#15 NYで夏休み!

Hello! NY Lovers!

  TONY賞も終わって、その結果は受賞者や受賞を逃した人たちにいろいろな結果をもたらしています。TONY賞はもちろんそのシーズンに作られた舞台で最も功績があったと思われる関係者を表彰するものですが、現在はTONY賞の授賞式自体を SHOW化し、全世界に放送される授賞式でSHOWの1シーンを紹介することによって、多大なるコマーシャル効果をねらっているという一面もあります。

The Wild Party  さて、今年のTONY賞の結果がもたらした一番の驚きはなんといっても The Wild Partyのクローズ!プレビュー36回、正式オープンしてから たった68回のパフォーマンスの行っただけで終了となってしまいました。 同作品は7部門でノミネートされたにもかかわらずひとつも受賞することができませんでした。授賞式でのミュージカル・シーンの紹介も結局コマーシャル効果を発揮するまでもなく、クローズがいきなり決まってしまいました。 さて、ひとつも受賞できなかったといえば8部門でのノミネートを果たした The Music Manの事を語らないではいられません。TONY賞で同じ結果となったThe Wild Partyの早々と決まったクローズに、 もしやThe Music Manにもその余波がありはしないかと心配していましたが、どうもその心配は無用だったようです。

 NY Loves Youのエンターティンメントのコーナーから飛べるようになっているプレイビル・オンラインの最新のボックスオフィス状況(6/5-11)を見てみるとTONY賞を反映した結果が明確に表れています。まず客足を延ばした率で見ると もともと客入りが非常に悪かったThe Wild Partyが最後の週ということで20%以上延ばしました。TONY賞を数々受賞したContact, Kiss Me, Kate, AIDAはもともと 100%に近い観客動員を果たしていたのですが、この週ではさらに動員数を 増やしているようです。The Music ManもTONY賞でのシーン紹介がコマーシャル効果と なったのか、12%も動員率がその前の週に比べて増えています。 もともとディスカウントの設定もありませんのでチケット料金の平均を見ても多くのTONYを 受賞したContact, Kiss Me, Kateに続いて高いのにもかかわらずです。やはり1シーンでもThe Music Manの一部を見ればいわゆる百聞は一見にしかず!楽しいSHOWのあふれる魅力を実際に体験しなくてはと、視聴者を実際に劇場へ足を運ばせる、という結果をもたらしているようです。

 さあ、いよいよ夏休みも目前となってきました!皆さんもJOJOさんと同じく NYへの旅を計画中でいらっしゃるかもしれませんね。 そんな皆さんへひとつご提言を。TONY賞受賞作品、そしてThe Music Manを是非ご覧ください。この夏ならオリジナル・キャストがほとんど残留して最高のパフォーマンスを見せてくれると思います。オリジナル・キャストというのはSHOWのオープン当初から出演しているキャストのこと。 オリジナルキャストは製作者たちが一からじっくりと選んで、本当にそのSHOWに必要不可欠だと思われる俳優をキャスティングしているのです。俳優も製作者の意図 を しっかり汲んだパフォーマンスを見せてくれていますし、多くのSHOWを見てきた私も オリジナルキャストで見る重要さを痛感しています。 キャストが変更になっていくとやはりSHOWのパワーダウンは否めません。 CHICAGOのようにSHOW自体の出来が素晴らしくキャストが変わっても、その 変わったキャストの魅力でSHOW自体に別の魅力を見出せる、という作品はなかなか あるものではありません。 そういう意味でもオリジナルキャストの魅力で見る醍醐味を味わえるのは この時期だけの特別なものなのです。実際に秋からはあるTONY受賞作品の主要メンバーが抜けるという話もわたしの耳に入っていますので、この夏、お出かけの方はこのチャンスを是非利用して本物のエンターティンメントの与える強烈なインパクトがどのようなものかをご確認ください。

tkts さあ、私の今年2回目のブロードウェイへの旅もそろそろ間近となってきました。 次回のNYでは、いつもは劇場とホテルの往復に終始する私もPIYOKOさんのレストランのコラムを参考に私にも行けそうなところがあればグルメを楽しむことにもトライしてみたいと思っています。 そしてホテル・ジャンキーとJOJOさんに呼ばれている私ですがこのコラムを書かせてい ただいてることもあり、皆さんにホテル情報をご提供できればとまたホテルを渡り歩く予定です !(笑) 予定ではまず歴史的価値も高くNYの多くの文化人に愛されたその香りを残しながら 大幅なリニューアルを一昨年行ったアルゴンキン。日本のリーガロイヤルがアメリカ に ただ一つ持つ全室スィートのラグジュアリーホテル、リーガロイヤルNY。最後に 5月14日開業したばかりのヒルトン・タイムズスクエアに滞在予定です。 どのホテルもサマー・プロモーショナルレートが目白押しで春や秋の通常のほぼ半額くらいのレートが適用されています。 この夏お出かけの方はホテル選びも楽しそうですよね! それでは皆様、よい旅を!


   

メールはRoxieのもとへ届きます!


Musical Loves You
by
Roxie
Copyright © 2000 H Beams Publishing Inc.
KOBE JAPAN