルディング--夜景はきれいでした。ロックフェラーセンターのスケートも見えました。ただ、寒くてかぜが強かったので、息子が早く中に入ろうと言って、ゆっくりできませんでした。
自由の女神--前もって、ネットでタイムパスを買っておいたので、入場できました。行った日は、予約でいっぱいだったため、その日に行きたいという方は入れませんでした。必ず予約をお勧めします。以前は王冠まで行ったなあ、お思いにふけったものです、しかし息子にとっては台座までが当たり前の世界。それで満足したようです。
グランドゼロ--平和を祈ることしか思い浮かびません。
ロックフェラーセンター--ものすごい人、人、人!!!クリスマスツリーは、大きくて、きれいで。スケートは満員でした。
グランドセントラル駅--マダガスカルの映画で出たので行きたいと。真ん中の時計の案内所を見て、zebraがこんなふうになったねえ、なんて言って喜んでました。
ディズニーストア--NYオリジナル商品豊富で、いいお土産になります。
トイザラス--観覧車に乗って大興奮。巨大な動くT−Rexを見て、おびえている・・
 全て地下鉄を利用しました。夜も、危険な場所の駅からではなかったので、何事もなく乗れました。地下鉄が地下を走っている事に驚いた、地下鉄初めての息子です。
何もかもが大きく、本当に世界一の大都会です。あこがれの自由の女神を見て、息子は本当にうれしがっていました。そして、NYにまた行きたいと言っています。何度行っても楽しい、わくわくする街です。行けることがあれば、あまりの寒さのためにあきらめたセントラルパークzooに、行ってみたいです。マダガスカルに登場した動物がいると信じているからです!

 NO.011 ダリルの愛人 関東   Posted 2005/09/10
 2005年5月上旬 7日間 6回目
 GWに小学校二年生の長男と二人で。前回の訪問から早8年。2年前に退職したとき「よし!これでいつでも何度でもいけるぞ!!」と張り切っていたのもつかの間、久々の第2子妊娠発覚でまたもや遠のくMY NY・・・でも神様はいたんです!!いつも夏休みなし、GWも有休も返上して働きまくる主人が「今年は10連休出来そうだよ。行ってくれば?」。でももう暦は4月、幼子抱えては一人で動けず仕方なく代理店に駆け込み「いくらになっても結構です!予約とってください!!」。で、5/1-5/7、とにもかくにも待ちに待ちすぎた私のNYへ行けることになりました。
  そんなわけで取れたのが唯一ヒルトンでした。子連れだし逆にいいかな〜と・・・。ここに書かれているような不快な思いは全くありませんでしたよ。ま、私は、何も求めてないので。水の出が悪いのは老朽化と大型ホテルということを考えれば当然だし(でも今回はとても勢いよく出てました)無愛想なのもお国柄(20年前、初NY初一人旅のときはちょっとビビッたけど)。アメニティも短髪の私にはあれで十分。宿泊代との見合いを気にされるのでしょうが、NYのど真ん中、立地代のみと割り切らねば・・・。
 デリと屋台。子供の時差ぼけ対策を完全にドジってしまい、滞在中絶不調の彼は全く食欲なし。到着日の昼、ホットドックを吐かれた時はこの先どうしようと頭の中が真っ白に!初日夜は大好物のラーメンならとサッポロに行くも、口から丼まで麺がつながったまま夢の中へ。3日目のめんちゃんこでは注文が出てくる前に爆睡!私はお店からホテルまで寝ている25`をおんぶしながら「あぁ〜これが旅なのよね〜」と妙な感激!でも、終盤にはホットドックやピザの虜になり、ホールフードのスープもヒット。なによりホテル近くの店のブレックファストセット(トーストと目玉焼きなんですが)がたまらなかった様です。私は勿論ひたすらベーグルです!旅の目的のひとつですな。
 ママさんガイドで市内観光一通り、夜はOPで夜景観光、自然史博物館、MOMA、MET、FAO、DISNEY、トイザラスなど。不調だったのでなかなか思うようには回れませんでしたが、絵や恐竜が好きな子なのでどこも満足してました。ワシントン・スクエアでブランコに乗りたいといわれ「えっある?」。あるんですね〜囲われた小さな公園が。6度目にしてはじめて知りました。現地の人たちと一緒の公園遊び、グーでした。それからストリートダンサーに完璧に参ってました。連日「またやってるかな?」とくり出し、同じグループにトータル3ドルも差し上げてしまいました。帰国後もバッチリ、ブレークダンス(死語?)練習してます。
 マラソンは学年一位、リレーの選手、サッカーやれば上級生も舌を巻き・・・体力に関しては病気投薬治療中の私の方しか不安材料は無かったはずがー。これが落とし穴ですね、成田へのバスですでに嘔吐、空港でまた嘔吐、機内でまたまた・・・。着後さぁ、観光開始〜!が、1分後にはまたうずくまり。近くにいた警備員が「水か?パンか?横になるか?」ととにかく心配してくれました。時差ぼけも重なり、彼には超ブルーな海外デビューとなりましたが、こういった優しさがとてもうれしかった様で、帰国してからもずっと「外人は優しいね」と言っています。バスに一人で乗る車椅子の方へや私たちへの道案内など運転手の対応にも、いたく感激していました。不調ながらも予定は全てこなせたし、何より世界にはいろいろな人がいる、ということを実感してくれたことでこの旅は大成功です。4ヶ月たつ今、彼の口癖は「あぁまた行きてー!」。もう慣れたから時差ぼけも大丈夫なんだそうです(!?)。なるべく早くまたいける日が来ることを祈る毎日です。
*サプライズ2件:機内で〜冷蔵庫に切抜きを貼っている大好きな成宮寛貴君が私の3つ後ろの席で!!写真をねだるもあっさり拒否。でもすんごいステキでした〜(私は39歳!)ヒルトンとなりで〜映画の試写会だったようで、赤じゅうたんがしかれ、そこにあのオーランド・ブルームが!!これまたこの世のものとは思えぬ美しさ(いい男は美しい)でした。超ラッキー!!

