Babbo
  110 Waverly Place
   at the northwest corner of Washington Square Park in New York's Greenwich Village.
  TEL 1.212.777.0303
  http://www.babbonyc.com/restaurant.html
らいちょう 九州 その他  Posted 2005/06/11
 76〜100ドル
 事前予約を
 フォーマル
         
結婚1周年記念で行って来ました。週末の予約を取るのが大変で1ヶ月以上前に電話してやっと取れました。入ってから席に着くまでもとてもスムーズにいきましたし、ウェイターの方も私たちが英語が堪能でなくても親切丁寧に応対してくださいました。頂いたのは蛸のグリル、ロブスターのトマトパスタ、ブラックスパゲッティ、バーベキュースカートステーキ。どれもハーブやスパイスが微妙な加減でうまく調和していて”どうやったらこんな風になるんだろう?”とレシピを教えてもらいたくなるような味付けでした。特にブラックスパゲッティは(変な表現ですが)”だしが効いている”って感じでとてもおいしかったです。お腹一杯でデザートは2人で1つコーヒーも1つだけ頼んだのですがデザートを運んで来る時にはシェアできるように小皿を持ってきて下さってサービスもよかったです。

ぱんだうさぎ 関東 主婦  Posted 2005/01/10
 101〜200ドル
 事前予約を
 フォーマル
         
来店のちょうど一ヶ月前に直接電話で予約しました(予約は一ヶ月前から受け付けるそうです)。すでに夜の10時しか予約が取れず,来店の前日にはリコンファームの電話を入れるように言われ,相変わらず人気店であることをうかがわせました。当日,うっかり地図を持たずに出掛け(住所はメモしていたのですが),迷ってしまい,20分も遅刻してしまいました。お店に着くと,ウェイティングバーで待っている人たちでごったがえしていたので,私たちの予約は取り消されてしまったかしら……と焦ったのですが,名前を告げると笑顔で感じよくお席に案内していただけました(あらためて地図を忘れたことを反省)。
私たちは2人で前菜2品,パスタ2品,メイン1品を注文しました。
前菜はイワシのマリネとスクォッシュ(カボチャ)のフランのようなものをいただきました。
どちらもボリュームはそれほどなく,味も繊細で美味しかったです。
パスタは,「自家製パッパルデッレ・野生イノシシのラグー」と,「スパゲッティー・オーブンで乾燥させたトマト・ニンニク・鷹の爪」をいただきました。前者はイノシシのいやな臭みがなくとても味わい深い一品で,後者は私が今まで食べたパスタで一番美味しいと思うものでした。いわゆるペペロンチーノにドライトマトが入っているようなお料理だったのですが,ニンニクの火の通し加減とパスタの茹で具合が絶妙でした。わずかに芯が残りシコシコと心地良い歯触りでしかも冷めてもバリバリにかたくならず,これが本当のアルデンテなのね〜!と心底感動しました。きっと特別なパスタを使っているのでは……と思ったのですが,私たちの席は厨房の近くで,ドアが開いた時に見慣れたブルーのディチェコの袋が山積みになっているのが見えました。私もディチェコのパスタを使うこと10年以上ですが,あのような茹で加減にはなかなかなりません。これがプロの技だと敬服致しました。ちなみにパスタ一皿の量はアメリカにしては控えめで,日本での一人前と同じくらいです。
前菜,パスタと予想に反して量が多くなかったので,メインも2品頼めばよかったかなぁと思っていたら,メインはやはり巨大でした。骨付きの豚ロースを焼いたものをいただいたのですが,その大きさといったら,どうみても1£以上はあったと思います。でも,大きな塊だからこそ,中のほうがきれいなピンク色のちょうどいい火のとおり具合で,ジューシーで美味しかったです。
ここまででかなりお腹いっぱいだったのですが,頑張ってデザートもいただきました。デザートは自家製ジェラートが特においしかったです。
お店の雰囲気は,テーブルとテーブルの間隔が狭く,常に満席状態で,そこを給仕される方が忙しそうに行き来していて,その上,どういう訳かロックが流れているので,かなりにぎやかです。私たちが行った時は,食事に飽きた小学生くらいの女の子がいきなり席を立って,ブリッジを始めたり,バレエのバーレッスンよろしく足をブンブン振り上げたりしていて思わず目が点になりました。でもそういう子がいてもあまり気にならないというか,気がつかないくらい,店内はかなりザワザワしています。(値段的には)高級店ですが,肩のこらない雰囲気と思えばそれはそれでよいのでは……とも思いました。それと,給仕される方がベテランなのか,忙しくてもちゃんとテーブルに目を配っているので,不便は感じませんでした。
ほかにも食べてみたいお料理がたくさんあったので,次回の旅行の際にもぜひまた訪れたいと思っています。

Skiprun 近畿 会社員   Posted 19 July, 2003
 51〜75ドル
 事前予約を
 フォーマル
         
わざわざ日本から電話して月曜の10時半に予約して行ったら「しばらくお待ちを」と言われたまま、20分ほど待たされました。「どうなってんの?」と聞いたら「お名前が見当たりません」だって。じゃあ、後から予約なしで入ってきて、席についている客はどうなのよ? また、文句を言ったら、「イタリア語しかわからない店員が電話の予約を聞いたのかも」だって。スノッブな雰囲気で大当たりしたから、このざまです。というか、WASPが「週末はBABBOに行ったの。お味はまあ、まあだったわ」てな調子で使う店だから、人種のるつぼNYといえども、明らかに差別は存在するわけです。左隣は「金もってんぞー」と顔に書いてある母と娘と叔母のグループ。右隣は芸術家気取りの兄ちゃんと女2人で「禅」について語り合ってました。内容はめちゃくちゃだったけど。そんな目に逢うのを覚悟の上なら、どうぞ。ちなみに味は75点。アラカルトで2人$160。

うさぎ 関東 OL Posted 13 July, 2002 Ratings
Price Reservation Dress Code Food Service Decor Total
101〜200ドル 事前予約を カジュアル
Traditional Tasting Courseを食べました。一人$65。それに合うワイン(リーズナブルなイタリアンワイン)も飲んで、トータル$200ちょっとになりました。私は、少食な方ですが、なんとか食べきれる量でした。味も雰囲気も素敵なお店でした。スタッフの方の対応も訓練されてるっていう感じがしました。
連れのBirthdayということでお願いしていたのですが、ドルチェのプレートに“Happy Birthday(名前)”と入れてくれ、蝋燭を立てて、もってきてくれました。これは、予約の際にお願いしていたのでスムーズに事が運べてよかったです。ちなみに、ここの一番のお勧めは、Beef Cheekラビオリらしいです。隣りの席の男性が、お仲間にそう言っていました(笑)。
 Ratings
最高・文句なし いい
とてもいい 最低・おすすめしません

「ニューヨークのレストラン」のトップへ  「ニューヨークのレストラン」へ投稿する