#22 ブロードウェイ新作情報

ロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーHello! NY Lovers!

 そろそろNYも冬の足音が聞こえるシーズンに突入したようです。 皆さんのNY旅行計画は着々と進行中でしょうか? さて、今回は新作オープン情報+年末のSHOW情報をお届けしましょう。

 新作がそろそろ出始めたBroadwayですが、これから来年のTONY賞に むけて毎月のように新作がオープンされていきます。 鳴り物入りの新作や映画で大当たりした作品のミュージカル化など期待作がいっぱい! 皆さんも次回のNYでは新作に是非挑戦してみてください。

The Full Monty
 プレビュー中、10月26日オープン・アカデミー賞にもノミネートされた大ヒット・イギリス映画が舞台をNYにうつして ミュージカル化されました。仕事にあぶれた男たちの最後の手段とは・・・? もう、皆さんご存知ですよね。 あの大御所テレンス・マクナリーの手によっていよいよオン・ブロードウェイへ! 私のお友達、すくらんぶるさんも絶賛されています。 http://members.aol.com/scranble/myhomeAOL.htm

Matters Of The Heart
 10月15日プレビュー開始、11月13日オープン。19回限定公演 エヴィータ、サンセット大通り(ロンドン版)のオリジナル主演でおなじみの パティ・ルポンがブロードウェイに帰ってきます。 彼女の先ごろ発売されたCDと同タイトルのワンマンショー。 この時期、ご旅行されるミュージカルファン必見! しかしながら座席数が少ないヴィヴィアン・バーモント・シアターでの上演のため チケット売れ切れ必至?

The Rocky Horror Show
 10月20日プレビュー開始、11月15日オープン。 1973年リチャード・オブライエン作の恐怖ロックンロール・ミュージカルのリバイ バル。 先ごろタイムズスクエアでプロモーションが行われた様子ですが とてつもなく過激!コスチュームとはいえキャストもこんな格好でよく歩いたもんだ ! 観客がSHOWに参加できるところも多くあるそうでこちらも期待度大!

Seuusical
 10月29日プレビュー開始、11月30日オープン。 ラグタイムのチームの手による新作ミュージカル。 ドクター・スースの子供向け物語からたくさんのキャラクターが登場するようです。 ボストンでのトライアウトが不調に終わり、作り直しの最中! さて出来はいかが物にあいなりますか・・・。 2パーソンSHOW、フルムーンが印象的なデヴィット・シャイナー主演。 現在フォードセンターでリハーサル中!

Jane Eyre
 11月7日プレビュー開始、12月3日オープン。 シャーロット・ブロンテの不朽の名作ジェーン・エアのミュージカル化。 Marla Schaffel(レミゼ、タイタニック)James Barbour(美女と野獣、回転木馬) Mary Stout(ミーアンドマイガール)主演。 なんとプレビュー中(11月21日)にサウンド・トラックCDが発売されます!

The Rhythm Clab
 来年1月中旬プレビュー開始、2月15日オープン。ドイツのスゥイング・クラブで踊る10代の若者たちのミュージカル。 主演のLauren Kennedyはシルキー・ボイスを持つ新星!サンセット大通りの ツアー・メンバー、サイドショーのデイジーの代役を経験しています。 共演のJeremy Kushnierはフットルースの主演でおなじみ。 シカゴのトライアウトをキャンセルして直接オンブロードウェイへ!

Design For Living
 来年2月16日プレビュー開始、3月15日オープン。 実はこの作品はミュージカルではありません。ではなぜ、わざわざ表記したかという と? 私のお気に入り、キャバレーで鮮烈のブロードウェイデビューを飾ったアラン・カミ ング主演のため! 今年のTONY賞で親子ノミネートを果たしたJennifer Ehle共演。

Follies
 来年3月6日プレビュー開始、4月19日オープン 高松宮殿下記念世界文化賞を受賞したアメリカの大作詞作曲家スティーブン・ソンド ハイム作。 ランダバウトシアターカンパニーの30周年記念リバイバル。

The Producers
 来年3月後半プレビュー開始、4月19日オープン。 コメディキング、メル・ブルックスがブロードウェイ・ミュージカルに挑戦! おまけに監督、振り付けがスーザン・ストローマンとくりゃ、見ないでどうする!の Roxieの今シーズン最も期待の超新作! 現在予想されている主演の面々にも私のお気に入りスターの名前がズラリ!

Bells Are Ringing
 プレビュー開始未定、来年4月22日オープン ジュール・スタイン、コムデン&グリーンの1956年の名作ミュージカルのリバイ バル。 ガイズ&ドールズでTONY賞受賞、フェイス・プリンスがリトル・ミー以来、久々のステージ・カムバック!

42nd Street
 プレビュー開始未定、来年5月オープン 1933年のミュージカル映画を元に1980年製作ガウアー・チャンピオンの 脅威の振り付けに目がくぎ付けの大作ミュージカルのリバイバル。 デヴィット・メリック製作によるこのミュージカルは3486回のブロードウェイ・ロングランを記録しています。私がブロードウェイにはまったのもこの作品を 見たのがきっかけ!またまた通うことになりそうな予感・・・。 ジーザス・クライスト・スーパースターが上演されていたフォード・センターで いよいよ来春再演。

 現段階では以上のような作品がラインアップされています。 個人的に超期待のものがあって、来年もブロードウェイ通いが止められない予感!

 さて年末に向けてご旅行を計画されていて、ミュージカルをご覧になる予定の方に少しご忠告を。 クリスマスの前後週間はSHOWスケジュールが大きく変わります。12月24日、25日はほとんど劇場はクローズしますのでご注意を。 その分追加のパフォーマンスはもちろんありますが前後、週をまたがって行われます。 また年末31日のパフォーマンスは料金があがるSHOWもあります。ちなみにAidaのトップ・プライスは95ドルに!Seussicalは125ドルに オペラ座の怪人はクリスマス明けから年末まで90ドルとはねあがりますのでご承知 ください。

どうぞ皆様、楽しいご旅行を!

   

メールはRoxieのもとへ届きます!


Musical Loves You
by
Roxie
Copyright © 2000 H Beams Publishing Inc.
KOBE JAPAN