 NO.010 たかし 関東   Posted 2005/09/10
 2005年8月上旬 8日間 初めて
 今回は長女が大学受験で母親と留守番ということになり、小4の息子との二人旅ということになりました。一番の目的はMLBの観戦です。デトロイトに二泊してコメリカパークでタイガーズ戦を観戦してからのニューヨーク入りとなりました。
 カサブランカホテルに7泊しました。ホテルのHPで予約し一泊189ドルでした。2Fラウンジではアメリカンブレックファーストや夕方のワイン・チーズのサービス、コーヒーやアイスティー、パン・クッキーなどのサービスが24時間あり、立地・従業員の態度など含めてとても満足ができるものでした。バスはシャワーのみで部屋も決して広くはありませんでしたが親子二人には十分のサイズでした。
 カサブランカホテル1Fの「イタリアン料理TONNY’S」は大皿料理とサービス・美味しさでよかったです。シーフードパスタは60cmはある大皿で$24.95は4人でも十分なサイズでした。残った分は持ち帰りか聞いてくれました。
 グランドセントラル駅内の「オイスターバー」では新鮮な牡蠣が数種類食べ比べられ、それぞれの牡蠣の味の違いを堪能できました。そのほかシーフード料理がよかったです。
 息子が一番喜んだのが「MARS2112」でした。レストランに入る前に乗り物のアトラクションがあり、食事中もいろいろにキャラクターがサービスに来てくれます。料理はアメリカン料理でした。
 「吉野家」「TAD’Sステーキハウス」「グランドセントラル駅のフードコート」なども利用しました。「COLD STON」のアイスクリームは定員さんのパフォーマンスとノリも含めてよかったです。
 今回の目的はMLB観戦だったので、シェイスタジアムで2試合、ヤンキースタジアムで3試合を観戦しました。チケットは「ALL AMERICAN TICKETS」で席を確保していきました。普段なかなか手に入らないようなよい席のチケットも手に入ります。プロモーションなども調べていくと楽しいです。シェイスタジアムでの試合開始時間が一週間前に13:00から20:00に突然変更がありスケジュールの調整に苦労しました。ヘルメットアイスやソフトドリンクのカップも持ち帰りとなりました。地元のの人たちの盛り上がり方には圧倒されてしまいますがベースボールを思い切り楽しめることができました。かなり頑張ってサインもいくつかGETできました。
 その他エンパイヤステートビルの夜景は、事前にチケットをネットで購入できたので並ぶ時間がかなり短縮できてよかったです。グランドゼロ・自由の女神・ウォール街・メトロポリタン美術館・自然史博物館・ダコアパート・セントラルパーク・ハーレムなども見学してきました。
 国連の日本語ツアーに参加しました。お土産の調達にもよくとても楽しかったです。当日の朝、電話で時間を確認してからの予約となります。
 買い物はCENTRY21でいろいろ購入できました。お土産はHERSHY'S のチョコレート類が値段的にも手ごろでよかったです。MLBグッズは公式ショップよりMODELS などで購入したほうがかなりお徳でした。
 TKTSに40分くらい並びましたが「美女と野獣」のチケットを半額で購入し2Fの最前列から観劇できました。小4の息子の英語力でも問題なく楽しめていました。ブロードウエイのレベルの高さを実感できました。 
 ナイアガラの滝に日帰りで行ってきました。航空機チケット(99ドル)とバッファロー空港発日本語ツアー(食事・カナダ側からの見学・霧の乙女号等の観光つき 90ドル)でした。全部込みのツアーよりかなり安く楽しめました。ただしUS AIRWAYS の飛行機は、突然のスケジュール変更があったり、帰りは2時間遅れとなったり、うわさどおりの状況でした。
 メトロカード(7日間リミテッド)を購入してスタジアム・空港・観光地〜ホテル間など地下鉄をかなり利用しましたが、今現在かなり安全に利用できる交通機関になってきていることを実感できました。地下鉄や街中でのいろいろなパフォーマンスも楽しめました。多くの人が集まり生活するニューヨークでは日本人もあまり観光客として扱われない分、ニューヨークに溶け込んで旅行を堪能できたと思います。地元の人たちの、細かいことを気にしないマナー(ごみ・食べ残し・順番待ちなど)には息子も少し驚く点があったようです。またニユーヨークの臭いは思い出の一つとなりました。
