Daniel
  60 E.65th St. New York, NY 10021-7056
  TEL 1.212.288.0033
  http://danielnyc.com/
窓際 九州 会社員  Posted 2005/12/30
 201ドル以上
 事前予約を
 フォーマル
         
予約は必須ですが、自分で電話するしかなかったです。ベラベラと電話口で英語を話され、かなり動揺しましたがなんとか予約とれてました(笑)。あ、予約はきっちり1ヶ月前からしか受け付けてくれません。前日に確認の電話が必要となります。入り口は小さいですが、中はまるでお城のよう。あまりの雰囲気に緊張するほどです。ちなみにトイレは入ってダイニングに行く直前の左側、階下にあります。ウェイティングバーに行かなかったのが今となっては悔やまれます(笑)。しかしやはり最高のレストランは、客をくつろがせるのがうまい。メニューを聞くのは白人、お皿を下げるのは有色人種という、見るからにきっつい雰囲気、ゴージャスなインテリアに最初はのまれましたが、だいたいアメリカ人ってしゃべり声がデカイんで騒々しい。接客もフレンドリーで食前酒を飲み始める頃にはすっかりくつろげてました。「接待」と思われるおじさん数人のグループもいましたよ。お料理は、食べたのがシェフズ・テイスティング・メニュー(175ドル)とかいうデザート込みの8皿のコース。内容はおまかせとなりますが、これがすごい!夫婦で行ったのですが重なったのは1皿だけ。あとは全て別々の料理が出るんです。えぇ、やりましたよ、とりかえっこ!そんなお下品なことも平気でできる雰囲気なんです。最初は言えば向こうがお皿を置き換えてくれましたが、そのうち自分でやっちゃってました(笑)。ワインですが、これにいくらか足すとレストラン側が選んだグラスワインが、一皿に1杯ずつ付いてきます。だから8種類楽しめる。グラスワインなんで比較的若いワインが多かったですが、8種飲み比べも楽しかったです。もちろんデザートもワイン付き。肝心のお味なんですが、正直日本のフレンチの有名店と大差無かったです。案外日本もレベル高いんですね。それでも8種のうち7種別々のお料理で攻めてくるのにはやられました(笑)。あと、ここのシェフって、かなり日本好き?お皿も珍しく絵入りですし、「ハマチ」やら「ホンシメジ・マッシュルーム」やら・・・。気になる服装ですが、男性はジャケットにネクタイを。女性は正直「通勤着」ぐらいの人が多かったです。肩出しドレスもいるにはいましたが、ごく少数。折り目の入ったカッチリしたパンツと、上品なセーターぐらいの女性が案外多かったです。ちょっとおしゃれするぐらいでいいみたいですな。もちろんドレスでもぜんぜん浮かない内装です。最後にうれしかったのが、シェフと記念撮影できたこと。テーブル担当のおにーさんに頼むと、快く引き受けてくれました。すんごく忙しそうだったので少し待たされましたが、嫌な顔ひとつせずで、ホントにいい思い出になりました。そうそう、ワインリストが笑えます。箱入りで2冊。まるで辞書。

sui 関東 OL  Posted 2004/09/18
 101〜200ドル
 事前予約を
 フォーマル
         
とても小さな入り口で、本当にここがかのダニエルかと不安に思いましたが、回転ドアを一歩入ればそこは別世界。本当にお城の大広間のようでした。
私たちはチャイナドレスとイブニングドレスを着て行ったんですが、全く浮かない。また、その重厚で品のある内装でありながら、サービスは一流。でもとってもフレンドリーで、慇懃無礼なところは全くなし。本当にお姫様のように扱ってもらって、最高の一夜を過ごしました。
お料理だけは、とっても美味しかったけど、普通。それでも、サービスと雰囲気で満点です。アペタイザーの前に銀の3段トレーでサーブされる突き出し(じゃないけど…。フレンチに詳しくないのでご容赦ください)があって、パンが配られ、最後のデザートの時にはプチマドレーヌが8個と、銀のトレイに盛られた親指サイズの一口ケーキが10個ついてきます。もう幸せ!!
お値段もそれほどではないし(但し、飲めないためワインは頼んでいません)、NYでロマンチックな夜を過ごしたいなら本当におすすめです!

