#03 チャイナタウンで朝食を


 PIYOKO一味は頑固です。NYに行くたびに同じホテルを使いつづけています。その理由のひとつに「ホテルから近いチャイナタウンで朝食を食べる」という行動パターンが組み込まれているからなのです。

チャイナ・タウンのマクドナルド NYに限らず中国系の「華僑」のパワーはとても大きいものです。中国から離れたアメリカ各地でもいたるところに中華街は存在し、その数に比例した中国系の移民達がパワフルに生活しています。

 わかりやすいところで言うと、マンハッタンでもチャイナタウン周辺の駅だけは、駅内表示に漢字表記も付記されていたりしますし、アメリカの象徴マクドナルドでも漢字のメニューがあるほどです。

 NYのチャイナタウンでも、ほかの店がまだ開いていない朝早くから魚屋、八百屋、豆腐屋などの生鮮食料品店は賑わっています。そしてその単価はマンハッタンのどのエリアの食材店よりも安いことが多いのです(もちろん安いぶん、材料の質が落ちたりすることもあるようですが)。スーパー等でもあまり生魚を扱っていないアメリカですが、チャイナタウンのおかげでマンハッタンに住んでいる日本人の食生活も潤っているという話も聞きます。

 さてそんな「朝の早い」チャイナタウンでの朝食です。チャイナタウンの食事情ですが、主に台湾系と上海系が多いようです。日本で有数に有名なチャイナタウン、横浜中華街は広東、四川、北京の各高級料理店が主に建ち並んでいますが、そのイメージとは全く違います。いかにも中国チックな建物がひしめいている横浜中華街のイメージに対して、マンハッタンのそれは、もう少し下町ふうというか、街のラーメン屋な外見と気さくさが特徴です。パッと見、街角のラーメン屋の風貌ですが、大きく違うのは各店、窓にはアメ色の鴨やアヒルや焼豚がぶら下がっていること。これは見ただけで食欲が出てきます。でも今回の目的は朝御飯です。各店とも朝から繁盛していますが、目的はアヒル達ではありません。とりあえずスルーします。

 おっと、露店でチャーハンや焼きそばが、1パック=1ドルで売られています。しかもかなり大きい!日本人女性なら2人でひとつでも十分な量です、ですが、ここもスルー。

 CANAL ST.からMOTT ST.に入り、そのまま進むと左手にその店はあります。 「Wontan Garden」見た目はなんだか中華の店ではない外見です。店内もオレンジ色のプラスチックでできたイスが目を引くぐらいで、窓際にアメ色の鴨やアヒルがぶら下がっていなければ中華の店には見えません。中華の店の割には室内も油っこくありません。とっても清潔。

 この店で食べられるものは、白飯の上に中華の煮物(焼豚や焼鴨や牛肉をスパイシーな香辛料と醤油で甘辛くで煮たものです)、汁そば系(ラーメンのようなかん水でコシを持たせたものとは違う「たまご麺」というものの麺です。つるつるはしていません)、そしてそしてPIYOKOのお目当ては「粥」。これです。これにつきます。

 お粥ですが、日本人が風邪をひいたときに食べるアレとは全然違います。種類もたくさんありますよ。メニューは漢字と英語で説明書きがあるのでなんとなくわかると思いますが、内臓系の具が入ったものも少なからずあります。「鴨紅生姜」というものをワケも分からず頼んでみたら、レバーの具だったりしたこともあります。味はちょっと失敗でした(笑)。牛の内臓の粥もあります。これはそんなにクセもないものですが、やはり内臓系は苦手なかたも多いと思います。無難なセンとしては鳥粥や牛肉粥や魚団子粥のような、ハッキリと何が入っているのかわかるものでしたら味的にも外すことはありません。

 このお粥、とてもオイシイし胃にも優しいので、前日の夕食にどんなヘビーなものを食べていてもスッと口に入っていきます。 ただしちょっと量が多いので、スルスルと食べていると、思いのほか満腹になってしまいます。胃袋が小さい女性は要注意!

 お粥は本当にお勧めなんですが、驚くことに華僑の人たちは何を食べているのかというと、朝から「白飯の上に煮物ぶっかけ」を食べてるんです!どっから見ても油っこいんだけど、本当はそうでもないのかも、と思いPIYOKOも試しに食べてみました。が、やっぱり油っこ〜かったので、体育会系の胃袋を持つ人以外は朝から食べるのは厳禁ですね。気になるお値段ですが、3.75〜6.75ドルぐらいです。あ、でもチップは必要です。

 その他にも餃子類(danpring)や、スープの中にショートパスタを入れたものなど、変わったものもあって、テイク・アウトする事もできます。 味的にはどれも外すコトはありません。太鼓判バンッ、と押しちゃいましょう。

 朝から華僑のパワーをもらって、血圧をバッチリ上げるにはもってこいの場所です。たかがお粥ですが、なぜか1日ぶんの元気が出てきます。ミッドタウンにお泊まりのかたも、たまにはチャイナタウンまで足を延ばされてはいかがでしょうか。

  Wonton Garden 52〜56 MOTT ST. (212)966-4886


  

メールはPIYOKOさんのもとへ届きます


Restaurant Loves You
by
PIYOKO

Copyright © 2000 H Beams Publishing Inc.
KOBE JAPAN