 今回は特に事件・事故もなくすごせましたが、次回訪れるまでも安全で安心できる町であるように願いたいと思います。

 NO.009 DJ 関東   Posted 2005/09/10
 2005年8月中旬 8日間 初めて
 NYヤンキース大ファンの私に、仕方なく?同行した主人、NYは怖いイメージがある長女(14歳)、乗ったエアラインにはシートモニターがなく不機嫌だった次女(11歳)、自分もいつかはメジャーリーガーにと少年野球補欠の長男(10歳)の家族5人で初NYです。きっかけはヤンキースタジアム建替え前に家族で行けるのは今年の夏休みしかないという私の一言で決定。涼を求めてリゾート行きを予定していた主人を無理矢理説得し、いざ出発したのでした。
 アッパーウエストサイドのMillburnホテル。ここのサイトでいろいろ勉強させて頂きましたのでとても快適でした。詳細はホテルのコーナーに投稿しています。
 とにかくNYも物価は高いので朝・夕食はひたすらホテルで自炊して節約しました。昼食は外出先でデリやグリルでアメリカン、リトルイタリーでイタリアン、野球場ではホットッッグ、なぜか42丁目で食べた吉野やの牛丼が妙においしかったです。でも何といってもグランドセントラルターミナル内のオイスターバーで食べたロブスターは絶品でした。けっこう毎日猛暑だったので休憩には冷房がきいているスタバが重宝しました。
 ヤンキース戦はお約束通りで、あとはホテルから近かったのでセントラルパークのお散歩や自然史博物館。自然史博物館はちょうどダイナソーの展示があったので子供たちには好評でした。但し広くて丸一日かかりました。メトロカードの7日間パスを買って地下鉄やバスを駆使し、毎日範囲を決めてダウンタウンからミッドタウンの観光地をほとんどを観てまわりました。最初はおのぼりさん同様地鉄マップとニラメッコしながら、メトロカードがなかなかを地下鉄の入り口でスムーズにはいらずで汗だくで利用してました。でも帰る頃にはバッチリ、家族全員メトロおたくになったようでした。心残りは時間の関係でエンパイヤステートビルからの夜景とグランドゼロを子供たちに見せてあげられなったことです。
 地元ではメジャーだけでなくマイナーリーグの試合もなかなかの人気というのでスタテンアイランドヤンキース戦を観にいきました。自由の女神も拝めるという無料のフェリーに乗り30分ほどで現地へ。球場はとても綺麗で向こう岸に摩天楼がみえてロケーションが最高です。試合はそれなりにレベルが高く、イニングの合間ごとに行われる全米でも大人気のショーが面白く子供たちも大喜びでした。あいにく雨で試合が中断したのですがその間も観客を飽きさせることなく、これぞアメリカンベースボールっていう感じでした。ファミリーのファンも大事にしてるのが良く伝わりました。野球がわからないお子さんにもお勧めという感じです。帰りは中断したせいもあって遅い時間になってしまいましたが、警察官もところどころに居たので無事に帰宅できました。この野球観戦が今回の旅行で一番の思い出になりました。最後に子どもを連れて初NYでしたが、大都会のなかに地域こどに個性ある町並やそこに住む人達の生活習慣の違い等を垣間見たという感じでした。子供たちも何か感じてくれたと思ってます。また訪れることがあるなら、次回は地域の同世代の子供たちとの交流ができるような体験をさせてやりたいと思ってます。

 NO.008 O-jiro 関東   Posted 2005/08/29
 2005年8月上旬 8日間 3回目
 去年は子ども小さかったので、日本で留守番でしていたのですが、今年は2歳半になったので、思い切って親子3人で行ってきました。
 UpperWestのBeaconHotelに泊まりました。NYLYの評判通りで、豪華ではないけれどきれいな部屋で広々としていて、キッチン付。向かいはFAIRWAYとシタレラ、七階にはランドリーコーナーがあり洗濯もできて良かったです。部屋の電球がいくつか切れてしまったことがありましたが、電話したらすぐにエンジニアの人がきて直してくれました。ただ、空調の音が少しうるさかったです。息子はエレベーターがすごく気に入ってました、なぜか…??