あにゃも 関東 会社員  Posted 2004/04/18
 101〜200ドル
 事前予約を
 フォーマル
         
レトロを意識した店内は雰囲気があってとても素敵です。料理はとても今風で洗練されたフレンチ。大変軽く、ヘルシーでNYにしては量がとても少なく日本人でも余裕でたいらげることが出来ます。とても美味しかった。アミューズはアフタヌーンティーのように3段の皿に盛られてきてこれから始まる食事への気分を盛り上げてくれます。アペリティフでは大抵どこでもグラスシャンパンを頼むのですが、NYのレストランではどこでもフルートグラスになみなみと注いでくれて「こんなNY流は大歓迎!」と喜んでいたのですが、ここだけは普通のフレンチレストラン並みの量でした。ムニュデキュスタシオン(少量ずつ多くの料理を楽しむメニュー)を頼んだらとても食べきれないだろうと思って前菜とメイン1品ずつのプリフィクスにしたけれど他のテーブルで食べているのを目にしたら全く問題なく食べられそうな量でした。又行くことがあったら是非トライしたいものです。サービス陣もフランスの三ツ星クラスのレベルでスマートで洗練されており、エレガントで押し付けがましさも堅苦しさも全くなく、大変リラックスして食事を楽しめました。NYでも最高ランクのレストランに間違いないでしょう。

Candy 関東 旅人 Posted 06 September, 2002 Ratings ▼
Price Reservation Dress Code Food Service Decor Total
201ドル以上 事前予約を フォーマル
ダニエル氏がミリオンダラーをかけて作ったといわれてるこのレストランは、どうなんだろうか。確かに広いが、何気にあるものが全て凄い!って感じはあまりしなかった。トイレもいたって普通の綺麗なレストルームだったと思う。他に隠された凄いトイレがあるのだろうか・・・。
 全体的にありがちと思われるスノッブさも、お高くとまった感じもなく、サービスはとてもフレンドリーで丁寧でまさに空気。従業員もハンサム揃いと言うよりベテラン揃いだった。ワインリストはまるでワイン全集でも持ってきたのかと思うような本が2冊。あんなのを本気で目を通していたら日が暮れる。もうソムリエに頼めといわんばかりだが、おなかも減ってたので見る気もなくし、ソムリエさんにお願いしたところ、趣味と葡萄の種類を伝えた1秒後にお勧めしてくれるという早業。まあ優秀なんだろうな。彼の回線はADSLなのかな。お料理は、当然なんだろうがグレイトだった。フレッシュフォアグラやハトの火の通し方も完璧!。ブラックバスがあんなに美味しいと思ったのも初めて!パワーシーンと思われる姿も多く見かけたが、日本のそれのように「先生!」とか大きな声を出す迷惑な人もいないし、全体的にはリッチピープルがゆっくりしてるのと、パワーシーンと半々かな。9時過ぎにはダニエル氏本人が、お馴染みと思われるテーブルに挨拶に回っていた。「おー本人だ。。」とちょっと感激した。しかし、わたしはこのレストランが大いに気に入った!
あまり衝撃や感動はなかったが、何が良いかと言うと、美味しくて高くない!
ダニエルは量があまり多くなくて良いと聞いてたが、日本のフレンチに比べればそれでも充分過ぎる量だ。日本の三ツ星レストランといえば、コースしか頼むな!と言わんばかりにアラカルトが馬鹿高かったりするのが許せなくなってきたな、、。
でも驚いたことに、わたしが行った日がたまたまだったのか、日本人を見かけなかった。「まあこういうものなんだろうな。。」とも思ったが、皆さんNYに出かけるときは記念日に合わせたりして是非行ってみたらいいと思う。日本のフレンチレストランに自腹で出かけるような人なら、きっと納得いくと思うんだけどなぁ。
ちなみに私と相方は英語がベイビィ並なのだが、皆さんわかりやすく丁寧に話してくれて、フランス系の私たちのテーブル担当の人も、日本語(自称日本通で週3はスシを食べていると言ってた。気を使ってくれただけかもしれない。)やらフランス語やらを交えて丁寧に話してくれた。日本人はフランス料理やワインの銘柄・用語を和製フランス語で覚えていることを発見させられた。まあ、当然と言えば当然かな。メニューがさっぱり解からなくて困るようだったら、hpでシーズンごとにメニューが出ているので目を通していけば問題ないと思います。私は目を通して行ったので、料理の説明は何を言ってるのか解からなくても大丈夫【笑】だったのだ 。
 Ratings
最高・文句なし いい
とてもいい 最低・おすすめしません

「ニューヨークのレストラン」のトップへ  「ニューヨークのレストラン」へ投稿する