Strand Book Store
Strand Book Store
  828 Broadway (at 12th St.)
  Hours/Mon-Sat 9:30-21:30
       Sun    11:00-21:30
  M/4.5.6.L.N.R線 14 St. Card/OK
  MAP
古本のワンダー・ランド
 NYに行く前から、僕の中ですでに伝説化していた店がこのストランド・ブック・ショップだ。NYファンの先達である、植草甚一や常盤新平、亀井俊介がNY滞在中にひたすら通いつめ、絶賛してやまぬ古本屋をぜひこの目で見てみたかった。8マイル(13Km)にも及ぶ古本だって?とにもかくにも、ニューヨークに行ったらストランドに行きたいと、長らく想い続けていた時期があった。

EIGHT MILES OF BOOK
 ストランド書店はブロードウェイと12番街の角にある。赤地に白の文字で「STRAND BOOK STORE」と書かれたあこがれの看板は、初めて見たものと思えなかった。すぐ前までやってきて看板に書かれたEIGHT MILES OF BOOKのキャッチ・フレーズを声を出して読む。その時の僕の顔はにやりとしていたに違いない。
 店内の本の数は聞きしに勝る凄さだった。キャッチ・フレーズに偽りなし!1階と地下からなる体育館ほどの店内は、壁という壁、棚という棚が全て本で埋め尽くされていた。時間がたつごとに店のキャッチコピーの「並べた本が8マイル(13km)」が、嘘でないことが実感することになる。ジャンルごとに著者の名前のアルファベット順に並べられた本はざっと200万冊。すべて見ていこうとすると、一週間は優にかかるだろう。
 店内では狭い通路の床の上や、高い所の本を取るために用意された脚立の上など、思い思いの場所で本を読み耽る人達がいる。忙しく働く店員が彼等を注意している姿を見たことがない。なんとアメリカの書店の心の広いことか。

写真集・ガイドブック・アメリカ雑誌がおすすめ
 僕のおすすめはNYの写真集とガイド・ブック、アメリカン・マガジン。NYで一番アート・ブックのコレクションが充実しているストランドでは、日本で普通に買おうとするとちょっと手のでない写真集も、手頃な価格で手に入れることができる。
 写真集は英語力がさほど必要とされないのもいい(笑)。ちょこっとページをめくってみるだけでも素適なショットの連続で、もういちどNYに惚れ直すこと間違いなし。
 あるとき、あまりにも素晴らしい本が多くそれも安かったので、ガサットひとやま写真集を購入し日本に送った。帰ってから、おみやげや誕生日などのプレゼントとしてその写真集を差し上げ、とても好評だった。
 ちょっと昔のアメリカン・マガジンも広告やモデルのファッションを見ているだけで面白い。ガイド・ブックは店頭のセールの平棚にもあり、バーンズ&ノーブルなどよりも安く手に入れることができる。これならば気兼ねなく、必要なページをちぎってポケットに入れて歩くことができる。いくら安全になったとはいえ、街角でガイドを出して目的の店を探したりするのは、無用なトラブルを呼び込むことになるので注意を。

買った本はそのまま日本へ
 買った本はその場で梱包してくれ、直接日本へ送ることができる。ここでお得な情報、海外へ直接送る本にはTAXがかからない。船賃は浮いたTAXとだいたい同じくらい。船便で送られた荷物には、日本の通関時もめったなことでは消費税をとられることはないようだ。
 最後にそこまで体力が続けばの話だが、地下にある「アメリカーナ」のセクションもぜひ覗いてほしい。アメリカの歴史、経済、社会などの本がごっそり並んでいる。自宅の本棚に並べているだけで、ためになりそうな本ばかりだ。きっといい本棚の肥やしになるにちがいない(笑)。

ほかにも...
159 Jhon St. (at Fulton Market)
 在庫や雰囲気は本店に遠く及ばないが、値段はここも間違いなくストランド・プライス。
ニューヨークでの"雑書"狩り
 どうしてこんなに面白いんだろう。少しも飽きない。中でもストランドという古本屋は百万冊以上あるし、知らなかった本で安いのが多いから、これ以上買うと持って帰れないと思ったときには、ほしい本を棚のすみに並べて置く。それで翌日また出かけると、読んでみたくなる違った本が目につくのだった。
 僕のニューヨーク案内/植草甚一