 朝はホテルで自炊していましたが、子連れでいけるところを調べて…サイゴングリルでベトナム料理、SparksStakeHouseでステーキ、ゴールデンユニコーンで飲茶など行きました。ファーストフードではマクドナルドのハンバーガー、吉野屋の牛丼、ネイサンズやパパイヤキングのホットドッグなど。WholeFoodsMarketで惣菜を買って帰ることもありました…唯一残念だったのはホテル近くのクリスピークリームドーナッツがcloseしていて食べ損ねたこと、うーん残念…
 子ども中心だったので、あまり市内観光はしなかったのですが、一日グレイラインの日本語案内ツアーに参加しました。下車して観光できるのが2カ所だけだったので、ものたりない感じがしましたが、車内からいろいろな場所を観光し、いろいろな話がきけてよかったのかな…と思いました。
 セントラルパークの動物園にトイザらス、FAOシュワルツ、コニーアイランドで水族館と遊園地、ミュージカルライオンキング観劇にヤンキース戦…本当にみんな頑張った!!っていう感じです。これで具合悪くならなかったのが不思議なほど。でも、去年ここに連れて行ってあげたいなぁ…と思ったところへ連れて行ってあげることができて良かったです。息子はライオンキングとヤンキース戦が楽しかったのか、帰国してからもよくその話をしています。コニーアイランドは大人でも楽しいと思います。マンハッタンとは全然違う感じで、のんびりできます。ただし、夏は日焼け覚悟ですが…欲を言えば本屋でのんびりコーヒー飲んで、ぼーっとする時間が欲しかったです。お店の人の対応は疑問に思うこと多々ありましたが、街の人は子連れにやさしく観音扉を開けてくれたり、プレイグランドでもきさくにいろいろ話しかけてくれたり、写真とってくれたりしました…息子はなぜかいつもHoppingBoyと言われてました…そんなにHoppingしているのかな??
いろいろNYLYでアドバイスしてくれた方、ありがとうございました。飛行機の中ではあの心配はなに??っていうくらいおとなしくすごせました。JALのUpper静かで快適でした。また是非子連れで行きたいです。

 NO.007 way 関東   Posted 2005/08/20
 2005年8月上旬 5日間 初めて
 母親の私(43歳)長男(17歳)次男(14歳)子供達が高2・中2で来年は共に受験。また思春期でだんだん親を相手にしてくれなくなり、最後の親子旅行かなと思い決心しました。私自身が旅行が趣味で、NYへ行きたかった事もあるのですが、ヤンキース観戦に誘ってみたら、すんなり「行く!」と言いました。最初は父親も行く予定でしたが、仕事の都合でキャンセル。3男(犬)とお留守番となりました。
 Park Centralホテル。3階(326)エキストラベット対応で、ツインを3人利用です。4人だと、ツインが二つになり、荷物など困ったと思います。3人でかえってよかったかなと思います。ホテルに限らず、アメリカはサイズが何でも大きいですね。洗面台もベットの高さもアメリカ人サイズでした。元々設置されているベットは大変心地良いベットでしたが、エキストラベットは小さくて硬くて、とても寝心地の悪いベットでした。(必然的に母親の私がそのベットを使用する事になりました!!)エレベーターは4機あり、あまり待つ事はなかったのですが、3階のエレベーターの下ボタンのライトが切れていて、最終日まで改善される事はありませんでした。
 着いた日の夜は、このNYLYサイトで知った、噂の「Burger Joint」へ行きました。子供たちはコークセット。私はビールセットでチーズBurger を食べました。Burgerショップでビールが飲めるとは感激!噂通りの味で、NYが私たちを歓迎してくれているように感じました。(大げさかしら?)次の朝は、目についたデリに入りました。それが良くガイドブックに掲載されている「ステージデリ」でした。コーヒーもオレンジジュースもおいしくて対応も抜群でしたが、合計60$もしました。サービス料という事でしょうがないですね。これが旅行中一番高価な食事でした。お昼はヤンキースタジアムでのホットドックや街角のマクドナルドやケンタッキーなど、本場のマック(?)を食べたい!が子供達の希望でしたので。夜こそはとステーキハウスなどをと計画していたのですが、夜になるとみんな疲れて、毎夜デリの持ち帰りで済ませてしまいました。(ちょっと残念です。)でもこのデリがどこもおいしかったですよ。得にお勧めはタイム・ワーナー・センターB1の「whole foods Market」桁違いの品数のデリを楽しめます。お米が恋しくなった子供達はカレー(パラパラの外米)やお寿司(日本米)を食べました。ソファーやテーブルも豊富で、店内で食べる事もできます。ただ、このスーパーではアルコール類を見つける事ができなかったので、帰路途中で購入して、部屋で食事をしました。正直言って食事はあまり期待していなかったのですが、何を食べてもおいしかったです。コーヒーもどこで飲んでもおいしいですね。大きなカップにたっぷり注がれたアメリカンコーヒーは何杯でも飲めてしまいます。デリのTO GOであれば1杯1$です。信じられない安さ!アイスクリームやチーズケーキを食べる事ができなかったのは心残りで。次回の楽しみにします。
