Vol.02 チャイナタウンでDon't miss it! (後編)


体験その@
 こうしてどのお店にはいろうかと迷う間もなく、まさに現場に踏み込んだという表現がぴったりの某店。確か常旺大飯店という名前でした。席につくと同時に出てきたメニューを熟読。何たって万歩計15000歩だし さっぱり系なら許されるでしょう。よし、決めた。ワンタンにしよう。それからチャーハンも。ワンタンといってもスープとヌードルとあるのでスープを注文。マックの二の足を踏んではいけないので今度は間違えないようメニューを指差しました。“With noodle?” “No, withoutnoodle,please.”ちゃんとヌードルじゃない方を選んでるんでるのにこの会話はこれ以降毎回繰り返されるのでした。何故?

 まもなくメモリアル、初ワンタンスープと御対面!まさに正解でした。日本で食べたワンタンはへにょへにょの皮が申し訳程度の肉を包んでる。でもここではまさに肉団子!どアップ画像を御覧あれ。ピンポン球くらいのが8個も入ってます。それにしても左手でワンタン、右手でデジカメズームはつらかった。いつデジカメをスープの中に落としてしまうかひやひやモノでした。しかもラーメンどんぶりサイズの器とくればそれだけでもう満腹。ノーモア・チャーハン。そんなわけで with noodle なんて頼んだら大変です。一人旅でしたらよほどお腹のすいている人以外は頼んではいけません。結局この時はせっかく頼んだチャーハンのほとんどを残してしまい、右の写真のようにオリにしてもらいました。映画みたい!このドギーバッグを手にぶる下げてるだけで幸せな気持ちになれる私はまさに幸せな奴。

体験そのA
 いや〜、今日も万歩計の数はけっこうきてる。どうも私の頭の中では万歩計数値が高い=ワンタン食べるという公式ができてるみたいです。そうとなったらこの公式に従わねば。で、目的地へ直行。ワンタンスープと一口に言っても、お店ごとにオリジナリティをだしてるはず。だったら今度は違うお店にはいってみようかな。新世界(この後忘れました)店が本日のチェック先。でてきたローストダック・ワンタンスープはちゃんと骨付きでした。ピンポン球ワンタンに加えて分厚いローストダックがたくさんも入ってる。 そのローストダックも昨日や今日作ったものではなく まさに中国四千年の味です。それにしてもアップタウンからダウンタウンへとマンハッタンを一気にカバーしたこの日。それもこれも地下鉄のおかげです。ありがとう、MTAさん。

体験そのB 
 今日はユニオンスクエア・シアターのボックス・オフィスにBAT BOY のチケットを買いに行きました。明後日観るショーですが地域散策も兼ねて。無事チケットも取ったしエリアもチェックした。もうおうちへ帰ろう。しかしここから歩いてすぐの地下鉄の駅に向かう途中見つけたのはTAIPEI TOKYO。チャイニーズと聞いたからには・・・。
 そして頼んだのがこの写真右のワンタンスープ。器も派手派手。 ここのワンタンスープはチャイナタウンとちょっと違います。チャーシューやらキャベツやら何やらの具がどっさり。味はまあまあでしたが、やはりそういうおまけなしに ワンタンそのものとスープで勝負してほしい。いつ行っても混んでるチャイナタウンと違って店内も空いてる、客層も場所柄を反映していかにも「自分はユニオンスクエアの住人です。」風でした。最後の会計はレジで支払うシステムだったのでチップだけテーブルに置きました。総合評価はC’ってとこです。

体験そのC 
 いよいよ明後日NYを離れます。明日は別のスケジュールを立ててるのでチャイナタウンに行くなら今日が最後。ワンタン街道を走る私としては思い残すことがないように行動したい。何事も基本に帰るのが大切。当然あの店・あの味・あのメニュー。2度目ともなればちゃんと研究せねば。ピンポン球ワンタンの中には 肉に包まれて更に軽い歯ごたえのある海老が入っています。これがしゃきしゃきしてておいしいのです。シーフード好きにはお勧めですね。つけあわせのちんげん采で野菜不足をカバーできます。見た目も綺麗 で彩りもgood。

 この日はもう一品注文しました。名前は忘れましたが甘いのとそうでないのと3つ1組になっていて、自宅でつくるドーナツのような味。感覚としてはデザートですがメニューには前菜のコーナーにありました。帰国後アジアに強い友人に画像を見せたら「あ、これはおやつみたいなものね。」と教えてくれました。
 夢にまで見た早い・安い・美味いの3点を完全クリアしたワンタンスープ。どうして長い間これに気がつかなかったのか。今まで私はNYで何を食べていたのか。そんな風に思ったこの今回のNYライフでした。カリスマシェフのいる高級レストランじゃなくてもいい。ガイドブックに載ってる有名・チャイニーズ・レストランじゃなくても充分。Just eat it in Chinatown! 注文したのがお米じゃなくてもごはんって呼ばせてね。食事というよりももっと素朴なごはんという表現が大好きになりました。
さ、今度の土曜日は中華街へ遊びに行こっと!!!




 Yes, I feel NY ! Vol.02
by
Scully

Copyright © 2000-2001 KOBE JAPAN