#09 いやあ、ブロードウェイって、本当にいいもんですね!

 いやあ、ブロードウェイって、本当にいいもんですね!って、水野晴男さんの名文句を思わず引用させてもらいたくなる3日と半日の滞在でした。
 
タイムズ・スクエアの広告群 Vol.4で今、気になっているホテルとしてイロコイ・ホテルをあげさせていただきましたが、今回後半の2泊にやっと泊まることが出来ました。前半のホテルのチェック・アウトが12時だったので、3時のチェックイン/タイムまで時間があってお部屋にそのまま入るのは無理かなと思っていたところ、ラッキーにも入れてもらえました。 お部屋は小さめでしたがミニ・コンポやビデオもついていて買ったばかりのビデオやCDを楽しむことが出来ました。 ふかふかのバスローブも最高のリラックスをくれます。 今回は通常295ドルのお部屋を週末レートの189ドルでGET。 ほとんど劇場とホテルの往復しかしない私にとってホテルの居住性は死活問題なのです(笑)!
 夕刻にはロビーでオードブルとワインのサービスがホテルのシェフ自ら行われていたのですがとってもおいしかったです。 やはり折角の滞在ですから普段とは別世界を体験したいと思うのですが、その意味でもこのホテルはお勧めです。 劇場街へも徒歩5分弱、お買い物が楽しい5番街やマディソン街へも 同じくらいの距離ですから快適な滞在が可能です。 素敵なお部屋の一部が下記のアドレスで紹介されています。http://www.slh.com/pages/n/newiroba.html

 さて、今回見たほか4作品の私の感想を少し!
Music Manの次に見たのがThe Wild Party.。 1920年代のマンハッタン、ヴォードビルのパフォーマーが開いた All-Night Partyでのいわゆるワイルドな、女の子の私からはちょっと話しにくいことが繰り広げられるMusicalです。 エヴィータのオリジナルでチェを演じたマンディ・パティンキン(TVドラマ、 シカゴ・ホープでもお馴染み!)が登場人物の一人で登場しています。 他にも映画シックスセンスでアカデミー賞にもノミネートされた トニー・コレット、大ベテランのアーサー・キットなどゴージャスなキャストが複雑なメロディーラインの各曲を貫禄のパフォーマンスで表現しています。 私がみたのはオープン前日という特別な状況下だったせいもあるかも しれませんが、カーテンコール時はスタンディングオーベーションの嵐。 正直言って私は裸の王様気分でした・・・。http://thewildparty.com/

 翌日はJekyll & Hyde。 ストーリーは皆さん、ご存知だとは思いますが父親の病を助けるために新薬を開発したジキル博士が自らを人体実験に使用しますがその結果、狂気のハイド氏が現れ・・・。 メルローズプレイスの大ファンだった私は特にピーター役のジャック・ワグナーがお気に入りでした。 彼がブロードウェイ・デビューで登場しています。 ブラウン管ではいつもクールな彼もさすがにパッショネイトなタイトルロールを熱演! オリジナル・キャストの時に1度見ただけのMusicalでしたが 今回また新たな魅力を見出したような気がしました。 酒場女、ルーシー役のコリーン・セクストンの迫力の歌唱力も素晴らしい! http://www.jekyll-hyde.com/

 3日目はCHICAGO。 この作品を私が何回見たかは恥ずかしくていえません(笑)!昨年は東京でもナショナル・ツアー・メンバーが来日して公演を成功させました。 今回は主役のロキシーにシャルロット・ダンボワース、ベルマにシャロン・ローレンス(TVドラマ、NYPDブルーでお馴染み!)がキャスティングされたばかりで、新たな世界を期待しましたがこの日、ロキシーは代役のベル・キャラウェイ(東京公演のロキシー)。彼女のロキシーはさすがに年季が入ったロキシー、フレッシュな魅力はシャロンに軍配! とにかく美しいシャロンのベルマは必見です。 http://www.chicagothemusical.com/

 4日目のマチネにはAIDA。 ディズニーの新作Musicalはエルトン・ジョン、ティム・ライスのライオン・キング・コンビが手がけています。 すでに有名歌手によってAIDAの曲を歌われているCDも発売済み。 マーチャンダイズも完璧なAIDAはヘザー・ヘッドリー(ライオン・キング、 ラグライム)、アダム・パスカル(レント)、シェリー・レネ・スコット(トミー、 レント、グリース)の主演で華やかなディズニーらしいステージが繰り広げられています。悲劇的なストーリーもディス二ーの手にかかるとこうなりますかー! とある意味、意外な驚きも魅力の一級エンターテインメント作品です。 http://disney.go.com/disneyonbroadway/index_nonflash.htm

 最後はもちろん、The Music Manでしめて今回の私のシアターバケーションは終了!
次回は現在(私の滞在時!)のブロードウェイSHOWのディスカウント情報についてお届けします!

   

メールはRoxieのもとへ届きます!


Musical Loves You
by
Roxie
Copyright © 2000 H Beams Publishing Inc.
KOBE JAPAN