 第1の目的はヤンキース観戦。14日(日)のデーゲームでレンジャー戦を観戦しました。正直に言って私自身は普段野球には興味がないのですが、そんな私でも十分楽しめました。さすがに松井さん。見事にホームラン19号を打つのを目の前にして、全員大感激をしました。また、途中2回の大雨のため、中断しました。その際にグランド全体に白いシートを掛ける所も見る事もできました。その作業もエンターテイメントのようで楽しませてくれます。係りの人が「YMCA」の曲に合わせて踊るんですよ。さすがアメリカ。NYに行ったらヤンキース観戦は必須だと思います。2日目は半日観光に参加。エンパイアステートビル・自由の女神・グランドゼロを押さえました。グランドゼロについては子供達も何かを感じてくれたのではないかと思います。午後は地下鉄でブラブラ、ヤンキーショップなど子供達の希望で回りました。地下鉄の利用方法は慣れてしまえばとても簡単です。非常に便利な交通機関ですね。経験のためにイエローキャブも利用すればよかったかなとも思いますが機会に恵まれず残念でした。イエローキャブと言えば、ガイドさんからの受け売りですが、運転手の90%が外国人で、日本人も2名居るそうです。日本人の運転手さんに出会ってみたいですね。
 5日間と言う短いスケジュール(中2日とプラス着いた日の夜と帰国日の朝)では、やはり目的を絞る事が大切ですね。まだまだ見たかった所はたくさんあるのですが、第1の目的を達成して思った以上の内容だったので、大成功の旅行だったと思えます。子供達2人には自主行動をするように言っていたのですが、初めての土地で、不安が先に立ち、なかなか子供達だけでの行動はさせることはできませんでした。それでも自分達で買い物をしたりと結構NYを楽しんでいたのではないでしょうか?ヤンキースタジアムでは隣の人に話しかけられたりしていました。男なので、あまり感情を表す事をしないのですが、「また絶対行きたい。」と言っています。今度は自力でね。と言っていますが…。私としては海外を旅行する事で何かを感じてくれるだけで良いと思います。世界は広い事を感じて欲しいと思います。子供達中心の行動だったので、私自身の楽しみは後回しだったのですが、唯一二日目の夕方から夜にかけて一人で行動する事ができました。地下鉄を利用して、あのスーパー「ZABARS」(ユーガッタメールのロケ地)に行きました。隣接のカフェで一人コーヒーを飲み、のんびりと街角ウォッチング。また、日本では見かけないような素敵なキッチンタオルを友人へのお土産用に数枚購入しました。その際に「袋をもっとください。」と申し出た所、「日本に持って帰るのか?」と聞いて、10枚も余分に袋を頂きました。それもニコリともしない黒人の店員さんでしたが、なんだかほほえましかったです。NYの魅力は何なのか。改めて考えて見ると、ひとつには「飽きない街」だからではないかと私は思います。常に興味深い何かがある。まさに世界の中心地ですね。全てを知り尽くすには何年か生活するしかないのではないかと思います。お金をかければものすごくセレブな生活もできるし、節約しようと思えばトコトン節約できる街ですね。また、英語に自身のない私は言葉が思うように通じずに苦労した時もありました。でも相手の目を見て大きな声で自身を持って主張すると理解してくれます。自己主張しなければ生きていけない(大げさ?)街ですね。子供達にも同じ経験をしてもらいたかったのですが、半分は分かってくれたかな?また必ずNYへ行こうと思います。今度は友達を誘って大人の旅にしたいですね。また老後の夢として、1年位アパートを借りて住みたいですね。その時には時々子供達を泊まらせてあげてもいいかなと思います。少しだけ期待をして、子供達には世界に羽ばたいて欲しいですね。私達にまたさらに夢と希望を与えてくれたNYに感謝します。

 NO.006 918 関東   Posted 2005/08/20
 2005年8月上旬 5日間 4回目
 私と息子3歳、両親、NYに住んでいる兄と合流して合計5人。みんな個々には何度か行っていましたが、子連れは初めてで悩みました。でもせっかくだから・・・という事でみんなで行きました。
 Bleecker Houseに泊まりました。さすがに5人となると、ホテルも選べず、小さい子供もいるのでキッチン付きのところを探してここに決まりました。みんなで一緒に大部屋で。困った事などは特になく、全体的に見てすべて良かったと思います。
 今回はまともな食事はしてません。。。モール内のフードコートや、吉野家、デリで買って来てホテルで・・・といった感じ。子連れでも安心なレストランをちゃんと調べておけばよかったかな〜と思いますが、息子は吉野家やマックで満足だったようです。ベーグル美味しかった♪
 観光といった観光はしてません。息子の唯一のリクエストはトイザラスの観覧車だったので、乗りました。たくさん歩くと思ってバギーを持っていきました。これが大正解!!時差ぼけや疲れでへんな時間に寝てしまい、バギーが大活躍しました。日本ではもう乗せてないので、嫌がるかな〜と思いきや逆に乗りたがってました。ただ暑かったので、まめに水分補給してました。コンパクトに折りたためるバギーはオススメです。畳めば地下鉄やタクシーでも邪魔になりません。現地でも安く売ってます。マンハッタン以外のモールにも行きましたが、子連れで買い物には色々揃っているモールが良いかも。
