#11 おみやげも買わなきゃ


 これが一番困りますよね。「おみやげ」。NYのオミヤゲ?、名産てなんだっけ?、ハワイなら値段的にも、みんなの期待的にも間違いなくマカダミアンナッツ・チョコレート。コレさえ買っていけば、その場は丸く収まるはずなのですが……。でもねNYでマカダミアン・ナッツを買ってくワケにもいかないし。自分がいないあいだ仕事を肩代わりしてくれた職場の方へ、スーツケースを貸してくれたあの方へ、おこずかいをくれた両親に、贈っておいたほうが「その後の人間関係が円滑になりそうな方々」へ用意しておくにこしたことはありません。

 それと「おみやげ」とは名ばかりの、自分への「おみやげ」も必要だ、というほうに、謹んで一票入れさせていただきます。 というわけで食べ物関係を中心に、PIYOKOが独断と偏見で買ってきた、数々の「オミヤゲ」をここで大公開!

●DEAN&DELUCAもの
スパイスとピーラー 私がNYに初めて上陸して、最初に「目がお星様になった」場所ですが、やはりアメリカ人のおのぼりさんも一目置いているようです。最近ではミネラルウォーターにDEAN&DELUCAのグレーのラベルを貼ったミネラルウォーターまである始末。明らかにやりすぎな感じも漂いますが、それだけおみやげゲッター率も高いとみました。

 こちらでのオススメは、DEAN&DELUCA印のついている「ナベ掴み」、「エプロン」、「調合スパイス類」と、DEAN&DELUCAではなくても買えるけど、ここにディスプレイされていると、なんとなく手が伸びてしまうものの2種があります。個人的にはそのまま料理に使うだけでスパイス上手さんになれる「調合スパイス類」がオススメです。スパイスが入っている銀色の缶もDEAN&DELUCA好きにはたまらないデザイン。ハート鷲掴み。

 食べ物系としては、チョコ・ブラウニー。Oくんのオススメ。上質のチョコが大量に練り込まれております。チョコ好きなら一度は食べてみてくださいまし。

●アメリカだけど、あえてコーヒー
 ハリウッド版「GODZZILA」でアメリカのコーヒーを飲んだジャン・レノは、アメリカン・コーヒーに辟易としていました。アメリカのコーヒーは世界的にマズイことで有名ですが、やっぱりハズせないのはスターバックス。とは言ってもコーヒーではなく、タンブラー類。日本でもスターバックスモノを集めるマニアさんには涙を流して喜ばれることウケアイ。

 ではコーヒー自体は買わないの?、いえいえ、それは別にオススメがありますよ。
「Porto Rico Importing Company」に入れば、ない種類はないぐらいのコーヒーや紅茶がずら〜〜っと並べられており、どれにするか迷ってしまいそう。でもココであえて推薦するのが「フレーバーコーヒー」の類です。日本でもやっと一般的になりつつあるフレーバーコーヒーですが、ラム、ココナツ、カプチーノ、オレンジ、ティラミス、とにかく日本でないフレーバーばかり。豆を挽いてくれるサービスもありますので、挽いてもらって持ち帰りましょう。お値段もDEAN&DELUCAに比べてグッとリーズナブル(クオーターポンドで$2前後ぐらい)。ヘルシー志向のNYならではなところでは、カフェインレスのものも多種類あるので、このあたりも面白いでしょう。

●キッチンツール大充実!
 さて、コレはPIYOKOの大本命です。まずはアッパーウエスト・サイドの有名店「Zabar's」。1Fもたくさんの食材があったり、メチャメチャ楽しいんだけど、ぐっとこらえて2Fへ進みます。そこはもぅキッチンツール好きのパラダイス。普通の店よりチョットお得な値段で売っている、掘り出し物もあるから要チェック。

 ちなみにここでの戦利品は、「オリーブの種抜き」「ガーリック・ピーラー」(ニンニクの皮が簡単にむける優れもの)「タコ・マシーン」(タコスの皮を伸ばすヤツ。日本にはどこに行っても見つからなかった)をはじめ、ありとあらゆる国の珍しいキッチン・グッズが取りそろえられているのです。ここ2Fはかなりゴチャゴチャしていて、お目当てのものを探すのに時間がかかるので、どっしり探す覚悟で。

 それともう1件。こんどはぐっとダウン・タウンに下りていき、SOHOにある「BROADWAY PANHANDLER」へ……。こちらはSOHOにあるだけあって、もうちょっとポップなものも多く取りそろえられています。こちらでの戦利品は「カラフルなまな板」「サラダ用水切りマシン」。「サラダ用水切りマシン」これはもうホントに超オススメ。自分で作るサラダはどうして水っぽくなるんだろう、という悩みを持っているアナタ、絶対に買って帰ってくださいね($10前後)。遠心力を使い、ザルでは取りきれない水洗い後のサラダの水を超強力に取り除きます。それも一滴残らずです。すごいです。
「カラフルなまな板」は、ビビットな色が各色揃っていて、台所のイメージがこれひとつでかなり変わります。
 この店はかなり広いから、これ以外にもいろんなポップなグッズも、もちろん見てほしい逸品。

●これらも個人的にははずせません……
 ここから先はちょっと個人的嗜好が強いのですが(苦笑)、毎回はずせないのが、チャイナ・タウンで買ってくるタイ米。ナゼにタイ米?、という声も聞こえてきそうですが、日本で買えるタイ米は高くてマズイものしかないので、ちょっと物足りないんですわ。チャイナタウンではタイ米の最高級品といっても過言ではない「ジャスミン・ライス」(香り米)が5LBで$2〜5で買えるんです(日本では香り米でないのに、200グラムで700円ぐらい)。でも当然重いから、エスニック・マニアの方以外はやめておいたほうがイイかな。

 それともうひとつ。 リトルイタリーの食材店や「Balducci's」で売っている、ドライ・トマト。「ドライ・トマトなんて日本で売ってる」のですが、わざわざNYで買ってくるのにはワケがあります。日本で売っているイタリアから輸入しているドライトマトは、時間が経ちすぎていて、カチカチだし、色もトマトの赤い色が失われ、黒々としているものばかり。

 ところが、ところがなんです、奥さん。NYモノは、イタリア系移民達が作っているので、新鮮ささえ感じられる赤々とした色、まだ耳たぶぐらいの柔らかささえ残っている質感。この状態でフレッシュ・ハーブとオリーブ・オイルに数日漬けておけば、ヨダレものの前菜ができあがり。ワイン好きにはたまらない一品になりますよ。

 ほかにもオススメしたいものはあるけれど、今回はここまで。でも全部を見て回ったら、スゴイ時間がかかっちゃいそうですね。滞在時間の少ない方は、的を絞って行かれるほうがよさそうですね。

■ Today's Shop
 DEAN&DELUCA
  560 Broadway (& Prince St.)
 Porto Rico Importing Company
  201 Bleecker St.
 Zabar's
  2245 Broadway (& 80th St.)
 BROADWAY PANHANDLER
  477 Broome St.
 Balducci's
  424 6th Ave.

 

メールはPIYOKOさんのもとへ届きます


Restaurant Loves You
by
PIYOKO

Copyright © 2000 H Beams Publishing Inc.
KOBE JAPAN