#12 TONY賞を大胆予想!

Hello! NY Lovers!
TONY賞、受賞パーティー参加証
 さーて、いよいよTONY賞のノミネーションが発表されました!
私の一押し、The Music Manも8部門ノミネートされています!今シーズンの賞レースは既に発表されたアウタークリティクスアワードを皮切りに、今月から6月4日のラジオ・シティー・ミュージックホールでのTONY賞のセレモニーまで、関係者には胃の痛い日々が続くって事でしょう(笑)。 このコーナーではMusicalについてだけお話しているのでストレート・プレイはとりあえず割愛させて頂いて、Musical部門にしぼって私の大予想!(というより希望的観測・・・) をお送りしたいと思います。

Best New Musical!
Contact
James Joyce's The Dead
Swing!
The Wild Party

 新作ミュージカルの中にコンタクトをいれるかどうか問題もあったようですが 無事、ノミネートされたようですね。何しろダンスプレイと銘打っていたので。 ということなら、私はやはりコンタクトを選ばせて頂きます。 3話のオムニバスからなるこの作品はダンスだけでほとんど台詞もなく ストーリーが進行していくスーザン・ストローマンの野心作。他の作品もそれぞれに素晴らしいですが、ダンスだけであそこまで人間のほとばしる情熱を表現したということにストローマンのSHOWメーカー としての無限の才能とパフォーマーを見る目の確かさにも驚かされるセンセーショナルな作品です。それにしてもAIDAがノミネートされなかった というのはなんとも不可思議・・・。

Best Revival of a Musical!

Kiss Me, Kate
The Music Man
Jesus Christ Superstar
Tango Argentino

さあ、このカテゴリーは文句なくKiss Me, KateとThe Music Manの一騎打ち! 残念ながらJCSは未見なのですが多分実際のTONYでも変わりないでしょう。 皆さんも既に私のチョイスはThe Music Manだと予想されていると思いますが、実はKiss Me, KateKiss Me , Kate.なのです・・・。このあたりはファンの微妙な心理なのですが、The Music Manがこのカテゴリーを取ってしまうとまたチケットが取りにくくなる!という変な疚しさが選択の最大要因、もちろんSHOWの素晴らしさはThe Music Man と互角、何しろコール・ポーターの大ヒット作品のリバイバルですし、シェークスピアのじゃじゃ馬ならしが劇中劇として登場するわけですから。ただ楽しいだけではないアカデミックな香りがステージ全体にあふれ、カラフルなセットや衣装も目に鮮やかなゴージャス作品です。

Performance
  by a Leading Actor in a Musical

Craig Bierko -The Music Man
Brian Stokes Mitchell -Kiss Me, Kate
George Hearn -Putting It Together
Mandy Patinkin -The Wild Party
Christopher Walken
       -James Joyce's The Dead

 主演男優賞はもう私にはひとごとではありません・・・。 どうかこの大ベテランの面々に囲まれた中で主役の魅力が最大ポイントとなるSHOW、The Music Manで堂々たるブロードウェイデビューを飾ったクレイグに何卒! クレイグ自身もこの顔ぶれのノミネーションですから候補者の名前を呼ばれるときも少してれちゃって、TONYの放送では可愛い素顔が見れるかも、などと変な期待をしているバカなファンがここに一人・・・。

Best Performance
 by a Leading Actress in a Musical

Toni Collette -The Wild Party
Heather Headley -Aida
Rebecca Luker -The Music Man
Audra McDonald -Marie Christine
Marin Mazzie -Kiss Me, Kate

 こちらもそうそうたるメンバーが揃った主演女優賞候補。 残念ながらマリー・クリスティン(2ヶ月ほどの限定公演でした!) を見逃している私はこのカテゴリーについては正直、 誰に・・・、と言うことが出来ません。 というのもこの見逃したマリー・クリスティンのオードラの演技がとても感動的なものだったという評判をSHOWを見た人から ことごとく聞かされたためです。 私が見た中で選ぶとしたらやはりKiss Me, Kateのマーリンかなあ・・・。

Best Direction of a Musical
Michael Blakemore -Kiss Me, Kate
Lynne Taylor Corbett -Swing!
Susan Stroman -The Music Man
Susan Stroman -Contact

 このカテゴリーはどちらにしてもストローマンで決まりでしょう。 ノミネーションをコンタクトとミュージック・マンで分けてるってことは 発表の時もどちらかの作品一つを選んで読み上げられるのかな? とにかく私はストローマンはすでにブロードウェイの宝物といってもいい存在だと思っています!