  NYに着いてしまえば、何も問題ないです。子供も一緒に楽しめます。問題は飛行機かも。行くまでは心配でしたが、うちの息子は絵本やポータブルDVDを持参して大騒ぎする事もなくたくさん寝てくれました。しかし近くにいたうちの子より小さい子がずっとぐずってました。1歳2歳だと長時間のフライトが大変かもしれません。NYの人々はみんな子供に優しかったです。メトロノースの車掌さん、遊んでくれてありがとう!また来年もいけるといいな〜

 NO.005 NORIYUKI 北海道   Posted 2005/06/10
 2005年5月中旬 6日間 初めて
 私46才、 母70才、 長男20才、長女16才 長女の高校受験合格の御祝いで大リーグ、ヤンキースを見に行こうと約束したのがきっかけです。その後、母がナイヤガラに行くのであれば行きたいと同行決定、大学生の埼玉に住む長男もオレも行きたいとなり、妻だけが留守番決定、代わりにお土産はコーチのバックに決定。
 ヒルトンニューヨーク 私、長男は15階の喫煙ルーム、母と長女は高い階の方がロケーションが良いだろうと32階に決定、32階は周りが高層ビルだらけできれいな夜景を期待してだけに残念がっていました。更に32階はエレベーターが遅く特に朝など時間がかかると言ってました。しかし、15階の方は快適でした、テレビが大型液晶テレビ、エレベーターも早い。
 朝は、近くのベーグルショップ、店員の態度が良くなかった。デリカは、ヒルトンの正面玄関をでて、左セントラルパーク方面へ100・ほどいったレストランビスタの隣、小さい店だがチャイニーズのおじさんがレジにいて日本語が少し分かるので親切だった。味はまあまあ、昼はヤンキーススタジアムのホットドック、2日目がナイアガラの滝のバイキング式レストラン、3日目がホテルでデリ、夕食1日目がタイムズスクエアー近くのTGIフライテイズ、2日目、ミュージカル前にマリア・ビア、3日目、ホテル近くのめちゃんこ亭 4日目、オフ・オフツアーの夜景ツアーのイタリアンレストラン、やっぱり一番苦労するのが食事の注文の仕方、メニューの書いてある意味が全く分からないこと、これには困りました、特にマリア・ビアのイタリア系のウェイター、セットメニューは理解できたのだが、その下に書いてある意味が分からない、娘と電子辞書で調べていると嫌〜な顔をされた、そのうち、チキンorフィッシュorポークと聞いてきやがった、最初から聞けってこの野郎、しかし量、味とも満足、3人分頼んで丁度良かった、それで、100ドル。
 ホテル到着が夜7時頃とおそかったので初日は、タイムズスクエアー近くに寄っただけでした。
2日目が、大リーグヤンキースvsマリナーズ、バックネット裏3階席で傾斜が急なことにはビックリ。松井・イチロー供に活躍し更に長谷川も出て、最高でした。夜はオペラ座の怪人、席はオーケストラ席G−5,7,9,11睡魔が襲って来ましたが最高でした、オフ・オフツアー70ドル手数料込
3日目1日ナイアガラツアー、4日目、オフ・オフツアーの半日市内観光、夜6時30分から、オフ・オフツアーのブルックリン夜景食事付き90ドル、食事も夜景も最高でした。
 高校受験の御祝いと約束したのがきっかけで家族4人のツアーになりました。ツアーはJALのeトラベル4泊6日で早割使い116,000円 北海道からの乗り継ぎ28,000円オプショナルも入れて、旅行代金780,000円と貧乏人にはかなりの出費でしたが。世界経済の中心ニューヨーク大学生、高校生には刺激的でまたきたいと言っていました。なるべく若い内に行った方が本人の意識改革、英語の必要性など勉強になるはずです。子供2人は英会話を勉強してまたきたいといっていました。興奮した大リーグ観戦、感動したミュージカル、絶景のナイアガラ、絶望のグランド0、希望の自由の女神、4人の心に強く焼き付いたニューヨークツアーになりました。NY Loves You.様のホームページいろいろ参考にさせていただきました。そしてニューヨーク・オフ・オフツアーはオススメです。

 NO.004 ぶる 関東   Posted 2005/03/20
 2005年3月下旬 5日間 初めて
 子連れハネムーンで(ハネムーン前ベイビーだったので(笑))。メンバーは、主人(複数回渡航あり)、私(初めて)、娘(11カ月。もちろん初めて!!)。私のたっての希望で!!→昔、主人との海外旅行で却下されたため(怒)。
 マリオット・マーキース
奮発していい部屋に宿泊。29-31F宿泊者は30Fにあるコンシェルジュ・ルームにて朝夕食や軽食がとれました。子連れには便利!!部屋からは、タイムズスクエアのネオンを毎日見ることが出来、サイコーなハネムーンでした♪ベイビーは従業員や宿泊客にもモテモテで楽しかったです。
 寿司田・・・日本に帰ってきた感じですっごく落ち着けました。料理はすっごく美味しかったぁ♪かに雑炊も最高です!!個室を予約したので、娘連れでも安心!!
ご飯が食べたくなったら、コリアンもいいですよ♪タイムズスクエアから2ブロックあがったところに「うどん・そば」の店もあります。朝食はホテルのコンシャルジュ・ルームでした。ベーグル美味しかったぁ。
※離乳食後期だったので、スーツケース半分にレトルトの離乳食を持っていきました。帰りにその半分を持ち帰ってきました(大泣き)。現地調達を頭にいれましょう!!赤ちゃんといえども、暖かいもの、大人と同じものをあじわいたいんですね。
※ホテル内で食事がとれると、ミルク用お湯の調達が楽です!!足りない分は、コーヒーメーカーで。
 このHPでリサーチしていたからか、失敗は特になかったです。
セントラル・パーク内の散歩が快適で、娘はストローラーで寝ていました。
F.A.O.シュワルツは何も買わなくても親子で楽しめました♪ファミリートイレもあります!トイザらス タイムズスクエア内の観覧車は是非乗ってください。$4で15分楽しめます。結構あきちゃいますが・・・。あとは、ここのオリジナルストローラーはキリン柄でかわいいです♪$22くらいでした。
 自由の女神の台座からのマンハッタン、エンパイア・ステート・ビルからの夜景、セントラル・パークの散歩を親子で経験できたことです。赤ちゃんながらも、一生懸命景色を見たり、本人は忘れてしまうだろうけど・・・。
人種のるつぼだけあり、みんなが助け合っているというの実感しました。地下鉄で大荷物の年配の女性までもが、私たち家族に席を譲ってくださり、感涙でした。ひと駅だけだったし、旦那が抱いていたのに・・・。娘のおかげで、ほんとに沢山の方(子供から大人まで)に声をかけていただき、大人だけでは味わえないシアワセであったかーい旅でした。是非、赤ちゃんと一緒にN.Y.へ行ってください!!

 NO.003 まりりん 関東   Posted 2005/03/12
 2004年5月下旬 6日間 2回目
 新婚旅行で訪れていて土地勘があるので(私は結婚前NYにはまっていた時期があり今回で8回目)、子連れでも行動しやすいのでは?ということで主人、私、娘2人(6歳、8歳)の家族で行ってきました。
  実は個人的にお気に入りだったアパートメントタイプのチェスターフィールド・・・なくなってしまったんですよね。そこでNYLYを参考にしてビーコン・ホテルにしました。小さいながらもキッチン付き、ゼイバースやH&Hベーグル、道をはさんでスーパーだったので便利でした。お部屋は1ベッドルーム。リビングにあるソファがベッドになるので主人はそこで、私は娘達とダブルベッドで寝ました。
 キッチン付きだったので朝は部屋でした。昼はマクドナルド(娘たちはキッズセットについていたおもちゃが気に入りいまだに使ってます)、吉野家(主人感激!)、サウスシーポート内のフードコート(中華、ピザ、お寿司などいろいろ)。夜はこちらのレストラン案内を参考にモンスーン(お店の人も気さくでお料理もおいしかった)とグッドイナフ(フライドチキンとトマトパスタ2種類のキッズメニューがあったけど量的には大人並み、味はパスタは子供向きの味ではなかった)へ。
 MOMA・私の大好きなデンドゥール神殿に娘達も興味を示していた。自然史博物館・恐竜の骨にびっくり、娘達は時差ボケで途中リタイア。フェリークルーズ・寒かったけどのんびり自由の女神が見れてよかったかな。グランドゼロ・9年前新婚旅行で来た時はあったのに。。。自然に涙が出てきました。セントラルパーク・朝のお散歩でたくさんのワンちゃんとリスに遭遇、娘達はここが1番気に入ったかも。移動はほとんど地下鉄とバスでしたがトラブルはありませんでした。
 ふだん娘達は6時起床、20時前に就寝なのでそのペースをくずさないスケジュールで行動しました。遅くとも19時にはホテルに帰ってきていたので、夜のNYは楽しめませんでしたがそれでも充分!でした。NYと言うと夜とか犯罪のイメージが強いようですが、普通に行動すれば安全だし子連れでも楽しめる町だと思います。今回娘達の心に一番残ったことは、NYでは赤信号でもどんどん人が渡って行くことだったそうです。親として普段は赤で渡ってはいけないと言ってるのですが。。。今回は赤でも車が来てない時はよく見てサッサと渡るということにしました。次はいつになるかわかりませんが、是非また家族でドキドキしながら横断歩道を渡りたいです。

 NO.002 kazu 北陸   Posted 2005/03/12
 2004年9月上旬 5日間 初めて
 少し前で恐縮ですが家族3人(夫、子供(7歳、男)、私)で行きました。子供にとっては初めての海外旅行なので行き先を色々と悩んだのですが、自分の行きたい所を優先させてもらいました。夫や子供はハワイがよかったみたいですが・・(笑)。
  ミッドタウンのCHAMBERSに泊まりました。デザインホテルなので子供連れにはどうかな?と、心配したのですが、ホテルの人の対応もよく安心して泊まることができました。また、場所的に5番街に近く、デリやレストランも近くにありましたので困ることはありませんでした。ただ、JFKからホテルまで子連れだからと安心できる旅ポンの乗り合いバスを頼んだのですが、その担当者(日本人、男性)がよれよれのシャツにネクタイで現れ、私は聞いてなかったのですがチェックインもしてくれるというので、なんとなく嫌な予感はしたのですが、お願いしたらホテルのフロントも明らかに見下した態度で、これなら自分でしたほうが対応よかったかも?と、思いました。そしてデザインホテルに興味があるとかで見てみたいからと、部屋までついてきて閉口してしまいました。事実、それ以外はスタッフの対応がよかったので・・・。