Best Book of a Musical

John Weidman -Contact
Richard Nelson
   -James Joyce's The Dead
Michael John LaChuisa -Marie Christine
Michael John LaChuisa
  and George C. Wolfe -The Wild Party

 もしこのカテゴリーでコンタクトが受賞したら他の脚本家たちからクレームがくるかも・・・、というのはほとんど台詞がないSHOWなので。英語力があまり問われないのにこの存在感、貴重なノミネーションです。 こちらもマリー・クリィスティン未見のため評価がしにくいところではありますね。私の見た中で選ぶならやっぱりコンタクト。2話目の同じ台詞の繰り返しがこれほど効果的に使われるとは!と驚きました。実際の受賞は違うとは思いますが、あくまで私の希望的観測ということですので。

Best Original Score

Elton John, Tim Rice -Aida
Shaun Davey, Richard Nelson
   -James Joyce's The Dead
Michael John LaChiusa -Marie Christine
Michael John LaChiusa -The Wild Party

 オープン前から大騒ぎだったディズニーのAida、5部門のノミネートにとどまっていますが、このカテゴリーでは私のチョイスはAidaです。 さすがにエルトン・ジョンの曲はポップでわかりやすい!ということが大きな選択要因。 ここで取れなきゃ、実際Aidaってなんだったん?とファンからもTONYに対して不信感がわくんじゃないかと 変な心配もしております・・・。

Best Performance
 by a Featured Actor in a Musical

Michael Berresse -Kiss Me, Kate
Boyd Gaines -Contact
Michael Mulheren -Kiss Me, Kate
Stephen Spinella
  -James Joyce's The Dead
Lee Wilkof -Kiss Me, Kate

 助演男優賞!私の趣味で選ぶならKiss Me, Kateのマイケル! CHICAGOのフレッド・ケイスリーからここまで成長してきた彼へエールを送りたい!という気持ちをこめて・・・。 The Deadのステファンは豪華キャストの中でのあの存在感を思えばこちらも捨てがたし!ですが。 東京ディズニーランドからショウビズのキャリアが始まったというマイケルにここはぜひ!サクセス・ストーリーが日本から始まってるということも何かうれしい気がしません?

Best Performance
by a Featured Actress in a Musical

Laura Benanti -Swing!
Ann Hampton Callaway -Swing!
Eartha Kitt -The Wild Party
Deborah Yates -Contact
Karen Ziemba -Contact

 助演女優賞!このカテゴリーも激戦! 私のチョイスはやはりこの方ともCrazy For Youからのお付き合いということもありますが、一言も発せずダンスだけで籠の鳥状態の妻の秘めた情熱を見事に表現したカレンに! 私としてはなぜ主演のカテゴリーじゃないのー?と少し憤りを 覚えたりしておりますが(笑)。2話目だけの登場ですので仕方ないでしょう。彼女の最大ライバルはThe Wild Partyの アーサ・キット、年齢からいっても貴重なチャンスですからねえ。

Best Scenic Design

Bob Crowley -Aida
Thomas Lynch -The Music Man
Robin Wagner -Kiss Me, Kate
Tony Walton -Uncle Vanya

 Uncle Vanyaはストレートプレイですので未見です。 というわけでここは発想のすごさを買ってAidaに! プールのシーンは必見でしょう(笑)!ディズニー作品ってほんとにユニークです。

Best Costume Design
Bob Crowley -Aida
Constance Hoffman -The Green Bird
William Ivey Long -The Music Man
Martin Pakledinaz -Kiss Me, Kate

The Green Birdはストレートプレイですので未見です。 私の見た3作品の中からは私はThe Music Man。 とにかく可愛い衣装で楽しいSHOWをさらに引き立てています。 カーテンコールの目にも鮮やかな音楽隊の衣装は フィナーレってこうでなきゃ!と大満足。

Best Choreography
Kathleen Marshall -Kiss Me, Kate
Susan Stroman -Contact
Susan Stroman -The Music Man
Lynne Taylor -Corbett, Swing!

こちらもストローマンで決まり! 今年は自分自身がライバルなんてストローマンはすごい! 主なカテゴリーについて私の個人的な意見を述べさせていただきました。 多分、呼んでいただいた皆さんもそれぞれに意見をお持ちのことでしょう。 日本でのTONY賞の放送は今年もNHK BSかな? 生放送ではないと思いますので放送での受賞確認は少し 遅れるかもしれません。 6月4日の授賞結果をライブで楽しみたい方は以下のアドレスへアクセスを! http://www.tonys.org/
当日は私も一喜一憂していることでしょう!(爆笑)

   

メールはRoxieのもとへ届きます!


Musical Loves You
by
Roxie
Copyright © 2000 H Beams Publishing Inc.
KOBE JAPAN