 朝は近くのデリで買ってきたり、ホテルのTOWNという現地の人にも人気のリストランテでとったりしました。夜はかなりスノッブなかんじになるので子連れは浮いてしまうと思ったので朝行ってみたのですが、正解でした。ニューヨークらしい雰囲気を味わえました。お昼はアメリカらしいピザやハンバーガーを食べたのですが、これが子供にとっては一番よかったみたいです。あと自然史博物館の中にあるデリがきれいで意外とおいしかったです。日曜日の割りにあまり人もいなくて穴場でした。夜は(子連れなので一番これが心配したのですが)ダイナーやタパスで食べました。はっきり言って子供はいませんでしたが浮いたかんじはありませんでした。みなさん思い思いに食事を楽しんでいて他人のことなど気にしてない感じで、リラックスして食事を楽しめました。こういうところが外国はいいなあと、思います。日本だと子連れは気を使って食事しなくてはいけないですから・・・。
 セントラルパーク、自然史博物館、ミュージカル「ライオンキング」タイムズスクエアのトイざらす、5番街へ行きました。子供中心の観光でしたが、自分も子供に戻ってたのしめました。今回自分の見たいところはあまりいけませんでしたが、買い物などは次回でもできるかなとも思いましたし、子供はとても満足していたので良かったです。行った中で子供にお勧めなのは自然史博物館です。ちょうど日曜日だったせいか、子連れの方が目立ちました。私の子供は恐竜が好きなので何時間もいましたし、今でもまた行きたいと、言っています。
そして、子供と訪れてみたかったグランド・ゼロにも行きました。観光気分で行くところではないと思いましたが、子供に正と悪、そして世界で起こっていることを教えたいというのが目的でした。子供は何もいいませんでしたが何かを感じ取ったみたいで涙を流していました。
 今回、子連れということで行く前はいろいろ心配でしたが、全く問題はありませんでした。ただ、大人のペースで連れまわすと疲れてしまうので、買い物などはあまり出来ませんし、必要以上に休憩する必要はありました。又、昼間は子供を見かけましたが夜は全くみかけませんでした。みなさん、ベビーシッターに預けて外出してるのでしょう。私達も早めに帰るよう心がけてました。でも、楽しめましたし行ってよかったです。外国へ行くということは子供にとってすごくプラスになると思います。事実、いつもあまり感情を表に出さない子が帰りのAIRの中で「帰りたくない。」とシクシク泣き始めてびっくりしました。大人の何倍も吸収してるのを感じました。子連れのNYを悩まれている方がいらっしゃったら、迷わず行ってみてください。きっと、楽しめると思いますよ。長々と失礼しました。

 NO.001 T.O 関東   Posted 2005/02/17
 2004年12月下旬 9日間 2回目
 家族で4人でクリスマスを過ごしに行ってきました。子供は7才と4才です。
 少々割高でしたが、立地・セキュリティーを重視してHilton Times Squareに宿泊しました。部屋はトリプルにして4才の子供は添い寝です。目の前(42st)には吉牛もあるので、子供達が日本食を恋しくなったときに便利です。(ライスのみで塩おにぎりになんかもOKですヨ。)
 食事は基本的にはデリ食の to go でした。小籠包なんかも子供にはいいとおもいます。失敗は...最終日ホテルのロビー横のレストランで食事をしましたが子供は疲れて寝てしまったのであからさまに嫌な顔をされてしまいました。朝食のベーグルに飽きてしまったらチェーン店「Pax」のホットサンドも手軽でなかなかです。
 自由の女神・クリスマスイルミネーションツアー(のりあい観光さん)・教会・雪のセントラルパークシュワルツ・Radio City Music Hall/クリスマス・スペクタキュラー・STOMP・ロックフェラーセンター・エンパイア・ブルックリンブリッジ・BlueNote/Sunday Brunch などなど。
小さいながら時差を堪えているため、疲れたらホテルで休む・余裕を持って行動する等子供のペースに合わせることが大切だと思います。
子供達はシュワルツはとても楽しんでいました。街の公園で遊ばせたり、公園にいるリスに餌をあげるなどでも子供達はとても喜びます。クリスマスシーズンは街のいたるところに見所が沢山です。Radio City Music Hall/クリスマス・スペクタキュラーなどショーもなかなか楽しめます。
クリスマスシーズンであればクリスマスイルミネーションツアー(のりあい観光さん)なんかもおすすめです。冬は寒いので、防寒のためにも、街角のCafeやeat in やデパートなどでこまめに休憩をとるといいです。あとは・・・子供からは絶対に離れないこと。(日本と違い通報されてしまいます。)
 NYは見どころが沢山あっていくら時間があっても足りないと思います。小さいお子さんのだっこに疲れたらTaxi・Subway・Busをどんどん利用して下さい。無理にあれもこれもと欲張るより子供のペースに合わせ余裕を持って行動することが肝心だと思います。見られなかったこと・行けなかったところはそれとして、次回また・・・との目標にしましょう。